0831nuko さん プロフィール

  •  
0831nukoさん: イラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ハンドル名0831nuko さん
ブログタイトルイラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ブログURLhttp://ameblo.jp/0831nuko/
サイト紹介文雑読猫ぬこさんが様々なジャンルの本をイラストでレビューします。
自由文日々本と猫と酒を愛する元出版社社員40代女です。
本は、文庫から実用書、コミックに自己啓発書などあらゆるジャンルを読んでいます。
夫と娘が3人、2代目猫サバトラ(メス)と同居中。
酒は毎晩、スパークリングか白ワインが多いです。夜中、ちょっとしたつまみとワインでだらだら読書するのが至福の喜び。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 123日(平均7.5回/週) - 参加 2016/12/24 17:27

0831nuko さんのブログ記事

  • その言葉に、もう頷くしかない
  • 『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』 西原 理恵子 (著)  ¥864 文春新書 868 飲酒で高校を退学処分。水商売でアルバイト。離婚したのち、ガンを患った元夫の最期を看取る―。「おカネ」「男と女」から「ビジネス」「家族」「トラブル解決法」まで、波瀾万丈の人生で培った処世術を伝授する。<こんな人におすすめ>人生に悩みがある思いがけない視点からのアドバイスが欲しい西原理恵子 [続きを読む]
  • 母の「型」から抜け出せない
  • 『あのひとは蜘蛛を潰せない』 彩瀬 まる (著)  ¥562 新潮文庫 ドラッグストア店長の梨枝は、28歳になる今も実家暮し。ある日、バイトの大学生と恋に落ち、ついに家を出た。が、母の「みっともない女になるな」という“正しさ”が呪縛のように付き纏う。突然消えたパート男性、鎮痛剤依存の女性客、ネットに縋る義姉、そして梨枝もまた、かわいそうな自分を抱え、それでも日々を生きていく。ひとの弱さもず [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 末っ子の幼稚園生活も2週間経過。こちらの心配をよそに、幼稚園ライフをエンジョイしている様子の末っ子に、成長とたくましさを感じています。 先日のイベントで知り合った方から紹介された本を手にいれることができました。心に響く素敵な本でした。こちらの本を今週印象に残った1冊としてご紹介します。 レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』です。 センス・オブ・ワンダー Amazon [続きを読む]
  • 新人漫画家が見た レジェンドの頭の中
  • 『カメントツの漫画ならず道』 カメントツ (著)  ¥800 小学館 仮面漫画家カメントツが行く漫画裏道表道! あだち充、青山剛昌、西原理恵子に、のむらしんぼ!漫画界のレジェンドに傍若無人に突入したかと思いきや、返す刀で、印刷所や製本所などなど、まさに漫画本ができる最前線に潜入取材。 <こんな人におすすめ>大物漫画家の実態を知りたい漫画ができるまでの工程に興味がある編集部の様子を見 [続きを読む]
  • 子どもの心をときほぐすのは、ぶたのぬいぐるみ
  • 『学校のぶたぶた』 矢崎 存美 (著)  ¥518 光文社文庫 新年度から新しいカウンセラーを迎えることになったのだが、現れたその人は、なんとぶたのぬいぐるみだった!その名は山崎ぶたぶた。彼が中庭でカウンセリングを始めると、生徒たちの強張った心がゆっくりと、ほぐれてゆく。 <こんな人におすすめ>優しい気持ちになれる話しが好きおいしい食べ物が好きぶたぶたさんシリーズが好 [続きを読む]
  • コーヒーと読む?それともビール?
  • 『TOKYOブックカフェ紀行』 ¥1296 玄光社 至福の1杯と、ひらめきを与えてくれる1冊に出合いに行こう。そんな素敵な時間をもたらす東京都内のブックカフェを美しい写真とともに紹介。<こんな人におすすめ>ブックカフェが好きコーヒーだけでなく、酒と本の組み合わせも好き見たことのない本を手にとってみたい TOKYOブックカフェ紀行 (TOKYO INTELLIGENT TRIP 04) Amazon 本や記事に興味 [続きを読む]
  • 情報戦を戦い抜く 公安の一匹狼
  • 『県警外事課 クルス機関』 柏木 伸介 (著)  ¥702 宝島社 “歩く一人諜報組織”=“クルス機関”の異名をとる神奈川県警外事課の来栖惟臣は、日本に潜入している北朝鮮の工作員が大規模テロを企てているという情報を得る。一方そのころ、北の関係者と目される者たちが口封じに次々と暗殺されていた。暗殺者の名は、呉宗秀。日本社会に溶け込み、冷酷に殺戮を重ねる宗秀であったが、彼のもとに謎の女子高生が現 [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 一昨日は、とある出版社のイベントに出席しました。新しい人、そして本との出合いに静かにワクワクした気持ちがあふれ出てきて、良い体験でした。会場の皆様に感謝!です。 さて、参加されていた素敵な女性が感銘を受けた、という本を早速探しに行ってみたら、最寄の書店では在庫がなく。後日Amazonか楽天ブックスで取り寄せることにしました。読むのもレビューを書くのも楽しみな本です。 最寄の書店で、何冊か購入した [続きを読む]
  • たぬきとの算術対決はレベル高し!!
  • 『ちんぷんかんぷん』 畠中 恵 (著)  ¥594 新潮文庫 「私ったら、死んじゃったのかしらねえ」長崎屋が大火事に巻き込まれ、虚弱な若だんなはついに冥土行き!? 三途の川に着いたはいいが、なぜか鳴家もついてきて――。若だんながいつもあやかし退治でお世話になっている僧侶、寛朝のもとで長年がんばっている秋映。自分には師匠のような能力がないと思っていたがあやかしに悩む依頼人の相談を1人で受けること [続きを読む]
  • そこにある未来を自分で選び出すのだ
  • 『決めた未来しか実現しない』 本田 健 (著)  ¥1728 サンマーク出版 ベストセラー作家である著者が、これまで明かさなかった?秘密の願望達成法?を一挙公開! あらゆる未来の可能性はすでに存在している。だから、あなたがすることは願望がかなう「未来の一点」を決めること、そして「最高の未来」を選ぶこと――。最高の自分が、未来で待っているのです。 <こんな人におすすめ>夢を持っている [続きを読む]
  • 史上最高にお手軽な健康法
  • 『1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり』 藤本靖 (著)  ¥1132 飛鳥新社 デスクワークで目が疲れたり、肩が凝ったり、寝ても疲れがとれない……。そんな忙しい現代人のための、いつでもどこでもできるカンタンな方法! <こんな人におすすめ>スマホやPCのしすぎで目や肩が痛い仕事のストレスで異が痛い対人関係でモヤモヤしている 1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり&nbs [続きを読む]
  • 商人の嫁として、新たなステージが始まる
  • 『あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇』 ?田 郁 (著)  ¥626 角川春樹事務所 大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。また、商い戦 [続きを読む]
  • 本と本がナニして子どもが生まれ・・・えっ!?
  • 『本にだって雄と雌があります』 小田 雅久仁 (著)  ¥767 新潮文庫本も結婚します。出産だって、します。小学四年生の夏、土井博は祖父母の住む深井家の屋敷に預けられた。ある晩、博は祖父・與次郎の定めた掟「書物の位置を変えるべからず」を破ってしまう。すると翌朝、信じられない光景が――。長じて一児の父となった博は、亡き祖父の日記から一族の歴史を遡ってゆく。そこに隠されていたのは、 [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 気温が上がり、だいぶ春らしくなってきました。重いコートを脱いで、春仕様の服装をすると心も軽くなるようです。そろそろ衣替えの準備もしなくては。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週印象に残った一冊を紹介します。鶴田豊和さんの『「めんどくさい」がなくなる本』です。 「めんどくさい」がなくなる本 Amazon 【行動するのが、めんどくさい】【人間関係が、めんどくさい】【何 [続きを読む]
  • 場所の数だけ宿るものがある
  • 『スピ☆散歩ぶらりパワスポ霊感旅 2 』 伊藤三巳華 (著)  ¥864 朝日新聞出版 視えちゃう漫画家がパワースポットに行くと何が視える?何が起こる???スピリチュアル神社仏閣ガイド。上野恩賜公園、東大寺、春日大社、大和三山、箱根神社、九頭龍神社、昇仙峡、スリランカのパワースポット。 <こんな人におすすめ>パワースポットに行ってみたい観光名所の神社仏閣に興味がある神様のことが知りたい [続きを読む]
  • ネット動画投稿で生きる夢と現実
  • 『動画投稿で生きる!フリーダムな仕事術〜__(アンダーバー)自伝』 __(アンダーバー) (著)  ¥1620 リットーミュージック人気歌い手/ゲーム実況者が、自身のエンターテイナー人生、動画再生回数の増やし方、効果的なプロモーション法、マネタイズ術などを赤裸々に語り尽くす!<こんな人におすすめ>ネット動画で収入を得ることに興味があるネット動画で有名になったクリエイターに興味があるアンダーバーのフ [続きを読む]
  • コミュニケーションは技術であり、武器である
  • 『まんがでわかる 伝え方が9割』 佐々木 圭一 (著), 星井 博文 (その他), 大舞 キリコ (その他)  ¥1296 ダイヤモンド社伝えベタな編集者、五十嵐舞が、「伝え方」には法則があって学べることを知り、困難を乗りこえていくストーリー。まんがを読むだけで、ベストセラー『伝え方が9割』が身につく! <こんな人におすすめ>仕事がスムーズにいかない相手を怒らせてしまうことがある伝える技 [続きを読む]
  • 対峙すべき相手はいつも自分
  • 『うそうそ』 畠中 恵 (著)  ¥594 新潮文庫 若だんな、生まれて初めて旅に出る! 相変わらずひ弱で、怪我まで負った若だんなを、両親は箱根へ湯治にやることに。ところが道中、頼りの手代たちとはぐれた上に、宿では侍たちにさらわれて、山では天狗に襲撃される災難続き。しかも箱根の山神の怒りが原因らしい奇妙な地震も頻発し――。若だんなは無事に帰れるの? 妖たちも大活躍の「しゃばけ」 [続きを読む]
  • 夢の中で生きる事はすばらしい?
  • 『私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?』 森 博嗣 (著)  ¥745 講談社タイガ文庫 富の谷。「行ったが最後、誰も戻ってこない」と言われ警察も立ち入らない閉ざされた場所。そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンたちが、潜んでいるという情報を得たハギリは、ウグイ、アネバネと共にアフリカ南端にあるその地を訪問した。富の谷にある巨大な岩を穿って作られた地下都 [続きを読む]
  • 本たちが心地よく住まう場所
  • 『世界の夢の本屋さん』 清水玲奈 (著), 大原ケイ (著), エクスナレッジ (編集)  ¥4104 エクスナレッジ世界の本屋さんを質の高い写真を豊富に使って紹介するビジュアル解説書。建築、インテリアはもちろん、格式や先進性、業態のユニークさ、本の品ぞろえ、オーナーの懐の深さまで、オンリー・ワンの特徴を兼ね備えたお店ばかり。本好き、本屋好きにはたまらない一冊です。 <こんな人におすすめ>本 [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • あちこちで桜が咲いているようですね。せめて近所だけでも見に行きたいなあと思いつつなかなか出かけることができません花が散ってしまう前に、一度見にいけたらいいなあと思っております。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週印象に残った一冊を紹介します。それはアンダーバーさんの『動画投稿で生きる!フリーダムな仕事術_(アンダーバー)自伝』です。 動画投稿で生きる! フリーダムな仕 [続きを読む]