新橋 さん プロフィール

  •  
新橋さん: 47歳 新橋 サラリーマンが転職活動をしました
ハンドル名新橋 さん
ブログタイトル47歳 新橋 サラリーマンが転職活動をしました
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/papari-555/
サイト紹介文新橋の中年サラリーマンの転職活動の記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 208日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/24 22:32

新橋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お勧め:書籍「あの日負け組社員になった・・・」吉田典史著
  • 負け組社員という単語自体がひと昔前のような気がしますが、2009年頃に出版された本です。あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方 [単行本]吉田 典史ダイヤモンド社2009-12-11副題の、会社の落とし穴の避け方・埋め方・逃れ方というところにひかれて購入しました。確かに、会社って、落とし穴だらけですから・・・。内容は、会社で落とし穴に落ちた人たちの事例から対策を勉 [続きを読む]
  • 退職時の注意事項
  • いろいろとあると思いますが、自分なりにまとめてみました。1.退職意思は直属の上司に伝えること  当たり前ですが、まずは直属の上司に  口頭でが常識だと思います。  メールで送ったり、先に、職場の同僚に話したり、   いきなり役員に話したりは絶対にNGだと思います。  いきなりここでこじれると、多分、リカバリー不可。  退職願、退職届はフォーマットのある会社が多いのでは?2.退職意思を伝えるタイミング [続きを読む]
  • 転職活動を始める理由・きっかけについて
  • 自分が今回転職活動を始めたのは、1月頃でしたが、①今の会社に居てもこれ以上の昇格が難しい様子であったこと。②したがって、給与の伸びも期待できそうになかったこと。が大きい理由です。なので、人間関係が良くない、とか上司とあまりうまくいっていない、とかリストラされた(されそう)、とかそういう強い切迫感が無く、どちらかというとのんびりと転職活動を開始しました。つまり、どこかでそうは言っても、まだ昇格の可能 [続きを読む]
  • 転職:面接の事前準備について
  • 正直、私の場合、最初の1、2回は全く何の準備もしないで面接を受けたりしていました。(今考えると、アホですね・・・)そこで感じ・理解したのは、典型的なよくある質問については、事前に自分で回答を考え、記憶しておき、面接の場では、状況に応じて上手く回答を変えるようにできるようにしておくことが大切ということです。通常の仕事で、Q&Aや想定問答を作成するイメージだと思います。当たり前のことなのですが・・・。例え [続きを読む]
  • 転職:退職理由について
  • どのような退職理由を現在の会社に伝えるかは、結構悩ましいです。中には、本音直球勝負で、会社への不平不満を退職理由とし、それに対する会社の対応が良くないとして、人事のみならず労働組合にも退職理由を伝えた人も居ました。会社の反応は恐ろしいものでした。その人は袋叩きのようになってしまい、(法的に問題ありそうですが、退職1ヵ月前に子会社に出向等)横で見ていて寒気がしました・・・。やはり、円満退社を目的とす [続きを読む]
  • 会社に絶対にバレナイように転職活動をするのは無理です2
  • やはり無理なようです。私の場合は、退職の意思を上司に伝えた際に上司から、「やっぱり、そうだと思ったよ」「たまに半休とったりしていたよね」と言われました。半休は実際には、月に1、2回とか、そういうペースで、いろいろなことを相当注意していたつもりですが。ちなみに、上司は、今が3社目で、転職経験がある方です。見る人が見ると、分かってしまうということですかね。 [続きを読む]
  • 転職:給与交渉、条件交渉をどのように進めていくのか
  • 転職するにあたり、本音ベースでは給与や、様々な条件は最も気になるところだと思います。何を重視して転職するかは人それぞれだと思いますが、私の場合には今回は給与・条件などの重視・優先度がかなり高かったです。要は、自分を、自分のキャリアを、高く買ってくれる会社はあるか、という観点から転職先を探していました。ので、必然的に、給与・条件の交渉は常に行うということになります。対コンサルしかり、対会社しかり。正 [続きを読む]
  • 職務経歴書の書き方 常識を疑え?
  • これは、転職支援コンサルの方によって言っていることが結構違いました。一般的な書き方については、ノウハウ本や、コンサルの方にお任せするとしてちょっと、個人的に強く感じたことを書きます。1>量量はやはり多ければ多いほどよいのではないでしょうか。やる気も見せられます。冒頭に、全体の目次ではないですが、要約を付けることが前提です。その上で、詳細はいくら書いてあっても書きすぎということは無いと思いました。私 [続きを読む]
  • 面接について:会社まではタクシーで行った方がよいです
  • 結局、累計で10社以上は面接を受けた今回の転職活動。これは、本当に痛感しました。会社までは極力タクシー(またはナビ付き自家用車)で行くようにした方がよいです。会社によっては、本当に分かりづらい場所にある会社もあります。地図を見ても、ロータリー等が複雑で、歩いて、どう行けば良いのかよくわからない会社。徒歩10分ほどと聞いていたのに、ずっと登り坂道で、暑い日にとても10分では行けない会社など。遅刻したことが [続きを読む]
  • 面接について:ネクタイと上着は取ってよいのか
  • これは、この季節、意外と変に悩む場面が多かったです。まず、企業との面接の場合には、全ての会社でネクタイを締め、上着を着て行きました。中には、「上着脱いでください」とか「クールビズですから」とか声をかけて頂く面接担当の方もいらっしゃいましたが、全部、ご丁重に「いや、大丈夫です」とか言って、上着、ネクタイをそのまま着けていました。ただ、企業の場合は大抵冷房がすごく効いていることが多く(効かせてくれてい [続きを読む]
  • 面接について 現場ではこんなことを心掛けていました
  • 実際の面接ではこんなことを心掛けていました。①面接であることを忘れないようにすること ⇒あくまで、試験であって、  こちらが面接をされているということ忘れないこと。  盛り上がり過ぎると、かえって良くないと思いました。  また、面接官が慣れていない場合(優秀でない場合)には、  聞くべきことをわすれていたり、進行が稚拙なことがあります。  こちらでフォローしましょう。②イスに深く腰掛けない ⇒意外 [続きを読む]
  • 面接について ご参考までに こんな面接がありました・・・
  • 中途採用の面接ですが、本当にいろいろな面接がありました。いろいろな面接に柔軟に対応できるように、やはり、一般的に言われているように、面接は多く受けておいた方がよい、は本当だと思います。できるだけ多く受けて、実地で、体に対応方法を染み込ませるという意味で慣れておいた方が良いと思います。特に、自分の年齢で相手方が求めている職種・ポジションだと、どのような雰囲気・受け答えが最低限必要か、というのは、大切 [続きを読む]
  • 中途採用 企業の選考基準・採用基準について考えたこと
  • これは本当によくわからないことが多かったです。いろいろな経緯で書類を提出したり、面接に行ったりするわけですが、書類を提出したからには、面接にわざわざ行ったからには合格したいのは人情です。そうなると、やはり、相手がどのような基準で選んでいるのかは、最大の関心毎・ポイントではないでしょうか。ある意味腹の探りあいのような部分もあるのですが、本当に、よくわからないことが多かったです。相手が採用活動している [続きを読む]
  • 転職活動の時に今の仕事とどう向き合うか
  • 今の仕事をこなしながら転職活動をした感想を書きます。やはり一番重要だと感じたのはこれ。今の仕事に一生懸命取り組む我々はプロですから、やはりもらっているもの以上の成果を会社にもたらすことにより、昇進昇格キャリアアップがあるわけですから・・・。とはいえ、今の仕事に不満があるから転職活動をしているのも事実です。不満がある、あまり身が入らない、専門外だ等々いろいろとあると思いますが、そこはプロです。今の仕 [続きを読む]
  • 中途採用の面接事前準備 面接まで行けたら何を準備するのか
  • いい年なので、面接の際にはレベルの高いものを求められることが多いと感じました。一生懸命準備することが、非常に大事だと感じることが多かったです。理想は面接の際に、コンサルタントのように、相手の課題を掘り出して、相手が唸るような解決策を提供することでしょうかね。理想に少しでも近づくために最低でも以下のような準備は必要かと思います。1.会社のHPを読み込んでおく   いろいろと面接を受けた感触から言うと、 [続きを読む]
  • 書類選考を通過する秘訣2
  • 前回、奇をてらったようなことを書いたので、今回は真面目に書きます。当たり前ですが、ある分野の実力のある専門家は自分の分野の他の方の実力を、職務経歴書だけで、かなりの確度で見抜けると思います。この会社でこの業務をこれくらいの期間経験していればこれくらいの実力はついているだろうとか。こういう経歴とこういう経歴がこれくらいあれば、こういう感じだろうとか。実際に転職活動をしていて、コンサルさんや会社の方の [続きを読む]
  • 書類選考を通過する秘訣1
  • これも最終的にはご縁だと思いますが、意外と見落としがちなポイントは、兎に角応募を早く出す、というところでしょうか。案外、いろいろと悩んだり、条件を細かく確認したり、「有価証券報告書」を読んでから、とか「会社の評判」をネットで調べてから、とか今の、会社の仕事も忙しいし、職務経歴書ももう一度書き直したい、で気が付いたら、1週間経っていた、ということがありがちです。それよりも、求人を見て、さっと調べて、 [続きを読む]
  • 書類選考が通過しない、2次面接に行かない場合の心の持ち方
  • 応募したのに書類選考に通過しない。一次面接に行ったのに、2次に行かない。内定が出ない。こういうことは、全く気にする必要がないと思います。まさにご縁の世界です。法律的にいうと、雇用対策法の規制などで、企業側の希望が上手く求人票や募集に出てこないので、そういうミスマッチが起きているのですね。企業は求人の際に年齢制限や性別制限を、出せなくなっています。なので、全く気にする必要なしこの会社、本当は女子を採 [続きを読む]
  • 転職支援会社、コンサル会社との面接の時間
  • 私の場合には、コンサルとの面談は業務後若しくは土曜日にしてもらっていました。理由としては①今の会社の仕事をおろそかにしたくなかったこと②それくらいの融通をつけてくれない支援会社とは、一緒に仕事をしても上手くいかないと思っていたことなどですかね。コンサルの中には、平日の昼間に面談して欲しいと言ってくる方もいましたが・・・。勝手な印象ですが、わざわざ、土曜日に面接を設定してくれるコンサル会社が紹介して [続きを読む]
  • 転職活動中の心の持ちようについて 自分で自分をホメましょう
  • 兎に角手間がかかり、精神的にも辛く感じるときもある転職活動。いろいろと考え始めたり、理想を追いはじめると、どんどん長引きます。履歴書の作成一つを取っても、手間、時間がかかりますよね。和文のみでなく、英文を作ったり。コンサルの意見を取り入れ、構成を全体的に変更したり。ただ、確実に言えることは、余裕があればいろいろと確認をしながら、時間をとって、じっくりと活動した方がよいということ。そんな時に大事なこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …