はじめ さん プロフィール

  •  
はじめさん: 電脳深海
ハンドル名はじめ さん
ブログタイトル電脳深海
ブログURLhttp://dennoushinkai.com/
サイト紹介文生きづらさに悩む管理人が、どうすれば生きづらさを克服できるのか、模索するブログです。
自由文もし、生きづらさに苦しみながら生きている方、ぜひ力を貸してください。一緒に、生きづらさを和らげる方法を探しませんか?コメントやご意見などお気軽に頂けると嬉しいです。1人で悩むより、誰かと悩むほうが、気持ちを和らげられると、信じています。特に、こころの問題を取り上げていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 94日(平均3.7回/週) - 参加 2016/12/26 01:09

はじめ さんのブログ記事

  • 対人恐怖認知ノート 2017/3/29
  • こんにちは、はじめです。 僕はいくつか病気を抱えているので、どうしても病院に行かなければなりません。もともと対人恐怖・社会不安障害を抱えているため、人のいるところに行くのは苦手ですが、なんとか頑張って行くほかありません。行けばやっぱり嫌な思いをすることになります。 ・自分はおかしく思われていないか?・ヒソヒソ声は噂話をされているんじゃないだろうか?・あ〜早く帰りたい! ついついそんなこ [続きを読む]
  • 人生の残り時間は意外と短い?散歩をしながら考えた。
  • こんにちは、はじめです。 この前散歩をしていてふと考えたことをつらつら(だらだら?)と。 しかし、散歩の効果って結構凄いですね。日光を浴びながら外を歩くのはやっぱり気持ちがいいし、2本の足を交互に動かす単調な繰り返しが、無駄に考えすぎる悪い癖を蹴飛ばしてくれます。朝夜合計で3時間歩いた結果、前日夜から2Kgも体重が落ちました(普段の運動不足の反動)。歩いている間はお腹もすかないし、腰が痛くて [続きを読む]
  • 人間と反復と『砂の女』安部公房
  • 砂の女 (新潮文庫)ブックオフの100円棚の中でふと目についた1冊。安部公房はまだ読んだことがなかったし、なんとなくで買って読み始めたんですが、本当にいい買い物をしました。さすが、近代日本文学を代表する傑作と言われるだけあります。砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこうとする女。そして、穴 [続きを読む]
  • 『ユダヤ5000年の教え』 − 読書感想
  • 突然ですが、日ユ同祖論をご存知でしょうか?日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人(大和民族)とユダヤ人(古代イスラエル人)は共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説。wikipediaより古代イスラエルが滅ぼされた時、そこに居たユダヤ人が世界中に散り散りになり、その一部が日本列島にまでやってきて、住み着いたのが今の日本人なんじゃないか?というお話ですね。あくまでそういう説がある、というだけの話 [続きを読む]
  • 『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座』井沢元彦 − 読書感想
  • 最近、仏教、神道、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教なんかについて少しお勉強していたんですが、ユダヤ教〜イスラム教が出来るまでの流れが非常に面白かったため、ご紹介してみたいと思います。個人的には本当に魅力的な内容だったので、あまり興味がないという方も、もし宗教に嫌悪感がないのであれば、ぜひ読んでいただきたいです。僕はそういえば英語の聖書を一冊持っているくせに、宗教についてきちんとした知識がないため、 [続きを読む]
  • 【2017年3月】行動記録
  • 日々やったこと、1行日記、意識するよう心がけていることのメモです。積み重ねが習慣や達成感が作ると信じて、コツコツやってます。行動記録 2017年3月分:日付 ブログ   日記    瞑想    運動     その他   123456789101112131415◯◯◯◯読書:砂の女16◯??◯読書:雪国17◯◯◯散歩18????19◯?◯◎体重:64Kg20◯◯??21?◯◯?22◯◯◯?23?◯?◯体重:62.8Kg24◯?◯?25?◯◯ [続きを読む]
  • 自分なりの信念を持って絶望の人生を生きること
  • こんにちは、はじめです。 今回は、辛く苦しいばかりの人生・運命を引き当ててしまった人間がどう生きるのか、自分なりの考えをまとめてみたいと思います。死にたいほど厳しい人生を生きている方は少なくないと思います。なぜ辛いのか、その苦しみをどう受け止めるのか、そして、それを受け止めた上でどう生きるのか。その先には何があるのか…。一本の道筋を示し、自分自身が実践してみようと考えています。 人生が辛い [続きを読む]
  • だらだら日記 ? 絶望の人生と蜘蛛の糸
  • こんばんは、はじめです。 今日は、最近が考えていたことを日記としてそのまま書いてみようと思います。相変わらずほとんど寝たきり状態で、明るさに嫌悪感があり、昼間はカーテンを閉めて寝ています。夜になるとなんとか散歩をしています。せめてブログを書きたいんですが、中々行動ができません。無気力状態に打ち勝つことができないでいます。失業保険の期限も迫っているというのに、何をやっているんでしょうね(笑)それ [続きを読む]
  • 人生をブログに綴って亡くなった前田仁さん
  • こんばんは、はじめです。 最近は自分の死生観について、それから、どうにもならない人生に救いはあるのか、そんなことばかり考えていました。僕より辛い人生を送っている方はたくさんいらっしゃるわけですから、そういう人間も含めて、救いを得ることが可能なのかについて考えていました。自己満足であり、好奇心からですね。僕はとにかく行動するにも考えてからでないと動けないものですから。人生の最後にも、それは変わら [続きを読む]
  • 『電脳深海』という言葉の意味
  • 僕はサカナです。 このヒトの社会に、陸に、間違って産まれてきたサカナです。まるでヒトのように言葉を喋り、文字を書くので、ヒトだと思われています。しかし僕にとって、ヒトとは異なる生き物であり、分かり合うのはひどく難しいのです。 ずっと、自分の居場所を求めて生きてきました。僕はエラ呼吸なので、陸で生きるのは苦しいのです。「生きているだけで、呼吸をするだけで、苦しいんです」何度訴えても、肺呼吸の [続きを読む]
  • 『夜と霧』それでも救われない理由【後編】
  • 前回記事の続きです。前編はこちら。『夜と霧』について【前編】こんにちは、はじめです。コメント・お問い合わせを下さった方、本当にありがとうございます。何度も、何度も読ませて頂きました。誰...dennoushinkai.com2017-02-20 13:09 前編では、夜と霧で語られている極限状態での人間の心理と救いについてまとめました。感動的ないくつものエピソードには、人の心を震わす力を感じました。 しかし、彼は生来の楽天主 [続きを読む]
  • 『夜と霧』について【前編】
  • こんにちは、はじめです。 コメント・お問い合わせを下さった方、本当にありがとうございます。何度も、何度も読ませて頂きました。誰かの役に立つということは、無価値感・自己否定感に支配された私にとって、間違いなく微かな救いであります。 「そんなに死にたきゃさっさと死ねよ」という声も聞こえてきそうですが、怒りの感情についてや日本社会について思うことなど、元々書く予定だった文章はなんとか書ききりたい [続きを読む]
  • 「辛いのが当たり前」という生き方
  • こんにちは。最近は中々更新する元気が出ません。以前は毎日更新していたのが嘘のようです。 単純に文章を書くのに疲れる(大した文章書いてませんが 笑)というのが1つ。しかし大元の原因は、無力感ですね。こんなブログを書いてなんになるんだろう、という気持ちがふつふつと湧き上がってきて、そのうちに溺れてしまいます。 最初はなるべく前向きなことだけを書こうと思っていたんですが、とてもそんな精神状 [続きを読む]
  • 死にたい気持ちと死なない気持ち
  • こんばんは、はじめです。丸々2週間ぶりにブログ更新となりました。原因は、希死念慮、自殺願望、死にたい気持ち、絶望感、です。 こういった事が苦手な方、引っ張られやすい方、は読まないで下さいね!ひたすら暗い内容なのでオススメしません! 色々あって精神的に限界を感じ、死にたい気持ちがあまりにも強く、ブログを書くことができなかったのです。死に方を調べ、道具を買い、身辺整理まで周到に行い、いつでもや [続きを読む]
  • こころの限界
  • こんばんは。 「さて、就活やってみるか」と考えていた矢先、どうしても耐えられないほど辛いことがあり、ちょっとブログの更新がストップするかもしれません。 久しぶりに一気に死にたい気持ちが湧いてきて、胸いっぱいです。 とりあえずしばらく死なずに過ごすことに集中したいと思います。気を抜くと死にそうなので。 [続きを読む]
  • 対人恐怖症のお仕事探し
  • こんばんは。今日は久しぶりに、日記的な内容です。今、僕は失業保険で生活しています。自分がなんだか分からないまま、社会で働いてきて、不安障害・対人恐怖症の発症によって休職中です。一時は本当に死のうかと思ったほどでしたが、最近やっと、仕事に目が向くようになってきました。今でもたまに死にたくなりますが(笑) 生きづらさの原因は、アダルトチルドレン・無価値感です。過保護・過干渉の環境だったため、趣味も [続きを読む]
  • 「〇〇しなければいけない」と自分を責めるのはやめる
  • 「〜しなければいけない」という考え方が当たり前になっていませんか?完璧主義だったり、自分に厳しい方、自己評価が低い方は、この「〜しなければいけない」や「〜でなければならない」という考え方に縛られがちです。無意識の方もいれば、気づいてやめようとしている方もいらっしゃると思います。しかし、こういった考え方のクセはそう簡単には変わらないですよね。今回はこの「〜しなければいけない」について、少しでも楽にな [続きを読む]
  • 2種類の自己価値観を知って、自分を理解する
  • 「自尊心がない」「自己肯定できない」といった辛さを抱える人は、少なくないと思います。僕自信も、自尊心の欠如に長い間苦しめられています。自尊心が満たされていないと、自分を肯定できず、どんどん自己評価が下がってしまいます。自分で自分の価値を低く見積もってしまうんですね。こんな状態では、生きづらいのは当然だと思います。人間が幸せに生きるための必須要素とも言える自尊心や自己価値観ですが、大きく2種類に分け [続きを読む]
  • 他者へのとらわれを減らして、自分の人生を生きよう
  • みなさんは、”他者への心のとらわれ”を感じたことがありますか?まず、”心のとらわれ”とは、具体的にどういうものでしょうか?心のとらわれの例を、いくつかあげてみます。・誰かに外見を少し悪く言われて、気にしている・テストなどで誰かに負けて、悔しい気持ち・なにかに失敗したことで「自分はダメなんだ」と思ってしまう・過去にいじめられた経験がある・親に対して、許せない憎しみを持っているだれもが、1つくらいは感 [続きを読む]
  • うつ病休暇、約半数が再取得していた − 厚労省研究班
  • うつ病休暇半数が再取得「企業は配慮を」 厚労省研究班2002年4月からの6年間にうつ病と診断され、病気休暇を取得した後に復帰した社員540人の経過を調べた。その結果、うつ病を再発して病気休暇を再取得した人の割合は、復帰から1年で全体の28.3%、2年で37.7%と高く、5年以内で47.1%に達していた。ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c#csidxc63265646d53 [続きを読む]