あらら さん プロフィール

  •  
あららさん: 数学先取り学習
ハンドル名あらら さん
ブログタイトル数学先取り学習
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/honomiyu2002jp
サイト紹介文お父さんが自宅で中学生の子供に数学を教えているブログです。
自由文子供は現在中学3年生。数学の先取り学習をしています。並行してお父さんの高校大学数学学び直しの様子も載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 255日(平均1.5回/週) - 参加 2016/12/24 23:08

あらら さんのブログ記事

  • なかなか時間がとれない
  • 今日はお父さんの数学勉強青チャートの複素数は一応終了。常微分方程式がまったく進まず、ロンスキアンでてきて、線形代数の復習を行い(約1週間)、積分計算で忘れたところはまた、積分計算の復習をし、今日もたった1時間だが、積分因子の復習を行った。現在、2階の線形微分方程式の一般解の構造が理解できたところだ。(あくまで、理解できたということであり、問題が解けるレベルには至っていない。)ああ、量子力学までの道の [続きを読む]
  • 高校数学全く進まず
  • 衝撃の250点台から5教科の塾に通うようになり、理科社会も教えてもらうようになった。少し思うところを書いてみる。①学習時間が確実になる。正確にはだらける時間が減る。つまり塾に行ってても授業に臨む姿勢が足りなければ意味がない。②ペースメーカーになる。塾のペースでは我が子にとって消化不良の部分が正直あるが、世の受験生たちはこのペースなのか、と親としてケツをたたかれる思いだ。③過去の内容は自分たちでがんばる [続きを読む]
  • 子供の様子から学ぶ
  • 子供の勉強の様子を見ていて、ただ単に覚えるだけ、では定期テストはやり過ごせても真の学力の土台にはなっていないことを痛感した。このことはお父さん自身にも言えるのだ。数学の本を読む、例題を解く、何とか理解しながら解けた、1か月後にはほぼ忘れている。我が子と同じではないか。その場その瞬間は理解できる。しかし、しばらくすると解けなくなる。本を読み返すと「ああ、そうだった。」となる。今お父さんが勉強している [続きを読む]
  • 地道な学習をやっていくしかない
  • 子供の記事前回の記事で社会が全く駄目だったと報告した。どんなところが駄目なのか例えると武家諸法度 御成敗式目 公事方定書 分国法 を古い年代順に並び変える。  国風文化 東山文化 元禄文化の特徴を選択肢から選ぶ、など、学校の定期テストでは範囲を絞っての出題に対して模擬試験は全範囲を系統的に把握していないと解けないのだ。 もうこうなったら、模試を解き直していきながら1つ1つ覚え直すしかない。暗い気持ち [続きを読む]
  • 夏期講習のしんどすぎる結果
  • 夏期講習の模擬試験250点台。もう、しんどすぎてどうしていいかわからない。今まで覚えた知識を忘れていることと覚えていても設問と全くつながらないのだ。なんとか数学だけは偏差値50は超えていたが・・・。まず、学習時間がほとんど確保されていないこと。1,2年の復習ができていないこと。ああ、この記事書いていても心がしんどくなる。とくに社会がもうどうしようもない。しかし、高校数学の先取りもやめるわけにはいかない [続きを読む]
  • 複素数と格闘
  • 数Ⅲ青チャート複素数と格闘中。☆4の入試の過去問ともなるともうお手上げ。解説を読みながら、「そんな発想できるかっ!」と思わずつっこむこともしばしば。ネットの受験サイトでは中堅以上の国立なら青チャート2周とか書いてあるが、なるほどなぁ、と思ってしまった。青チャート2周もすれば相当な力がつくのも納得してしまう。しかし、初学者にはあまりにも難しすぎると思う。我が子のように初めて高校数学に触れる者にとっては [続きを読む]
  • 今日の学習
  • 今日もお父さん自身の学習ネタ。やはり、青チャートは難しいと感じる。☆2までは何とかこなせるが、☆3となると初見では解けない。Exercisesになると、解答を見て解法を学ぶという感じ。一方常微分方程式では2階線形微分方程式で最も簡単なバネの振動について、まだおぼつかないが、解けるようになった。そういえば学生時代、特性方程式からなんかやったよなぁ、くらいの記憶しかなく、実に約四半世紀ぶりにやっているのだが、こ [続きを読む]
  • オヤジたちは勉強している
  • オヤジ、勉強、タグでブログを探すと多くのオヤジたちが勉強しているのがわかる。人には様々な思いがあり、いくつになっても学ぼう、学びたい、挑戦したい、という気持ちが伝わってくる。読んでいると心を動かされる。同年代や年上の方達が、頑張っている様子を知ると自分もやらねばと思うのだ。我が子も中3。夏期講習に放り込んでいるので、子供との関りが減る。そして、あと3年もすればもう我が子を直接指導することもなくなる [続きを読む]
  • 学習したことをすべて覚えているわけではない
  • これから、お父さんの勉強も平行して記録していくことにする。今日のお父さんの勉強数Ⅲ青チャートP21,P22キャンパスゼミ微分積分 ヘッセ行列式の概要の復習現在の進行度はキャンパスゼミ常微分方程式のロンスキアンの概要。一応線形代数も微分積分も一通りは終えたが、1か月もすると忘れるのだ。テイラー展開もマクローリン展開も読み返せば「ああ、そうだった。」となるが、定理などを白紙から説明できるまでには至ってない。学 [続きを読む]
  • お父さんも数学の勉強
  • 子供は夏期講習に放り込んで、高校数学はストップ状態。そこで、お父さんも数学を勉強します。高校数学と大学数学を交互に勉強していきます。お父さん恥ずかしながら数Ⅲ黄色チャートの問題☆3以上になると初見でノーヒントではなかなか解けません。解答はさすがに理解できますが・・・残念。せめて、センター、中堅国立大2次が解けるくらいの力がないと今後の指導がおぼつかない。そこで、さらに血迷って青チャート数Ⅲを購入。 [続きを読む]
  • まだしばらくは因数分解
  • 黄色チャート 星2つの問題2元2次の因数分解まず、卑怯な言い方だが、「因数分解せよ」という問題なのだから、与えられた式は必ず因数分解できること。と教えた。因数分解の場合、低次の文字でくくるのが鉄則だが、同次の場合、どちらかの文字の2次式として認識することの指導。そして、その文字に注目した場合、他の文字は定数と考えてみることを指導。大学入試の入り口の入り口だが、なんと、できているではないか。黄色チャー [続きを読む]
  • 中学先取りを終えて
  • 中学数学終えての感想中学先取りを終えたが、難関高校の入試問題などはまったく歯が立たない。普通の公立中学生として「数学の先取り学習」に関していろいろな考え方や意見があるのは承知だ。終わっての感想は、①間違いなくやっててよかった。我が家の場合は教科書を中心に取り組んだ。決して天才になるわけではないし、難関高校にもレベルは及ばない。しかし、定期試験のためにあわてることはなかった。今後2学期も定期テストの [続きを読む]
  • 血迷って黄チャでいく
  • 展開はできている?ような感じ。 現在因数分解に入っているが、少し複雑なものになるとお父さんもかなりてこずる。1問で20分とかは当たり前。やはり、訓練しかないのだ。そして、以前白チャートがいいとブログで書いたが、迷いに迷って黄色に決定。我が子が目指す高校の副教材は青チャートだ。しかし、現在の我が子のレベルでは黄色でも難しすぎる。なんとか、がんばりたい。今は毎日1時間程度の取り組み。まったく進まない。しょ [続きを読む]
  • 高校数学のさわり
  • 高校数学のさわり、整式。お父さんが想像していたよりも理解できるぞ。やはり、中学数学が基礎になっているのだ。(x−1)(x−2)(x+3)(x+4)の計算ができたのだ。当然、頭から計算はさせない。x2乗 の項と x1乗 の項が同じ形になる組み合わせを考え、それをAとおいて計算することのヒントだけ与えたら、なんとできたのだ。x1乗の項が同じになるのは(x-1)(x+3)の組み合わせと(x-2)(x+4)の組み合わだが、直観として [続きを読む]
  • 期末の結果&高校数学突入
  • 期末の結果380.社会が50点台。がっかり。上位2割もわずか届かず。がっかりしててもしょうがないので、数学を頑張ろう。高校数学に入った。教科書も書店で注文し、手に入れた。演習量確保のため、問題集をどうするかだ。 [続きを読む]
  • 一応ほったらかし
  • 今日一日が勝負だったが、勉強内容までは関わらず、「理社の必修テキストやってなさい。」とテレビを見ている姿に対して「そんな余裕ある?」のみの声掛け。(怒りをこめながら)実質5〜6時間くらい。数学は0時間。やはりやばい。どうしよう。と言いながら放ったらかしなのだが・・・。 [続きを読む]
  • 来週期末テストなのに!
  • 来週期末テストだということを、私は全くノーマークだった。もう1週間先だとおもっていたが…。我が子はのほほんとしていて、戦闘態勢に入っていない。今からやらせるしかない。マズいぞ。マジでマズい。 [続きを読む]
  • 中間テストが終わったとたん
  • 上はお父さんの学び直しシリーズ。1階の線形微分方程式の解法における定数変化法だが、積分定数を x の関数とみなすなんて発想はわたしには一生思いもつかないこと。そういう天才の発想を学ぶことにいつも感動するのだ。その発想を学ぶことが勉強することの醍醐味だとおもうのだが・・・。中間テストが終わったとたん勉強時間が極端に減っている。ほんとに「あ〜あ」である。これは個人には非売品である、学校や塾専用教材の必修 [続きを読む]
  • 中間テスト
  • 中間テスト2週間前から、なんと子供が「自分で勉強するから、放っておいて。」と言い出した。さすが中3。ようやく勉強を「自分のこと」として考えるようになってきたようだ。ついに、そこまで成長したかという喜び8割とだんだん親から離れていくという寂しさ2割の複雑な心境のお父さん。中3の1学期ともなれば、ここが正念場というところだが、今までの努力の仕方の積み上げを信じて、放っておいた。お父さんとしてはかなりの博打 [続きを読む]
  • ついに三平方の定理に突入
  • ついに三平方の定理に突入。まずは正方形の中に正方形を書いて、(大きい正方形=小さい正方形+直角三角形が4個分)の有名な方法で公式を証明してみせて、自分で証明できるまで練習した。あっさりとできて意外。ここにきて、2乗公式の展開、√の意味が理解が重要であることを再確認。中3数学ともなると既習事項の積み重ねによる新しい公式を導くという構図。さあ、高校数学では絶対必要な2点間の距離の計算。これも意外にあっさ [続きを読む]
  • 3学期の通知表
  • 3学期の通知表。今まで英、数、理が4でした。が今回国語が4に伸びました。冬期講習で古文がほぼ0点だったので、せめて定期テストくらいはと思い、2月は国語にも取り組ませました。と言っても、学校ワークを2周させただけですが。範囲の限られた中での国語なので、本当の実力ではないと思っています。う〜ん、しかし、数学頑張ってんだから、5がほしいのが正直な感想です。さて、現在大手の塾の春期講習の予習のため、またまた先 [続きを読む]
  • 3学期の通知表
  • 3学期の通知表。今まで英、数、理が4でした。が今回国語が4に伸びました。冬期講習で古文がほぼ0点だったので、せめて定期テストくらいはと思い、2月は国語にも取り組ませました。と言っても、学校ワークを2周させただけですが。範囲の限られた中での国語なので、本当の実力ではないと思っています。う〜ん、しかし、数学頑張ってんだから、5がほしいのが正直な感想です。さて、現在大手の塾の春期講習の予習のため、またまた先 [続きを読む]
  • 数学だけの弊害
  • この2週間は社会漬けの日々。放っておいた社会の悲惨さに目も当てられず、日本地理と徳川体制までの歴史に集中的に取り組んだ。その期間数学はお休み状態。家庭で教科を絞って教えた場合の典型的な弊害。あ〜国語も全く手付かず状態。非常に苦しい。その原因は明らか。単に勉強時間が少なすぎたのだ。今日からは春季講習の予習に取り組む予定。 [続きを読む]
  • 数学だけの弊害
  • この2週間は社会漬けの日々。放っておいた社会の悲惨さに目も当てられず、日本地理と徳川体制までの歴史に集中的に取り組んだ。その期間数学はお休み状態。家庭で教科を絞って教えた場合の典型的な弊害。あ〜国語も全く手付かず状態。非常に苦しい。その原因は明らか。単に勉強時間が少なすぎたのだ。今日からは春季講習の予習に取り組む予定。 [続きを読む]
  • コメントを頂いたので・・・
  • 教科書の章末問題が終わり、今日は問題集。やはり、2ページで90分かかった。亀のような速度と先日のブログで書いた。コメントもいただいた。「我が家だけが特殊ではないんだ。」という意味で安心する。本当に時間がかかる。しかし、粘り強く、根気強く基礎を固めていくと、問題を解く速度があきらかに速くなる瞬間がある。速く解けるといっても難関校を目指すお子さんのレベルではなく、公立中学校の普通の子としてのレベルである [続きを読む]