ラン さん プロフィール

  •  
ランさん: 暗黒への挑戦
ハンドル名ラン さん
ブログタイトル暗黒への挑戦
ブログURLhttp://gogoft2.hatenadiary.jp/
サイト紹介文我がうちの黒いものを乗り越えるために綴る独りごと。音楽、好きなもの、本、投資・・・等の好きなこと色々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 116日(平均2.2回/週) - 参加 2016/12/25 21:54

ラン さんのブログ記事

  • 「イニシエーション・ラブ」見ましたヨ
  • うーん・・・うーん・・・・・(汗)えっと、こういう「どんでん返し映画」って面白いですよね?自分の記憶では『セブン』がどんでん返しを意識した初めての映画だったのですが「どんでん返し映画ベスト20」みたいな企画では『セブン』は取り上げられてないみたいですね・・・『セブン』はどんでん返し映画ではないかもしれませんが、「あ〜!!やられた〜!!後味めっちゃ悪い〜!!」と最後の最後に思い知らされました映 [続きを読む]
  • 『自分を変える気づきの瞑想法』
  • (写真・著作者:amountaineer)瞑想に興味があって何冊もの本を買っています最近、特に興味があるのが「ヴィパッサナー瞑想」というものなんです瞑想の種類についてまずは瞑想の種類についてですが、もともと瞑想というのは「サマタ瞑想」と「ヴィパッサナー瞑想」があるようです「サマタ瞑想」は心を静める瞑想と言っても良いかと思いますマントラと呼ばれる言葉を唱えて浮かんでくる想いを整理していき心を空っぽにする [続きを読む]
  • RIP SLYME "黄昏サラウンド"
  • RIP SLYMEの「黄昏サラウンド」好みとか志向とかそういうのって自分で思っているよりも強く持っているもんだなって思う特に40を超えるくらい年を重ねてしまうとそういう志向というものが固まり過ぎてしまって安易に新しいものに手を出せないようになっている自分に気づくことがある音楽にしても昔は「ジャケ買い」のようなことをしていた時もあった好奇心だけで新しい世界を覗いてみようとしていた時もあったただそれにし [続きを読む]
  • ごみ問題について
  • そろそろお正月ムードも落ち着いて来た1月5日は僕の住んでいる地域の年始最初のごみの日だったそれも「燃える(可燃)ごみの日」これは年中通して思うんだけど我が家はごみの量が多い1回の燃えるごみの日に45リットルのごみ袋で2袋は必ず出すだから年末年始でごみの日の間隔が空くとかなり大変なことになるリビングの片隅がごみ袋で占領されてしまうのだ年始のごみ袋の量は45リットルの袋で6袋もあった年始だからこ [続きを読む]
  • "New Year's Day" U2
  • 初期からアルバム「Rattle and Hum」あたりまでのU2のファンだ大阪城ホールの来日ツアーも行ったことがある最も好きなギタリストを1人挙げるように言われるたとしたら僕は間違いなくU2のエッジの名前を挙げるだろう決して上手いとは言えないが個性の塊のようなギタリストだU2初期の名曲"New Year's Day"そのエッジが弾く鍵盤の音が身震いするくらソリッドで魅力溢れるU2初期のヒット曲がこの"New Year's Day"だアダムクレイトン [続きを読む]
  • 貧乏性を克服するために乗り越えたい12の項目
  • 煩悩を乗り越えて進もう・・・まがいなりにもFXで投資をやってお金を稼ごうとしている自分ですがその時によく聞くのが「潜在意識がお金を稼げるように思っているか?」ということであるつまり「いつでも稼げる(勝てる)」「お金はいつでも入ってくるもの」と潜在意識が思ってたらお金は実際に入ってくるし、逆にそう思えないとしたらお金は入ってこないということ貧乏症の僕が貧乏性である所以は「いつでもお金は手に [続きを読む]
  • さよならジョージマイケル
  • もう終わりの終わりの2016年に悲しい訃報が届きましたジョージマイケル死去クリスマスの日に「自宅で穏やかに亡くなった」そうです・・・2016年も偉大なるアーティストの方々が亡くなられました4月21日にはプリンス2月5日にはモーリスホワイト1月18日にはグレンフライ1月10日にはデヴィットボウイデヴィットボウイが死んでしまうという悲しみの中に始まった2016年がジョージマイケルの死 [続きを読む]
  • 『その日の天使』
  • クリスマスの時期になると40歳を過ぎたこんな自分でもなんとなく落ち着きがなくなる1年の中でも最も特別な夜を今年はどのように過ごせばいいのか、とかいい歳してそんなことを考えてしまったりする今年も聖なる夜が・・・この年齢になったら関係ないなんて思いつつも実際は心の中では密かに求めてしまっていたりする聖夜にこのまま死んでしまってもいいと思えるような一瞬を感じることが出来たらそんなことを中島らもさん [続きを読む]
  • 歯石除去の効果を覚えとこ!
  • 今年の汚れ、今年のうちに・・・??歯石除去って大事なんやで!という自分への戒めの記事・・・です(汗)気が付けば12月も中旬ですね少しずつ年末の雰囲気が街に漂ってきました1年のうちでこの時期がいちばん好き・・・という方も多いと思います僕もそうです、この時期がいちばん好き何事にも始まりと終わりがあるわけですが終わりがあるというのは本当に有り難いことでいろいろと抱えていることもリセット出来て心機一 [続きを読む]
  • どの交通ICカードを関西で使うかの考察②
  • それぞれに個性があるということですかね・・・交通ICカードについての考察②前回の続きです改札機をICカードのタッチでスイスイ通れることってすごく大きいメリットですがやっぱり金銭的なメリットも求めたくなるものです前回のとおりPiTaPaは運賃の割引が適用されることから金銭的なメリットを受けることが出来るわけですがカードのポイントという点での金銭的なメリットを見てみようと思います月に自宅と会社を7往 [続きを読む]
  • どの交通ICカードを関西で使うかの考察①
  • 理解するのに時間と労力が必要なことは確か交通ICカードについての考察交通ICカードってずっと疎遠でしたずっと切符でいいやって(笑)このままずっと切符でいこうって、そう思ってました駅の自動改札機にICカード専用のものが出来てうろたえても交通ICカードは持たずにここまでやってきましたそんな僕が(今更ながらに)交通ICカードを持つにいたった経緯とどのカードを持つことにしたかの考察をまとめたいと思いますしか [続きを読む]
  • 渡辺美里 "eyes"
  • MyRevolution 誕生前の奇跡渡辺美里の1stアルバム「eyes」当時中学生だった僕は友達からもらったこのテープを狂ったように聞き続けていました今でもよく覚えているのが中学3年生の修学旅行のこと移動のバスの中でもずっとウォークマンでこのアルバムを聴き続けていましたせっかくの修学旅行なのに・・・旅行そっちのけで聴いてましたタイムリーに心に響く歌詞>目覚まし時計が鳴るまで待てない>大きっなパジャマの中で>気持 [続きを読む]
  • 「代官山17番地」ハービー山口①
  • 代官山が似合いますね・・・福山さん前回は布袋さんの"GloriousDays"について書いたんだけど今回はハービー山口さんについて実は僕は以前にモノクロ写真をやっていたことがあって「モノクロ写真をやる」というのはモノクロ写真を撮るということではなくて自宅の暗室でモノクロ写真の現像やプリントをするという意味ですね薬品を使って現像とかプリントをやっていたんですね部屋を暗室にして・・・引きこもって(笑)それ [続きを読む]
  • Tomoyasu Hotei "Glorious days"
  • マジでカッコ良かった・・・(過去形?)日本でいちばん好きなギタリスト?バンドがやりたくて中学生の時にギターを買ってもらったアンプ付きで2万円くらいのをヤマハで買ってもらった学校のグループにめちゃくちゃ上手い奴がいてそいつが好きだったのが布袋だっだカッコ良かった頃の布袋さんその頃の自分を思い出すとそんなにBOOWYって好きじゃなかったような気もする周りがみんなBOOWYって騒いでいたからGIGSとかカセッ [続きを読む]
  • THE NORTH FACE BC FUSE BOX
  • こんなにお洒落にはどうしてもならない・・・NORTH FACE 大好きです2年前に通勤用にノートパソコンが入るバックパックを購入したあんまりブランドとか知らないから大好きなNORTH FACEブランドのバックパックにしたそれが「BC FUSE BOX」購入した当時はとても気に入っていたし会社の同僚からの評判も上々だった通勤は車と電車の両方を使う自分にとって値段も手ごろで気軽に使えて何よりもいかにもアウトドア!というデザインでは [続きを読む]
  • BonniePink "QuietLife"
  • 「どうしたんだい?」と年老いたヤギが(歌詞より)このブログは「暗黒への挑戦」というタイトルで日々なにごともなく過ごす日々を綴っているのですが今までを振り返れば頭をハンマーで殴られるような出来事もあればボディブローのようにじわじわと神経を侵されるような想いを抱くこともあったわけでそうやって生きてきている中で特に胸を撃ち抜かれたような気持になった曲がこの曲ですBonniePink "QuietLife"This is the [続きを読む]
  • 中島らもさんの「恋は底ぢから」
  • 路地裏は優しい・・・中島らもさん、お久しぶりですお元気ですか?関西で生まれた僕は思春期の多感な時期にあなたにお会いしました真面目に生きていた自分がどうしてあなたの文庫本を手にしたかはわかりませんでもこの本が今まで生きてきた自分のひとつの支えになっていることは確かですらもさんの「恋は底ぢから」何が何だかわからなくなったときに探していまう灯台のあかりのような・・・面白可笑しく書かれた文章の中 [続きを読む]
  • 「酒のほそ道」シリーズ ラズウェル細木さん
  • 今日もレッツグルーヴ!大好きな漫画 ラズウェル細木さんの「酒のほそ道」上のひとコマはサクッと飲んだ後のお会計のシーンですがこの飲んで満たされて幸せそうな顔がなんとも・・・(#^.^#)amazonで見てみると最新刊は39巻!毎回エッセイのようなお酒にまつわる小話が続きますお酒にまつわるネタが中心になるのでたぶんネタにはかなり苦労されているんだろうな〜と思います読んでいるとオチが同じというお話もあったように [続きを読む]
  • スポーツ自転車は良いけれど・・・
  • 今日もレッツグルーヴ!(いろいろな自転車があるものですな)今日はスポーツバイクとママチャリのお話ですスポーツ自転車の種類スポーツ自転車には大きく分けて3つの種類があるそうです。 ○ロードバイク ○クロスバイク ○MTBロードバイクロードバイクはあの特殊な姿勢で乗っている姿を見ればわかると思います特殊なハンドルですよね・・・なんというか・・・牛の角みたいなのMTBMTBはオフロード走行のための自転 [続きを読む]
  • 『我が逃走』家入一真
  • 今日もレッツグルーヴ!前々回の都知事選にも出られた家入一真さんの衝撃作iPadで初めて読み切った本!(それだけ面白かったという・・・)iPadを買ってもう2年経ちますが、初めてkindleで読み切った本ですいつもは自己啓発系ばかり読んでいて拾い読みをしていることが多いのですがこの本は拾い読みとか出来る本ではなかったですただただ哀しい読後感読後感としてはたぶん大河ドラマとか映画「ゴッドファーザー」とかを見終 [続きを読む]
  • リッツ・チーズサンドのこと!(世界一美味しいお菓子①)
  • 今日もレッツグルーヴ!上の写真は「世界一美味しいお菓子」で表示される画像ですお菓子の話をする前に僕の悩みを話させてくださいまぁ・・・聞く人が聞いたら悩みになんか入らないと思われるかもしれませんが・・・僕の悩みは夜中に目が覚めたら食べてしまうということです寝ぼけた状態なのでいわゆる「一気喰い」をしてしまうんです最近はベッドの横に「世界で2番目に美味しい」と思うリッツ・チーズサンドを置いて寝て [続きを読む]
  • 襟の汚れと格闘した(予期しなかった未来①)
  • 今日もレッツグルーヴ!40歳を過ぎてしばらく経つんだけど昔描いていた未来とあまりの違いに苦笑せざるを得ないどこかスマートな枯れた未来を描いていたわけだけど現実はもっと泥臭くて生き続けることや寿命を全うすることに顔をそむけずに向かい合っていかないといかんのやなぁと強く思うこともしばしばやるせない想いだけでなくコントロール不可な想いもとめどなく湧き上がってきたりしてそんな中でこんなことをするとは [続きを読む]