内山直 さん プロフィール

  •  
内山直さん: 早期リタイアへの実用書 “幸せの確率” 公式ブログ
ハンドル名内山直 さん
ブログタイトル早期リタイアへの実用書 “幸せの確率” 公式ブログ
ブログURLhttp://earlyretire47.blog.fc2.com/
サイト紹介文内山直が時には熱く、時にはへべれけに語る、アーリーリタイアの、あれやこれ。
自由文アーリーリタイア後の日常だけでなく、アーリーリタイアを選んだ理由(哲学、心理学、宗教)、成し遂げた方法(行動経済学、運用法)、自己実現に向けた取り組み(執筆、瞑想)について、積極的に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 125日(平均7.4回/週) - 参加 2016/12/23 12:20

内山直 さんのブログ記事

  • 訪問国あてクイズ!〜今僕が旅している街はどこでしょう?
  • 今月の初めにグアムから帰って来たばかりなのに何だが、ふらりと旅に出ている。今回はひとり旅だ。訪れたのは、とある国のとある街で、水路が発達している。もちろん電車もバスもあるが、せっかくだから水上バスを移動手段に選んだ。すると、なかなか、いい。水辺から見ると、街の表情が変わって見えるのに気づいた。せっかくだから、読者の皆さんには、僕が訪れた国がどこかを推理しながら読み進んでほしい。もちろん、ヒントはち [続きを読む]
  • リタイア後は暇でしょうがない!? 毎日、何をしているのかとよく聞かれるのだが・・・
  • 特に言いふらす必要のあることでもないので、アーリーリタイアしたことは、あまり人に言わないでいた。ところが自著を上梓してからは、そのことが周知のこととなってしまい、最近は、会う人会う人に、「いったい毎日何をしているのか?」と聞かれるようになった。さぞかし暇だと思われているのだろう。さて、毎日僕は何をしているのか?最近だと、このブログにはかなり真剣に向き合っている。思いついたことを書いて、数日後、推敲 [続きを読む]
  • 退職金制度は、現代に残された奴隷制度なのかもしれない
  • このような議論があることを、遊民さんのブログで知った。70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案朝日新聞デジタル 4/13(木) 21:22配信 70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチーム(座長・片山さつき政調会長代理)が13日、こんな提言の骨子案をまとめた。超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよ [続きを読む]
  • まさか自分が講演することを楽しめる人間になるとは〜初講演に挑戦 後編
  • 昨日の続き。僕が行ったホテルでの講演についてだ。僕は人見知りだし、あがり症だし、だから当然、極端に本番に弱い。医師時代には学会発表は数多くこなしたが、ひどく緊張することがほとんどだった。ところが今回、人生初の講演を、自分としては意外なくらい楽しむことができた。なぜだろう?ひとつの理由は、やはりアーリーリタイアしたことだと思う。色々な物に対する見方が変わったし、失敗することを恐れなくなった。「大切な [続きを読む]
  • 地元に愛着をもてなければ、アーリーリタイアはかなり難しくなるだろう
  • 僕は移動が嫌いだ。どうも、時間のロスのような気がしてならない。だから、飲む時は近所の酒場に行く。本ブログでよくでてくる、Sバー、Aバー、それに、ワインバーPは、いずれも徒歩10分圏内だ。タクシーやバスを使って、繁華街まで足を延ばすことは、よほどの事情がない限り、ない。レストランだって同様。歩いて行ける範囲内で探す。ちなみに、歩くのは平気だ。ちょうどいい運動になると思っている。地方都市で、車中心の生活を [続きを読む]
  • 講演依頼を受け、その準備に忙殺されている
  • 先週、グアムから帰ってからは、忙しく日々を過ごしている。実は来週、講演を頼まれていて、その準備に追われているのだ。僕は医師時代にも講演というものをしたことがない。もちろん学会発表は数多くこなした。医局員としてのノルマもあったし、専門医資格の所得のためにも必要だった。ただしそれは、せいぜいで10分程度のものだ。スライドを10枚程程度容易すれば、原稿など持ち込まなくてもなんとかなる。だが、1時間の講演とな [続きを読む]
  • 僕らが今年もグアムを選んだ理由 〜 グアム滞在記2
  • 前回書いたように、子供たちの春休みにあわせて、約1週間をグアムで過ごした。去年に続いて、2年連続でのグアム、PICホテルだ。そう言うと、「なぜ他のビーチに行かないの?」と聞かれることがある。タヒチやモルジブのほうが、海がきれいだよ、とか。ハワイのほうが湿度が低くて過ごしやすいのに、とか。グアムにこだわる理由はいくつもある。1. 日本から近く、時差が少ない。さらに空港からホテルが近いので、新潟からでも [続きを読む]
  • 今年も春休みを利用してグアムに行ってきた 〜 グアム滞在記1
  • 僕がアーリーリタイアしたのが、昨年、2016年の2月。その直後、子供たちの春休みに合わせて、グアムに遊びに行った。そのことはその1年後、2017年の1月に上梓した自著“幸せの確率〜あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”にも記している。少し長くなるが、引用しよう。以前は海外旅行が好きで、毎年のように遊びに行っていたものですが、自らのクリニックを開業してからは、まとまった休みが取れなくなったので、かれこ [続きを読む]
  • 今回は経済的側面からではなく、職業としての「医師像」を語ってみる
  • 前回、医師の蓄財ベタについて書いた。こんな記事ばかり載せていると、まるで僕が医師を馬鹿にしているかのように勘違いされるかもしれないと思ったので、今日は別の角度から医師について述べる。先月、このような記事をネットで見た。医師の残業 法施行5年後に規制へフジテレビ系(FNN) 3/23(木) 4:54配信「働き方改革」をめぐって、政府が、医師の残業時間の上限について、法律を施行して5年後に規制をかける方向で検討してい [続きを読む]
  • 自分のために物を買うということ〜山口瞳のエッセイから
  • 小説が読めない日が続いている。多分、出版の緊張が続いているからだろう。僕は気持ちにゆとりがないと、小説を楽しめない。そういう時は、エッセイを、特に、好きな作家のエッセイを読み返すことにしている。それすら辛くなると、後はだらだらとテレビを見るしかなくなるのだが、今のところ、そこまでひどくはなっていない。余暇は能動的であるほうが、有意義であることは、自著で詳述している。僕の場合は、余暇の過ごし方が、自 [続きを読む]