Toshikazu.T さん プロフィール

  •  
Toshikazu.Tさん: 猫の写真のブログ。
ハンドル名Toshikazu.T さん
ブログタイトル猫の写真のブログ。
ブログURLhttp://catandman.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日1枚ずつ猫の写真を載せます。日本全国の野良猫や地域猫など。かわいいですよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 93日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/24 04:30

Toshikazu.T さんのブログ記事

  • 冬の公園の猫とおはよう
  • この写真は今年の2月に長崎へ旅行に行った時に撮ったものです。段々暖かい日が増えてきて、梅に続いて桜も咲いて、どんどん冬から春に移ろいますが、過行く冬に少し寂しさを感じてしまう今日この頃です。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 仲良く寝るギンギツネとキタキツネ
  • 彼らが『つがい』であるかどうかはわかりませんが…この写真は蔵王キツネ村で撮ったもの。キツネ同士のいろんなやり取りが見えて一日いてもなかなか飽きない場所です。アクセスに難があり、白石駅からタクシーを使うと片道4000円くらいかかってしまうのがイタイ。今では有名になってきたのか、仙台駅からのツアーバスも出ているようですね…でも人が少ないに越したことはないよねー↑ いただけると、毎日更新が長続きできる [続きを読む]
  • うっとりキタキツネちゃんと俺
  • 続いてキタキツネ。やはりこちらも本当にうっとりしているかはわかりません。ギンギツネもキタキツネも行動が読めないと書きましたが、ギンギツネの方が少し落ち着いていた気がします。どの飼育施設も頭数自体がキタキツネの方がずっと多いので、まだ私が知らないギンギツネの顔もあるのかも知れません。この写真も蔵王キツネ村で撮ったものではありません。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いし [続きを読む]
  • うっとりギンギツネさんと俺
  • けものフレンズ、面白いですよ。大人気で大流行です。あと2話で終わるけど。SF好きなのでそういう要素が所々に混じってるのが良いスパイスになっていて話のテンポもよく、見た目以上の魅力があります。そこで猫じゃなくギンギツネさんの写真。なんかうっとりしてるように見えるけど本当にうっとりしているのかはわかりません。キツネたちは犬よりも猫よりも気まぐれで行動がサッパリ読めませんでした。すごい可愛いですけどね!ち [続きを読む]
  • 真鍋島の若猫の目ぢから
  • 野良猫の寿命は3〜4年と言います。出会った時若かったこの子はまだ生きてるのだろうか…真鍋島には一度しか行ったことがないのでこれっきりです。また行く機会があるかなあ?↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 真鍋島の路上の猫
  • 真鍋島に訪れたのは2年前の九月。猫の島としては割と名前が出るのは早かったような覚えがあります。前回紹介した祝島よりは猫はすぐに、それなりの数が発見できましたが、人懐こい子はいませんでしたね。高台にある花壇が設けられた小さな公園が、綺麗で瀬戸内海に浮かぶ島々がよく見えて印象的でした。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 野良猫の親子
  • 右の小さい方がお母さん猫です。他の猫スポットで聞いた話によると、野良猫のボスは子供を追い出すことがあると聞いたことがありますが、ここにはボス猫がいなかったのかも知れません。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 岡山倉敷の猫はぎ事件…
  • 私自身は人懐こい猫を求めて止まないものの…人懐こくない猫の方が長生きすることもあるのかな。自分に懐いていた猫が殺されたという記述のあるブログなども見たことがありますが、やりきれないですね。実は私も毒物を食わされた猫に出くわしたことがあります。私にできる事と言えば役所に電話することくらいでしたが…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 花壇、猫、ビル
  • ビルの立ち並ぶ中の、公園の花壇の片隅にこっそりと猫。都市部には結構野良猫はいるものですが、撮ろうとして探すとなかなか厳しい。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 猫の人懐こさは伝染する? その4 集団無視・集団おねだり
  • そして青島の集団猫。ただし4年前の。行った当時はあまりの猫の多さに個性がまったく感じられなかったが、帰って写真をよく見ると表情が違っていて面白い。この島の猫は基本的には人間には興味を示さないが、エサをくれるそぶりを見せると一気に集まってくる。港に船の出入りする時間帯だけはざーっと港に集まり、他の時間は島に散らばる。これだけの数がいるのだから、平常時にも人懐こい猫がもう少しいてもよさそうに思えるが… [続きを読む]
  • 猫の人懐こさは伝染する? その3 港の追跡者たち
  • これも3年前のとある猫の島。この島の猫もいくつかのグループに分かれていたのだが、港のグループは何故か人が歩くと追ってきた。エサを持ってなくても、あげずに一緒に過ごしていても変わらず追ってきた。それも10匹以上が一緒に。島民の方針で猫の数は減り、そしてこの習性はもう見られなくなりましたが、不思議な猫たちでした。多分、猫の島としての名前が知れ渡り、人に懐かなくても楽にエサが貰えるようになったからだと思い [続きを読む]
  • 猫の人懐こさは伝染する? その2 島のペロリストグループ
  • まあ公園の猫が懐かないなんて言うのは良くある話。その中に人懐こい猫が1匹だけいても、まあ不思議ではない。しかし、この写真。これは2年前にとある猫の島に訪れた時の物であるのだが、私の手を2匹の猫が同時に舐めている。その猫の島には大きく分けて2つのグループがあり、片方は徹底的に人に懐かず、片方は人間にべったり寄り添って生活している。その人に懐くグループの方の懐き方が面白かった。なんと出会う猫が皆、差し出し [続きを読む]
  • 猫の人懐こさは伝染する? その1 懐かない公園猫
  • 今日(3月10日)もお休みだったので、18きっぷを使って少し遠くの猫スポットに足を伸ばしました。初めて訪れる場所でしたが、そこそこの規模の公園にそこそこの頭数の猫。しかしその全てがことごとく人懐こくない…10匹くらいはいたように思いますが。厳しい戦い、というか成果の無い戦いだったぜ…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • おや、誰か来たようだ
  • しかし(私含め)誰もエサはくれなかった。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 穏やかな夜に身を任せるな
  • 穏やかな夜に身を任を任せてはいけない例え老いても終わりゆく日に燃えたぎり怒るのだ怒れ、怒れ。消えゆく光に怒れ。とSF映画で言っていました。インターステラー。しかし、怒るだけならともかく、最善の今日を過ごし、最善の明日を選ぶのことのなんと難しいこと…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • DPPで編集すると画像が微妙に眠たくなる(?)
  • 出力した画像は普通なんですけどね。プレビュー中にパラメータのスライダーをいじると画像が眠たく(意図しないボケ状態)なってしまいます。画像にカーソルを当てて何らかの動きを与えてやると戻ります。与えてやらねば画像はずっと眠たいまま。なんじゃこりゃ↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 青島の猫
  • どうでもいいけど青島に最後に行ったのは、前の記事だと2年前と書いたけど実際は4年前だった…ボケボケや…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 青島の路地裏風景(猫40匹弱)
  • 青島は居住空間が限られているので、人間の住む箇所であれば至る所に猫がいました。ただ、最後に訪問したのが既に2年前の話になるので、今もこれほどいるのかは…どうでしょう?最後の訪問の時には、既に来島者がかなり増加していて島民との軋轢も生じていた時期でした。あれからさらに来島者は増え、聞くところによると週末には連絡船に乗れない人すら出るとか…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお [続きを読む]
  • 青島には猫は多いけど…
  • 人懐こい猫がほとんどいない。というかいなかった。3回行って3匹。間違いなく100匹以上いたのですが…観光地として名が知れ渡った今なら、少しくらいは見知らぬ人に懐く猫もいるのでしょうか?↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]