ShanShan さん プロフィール

  •  
ShanShanさん: ShanShanの備忘録
ハンドル名ShanShan さん
ブログタイトルShanShanの備忘録
ブログURLhttp://shanshan.hatenadiary.com/
サイト紹介文中国と日本をいったりきたりの生活です。日々思うことを自由に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 115日(平均4.0回/週) - 参加 2016/12/22 00:06

ShanShan さんのブログ記事

  • アナウンス
  • 帰国して一か月が経とうとしている。道で誰かとすれちがった時に聞こえる日本語に「あ、日本人!」と反応してしまうことも少なくなった。先日、ひさしぶりに私鉄に乗った。窓から見える日本の景色はまだまだ非日常でずっと見ていて飽きない。そんな時に聞こえてくる車内アナウンス。優しい声で「まわりのお客様の迷惑になるようなことは避けて車内マナー向上を!」のような事を言ってくれていた。なんか新鮮!こういうアナ [続きを読む]
  • 待つ
  • 世の中にはいろんな人がいる。それぞれがいろんな考え方を持っている中で、最近特に気に入っている考え方がある。欧米人の友人たちを見ていて気付いたことである。彼らとレストランで食事をした時の事、料理を注文する際当然席から店員さんを呼ばなければいけないのであるが、彼らは「すいませーん」と言って店員を呼びつけない。店員さんをじっと見つめ目が合ってから初めて「注文いいですか?」と聞き注文するのである。店員 [続きを読む]
  • ライター
  • 帰国の際、十分時間の余裕をもって空港に到着したはずが飛行機に乗るのはギリギリだった。チェックインカウンターはもうすでに長蛇の列。めずらしくほとんどが日本人だった。何かを待つという行為に結構慣れてしまっているわたしはなんの感情もなくそこに並ぶが、日本からの団体旅行客と思われる人たちは「なんで動けへんの?」と言いながらイライラしていた。彼らのイライラを見て、あぁ日本に帰るんだなと実感する。長い列 [続きを読む]
  • 視線
  • 帰国しています。久しぶりの日本はさぞかし楽しいだろうとワクワクしながら帰国したが仕事に追われて楽しむゆとりが全然ない。久しぶりにお気に入りのリプトンミルクティーを飲みながらブログを書くとする。さて、帰国した時感じる違和感の一つは人と目が合うことが少ないことだ。ほとんどの人がマスクをして伏し目がちに歩いている。中国ではよく人と目が合うので、なんだがだれとも目が合わないことが逆に不思議な気持ちに [続きを読む]
  • 馬鹿者め
  • 友人から頼まれて日本語教師のバイトを最近始めた。友人の頼みだし、週一ペースでプラ〜っと行くだけなのでまぁいいかと思って始めたのだが、気晴らしにもなるしなんだか興味深い。たとえば日本語の成り立ちについて。教える側になって初めて考えてしまうのである。日本語を学習によって習得したわけではないので、日本語学習者の非ネイティブのほうが日本語の文法をよく知っていたりする。わたしも英語や中国語を学習した経 [続きを読む]
  • チンピラ
  • しつこくバスの話題。こちらの運転手は基本的に運転が荒い。かなりの頻度でハラハラさせられているが、こういうハラハラ感にも少しずつ慣れては来ている。しかし今日乗ったバスは違う意味でハラハラ体験であった。割り込みが非常にヘタクソで、いつまで経っても列に入れない。それならそれで気長に待てばいいものを、自信なさそうにプラ〜っと列から飛び出しては急にブーンと加速し割り込もうとするが割り込めなくて結局もっ [続きを読む]
  • 放置
  • バスに乗った。わざわざ言わなくても毎日乗っている。いつもバスの話題。昨日の記事にも書いたが至る所で工事がなされていて渋滞を引き起こしたり、めちゃめちゃ歩きにくかったりするのである。しかし主要道路では警察官がしゃもじ型標識(昨日の記事ご参照ください)を手に出動したりして、交通整理を行っている風である。さて、今日は終点からバスに乗ったので、いつもの最後部座席にゆったりと座り、外の海を眺めていると [続きを読む]
  • 勝負
  • 今、至る所で道路工事が行われている。車道だけにとどまらず歩道にも“工事”という名の思い付き作業の魔の手が及ぶ。昨晩はお好み焼きを友人の家でふるまうべくキャベツ三玉、長芋二本、牛乳一本、お好み焼き粉三袋、等々たくさんの荷物をキャリーケースに乗せて運んだのであるが、突然昨日始まった歩道の掘り起こしのせいでキャリーケースを持ち上げて運ぶという地獄のような移動を経験した。おかげさまで朝起きたら首が寝違 [続きを読む]
  • 被り物
  • 今日も雨が降ったり止んだりのどよんとした日であった。本降りではなく、パラパラ雨なので傘をささない人も多い。特に男性はさしていない人が多かった。海外で生活していて不思議に思うことの一つは、余程の雨じゃないと傘をささない人が多いということである。確かにパラパラ雨は意外とそんなに気にならない。荷物をたくさん持っているときは傘がない方がいいかもとわたしもマネたくなるのだが、いやいやいやと踏みとどまる [続きを読む]
  • レモンティー
  • 先週くらいから空気が春のにおいになり、風は生暖かくいいお天気が続いていた。花粉症のわたしは鼻をむずむずさせていたのだが、今日は雨が降り急に寒くなって慌てて冬のコートを引っ張り出してきた。気温がグンと冷えて体もびっくりしているに違いない。今日もバスに乗りバタバタと移動していたのだが、後部座席で資料に目を通していたせいか珍しく少し気分が悪くなってしまった。リバースするほどではなかったが、なんだが [続きを読む]
  • 食器
  • 家に無印風の食器がある。シンプルでかわいいので一軍のレギュラー選手である。中国の物にしたらめずらしくシンプルなデザインで、中国あるあるの、一見シンプルだがよく見たらダサいワンポイントが付いてしまっているということもない。しかし、欠点ひとつ。温かいスープを入れたら中身より熱くなる。そして、ちょっとチンするだけで見事にカンカン。中身が温まる頃にはミトンをしても手のひらに熱が伝わってくるのであ [続きを読む]
  • セコワザ
  • バスを待っている時、乗りたいバスが来たら、まず人がどれほど乗っているかを確認する。人が多いと見送るようにしている。座れないとしんどいから。と、昨日もバスの中を覗いて座れそうな人数だったので乗った。前のドアから乗ってICカードをタッチする。そして後ろの方に座れるかなぁと思っていたら後ろの出口からおじさん二人がどかどかと乗り込んできてわたしたちに紛れて席に座る。お金を払わないことにもびっくりだが、 [続きを読む]
  • 雨対策
  • 連日雨が降り続いている。今日で何日目だろうか。履く靴がなくなってしまって困っている。雨で水はけが悪い道路に水が川のように溜まっていてそこを歩かざるをえないので靴がボトボトになり、そして乾かない。長靴を持って来ればよかったと去年もこの時期に後悔したことを思い出す。わたしの部屋には乾かない靴たちが並び、今日もその列に一匹加わった。もう乾いている状態の靴がなくなってしまった。明日何を履こうか夜な夜 [続きを読む]
  • 管理人
  • またまたトイレの話。外トイレ利用率が高いことについて先日書いた。わたしはすごくトイレが近いので職場や家付近のトイレ事情をいろいろと把握しているつもりである。そして断水事件が頻繁に発生するおかげで家のトイレよりも外トイレにお世話になることが多くなってしまう時期もあるほどだ。そこで気になっていることがひとつ。公衆トイレに管理人がいることである。うちの公園トイレ、我が家のとなりの公園トイレは断 [続きを読む]
  • 炊飯器
  • ここ何日かちょっとした風邪をひいていた。ずいぶん前から友人たちに指摘されていたのだが自覚するのが少し遅れてしまってバタンと倒れたもようである。ウイルス性ではなく疲れかストレスが原因なので一日寝たら普通に動けるようになったのだが、味覚が戻らないせいか料理の味付けが濃くなったと同居人からご指摘をいただいていてまだ完全復活はしていないのかもなと思っているところである。本調子ではないがいつものように [続きを読む]
  • プライバシー
  • 先日インフルエンザにかかった友人もすっかり回復したようで本当によかった。ここ中国で病気になるのは日本で病気になるのとはわけが違う。ここで病気になるのをわたしは極度に恐れている。大量の薬を持ってきているし、少しおかしいなと思ったらすぐに風邪薬をのみ、ホットはちみつレモンをひたすら飲むのである。あまりの恐怖で免疫力に頼らず薬に頼りまくっているので免疫力低下が懸念されるのだが、そんなことは気にしない [続きを読む]
  • 筋肉痛の理由
  • なんか気が付いたら筋肉痛である。何かしたかなぁと考えているが思い当たるものがない。確かにバスに乗っていてふんばることも多いし座っていてもお尻が座席から離れてしまうことはしばしばである。しかしそれが日常であるわたしの身体にとってそんなことでは筋肉痛にはならないのである。それに対応する筋肉がそれなりについてしまったと考えている。そこで筋肉痛の原因をゆっくり考えると、あれかな?と思うことがひとつ [続きを読む]
  • クラクション
  • 中国に似合う形容詞、そのひとつは“うるさい”である。急な爆竹の音に加えて車やらバスやらのクラクションが鳴り響いている。ほんでもってバイクの警報器やらなんやらが鳴っていてとにかくうるさい。そりゃぁ中国人の声もあんなに大きくなるわなと納得するのだ。このクラクション問題、今では慣れてしまったのだが、今ここであえて取り上げてみるとやっぱり腹立たしいのである。今日道を歩いていたら、わたしの右後ろから [続きを読む]
  • 日常
  • 旧正月何日目で日常に戻るのだろうか。そんなことを最近ずっと考えている。いつもより人はいくらか少ないのかもしれないが、それでもやっぱり多く、そしてここは観光地でもあるので垢抜けた背の高い中国人旅行客がプラプラと歩いている。きっと北京とかチンタオとかから来たのでしょう。観光客が多いかき入れ時のわりにはお店がいまだ半分くらい閉まっている。階下の小さいスーパーが今日再開したが、行きつけのカフェはまだ閉 [続きを読む]
  • あいつがまたやってきた2
  • さて、断水のつづき。公園トイレから帰ってきてしばらくしてお風呂場からなにやら高い音が聞こえる。まさか!駆けつけるとちょっとだが水が出ている。蛇口を全開にして水の復活と同時に断水の終わりを知ることができるようにしていたのである。同居人花ちゃんと一緒に覗く。線のように細い水が出ている。が、しばらくして止まる。頑張れ頑張れというわたしの必死の声がまったく聞こえていないのであろう、何の反応もなくな [続きを読む]
  • あいつがまたやってきた
  • はぁ、あいつがまたやってきた。約一年ぶりに。先日、断水の思い出について書いたばっかりなのに。思い出にしてはいけなかったらしい。本日午後3時、なにげなくトイレに行った。水は流れたがなんとなく水流が元気がないようにも思えた。とくに気にしなかったが、となりの洗面台で手を洗おうとコックを上に上げて気が付いた。うそ・・・マジか・・・そういえば、なんか壁の奥からポンプが頑張っている音がする。頑張って [続きを読む]
  • アイドルとマネージャー
  • 正月6日目。いい天気である。三が日を過ぎて通常運転に徐々に戻ってくるだろうというわたしの予想に反し全然戻らない。周りの小売店はずっとしまっているのにもかかわらず街には人があふれていて静けさはまるでない。バスはまずまずの人で座れないこともしばしば。正月の静けさはないのにお店は開いていないといういいとこなしの日々を送っています。さて、友人たちの多くはまだ仕事が始まっていないようでこの一週間で毎日 [続きを読む]
  • 外人は外国人
  • いつの間にか「外人」という言葉は使ってはいけない言葉に降格してしまったらしい。先回日本に帰国していた時、友だちとその友人何名かとごはんを食べた。自然と中国での生活の話になった時、わたしは「外人」という言葉を口にしてしまったようである。何の話題だったのか忘れてしまったのだが、なにかおもしろい話をしようと思って話した事だけは覚えている。『それで、わたしたち外人はね』と話し出したところで友人の友人が [続きを読む]
  • 旧正月2017
  • さて、今日で正月三が日が終了し、明日からちょっとずつ通常運転になっていくはずである。今回の旧正月は仕事を少しやりつつ、普段ゆっくり会えない友達とごはんを食べたり遊んだり。あれだけ嫌がっていたパーティーもなんだかんだで楽しんでしまった自分にビックリである。この時期も移動手段はやはりバス。ここは都会なのでこの時期は人がいなくなる。みんな自分の故郷に帰っているからである。ということでバスは見事にガ [続きを読む]
  • ホームレス
  • この街は国際都市と巷で謳われているだけあって割と民度が高い。街並みもキレイだ。最近、「そういえば!」と気が付いたことなのだがこの街ではホームレスを見かけない。以前住んでいた長沙ではこのホームレスがあふれていた。どこにいてもお金を要求され、かわすのがちょっとめんどうくさかった。マクドナルドで座っていると銀のお皿を顔の前に突き付けられボソボソと「ちょうだいちょうだい」みたいなことを言ってくる。バス [続きを読む]