Mio さん プロフィール

  •  
Mioさん: 乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う
ハンドル名Mio さん
ブログタイトル乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う
ブログURLhttp://kenkohuntermio.hatenablog.com/
サイト紹介文乳がんステージ3を自然療法で治療し、自然療法による乳がん予防・再発予防法をブログでお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 129日(平均6.3回/週) - 参加 2016/12/23 00:34

Mio さんのブログ記事

  • 3種類の酵素(酵素について③)
  • ●はじめに●2015年10月、私に突如襲い掛かった「乳癌」。死ぬかもしれない、という恐怖を常に感じながら、でも絶対に乗り越えるしかない、と無我夢中で調べまくって、試して、観察する事を繰り返した日々。自分レベル最高の「生きる」という結果を追い求め続けた1年半の記録が、もしかしたら同じ不安を抱える女性の役に立つかもしれないと思い、数カ月前から始めたブログですが、気付けば、ブログ村PVランキング乳がん部門1位、 [続きを読む]
  • グリーンスムージーって飲むべき?乳がん治療的な意見
  • このブログは乳癌専門ブログとして、私自身が、乳癌腫瘍を半年で5?以上縮小させた「乳がん自然治療方法」を実体験を通してお伝えしてると同時に、現在行っている「乳がん再発防止の方法」そして「乳がん予防」にもお役に立ちたいという思いで書いています。私が自分の身体をもって、実際に体験した事実のみを記載しているので、ここからご自分が必要だと思う情報を抜き取って頂けたら本望です。本日の記事についても、私自身が [続きを読む]
  • 生きる為に絶対必要な3つの事と、乳がん治療
  • 生きる為に絶対に必要な3つの事呼吸食べる寝るこれができないと、死んでしまう。だから、難しい話は抜きにして、これに集中してみようと思った。そしたら、これがシンプルにして、一番究極だって感じた。なぜなら、当たり前だから。努力なしに出来ちゃうことは、そこで満足してしまう。呼吸(生命)食べる(栄養吸収)寝る(消化)この3つを「自分」という箱に、ギューギューと詰め過ぎず、スカスカにし過ぎず、フワッと丁 [続きを読む]
  • 私の乳がん再発防止策
  • 40歳と80歳、年齢はシンプルに2倍です。でも、癌になる可能性は16倍になると言われています。何と言う理不尽なバランス。でもこれが現実です。理由は細胞の老化は40歳を境に、坂道を転がるように加速するから。だから、坂道の途中をグイッと持ち上げて、できるだけ急降下にならないようにする。年を取れるという事は幸せな事だから、嬉しいし楽しいし、素敵だと思いますが、それが原因で病気になるのは防ぎたい。老後もガッ [続きを読む]
  • 私の栄養ピラミッド・自分の乳がんに責任を持つという事
  • 人は、健康になりたくて「栄養をたくさん取ろう」と頑張ります。でも「栄養素のピラミッド」などを参考にして頑張っても、病気になる。なぜ?身体は1+1=2ではないから、正解なんてありません。今日はビタミンとカロチンとカルシウムと・・なんて、パーフェクトな栄養素なんて摂取できないし、わかりっこない。なぜなら、身体に必要なものは、数値では計れないから。肉類が合う人も、合わない人もいる。生野菜が合う人も、合 [続きを読む]
  • 乳房温存療法の詳細
  • 日本とカナダ、治療方法の違いや、ガイドラインの違いはもちろんあると思いますが、「自分の身体を治したい」という気持ちは、国境など全く関係なく、全てを超える共通の願いだと思っています。「医師がそう言うから」とか「普通はそうだから」というバリアを払いのけて、「自分はこうやって治したい」という、その願いを叶える為に「手術」は存在する方法の一つであると思うのです。私の個人的な経験になりますが、「乳房温存療 [続きを読む]
  • 乳がん治療法の選択肢
  • 私自身が乳癌になってから、わずか半年で腫瘍を5?以上も縮小させた方法の中心には、「食」があります。その「食」とは、単に食べて栄養を摂ると言うより、食べる物とは、身体に吸収させたい物であり、言ってみれば「どの様な血の質を求めてるのか」という根本的な考え方があり、最優先事項だと捉えています。どんなに栄養価の高いものを食べても、「血」が汚れていたら、きちんと吸収されません。栄養素の吸収は、「血」が綺麗に [続きを読む]
  • 乳がんとの共存って、具体的になに?
  • 私自身の乳癌が発覚して1年半。先月のマンモとCTスキャンの結果、癌細胞は発見されませんでしたが、まだしばらくは「癌と共存」していく感覚で、生きていくと思います。理由は、再発を防ぐ為には、身体の根本からの改善が必要なので、まだまだ気は抜けないと自分自身感じるからです。ここで、一般的に言われる「癌との共存」という状態について、きちんと理解して進みたいと思います。共存って具体的に一体何をするのでしょうか [続きを読む]
  • 乳がんへの理解・知識のアンテナを張り巡らせる
  • 以前、私自身の乳癌になった身体を「ミカンの木」に例えて、癌細胞は「実」の部分であり、身体全体は「木」だという考え方を、記事にしました。要するに、実だけ取り除いても、同じ栄養だと、同じ実がまた成ってしまう。根本的に与える栄養を変え、土壌を変え、水を変えないと、再発を繰り返す可能性があるという話をしました。参考記事:癌体質と癌細胞は違います癌腫瘍は「実」身体は「木」じゃぁ「根」はどこ?どんな木にも [続きを読む]
  • 断食後の好転反応の乗り越え方・乳がんへの理解
  • 一応、2週間のプチ断食は終わってるものの、1日1食が心地いいので、まだ続けてます。1食といっても、ガッツリ食べるのが1食なだけで、酵素ジュースや、野菜ジュース(ニンジン+リンゴ+レモン+生姜+シナモン水)を飲んだり、黒ニンニクを食べたり、ACV飲んだりしてるので、完全な空腹状態で抜け殻みたいになる事もなく、全然元気に活動的に過ごしてます。参考記事:プチ断食① ② ③で、そんな元気な状態なのに、ここ数日 [続きを読む]
  • 背中への意識 乳がん自然療法
  • 以前、自分の乳癌自然治療の一環でツボをちょっとだけ勉強しました。難しい事はわかりませんが、「背骨の両側には、体内の臓器の経路(※)が集まっている」という事だけは意識するようにしています。(※経路とは、体内に365か所あるとされているツボの通り道で、体内に12本あり、その全ては六蔵六腑のどれかに繋がっています。六蔵六腑とは:(六臓)肝、腎、脾、心、肺、心包 / (六腑)胃、小腸、大腸、胆のう、膀胱、三焦) [続きを読む]
  • 肝臓と乳がんの関係②
  • ここ最近、私がよく記事にしている「肝臓」ですが、肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、限界ギリギリまで症状が現れないので、普段の生活の見直しが乳癌予防・再発防止のキーポイントなんです。症状が出た時は、堪忍袋の緒が切れた時。その前に、ケアしてれば、文句を言う事はあっても、「キレる」まではいかないんじゃないかと・・・。自分の経験から思います。私は、乳癌宣告を受けた当初(1年半前)からずっと考えてる事がありま [続きを読む]
  • 自己融解って? 乳がん治療とプチ断食③
  • 1日1食のプチ断食を始めて11日目です。参考記事:プチ断食の方法①参考記事:プチ断食の重要性②1日1食を2週間、これを勝手に「プチ断食」と呼んでいますが、その目的は大きく分けて2つあります。①体内に残ってる不純物を燃焼させる事今までの生活習慣やストレス等で、排出されずに溜まっている不純物(脂肪、コレステロール、動脈瘤、肝脂肪など)というものが、私達の身体には存在します。理由は、食べ物を摂取すると、 [続きを読む]
  • 乳がん治療 薬が効く人、効かない人
  • 「くすり」って、例えば頭痛だったら〇〇、生理痛だったら〇〇とか区別されています。唯一共通してる事は、どれも「人工的な化学合成物」という事です。その「化学反応」が体内で起こる事で、それを「効きめ」と言いますが、実際にどんな効果が現れるのかは、飲んでみないとわからないのです。なぜなら、人によって体内の状態が違うから。色に例えるならば、薬を「赤」として 体内が白かったら、ピンクになる。体内が黄色だった [続きを読む]
  • プチ断食の重要性② 乳がん体質の改善
  • 先日の記事:自分だけの乳癌治療法の探し方&プチ断食の方法では、すぐに始められるプチ断食の方法をお伝えしました。で、方法はなんとなくわかった。でも・・何でそれをするのか?どんなイイ事があるのか?体質まで変えられるのか?自分が試みる事が、どのように乳癌抑制と体質改善につながるのか、きちんと理解したい方へと届きますように。===============●プチ断食を開始すると起こる、身体の変化●① [続きを読む]
  • 不眠と内臓の深い関係(乳癌治療・保存版)
  • 睡眠は、食事と同じくらい大事です。「寝る子は育つ」というくらい、身体の中の全てが、信じられない段取りの良さで、精密にリセットされ、力を蓄えます。傷を治し、細胞を新しくする。まさに神がかり的です。でも・・・そんな事は100も承知!でも熟睡できないから悩んでる!・・ですよね。特に乳癌治療中の方の悩みの1つが「不眠」です。不眠とは、実はとっても内臓とのつながりが深いのです。特に「大腸」と「肺」と「脳」と [続きを読む]
  • 乳がん治療 白血球を上げる方法(保存版)
  • 抗癌剤を投与すると、白血球が消滅します。でも抗癌剤をする為には、白血球が一定の数値を保ってないとできません。なので白血球がある程度必要なのです。先日、小林麻央さんもブログで「白血球を上げたい」と記事にされていましたが、トランポリンがその効果を上げるというのは、トランポリンによって呼吸回数が増える事で、体内の酸素量が増え、そして更に体内の水分がシャッフルされる事により、腐敗菌が消滅され、血液が洗浄さ [続きを読む]
  • 自分だけの乳がん治療法の見つけ方と、プチ断食の方法①
  • 私は独自の自然療法で、乳癌発覚からわずか半年で、7.2?あった腫瘍を1.9?にまで縮小させました。乳癌になった事は2人の子供には伝えられず、だから出来る限り普段通りの日常を心掛け、でも裏では夫と2人で沈み、泣き、悩み、考え、揺らぎ、試し、調べ・・って毎日繰り返しながら、全力で生きた6カ月間。 その後、5?以上も縮小した乳癌腫瘍を、そのまま本当は手術さえもせずに自分で治す方がいいのか迷ったけど、1時間ちょっと [続きを読む]
  • 酸素&活性酸素と乳がんの関係
  • 誰もが呼吸と共に取り入れる「酸素」について身体に酸素が必要なのは誰でも当然知っています。だから呼吸する。が、酸素は状態によっては味方にもなるし、敵にもなります。=============水は容器に入れて放置していると腐ります。なぜ?それは、時間と共に水の中の酸素が少なくなると、細菌や雑菌を駆除できなくなるから。酸素量の低下により、水は腐ります。そして駆除されず残った菌を「腐敗菌」と呼びます。この [続きを読む]
  • 若い人ほど乳がんの進行が早いってホント?
  • 私達が一生のうちで与えられてる酵素量は決まっています。20代では最も体内の酵素量は多く、活発にピークを迎え、その後は徐々に減っていき、40代では半分になります。酵素は身体の免疫力の源だから、酵素が多ければ多いほど、内臓の働きも良く、血流も良く、腸内環境も良く、脳の働きもいいので、癌細胞などが大きくなる前に、その強力な免疫力で即座に退治できるというもの。齢を取る毎に体内の酵素量が減り免疫力が落ち、乳癌発 [続きを読む]
  • 乳がん予防・治療[日和見菌 (ひよりみ) 菌を味方につける]
  • 私の場合ですが、乳癌になった原因とは複数だから特定できないと思っています。ただ代わりに、これかな?と思う事を見つけたら、一つづつ排除してく。再発を防ぐには、癌に恐れない自分になるまで、これを繰り返し続けるしかない、と思ってます。今回お話しする腸シリーズ2「日和見菌」についても、私にとっての乳癌の発症原因の一つだと思うから、出来るだけ体質改善を効果的にして、癌体質を根本からチェンジです。====== [続きを読む]
  • ファイトケミカルってなに?乳がん予防・治療・再発予防
  • ファイトケミカル老化現象の大敵「酸化」。それを防ぐことは老化=見た目もそうですが、体内の細胞年齢の老化防止にも繋がります。日常生活によって衰え続ける細胞を、あれもこれも様々な方法を使って、グイッと元気に引き上げる事で、身体も元気になるし、見た目も若々しくなるし、精神的にも明るくなる。そこを目指して日々研究です。(笑)細胞が活発であればあるほど、病にもなりずらいし、治癒力もUPします。この、体内の [続きを読む]
  • 乳がん治療 抗癌剤をしても再発する理由は「がん幹細胞」
  • 乳癌自然療法に関して「癌体質」を改善する事が、体内の36兆個もの免疫細胞をフル稼働しやすい状態をつくる。癌細胞が1日に作り出される数は約5,000個ですので、圧倒的に免疫細胞の方が多く、絶対数で完璧に圧勝なので、毎日生まれる癌細胞を制する事ができるのです。免疫細胞を強化して、乳癌の予防・再発予防、または抗癌剤、放射線治療からの回復を早めて、癌細胞の活動を衰えさせる。それには、様々な視点から知識を取り入れて [続きを読む]
  • 乳がんを育てない為の栄養の摂り方
  • 身体が自分のチカラで栄養を生産できるようにする。これを、これだけ食べないと!という偏った思想は、時間と共に自分を追い込んでしまうので、手放す事が必要です。病気になると人は、病を治す為というのはもちろんの事、予防や再発をも恐れる余りに、神経質になりすぎて広い視野で身体を見る事を忘れてしまいがちです。人は「健康になりたい」と願います。その為にアレコレ調べたり、ビタミンは?ミネラルは?と考えます。一般 [続きを読む]