Mio さん プロフィール

  •  
Mioさん: 乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う
ハンドル名Mio さん
ブログタイトル乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う
ブログURLhttp://kenkohuntermio.hatenablog.com/
サイト紹介文乳がんステージ3を自然療法で治療し、自然療法による乳がん予防・再発予防法をブログでお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 186日(平均5.5回/週) - 参加 2016/12/23 00:34

Mio さんのブログ記事

  • 私は、乳癌とは闘わない。<乳がんブログVol.133>
  • 私達の体には、自分の身体を「殺す」スイッチなんて用意されていない。もし「生かす」事が目的じゃなかったら、そもそも生まれてないから、私達は皆「生きる為に」命というモノを授かった、というのが大前提の中の、大前提。だから、細胞は私達を「生かす為」に、どんな時も存在していて、その目的を果たす為に、今までもこれからも、ずっと機能していく。でも「癌」になったとたんに「癌細胞に殺される」って思うのは、なんで? [続きを読む]
  • 腹八分目に病ナシ、とは? <乳がんブログ Vol.132>
  • 私達の食事によって、免疫細胞(正常細胞)は、十分な栄養が得られると、「ご馳走様でした」と箸を置く。それ以上は欲しがらないし、例え栄養が来ても、吸収も消化もしません。それに比べ癌細胞は貪欲です。「お腹が一杯になる」という事がないので、栄養が来たら来ただけ、エンドレスにガッツリ吸収して、成長し続け、増殖します。この差がデカい。===============どういう事かと言うと、例えば①100%満 [続きを読む]
  • 内臓のテンポを活かす <乳がんブログVol.131>
  • 大腸に溜まった食べ物を消化するのに「20時間」掛かるってご存知でしたか?それぞれの臓器は、いつも一定のテンポで働いている訳ではなく、約2時間おきに「活発に動く」と「休憩」を繰り返しているそうです。その中でも「一番働く2時間」と「一番休む2時間」が1日の中に一回づつ、あります。そして、身体の中枢を担う「肝臓と肺」が夜中に順番に「一番休む2時間」の休息時間をとります。午前1時〜3時=肝臓午前3時〜5時=肺 [続きを読む]
  • 力を抜いて生きよう <乳がんブログ Vol.130>
  • ●お知らせ●バンクーバー近郊にお住いの皆様へ、ワークショップのご連絡です。<乳がんを、知ろう>乳癌の全て(予防・治療・再発防止)について、「自分の治療方法(予防方法)」を見つける為の講座(前半・後半の2回開催)です。乳癌と向き合い、いかにして「自己免疫力」を高めるか。その方法をあらゆる方向から探っていきます。 前半は乳癌の性質と、身体の構造を知る事を中心に、私が実践してきた免疫力を上げる為の方法 [続きを読む]
  • ミネラル吸収方法 <乳癌ブログVol.129>
  • 「ミネラル」とは、私達の身体のバランスを整える為の5大栄養素のうちの1つです。5大栄養素とは・身体を動かすパワー・体温を上げる・筋肉や骨格を作る・身体のバランスを整えるなどの「身体の基本」を作る大事な土台となる栄養素の事です。ミネラル(特にマグネシウム&カルシウム)が失われると、貧血になるわけですが、それ以外にも骨粗しょう症の原因や、神経伝達の妨害にもなります。だからと言って、サプリなどでカルシ [続きを読む]
  • アミグダリン(ビタミンB17)・乳がん自然療法 続編
  • 今までこのブログを通して、数回にわたりお伝えしている「アミグダリン(ビタミンB17)」について、実際に試した方々から反応を頂いたので、改めてまとめてみました。(「アミグダリン(B17)」の過去記事はこちらをご参照ください。)結果からお伝えすると、これは「最も個人差の強い自然療法のひとつ」だと客観的に思います。ある人は「3日間高熱で寝込んだ」と言い、ある人は「アレルギー症状がでた」と言い、ある人は [続きを読む]
  • 乳癌発症、キーポイントは「がん幹細胞」
  • 私達はもともと1つの細胞でした。精子と卵子が結合してできた受精卵です。これが私達の原点。その始まりの「受精卵」1個が、分裂を繰り返して「人間」となってきました。(画像はお借りしています)1つだった細胞が、60兆個にまで増えていき、私達を生かしていくわけです。(画像はお借りしています)当然1つの細胞が倍に倍にと増えていってるので「同じ遺伝子」を持っています。途中で、ある細胞は爪になり、ある細胞は腸 [続きを読む]
  • 医師の見分け方。 乳癌について医師に聞こう。
  • 私は「乳癌」と診断された時、ショックで頭の中が真っ白になりました。目の前にいる医師が神様のように見えて「この人の言う事を聞いていたら治るんだ!」と思った。だって、医者は「専門家であり、エキスパートあり、何でも知ってて、頼れる存在で、命を救ってくれる人で、絶対に私の見方だから」と信じていたから。でも、実際にはそうじゃない医師が、数多く存在していました。その度に胸が締め付けられるような思いをし、失望 [続きを読む]
  • 1?以下の乳癌と診断されたら?
  • 私は右の乳癌を発見した時、腫瘍は既に7.2?にも達してました。そこから体質改善を行い、わずか6カ月で1.9?にまで腫瘍を縮める事ができました。ただ、その時既に脇の下に転移してたので、癌腫瘍の部分摘出手術はしましたが、抗癌剤や乳房全摘からは免れたので、その方法や、そこから得た情報などをこのブログでは配信しています。「乳癌を経験してないけど医師」から得られる情報と、私の様に「乳癌を経験してるけど素人」の意見 [続きを読む]
  • 家族に「乳ガンになっちゃって、迷惑かけてごめんね」は、やめようよ。
  • 乳癌になってしまって、「家族に申し訳ない。迷惑かけてごめんね。」と思う人がヤケに多いですが、そのマインド、危険です。どうせ言うなら「ごめんね」ではなく「協力してくれて、ありがとう」だよね。なぜなら、「ごめんね」と言ったその時点で「乳がん=迷惑かける」って決めつけてるので、その願い、潜在意識に届いて叶ってしまいます。(潜在意識とは、無意識の領域の深い深い意識の部分。頭で考えられる「顕在(けんざい) [続きを読む]
  • 「仙骨を正さずして健康は無し」その由来について。
  • 身体の構造って、いくつもの層(レイヤー)が重なり合いながら作られてます。その層は、ミルクレープみたいな同じものの重なりじゃなくて、例えば、ガンダムみたいな超合金(骨と筋肉)が、フカフカのぬいぐるみ着てて(脂肪)、それらを血管だとかリンパだとかでつなげてて・・みたいに、種類の全く異なるもの同士が、神がかり的な絶妙な加減で、どれ一つ欠ける事なく繋がって、最後には「外観」というコンテナ(自分の容姿)で [続きを読む]
  • キャノーラ油の恐怖・身近な物から乳癌予防
  • 先日の「水道水+電子レンジ=老化」に引き続き、身近な物から乳癌予防、乳癌治療の参考にして頂きたいシリーズ。今回は「キャノーラ油(菜種油)」です。以前こちらの記事でも書いたように、料理に日常的に使う油とは、「高温」で使える物と、「生」で使った方がいい物の2つに大きく分けられます。それと同時に、必ず選んで頂きたいのが「低温圧縮(Cold Press)」と明記されている油です。その理由をご説明します。===== [続きを読む]
  • 水道水+電子レンジ=老化
  • もし「老化」というものが、一年一年という歳月を積み重ねたものだとしたら、みんな「同じように」年を取るはずだと思いませんか?でも同じ50歳でも、ある人は「若く」、ある人は「老けて」みえる。実際に体力的にも、かなりの差があります。という事は、「老化とは、歳月の積み重ねではない」のだと思うのです。じゃ、なに?==============それは、「血管の老化」が始まりです。活性酸素について以前こ [続きを読む]
  • 寝てても消費されるエネルギー「基礎代謝」の大切さ
  • エネルギー消費とか、代謝作用とかって、何となく「運動しなきゃ」と連結するイメージがありませんか?一生懸命に頑張って身体を動かしたり、汗を流すと、体温が上がって、筋肉もついて、代謝があがる、というのが一般的な理解だと思います。でも私達には有難い事に「基礎代謝」というものがあります。それは・・・呼吸してるだけでも・寝てる間でも・ゆっくり座ってテレビを見てるだけでも・読書してる時でも全く身体を動かして [続きを読む]
  • 白砂糖の代用は?10種類の甘味料について
  • 砂糖の代わりに使えるものって?身体に気を使い始めると、誰もが通る登竜門だと思うので、分かる範囲でまとめてみました。①メープルシロップちょっとお値段が高くても「純粋」な「オーガニック」のメープルシロップ(100%カエデのシロップ)にはミネラルをはじめ、ビタミンB群、ポリフェノール、亜鉛、カルシウムなども含まれていて、抗酸化作用も豊富です。逆に品質の悪い(安い)ものだと、人工甘味料や砂糖液などの不 [続きを読む]
  • わたしの乳癌治療法<基本形>
  • この丸の大きさ、なんだと思いますか?約7.2cm原寸大(PCだとたぶん原寸大。端末の種類によって原寸大より小さくなってしまいますが、だいたい手の指4本分です)私の右胸の癌腫瘍、発見当初の大きさでした。っつか、気付けよっ!って突っ込みたくなる大きさ。我ながら、何で気付かなかったんだろう?と不思議ですが、それほど自分にアテンションを向けてなかったのでしょう。内臓にできた腫瘍は見えないし触れないから、自覚 [続きを読む]
  • HSPとは? 乳がんのステージ別活用法
  • 身体を温めるといい。適度な運動はいい。体温が上がると代謝が活発になる。温めると痛みが和らぐ。なぜだと思いますか?それは、HSP(ヒート・ショック・プロテイン)と言って、体温が上がる事によって、新たに作り出されるタンパク質があるからなのです。体内に熱を加える事で、既にある細胞から、新しいタンパク質が生産される事で、下記のような変化が体内に起こりますHSPの働き①傷ついた細胞の修復②癌細胞などを [続きを読む]
  • 風邪の時は手っ取り早くビタミンC
  • 先日からの風邪の症状が抜けきれず、グダグダと過ごしております。自分をスローダウンさせてくれるので、熱は出てても、辛いどころか有難い。風邪の時、私はとにかくビタミンCを手っ取り早く摂るようにします。本当はレモンや野菜や果物から摂れればいいんだけど、摂取量を増やして抗体を強くしたいので、こんな時は粉末や濃縮ドリンクに頼ります。今回主に摂取してるのはこちらです。まず、風邪の引き始め、まだ動ける時に [続きを読む]
  • 発熱には、レモンを足の裏に。
  • 久々に発熱してます。この熱が菌を消毒してくれてると思うと、有難い。という事で、今回は手短に。熱を下げるには「レモンの輪切りを足の裏に貼る」と気持ちよく熱が下がる場合が多いです。足の裏は吸収力抜群ですから、理にかなってると思います。(逆に、化学成分たっぷりのクリームも吸収力抜群という事です。)やり方は特になく、輪切りのレモンを足の裏に貼って、包帯などで巻いて、靴下履いて、寝るだけです。私は今 [続きを読む]
  • 乳がん「自然療法」という選択肢について
  • 自然療法というと、「抗がん剤反対!」という気持ちさえ強く持っていれば、どうにか治るものなんだ。。。なんて思っていたらこれは、とんでもなく大きな間違いです。自然療法は「自然に治る療法」ではないです。癌はそんなに甘くない。必死に行動しないと治りません。しかも、頭と心と身体の全力を駆使して、自分の望みの全てを掛けて挑むものです。少なくても私にはそうでした。だから、乳癌は「糖分さえ摂らなければ治る」な [続きを読む]
  • レモンを日常生活に取り入れる
  • ビーツ発酵ドリンク(ビーツクヴァス)いい感じで発酵中。=============写真にあるビーツクヴァスにも入れている「レモン」ですが、抗酸化作用が絶大なレモンは、酸っぱいので酸性?と思われる方も意外と多いのですが、レモンの酸は、癌体質に多い「酸性=錆びてる身体」を弱アルカリ性(健康体として理想の状態)に変える働きがあります。酸性:錆びて汚れている体内の状態「腐敗菌と活性酸素」の話は、以前こちら [続きを読む]
  • リーキーガット② 予兆と対策
  • 前回の記事では「リーキーガット」について少し触れました。(今日の記事は同じくリーキーガットについてのパート②になりますので、内容が重複している箇所がある事、ご了承ください。)今や10人中8人に予兆があるという、現代病「リーキーガット」ですが、なんでそんなに多いのでしょうか?それは一言で「腸が汚れているから」と考えられます。腸の汚れの原因は、食品添加物、農薬、GMO、トランス脂肪、化学物質、ダイオ [続きを読む]
  • リーキーガットと乳癌の関係
  • リーキーガット症候群とは、リーク(洩れる)とガッツ(内臓)を合わせた言葉で、内臓(腸)に穴が開いて、栄養も毒素も体内に漏れてる状態の事。ちょっと怖いけど、百聞は一見に如かず。こんな感じです。正常な状態だったら滑らかな表面の腸管ですが、この症状は腸管にポコポコと穴が開いて、小腸の善玉菌も悪玉菌も小さな分子(タンパク質や抗生物質の薬の成分など)も漏れ出して、血流に乗って体中を駆け巡ってしまう状態の事 [続きを読む]
  • 放射能について
  • 健康には気を付けてるから、食品を買う時はラベルを見て、添加物や農薬を使ってるものは出来るだけ避けている。でも、結局「放射能」となると、目に見えないから防ぎようがない! と思っている方は多いのではないでしょうか。<一般的な疑問>天然魚といっても、海の中を泳ぎ回ってるんだから放射能汚染されてるかもしれない。放射能海域は、もちろん日本だけでなく、世界中至る所にあるから、魚も放射能の影響を受けているよ [続きを読む]
  • 養殖サーモン・食への考え方
  • ●はじめに●健康に関する情報は膨大で、溢れるほど蔓延しています。特にガン情報となると、〇〇は癌細胞を消す効果があるとか、〇〇は癌細胞を成長させるとか、実に様々で、特に不安が先走ってる状態の人には「ハンドパワーで癌を治せます」なんていう言葉まで信じたくなる時だってある。(私もそんな時期がありました)そんな世の中で、誰の、どんな情報を信じて自分に取り入れるかは、全て自分次第。全て自己責任。これが「治 [続きを読む]