なごやん さん プロフィール

  •  
なごやんさん: なごやん
ハンドル名なごやん さん
ブログタイトルなごやん
ブログURLhttp://ameblo.jp/new-nagoyan/
サイト紹介文名古屋在住アルビレックス新潟サポーター。鉄道、美術館、SWL、昆虫など多趣味で話題満載(か?笑)
自由文アルビレックス新潟の検索は他サイトに任せ、ここでは当分、美術館、BCLで頑張ります。旅ブログに加え昆虫もチョコットあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 182日(平均4.0回/週) - 参加 2016/12/25 09:28

なごやん さんのブログ記事

  • 巣立ちの時
  •  昨日、JRローカル線の駅でのことです。キヨスクの横に待合用の椅子がありました。何か紙が貼ってあります。前の日の大雨の影響で雨漏りし、濡れちゃったんでしょうか?  人がいなくなったのを見計らい近づいてみると・・・ん、なんだって?  上にツバメの巣があるため、使用停止だそうです。  上を見ると・・・おお、確かにツバメの巣がありました。親が飛んでくるとピーピーピーと餌を催促します。  今日、同じ場所を覗い [続きを読む]
  • 新潟の天皇杯か天皇杯の新潟か
  •        ↑アルビではなく、敢えてサッカーのテーマに落としました。 天皇杯2回戦 ホーム 加古川戦 アルビレックス新潟 2-1 バンディオンセ加古川  詳細なテキスト情報が得られない環境で、頼りになったのはNHKのサイトにある天皇杯のページだった。とりあえず、「〇〇がシュート」とだけは出てくる。  早い時間帯に先制したのはよかったが、気が付けば延長戦だった。 ふと去年を思い出した。初戦は大学生相手に、やは [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(77)北の国から
  •  このシリーズの第4回でラジオ・ノルウェーというノルウェーの公共放送を書きました。  今回はノルウェーからの外国向け宗教放送です。 【ノレア・ラジオ(NOREA Radio)】 放送局というより、放送組織と言った方がよいのかもしれません。 この放送は「ノルディックラジオ福音協会(Nordic Radio Evangelistic Association)」というプロテスタント系の組織が運営していて、本部はノルウェーのオスロににありました。もちろん [続きを読む]
  • 痛すぎるホーム敗戦
  • 第15節 ホーム 大宮戦アルビレックス新潟 1-2 大宮アルディージャ 残留争い真っ只中にあるチーム同士の対決で、極めて重要な試合だった。 が、しかし、前半に2点取られ、後半ようやく1点を返したものの結果は負け。 スタッツを見ると、大宮はシュートがわずか2本。しかしその2本がいずれもゴールネットを揺らした。 対して新潟はシュートが6倍の12本。得点はわずか1。これでは勝てない。 下位チームもそこそこ踏ん張ってい [続きを読む]
  • ミッフィー in 福山
  •  先日、所要で広島県福山市へ行きました。その時に「ふくやま文学館」へ行ってきました。ふくやま文学館は福山城のふもとというか、福山城、広島県立歴史博物館、ふくやま美術館、人権平和資料館などがある、いわば「文化地域」に建っています。  石垣造りのいかにも城下町の建物という感じです。  ここでやっていたのは今年2月に亡くなられた絵本画家、ディック・ブルーナさんの「ミッフィーのたのしいお花畑」です。  2015 [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(番外⑤)懐かしのラジオ雑誌
  •  私がBCL当時、国際放送は原則的に短波で行われていたため、外国の放送を聴くことをSWL(Short Wave Listening〜短波受信)、あるいはDX,DXing(DX:distance,distant〜長距離)と言っていて、それがまさに「国際標準」でした。1970年代になり、SWL が普及すると、特に日本では国内放送(主に中波)を聴くことも含め、BCL(Broadcasting Listening〜放送受信)ということばが主流になりました。  私がBCL にはまっていた [続きを読む]
  • ラベンダーフェア@荒子川公園 in 名古屋
  •  名古屋は「大都市」と言われる割には市内のあちこちに比較的広い公園があります。港区の荒子川公園もそのひとつで、昨日ラベンダーフェアが始まりました。短い期間の開催なので、晴天の今日、ぶらりと行ってきました。  この公園に行くには私のところからだと名古屋駅へ出て、あおなみ線を使うのが便利です。港サッカー場や藤前干潟、JR東海のリニア科学館、最近できたレゴランドなどがあるため、どんなに混むだろうと思 [続きを読む]
  • フルムーン
  •  先日、三日月、否、四日月を見ました。  今日は帰りに床屋さんへ寄ってきました。この時間帯はまだ明々としています。昼の長い季節です。18時25分  先ほど、家の窓から外を覗いてみました。ビルの谷間にくっきりと月が映ります。 そうか、あれから11日。三日月四日月から11日。・・・もう満月ということです。 速いですね、日が経つのは。22時  更け行く、いやいや、老けゆく日々です。 相互リンク⇒ [続きを読む]
  • キズのり
  •  海苔というと、有明海や瀬戸内、三陸等の海苔が有名で高価ですが、どっこい、愛知県でも良質の海苔が生産されています。  先月のことです。 「キズのり」が50枚741円+税(=800円)で売られていました。知多半島、豊浜産です。木曽三川からの栄養をたっぷり受けたおいしい海苔・・・だそうです。 季節の最後に採れた海苔で、色艶は最盛期である冬のものと比べればチョット劣りますが、味は遜色ないそうです。 という [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(76)「放送局」ではないけれど
  • 【背景】 外国放送を探すべくダイヤルをクルクル回していると、時にピッピッピッと秒刻みのシグナルをキャッチすることがあります。 また、かつては各国の電話会社が国際電話のため、短波を使っていました。 今回は、そんな「変わり種」短波放送です。 【周波数および時報局】from Japan 日本でには小金井市にある旧 通信総合研究所(現 情報通信研究機構)が運営している標準時報局JJYがあります。標準時とともに周波数 [続きを読む]
  • 惨敗・・・orz
  • 第14節 アウェー C大阪戦 セレッソ大阪 4-0 アルビレックス新潟  ライブで試合を追うことができなかった今日、結果に辿り着いたのが18時頃のことだった。  完封負け・・・取れない、点が取れない。これでは勝てない。  何人か主力選手が離脱しているのは痛いが、控え選手がその穴を埋めなくてどうする。  前半はあと3試合。兎に角勝ち点を積み上げてほしい。  応援の皆さん、お疲れさまでした。 [続きを読む]
  • 東山魁夷 in 豊田
  •  先日、豊田市へ行ってきました。 名古屋市内から豊田へ行くには名古屋市営地下鉄鶴舞線(名鉄相互乗り入れ)が便利です。赤池駅までは地下鉄ですが、赤池駅からは名古屋鉄道(名鉄)が運営します。赤池駅には地下鉄の車両がずらりと勢揃いしています。ここから名鉄  途中、東郷調整池(一般名愛知池)を見渡しながら走ります。愛知用水の調整池で、東郷ダムによって造られた、いわば人造湖です。東郷調整池(愛知池)&nb [続きを読む]
  • 決定力不足
  • ルヴァン杯第7節 ホーム 神戸戦 アルビレックス新潟 0-1 ヴィッセル神戸  勝敗はまあいいや。でも、せめて1点くらいは取ってほしかった。  ルヴァン杯予選では6試合戦って得点はわずか3。上を目指すどころか当然グループ予選最下位。  アルビレックス新潟の歴史上、最低のルヴァン杯結果じゃないのかな?  武蔵(鈴木)なんて、こういう時にきちんと落ち着いて決めてくれなくちゃ。  6月4日 [続きを読む]
  • サンセット
  •  昨日、19時少し前に帰宅の途につきました。名古屋郊外の西の空には夕焼けが美しく映えます。左端に鳥が飛んでいるのがおわかりでしょうか?18時45分  約1時間後に自宅付近へ来ました。名古屋都心部に住んでいるわけではありませんが、比較的広い道路が走っています。先ほど夕陽が沈もうとしていた角度よりやや高めの西の空に三日月翌日の月(これを四日月と言ってよいのかどうか・・・)が姿を見せていました。19時40分&n [続きを読む]
  • 大正モダン・キッズ@刈谷市美術館
  •  私がしばしば行く美術館のひとつが刈谷市美術館です。最近も行ってきました。  手段はいつもの通りJR東海道本線です。  金山駅を出て、途中いくつかの川を渡りますが、大府市の五ヶ村川を渡ると約 170mで境川です。そこから約 90mを隔てて流れる逢妻川は刈谷市です。境川が大府市(尾張)と刈谷(三河)の境です。  そして刈谷駅に着きます。 刈谷駅には在来線の普通列車はもちろん、快速、新快速、特別快速 [続きを読む]
  • 逆転負け・・・orz
  • 第13節 アウェー 仙台戦 ベガルタ仙台 2-1 アルビレックス新潟  戦術ははっきりしていた。見事なカウンター攻撃だった。 しかし最後が・・・  ガリャルドが先制したところまではよかったのだが。 PK+個人技で逆転か。  前監督時代は何をやろうとしているのか理解不能な面が多かった。 今日は明確だったし、よく機能していたと思う。  しかし、最後のところで精度を欠けば得点できない。当然の [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(75)ライン・マインに沿った街
  • 【背景】 ドイツには世界的によく知られている川がいくつかありますが、そのうちライン川はスイスに源を発し、ドイツ国境のボーデン湖を経てドイツをおおまかに南から北へ流れ、オランダへ入った後、北海に注ぎます。また、ドイツ中部を蛇行しながら東から西へ流れ、マインツでライン川と合流するマイン川は最長のライン川支流です。ライン川とマイン川  ドイツのローカル局第4弾はそんな地域の放送局です。 【西ドイ [続きを読む]
  • 呂比須監督のお眼鏡は・・・?
  • ルヴァン杯第6節 ホーム 甲府戦 アルビレックス新潟 0-2 ヴァンフォーレ甲府  昨日もJリーグのテキスト情報だけが頼りだった。  消化試合とはいえ、リーグ戦での出場機会に恵まれない選手にとってはアピールするチャンスだ。  が、終わってみれば完封負け。呂比須監督、がっかりかな? あるいは、その中でも今後に期待が持てそうな選手を見出しただろうか?  応援の皆さん、お疲れさまでした。&n [続きを読む]
  • スラヴ叙事詩@新国立美術館
  •  4月に東京へ出張した時のことです。1日目は午前中だけ、2日目も午前中だけの仕事でした。せっかくの機会ですし、1日目の仕事が終わった後、乃木坂にある「新国立美術館」へ行きました。目当てはアルフォンス・ミュシャ(ムハ)展です。  行ったはよいのですが、入館券を買うだけでこの列です。一方、チケットを持っている人はストレートに美術館入り口へ行くことができます。延々と続く長蛇の列  結局、その日は諦 [続きを読む]
  • なごやんの旅日記(8)ここも神田川
  •  一時流行した歌謡曲に「神田川」があります。「♪あなたはもう忘れたかしら・・・」と歌われる曲です。 その歌は東京の神田川の中でも豊島区付近が舞台になっているようですが、源流は三鷹市にあります。そして全体としては西から東へ流れ、両国橋付近で隅田川に合流します。 給水路であるにも関わらず、水面がむき出しという、ある意味珍しい川です。  私は時々杉並区へ出張し、その際にはよく京王電鉄井の頭線の富士 [続きを読む]
  • 知名度
  •  今朝はいつもの日曜日のように目が覚め、いつもの日曜日のように郵便受けから新聞を取ってきた。「昨日、新潟が勝ったことだし、どんな記事になってるかなー」と思いつつスポーツ蘭を見ると、トトト、トップ記事だ!スポーツ蘭のトップだ。「堅守速攻 これぞ新潟」て。  これが呂比須効果というものか。他の監督だったらこうはならないだろうな。 ちなみに、「ガ大阪 首位浮上」はその下。同じ3段抜きながら、新潟の記 [続きを読む]
  • 勝利発進新監督!
  • 第12節 ホーム 札幌戦アルビレックス新潟 1-0 コンサドーレ札幌 今日は美術館へ行きたかったのだが、行ってしまうと試合に間に合うようには帰ってこられない。従って、外出を控え、キックオフを待った。 今日は呂比須ワグナー 監督の初陣だ。サポーターの誰もが勝利を望んでいる。 前半は両チームスコアレスで折り返した。鈴木武蔵のシュートがイマイチらしい。ホニに期待が集まる。 後半出だしは札幌が攻め上がる。しかし [続きを読む]
  • 変わりゆくか?名城公園
  •  名古屋城の北に「名城公園」という公園があります。大阪の天王寺公園などとは異なり、無料で入ることができ、市民の憩いの場になっています。 4月下旬、そこへぶらっと行ってきました。  名古屋市営地下鉄名城公園駅で下車するとながーい列がありました。この日は「駅ちかウォーキング」のゴールになっていて、スタンプ(?)をもらう人たちが並んでいたのです。名城公園駅  数年前、名城公園東側の大津通を挟んで [続きを読む]
  • 眞子さまは学芸員
  •  秋篠宮家の眞子様がご婚約に向けて準備を進めているというニュースの中で、眞子様が学芸員の資格をお持ちになっていることを初めて知りました。  博物館、美術館が好きな私はしょっちゅう学芸員さんのお世話になっています。ギャラリートークや講演は言うまでもなく、殆どの美術館/博物館では素人の他愛もない質問にも丁寧に答えてくださいます。 学芸員の方々の知識の深さと広さはもちろん、芸術作品に対する愛情、セン [続きを読む]
  • 海北友松 in 京都
  •  先日、京都へ行く機会があり、その際、京都国立博物館へ行ってきました。安土桃山時代最後の巨匠と言われる海北友松の展覧会です。 カメラを持っていかなかったため、現場の写真はありません。  年間パスポートを買おうと思っていたのですが、それは4月で終了し、システムが変わりました。結果として値上げで、特別展が団体割引で観られますと言っても、前売り券を買っておけばよいだけです。ということで、予め、近くの [続きを読む]