太湖流域フィールドノート さん プロフィール

  •  
太湖流域フィールドノートさん: 太湖流域フィールドノート
ハンドル名太湖流域フィールドノート さん
ブログタイトル太湖流域フィールドノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/satojin71
サイト紹介文中国江南地方を中心とするフィールドワークに関する雑多なメモ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 114日(平均2.0回/週) - 参加 2016/12/24 17:44

太湖流域フィールドノート さんのブログ記事

  • Seminar, 20 April 2017 (Thursday), 16:30-18:00
  • あまりにも忙しく、長らく更新できませんでした(汗)講演のお知らせです。Seminar, 20 April 2017 (Thursday), 16:30-18:00Topic: “迷信”与非遺之間:關于江南的民間信仰與農村婦女的一些思考Speaker: SATO Yoshifumi (Hitotsubashi University)Date: 20 Apr, 2017 (Thursday)Time: 16:30-18:00Venue: Room 221A, Fung King Hey Building, CUHK講  題:“迷信”与非遺之間:關于江南的民間信仰與農村婦女的一些思考講  者: [続きを読む]
  • 肩こり
  • 粛々と各種仕事をこなしています。一時帰国もあっという間に半分が過ぎてしまいました。気温差のせいか、肩と背中のこりがひどく本当に重たいです。毎日湯船につかってもだめですね。子泣きじじいにだんだん重くなってきてます。飲み過ぎも一因でしょうか。 地元のウイスキーをいただきました。 [続きを読む]
  • 一時帰国
  • 昨晩一時帰国しました。これから一ヶ月は種々の校務に従事しながら、次の学期のノート作りです。報告と原稿の惑星直列が夏まで続くのでそのための仕込みもしなくてはならないですね。羽田空港直前はかなり揺れました。これはいつも冷や汗がでます。あちらから戻ってくると人が少なくて静粛でほっとしますね。本日は良い天気であったので玉川上水沿いを散歩してみました。一度玉川上水を全部歩いてみたいです。同行者募集中(笑)。 [続きを読む]
  • 家飲み
  • 基本、家飲み(部屋飲み)はしません。一昨年末から昨年夏までどうしても我慢できないときは、ノンアルコールビールか低アルコールビールを飲んでいました。香港にきて勝手がわかるまでノンアルコールビールをどこで売っているかわからなかったのですが、なんのことはない近所のスーパーに売っていました。 これが売っていた。アルコール0%きんきんに冷やせば結構飲めます。しかし、先日やや物足りなくなってどうしたものかと [続きを読む]
  • 夜の作業のお供
  • 夜は色々な作業をしています。ここのところは再び自分の作業はできなくなり、博論や修論をひたすら読んでいます。出てきた事項を確認するためにDBを調べ出すといつの間にか全く関係ないことを調べて1時間くらいたっていたりします(汗)。博論の審査についてかつてYさんが「博論は青春を費やして取り組んだものなのだから、審査員もがっぷり四つで取り組まざるを得ない」みたいなことおっしゃっていて感銘を受けました。確かに別の [続きを読む]
  • 文武廟
  • 旧暦正月三日で、依然として祭日です。本日は調査の傍ら、上環の文武廟にお参りに行ってきました。参拝客が列をなしてました(文字通り列になって入場制限があった)。 文武廟セットで売っていた線香やろうそくなどを購入し、入り口で教えてもらったとおりに参拝しました。狭い廟の中で参拝客が火の付いたろうそくでうろうろしているので、何度もやけどをしそうに(させそうに)なりひやひやしました。 購入したのはこのセット「 [続きを読む]
  • 新年快楽 万事如意!
  • 長年中国研究をしておりますが、春節をこちらで迎えるのは実は初めてです。元旦前後から町中で春節用品の販売が目立ってきて、また1週間前くらいからは春節用の料理やお菓子を買い込む人々の姿を目にしてだんだん盛り上がってくる様をみられたのが面白かったですね。どんなものを買って、どんな料理を作るのかも教えてもらいました。大晦日にあたる昨晩は、仕事の後時事通信社や香港ポストの方々に誘っていただいて年越し火鍋をし [続きを読む]
  • 近況
  • ①蚊対策最近数日間よく眠れませんでした。昼の調査は文献中心に移り、それほどハードではないのですが、睡眠が浅いのは相当響きますね。原因はどこからか蚊が紛れ込んできていて夜中に刺されていたことにありました。1月だというのに。そういえば、香港理工大学でもベンチに腰掛けていたら刺されました。そこで蚊取り器を買ってきたら安眠できるようになりました。一安心です。 こんな気温だというのに(なので?)、蚊がいる。 [続きを読む]
  • To C
  • Please believe meIf you don't need meI'm going, but I need a little timeI promised I would drown myself in masticated wine [続きを読む]
  • 香港でのデータ通信
  • 1月頭に親友の林君がこっちに遊びに来た時に使っていたのが下のsimカードです(【中国聯通香港】「 香港 マカオ 7日間 データ 使い放題 上網 / SIMカード 」)。1週間で1GB。1GBを使い切ると低速データ通信のみになりますが(128kbps)、仮に使い切ってもホテルか滞在先にwifiがあるわけだし、外では低速でも?問題です。日本にいるときはOCNのモバイルワンの一日110mbコースに入っていて、使い切ることはあまりないので、こ [続きを読む]
  • 夭逝した企画?
  • 先日のブログで若手研究者に誘われて「中国における水辺の社会史」ともいうべき共同研究の企画に参加することを書きました。3月にワークショップ、8月にシンポジウムを開催する予定で、3月に簡単なドラフト、8月にフルペーパーを提出という日程になっていたので、昨年末から必死になって史料を読みつつ入力する作業を進めていました。これが思いのほか面白く、すっかりはまっていました。しかし・・・・・・この企画は審査委員会か [続きを読む]
  • Kindle
  • 行ったり来たりではあるとは言え、何せ約1年間を過ごすわけですから、こちらには色々持ってきました。しかし持ってこれるものには限界があり、本当は持ってきたかったのだけれど置いてきたものも多いです。持ってこればよかったなあと最近激しく後悔しているのがkindleです。仕事関係の本も読めるし、息抜きに小説や漫画も読めるので(購入しないといけないですが)持ってこればよかった。MTRに乗っている時や人待ちをしているとき [続きを読む]
  • 変な作業(汗)
  • 昼は科研の調査をしつつ、夜には部屋に戻ってきて色々作業しています。昨日からはじめたのが、今年度で終わる科研費プロジェクトの報告書に載せる論文です。学会で口頭発表した会議論文に手を加えてさくっと完成させるつもりでした。この会議論文は中国語で、一旦日本語で書いたものを自分で翻訳したのです。ところが、中国語版はフォルダに残ってるものの(会議や論文締め切り日毎にフォルダを作って管理している)、どう探しても [続きを読む]
  • 『東呉歴史学報』に拙論載りました
  • 少し間が開いてしまいました。台湾東呉大学の『東呉歴史学報』第36期に拙論「被切斷的記憶――從一位「富農」的敘述看近代江南的農村社會」を掲載していただきました。色々な仕事と平行して進めていたので、構想してから活字化するまで結構時間がかかりました。確認したら、2012年1月31日に立命館大学で最初に話してます。その後ほったらかしに。そして、2015年3月に中央研究院近代史研究所で開催された口述歴史に関するワークショ [続きを読む]
  • Siriと戯れる
  • 広東語の発音がなかなか上達しないのはなぜか分析してみました。最大の原因は音声の表記法をマスターしていないことです。第2外国語で普通話を学んだときは、漢字のピンイン表記をまず徹底的にたたき込みました(ただ、我流にやったので、短期留学の時に知り合った友人から、音声表の順に一つ一つなおされました。enとengの違いとかです)。そこで今日から先ずイェール式の表記法を書き写しながら漢字と音声の対応を暗記すること [続きを読む]
  • 香港文化博物館のブルースリー展
  • 香港文化博物館において期間限定で開催されているブルースリーに関する展示「武芸人生李小龍 Bruce Lee:kung fu art life」などを参観してきました。香港文化博物館は車公廟が最寄りの駅で、今回初めて行きました。イヤーパスが早速効力を発揮して、20香港ドルがただになりました。 入り口にある銅像私は少年時代は剣道をずっとやっておりましたが(一応二段です)、特に武道に強い思い入れがあるわけでもなく、ブルースリーの [続きを読む]
  • 惑星直列
  • 木曜日に中文大のオフィスでデジタルDBから史料収集する作業をしていたところ、賀喜さんから声をかけられました。3月からのresearch fellowの仕事一環である研究報告をいつにしますかと。4月下旬になると次の学期が終わってしまうとのことで、報告は4月20日になりました。まだ訪問も始まってないのに報告日だけ決まってしまい、プレッシャーがすごいです(汗)。その予定をgoogle calendarに入力していて気がつきました。3月から9 [続きを読む]
  • 引き続き「写経」中
  • 今晩は仕事の終了後、香港で有名な猫カフェ(Cats Planet ?星球)に行く予定であったのですが、知り合いの都合が付かず日を改めることになりました。その代わりに足裏マッサージに行こうと思い立って電話をしたら今日は臨時休業とのこと。他の店でもいいのですが、腕のいい方にやってもらいたいので、こちらも別の日に。さすがに正月は休みですよね。今日も昼間は引き続き史料の読解と入力作業です。最近この作業がとても楽しく感 [続きを読む]
  • 仕事始動
  • 昨晩はカウントダウンの花火をみられるバーに行く計画だったのですが、調整がつかず断念。結局部屋でビールを飲んでました。ついつい飲み過ぎた。。。修士論文草稿が届いたので、結局年越しで草稿のチェックをしていました。今年は数が少ないので相当楽ですが、年末年始ほぼ返上しての仕事は毎年恒例ですね。サバティカルだからといってこればかりはほっぽりだすわけにも行かず、断続的に添削してます。昼はこちらの若手研究者たち [続きを読む]
  • 2016年はこんな年でした
  • 2016年もあっという間に最終日です。今年1年がどんな年であったのかを総括して、来年以降の方向性につなげたいと思います。①サバティカル・リーブ今年一番の出来事はなんといっても9月からサバティカル・リーブを取得して、香港にきたことです。滋賀大学時代には確か2004年くらいに在外研究の若手枠に応募しようと準備していたら制度そのものが無くなってしまったり、某大学から呼んでもらえそうになって水面下で動いていたとこ [続きを読む]
  • 蓄積すること
  • 出かけたりしていて、更新が少し滞りました。蘇州から帰ってきたあたりから、急に仕事モードが降ってきて、まるで神明がシャーマンに憑依したようになっています。猛烈に史料にどっぷり浸かりたくなって、暇があれば入力しつつ読んでます。ほとんど写経状態ですね(笑)。10年前に撮影したものの、どう使うか決めかねていた史料を改めてみてみたところ、ものすごく面白いことが書かれていてすっかり虜になってしまっています。中国 [続きを読む]
  • 香港歴史博物館
  • 各種原稿の合間を縫って、香港歴史博物館に行ってきました。紅磡駅を挟んですぐのところにあるので、ついつい行きそびれていました。本日はクリスマスイブということで入場無料でした。設展示の「香港故事」というコーナーが香港の歴史を大まかに掴むのによい展示でした。G階が先史時代からアヘン戦争まで、2階がアヘン戦争から1997年の香港返還までです。G階の展示を見ると、中華帝国の辺境としての性格や、中華文明の影響力の強 [続きを読む]
  • 余談
  • 香港に戻りました。再び、史料調査・読解中心の日々に戻ります。合間に香港でのフィールドワークです。本日は常熟のある宣巻芸人が所蔵する宝巻の目録作りをしていました。呉江の芸人と対照的にこちらは木魚宣巻で、個別の神明のものや、勧善ものが大多数を占める感じです。次回のインタビューまでにテキストそのものも読み込みたいところです。ところで、リンパ腺の腫れはどうやら間違いで、耳下腺炎だったようです。幼少期に2回 [続きを読む]
  • 蘇州に来ました④(最終回)
  • 蘇州科技大学歴史系の先生や学生さんたちとの交流は、私にとっても非常に大きな刺激になりました。13年間進めてきたフィールドワーク、特に口述調査の方法に関心をもってくれたのは単純に嬉しいことです。2004年に調査を始めたばかりの頃は、優れたカウンターパートはおろか、実際にフィールドを歩いてくれる人を探すのに一苦労でした。そう考えると隔世の感があります。打ち合わせや講演のたびに2007年と2008年に出した共著を持っ [続きを読む]