なごやん さん プロフィール

  •  
なごやんさん: なごやん
ハンドル名なごやん さん
ブログタイトルなごやん
ブログURLhttp://ameblo.jp/new-nagoyan/
サイト紹介文名古屋在住アルビレックス新潟サポーター。鉄道、美術館、SWL、昆虫など多趣味で話題満載(か?笑)
自由文アルビレックス新潟の検索は他サイトに任せ、ここでは当分、美術館、BCLで頑張ります。旅ブログに加え昆虫もチョコットあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 127日(平均3.8回/週) - 参加 2016/12/25 09:28

なごやん さんのブログ記事

  • 序盤の失点を挽回できず
  • 第9節 ホーム 柏戦 アルビレックス新潟 0-1 柏レイソル  先日、後援会から「風味爽快ニシテ」と「勝ちの種」のセットが送られてきた。「風味爽快ニシテ」は冷蔵庫に入れ、準備しておいた。 結果は次回・・・もう「次回以降」と言っておこう、への持ち越しとなった。キャリーオーバーではなく、単純な先送りだ。  それにしても、前半早い時間帯にFK一発であっさり決められてしまったものだ。  後半の選 [続きを読む]
  • ナビ派展@三菱一号館美術館
  •  東京出張の折、予定と予定の間が大きく空く場合があります。そんな時、私はよく、東京駅からアクセスのよい三菱一号館美術館へ行きます。 最近私がこの美術館へ行ったのは今年2月のことです。  東京駅、丸の内南口から出てはとバスの横を通っていくことが多いのですが、観光バスの成功例みたいなはとバス乗り場はいつもお客さんで賑わっています。 はとバス  そして目的の美術館です。歴史を感じさせる建物です。 [続きを読む]
  • 逆転惨敗
  • ルヴァン杯第3節 アウェー 横浜FM戦 横浜Fマリノス 4-1 アルビレックス新潟  まあ、これが今のウチの実力なのだろうと思う。 リーグ戦とガラリとメンバーを入れ替えてきたが、機能しない。  チームとしては、もう打つ手は限られるんじゃないかなぁ。  「ルヴァン杯でよかった」のか? リーグ戦につながる新戦力を発掘することはできたのか?  今後が思いやられる。  とは言え、次の試合は [続きを読む]
  • 朝倉彫塑館 in 東京
  •  東京都台東区に谷中というところがあり、「江戸」を偲ばせる街として人気があります。谷中については少し前、旅日記に書きましたが、今回はその谷中にある朝倉文夫の「彫塑館」の話です。今年の3月上旬、東京へ出張した際、合間を縫って行ってきました。  JRでは東北本線の日暮里駅*から歩くと便利です。日暮里駅にある大きな地図で場所を確かめます。*日暮里駅:山手線ではありません。山手線は田端までです。「♪グルリ [続きを読む]
  • 東京に勝てない・・・
  • 第8節 ホーム FC東京戦 アルビレックス新潟 0-3 FC東京  昼の試合で新潟レディースがにっくき(と私が勝手に感じている)INACを打ち砕き、気持ちよくトップチームの試合を追ったのだが・・・  弱いチームというのは1試合勝っても次に続かない。要は連勝できない。 ウチもそういったチームのひとつなのだろうか?  後半10分のホニがシミュレーションなら、同35分の出来事はもっとシミュレーションだと思 [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(72)赤道直下の新興国
  •  アフリカの赤道直下にガボンという国があります。首都はリーブルヴィルで、意味はドイツのフライブルク、シェラレオネのフリータウンと同じ「自由都市」です。ガボンの位置  この国はかつて、現在のチャド、中央アフリカ、カメルーン、コンゴ共和国とともにフランス領赤道アフリカと呼ばれていました。しかし、アフリカ各地で独立機運が高まった1960年、ガボンも共和国として独立を果たしました。学校地図にみるフランス [続きを読む]
  • 小磯良平 in 神戸
  •  Jリーグ、アルビレックス新潟がアウェーでヴィッセル神戸と対戦した日、試合前に神戸市立小磯記念美術館へ行ってきました。小磯良平は私が好きな画家のひとりです。  JR住吉で降り、六甲ライナーでアイランド北口駅へ行くと、そのすぐ横に美術館はあります。  美術館のある六甲アイランド公園から北を見ると、六甲大橋と六甲山系のコントラストが見事です。  明るい感じで、一個人の作品を収蔵する美術館とし [続きを読む]
  • 初勝利を完封で飾る
  • 第7節 アウェー 甲府戦 ヴァンフォーレ甲府 0-2 アルビレックス新潟  NHK新潟と甲府では実況中継をやっていたようだが、全国放送ではなく、DAZNとも契約していない私はいつものようにネットでテキスト情報を追うしかなかった。  前半、11分、原輝綺がCKからゴール!早い時間帯に先制したのはよかった。・・・が、すぐに同点に追い着かれるのではないかと内心ヒヤヒヤしていた。しかし、攻められる場面を作りな [続きを読む]
  • これぞ暁斎@ザ・ミュージアム
  •  一昨日(4月13日)、東京へ出張したのですが、時間がとれたため渋谷へ行きました。渋谷駅ハチ公口の桜は満開で、落花が始まっていました。渋谷駅ハチ公口  渋谷駅から道玄坂を歩いて行くと、東急が運営するBunkamuraに辿り着きます。東急百貨店とBunkamura  ここの美術館、ザ・ミュージアムで開催されていた企画が「This is Kyosai これぞ暁斎」と題する、幕末から明治にかけて活躍した絵師、河鍋暁斎の展覧会です [続きを読む]
  • 1点が遠い、遠すぎる・・・
  • ルヴァン杯第2節 ホーム 広島戦 アルビレックス新潟 0-1 サンフレッチェ広島  まあ、何と言おうか、何とも言えない・・・  もちろん、今がどん底だろうから、「変わる」と言ったら「よくなる」ということしかない。 で、どうやって変わるか、変われるかだ。  ゼロであってもマイナスよりはよい。どうしよう?  応援の皆さん、寒い中、寒い試合、お疲れさまでした。そして、ありがとうございまし [続きを読む]
  • なごやんの旅日記(7)歴史的風土谷中
  •  東京都台東区に「谷中」という地区があり、2007年に「美しい日本の歴史的風土100選実行委員会」によってその100選に入っています。私も東京出張の折に時間を見つけて行ってきました。 その時に朝倉彫塑館へも行きましたが、それについては後日「美術館」のテーマで書くことにします。谷中地図  その一帯を散策するには、JR東北本線日暮里駅(通常は山手線日暮里駅と言っています)で降りると便利です。JR日暮里駅北改札 [続きを読む]
  • まだ暗闇だ
  • 第6節 アウェー 鳥栖戦 サガン鳥栖 3-0 アルビレックス新潟  DAZN難民の私は文字情報で試合を追うしかない。従って、スタジアムの熱気は伝わってこない。 代わりに得るものは冷静な表現と数字だけだ。  PKを与えたのは仕方ないのだろうが、GKのパンチングボールが相手に収まったりしたのは不運ということなのだろうか?  ウチが勝てるチームてどこだろう?  監督はこのまま続けるんだろうか?ヨ [続きを読む]
  • 粋な計らい
  •  J1アルビレックス新潟は4月30日の柏戦で元新潟の選手、アン・ヨンハッ氏の引退セレモニーを行うと発表した。  私が初めて「遠征」したのはアルビレックス新潟がJ1に昇格した年(2004年)の5月15日、アウェーのセレッソ大阪戦だった。その試合で新潟は鈴木慎吾のFKを受けたヨンハッが頭で叩き込み、逆転勝利を飾った。まさに魂のゴールだった。  ヨンハッは2005年に名古屋グランパスへ移籍したが、その年のアウェー [続きを読む]
  • クラーナハ in 大阪
  •  ドイツルネッサンスの画家、ルカス・クラーナハ(クラナッハ)の展覧会が大阪で開催されているので、先日行ってきました。 クラーナハは日本ではあまり知られていないそうですが、裸婦では有名な画家だと思います。この展覧会はウィーンにある「美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)」と共催されていました。この美術館へはかつてウィーンへ出張した時に行ったことがあります。ただ、クラーナハに関しては記憶がありませ [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(71)アラビアの大国
  •  アジアターンの今回はアラビア半島で大きな面積を占めるサウジアラビアの放送です。いつもつぶやいているように、この地域は私はあまり詳しくありません。西アジアを「征服」しようとすると、少なくともアラビア語を知らないと厳しい気がします。 サウジアラビアには英語で「Saudi Arabian Broadcasting」と呼ばれる国営放送がありました。短波でも放送していて、放送局は首都のリャドでも、イスラム教のメッカであるメッカで [続きを読む]
  • 夢と消えた10年前の再現
  • 第5節 ホーム G大阪戦アルビレックス新潟 2-3 ガンバ大阪 10年前の4月14日、J1リーグ第6節で新潟は好調ガンバをホームに迎えた。そのガンバを新潟は2-1で下し、その年、ガンバが初めて敗れた。そう、シルビーニョの地を這うゴールで先制し、矢野貴章がヘディングで追加点を叩き込んだ試合だ。[元祖なごやんに書いた記事は→ココ。] 後半、ホニのゴールで新潟が逆転した時、そんなムカシが蘇った。それが悪かった。 終盤に同 [続きを読む]
  • ふるさと納税
  •  ふるさと納税という名の一種の寄付制度が始まってから今年は10年目を迎える。 当初、私は少ない金額ではあるが、まさに「ふるさと」に納税していた。 私の動機は単純だ。生れてから18歳まで私を育ててくれた「ふるさと」にわずかなりとも貢献したかったからだ。 ただ、ここ数年、ふるさと納税はしていない。動機はこれまた単純だ。各地で「返礼」なる商品が出回ったからだ。 それ、おかしいだろう。送ったお金は全部「ふる [続きを読む]
  • なごやんの旅日記(6)六甲ライナー
  •  アルビレックス新潟では移籍の発表があれこれありましたが、とりあえずそれはそれとして、今日は旅日記です。久しぶり(か?)の更新です。 それはアルビレックス新潟がアウェーでヴィッセル神戸に敗れた日(記事は書きましたが敢えてリンクさせません)のことでした。試合に先立って、私は初めて六甲ライナーというものに乗ってみました。 JR東海道本線の住吉駅で下りると、六甲ライナーの入り口(?)にきます。 住吉駅の [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(70)電波戦争
  • 【背景】 第二次世界大戦で敗戦国、"戦犯国"になったドイツは連合国のソ連邦、フランス、英国、米国の4か国によって分割統治されることになりました。 北東部はソ連邦(後にドイツ民主共和国になる)、北西部は英国、南東の広大な部分は米国、南西部のフランス国境に沿った部分はフランスによって統治されました。 南東部は統治国の米国の影響を強く受け、その傾向は今でも続いているようですが、その地域の大都市であるミュン [続きを読む]
  • 七宝@東京都庭園美術館
  •  東京都港区に旧朝香宮邸であり、かつては迎賓館として使用された「東京都庭園美術館」があります。 そこで並河靖之の七宝展が行われていたので、先日、出張の合間に行ってきました。 公共交通機関としてはJR山手線の目黒駅から行くのが便利です。 目黒駅からの歩道には案内が掲示されています。 正門から既に高貴な雰囲気が漂ってきます。 門を入ってすぐに建物があるわけではありません。草木に囲まれながら歩いていきま [続きを読む]
  • なんとか凌いだ
  • 第4節 アウェー 横浜FM戦横浜Fマリノス 1-1 アルビレックス新潟 今日は現地参戦の予定だったが、午前中に用事ができ、サッカーだけが目的の遠征を好まない私は断念した。時間的にはキックオフに間に合うように着けたのだが。 GKは守田に代わって大谷が先発した。 私もその方がよいと思う。最近の守田の不安定さは半端じゃないから。 試合は序盤、横浜が攻める攻める。しかし新潟も徐々に持ち直し互角に向き合えるようになっ [続きを読む]
  • 銀行の経営統合
  •  今日のNHKニュース(全国版)で新潟の第四銀行と北越銀行が経営統合に向けて最終調整に入った旨報道されました。 第四銀行は明治時代に設立され、いわゆるナンバー銀行としては日本最古です。(第一銀行→第一勧業銀行→みずほ銀行、第二銀行→横浜銀行、第三銀行→安田銀行→みずほ銀行、第五銀行→三井銀行→三井住友銀行・・・) 名古屋にも支店があり、口座を作ることはできませんが、新潟関連の送金(ふるさと納税、アル [続きを読む]
  • なんとか追い着く
  • ルヴァン杯Bグループ第1節 アウェー 鳥栖戦サガン鳥栖 2-2 アルビレックス新潟 DAZNは言うまでも泊、スカパーにも加入していない私の情報源はテキスト情報だけた。 新潟はリーグ戦とメンバーを入れ替え、GKには大谷を起用した。控えは川浪だ。 前半はリーグ戦開始3試合同様先制を許してしまった。 後半11分、テキスト情報では「サブの田中がユニフォーム姿になる」と出る。 そして後半21分、途中出場の田中達也がまた決め [続きを読む]
  • なごやんのBCL史(69)アルジェの戦いを乗り越えて
  •  第69回のBCL史はアフリカ、アルジェリアの放送です。【背景】 現在ではアフリカ最大の面積を有するアルジェリアは19世紀半ばからフランスの支配下にありました。 第一次世界大戦頃からアルジェリアには独立機運がありましたが、フランスはなかなか独立を認めず、大戦後には独立運動が激しくなり、50年代には戦争へ突入します。 そんな中で、凄まじい戦いの末ようやく独立したのは1962年のことです。 独立を巡る動きは、日本 [続きを読む]
  • ホーム初戦飾れず
  • 第3節 ホーム 清水戦アルビレックス新潟 0-2 清水エスパルス まだ勝ち点1しか得ていないとはいえ、今季ホーム初戦とあってか入場者数は3万人を超えた。 何回かチャンスもあったが、決めきれない。 高卒ルーキー原の初戦からのスタメン抜擢は評価されるのかもしれないが、裏を返せば、高卒ルーキーでもスタメンになれるチームだということでもある。もちろん、小泉とのダブルボランチは今後の可能性を示してくれたが。 それ [続きを読む]