MAKO さん プロフィール

  •  
MAKOさん: 女性のお悩みを解決するブログ
ハンドル名MAKO さん
ブログタイトル女性のお悩みを解決するブログ
ブログURLhttp://www.solve-problem-women.com/
サイト紹介文美容と健康について女性が抱える数々のお悩みを一緒に考えて解決策を探していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 86日(平均9.0回/週) - 参加 2017/01/01 17:42

MAKO さんのブログ記事

  • PMSと更年期の関係について
  • PMSも更年期障害も女性ホルモンのバランスが乱れることが主な原因なので、症状が似ていると言われています。 PMSと更年期障害の違いは何なのでしょうか?また、それぞれの症状に効くサプリなどはないのでしょうか?PMSと更年期障害の違いは?PMSの主な症状は、イライラする・情緒不安定になる・落ち着かない・体重増加・頭痛・腰痛・疲れやすさ・だるさなどです。 一方で更年期障害の症状はイライラ・疲れやすさ・ [続きを読む]
  • PMSで過食になる場合は?
  • PMSの症状の一つとして過食が挙げられます。生理前になると無性に食べたくなるというのがその症状です。 どうしてPMSで過食になってしまうのでしょうか?その原因と対策をご紹介します。PMSには過食&嘔吐の症状もある!?PMSの原因自体があまり解明されていませんが、PMSによる過食には主に2つの原因があると言われています。 1つめは黄体ホルモンの急増による過食です。黄体ホルモンというのは女性特有のホルモ [続きを読む]
  • PMSとうつにはどんな関係がある?
  • PMSの症状として、気分が落ち込んだりイライラしてしまうと言うものがありますが、うつ病とはどう違うのでしょうか?病院での治療が必要な場合はどんなときなのでしょうか?PMSの気分障害とうつ病との違いは?生理前症候群=PMSは一般的に知られていますが、生理前不快気分障害はPMDDと呼ばれており、PMSのもっとひどい症状が出るものであり、生理前になると攻撃的になったり、暴力的になるなどの症状が挙げられます。気分障害とい [続きを読む]
  • 女性にも男性にも訪れる更年期とは?
  • 女性でいう更年期とは?生まれたばかりの赤ちゃんを乳幼児期、十代に入ってから男女の差が現れてくる年代を思春期と呼ぶように、更年期とは個人差はありますが40代後半から60才に差し掛かる前くらいの年代を更年期と呼びます。 女性でいうと、閉経の前後5年間くらいの約10年間が当てはまります。 “更年期”をなにかの病気のように思っている方が多いようですが、乳幼児期から始まる人間の発達過程の時期区分の呼 [続きを読む]
  • 更年期障害への対処方法は?
  • 更年期障害の症状とは?更年期障害の症状は体と心、両方にあらわれ、多岐に渡ります。まず、体に現れる症状として代表的なのはホットフラッシュです。更年期の年代に、のぼせ、ほてり、多汗、といった血管運動神経症状が現れて“もしかして、更年期障害かも?”気づく方が多いようです。 ホットフラッシュの症状は突然現れます。頭痛を感じたり、頭が重くなったり、そして急に熱くなってドッと汗が噴き出してきます。汗は滴り [続きを読む]
  • 更年期にみられる諸症状はこんな感じです・・・
  • 更年期にみられる症状全般をチェック!更年期には多くの方が様々な体の不調でお悩みです。それは男性、女性、に拘わらず、ホルモンバランスの崩れる年代に差し掛かっているからです。 女性では女性ホルモンの「エストロゲン」、男性では男性ホルモンの「テストステロン」、これらのホルモンの分泌が減少することによって自律神経が乱れ、様々な不定愁訴となるのです。心と体に現れる更年期の症状をチェックしてみましょう。&n [続きを読む]
  • 更年期におこる生理不順について
  • 更年期には生理不順が起こる!更年期は老年期に向けて体の変化が起こる時期です。 女性にとっての大きな変化はやはり卵巣機能の低下です。生理不順も更年期に起こる卵巣機能の低下が原因の症状の一つです。 それではなぜ、卵巣機能が低下すると生理不順が起こるのか、考えてみましょう。 個人差がありますが、更年期の年代、45才くらいになると生理周期が乱れ始める傾向にあります。生理周期は平均25〜3 [続きを読む]
  • 更年期のうつ症状はこんなにつらい・・・
  • 更年期のうつは寝たきりになることも・・・更年期に限らず、“うつ”の症状は悪化すると寝たきりになることも。そもそも“うつ”となどのような病気なのでしょうか。 うつ病とは、気分障害の一種のことをいいます。多くの方が悩まされている病気のわりには他の精神障害と同様に原因が特定されていません。 また、治療する、治療しないに拘わらず、時間の経過によって自然に回復する場合も多く、およそ半数の患者は半年後 [続きを読む]
  • ヨガって自律神経の調整にもイイんです!
  • ヨガのインストラクターをされている方って、スタイルのいい方が多く健康そう・・・って思いませんか?調べてみると、あながちそれは単なるイメージではないようです(#^.^#) ヨガって自律神経の調整にかなり良いようなんですよ♪自律神経に効くヨガは便秘解消にも効果的!自律神経の乱れに効くといわれているヨガ。とくにその独特な呼吸法が自律神経を整える効果があるようです。 ヨガの呼吸法は呼吸と動きが連動してい [続きを読む]
  • 自律神経にとって運動は効果的!?
  • 健康のために適度な運動習慣が必要であることは多くの人が認識されていることですが、自律神経の調整にとってもとても効果があることなのです。自律神経の乱れは運動不足に原因がある!?運動不足は、ストレスをため込みやすい体になる原因です。また、体を動かさないでいると慢性的な血行不良に陥っている場合があります。血行障害は冷えの原因であり、冷えは自律神経を乱す要因に…。 運動不足が自律神経のバランスを [続きを読む]
  • 自律神経は呼吸法をうまく使うことで回復させることができるのです!
  • 自律神経によってコントロールされているものの一つが呼吸ですが、逆に呼吸を自律神経の回復に役立てる方法があるようです。それが呼吸法といわれるものですね(*^-^*) なので、まず自律神経と呼吸の関係を明らかにして、自律神経を調整する効果を持つ呼吸法についてご紹介したいと思います。自律神経の乱れは呼吸と心拍数に影響する!自律神経の乱れは呼吸と心拍数に大きく影響しています。 普段、呼吸や心拍数は自律神 [続きを読む]
  • 自律神経において交感神経が優位な場合というのは・・・
  • 自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ意思とは無関係のところで環境に応じた働きをして生命活動を維持してくれています。 今回はその交感神経の作用について着目してみました(#^.^#)交感神経優位の時の自律神経の状態は?交感神経優位の時、自律神経は人の体に対しどのような働きをするのでしょうか。 まずは、交感神経優位の状態を紐解いてみましょう。交感神経の機構は主にアドレナリンとノルアドレナリ [続きを読む]
  • 自律神経失調症と更年期における自律神経の乱れについて
  • 更年期には何かと体調不良が出てくるもの。これらの主な原因は、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経の乱れといわれています。 でも、更年期以外にも自律神経の乱れは起こり自律神経失調症という疾患があります。これらはどのように違うのか?また、どのように対処したらいいのかについて考えてみたいと思います。自律神経失調症と更年期の違いって何?自律神経失調症と更年期障害の違いはとても区別しづらいものです。し [続きを読む]
  • 自律神経にとって重要なかかわりを持つ睡眠・・・
  • 私たちは毎日当たり前のように眠っていますが、睡眠というのは美容と健康にとって予想以上に重要なものです! 割合から言えば、人生の3分の1は眠って過ごすわけですもんね(#^.^#)実は、生きていく上で重要な働きをする自律神経がこの睡眠と大きくかかわっているのです。自律神経と睡眠はどのように関係してる?自律神経と睡眠の関係を考えるために、まずは睡眠のメカニズムを知っておきましょう。 睡眠に入る為に必要 [続きを読む]
  • 自律神経と腸の密接な関係とは?
  • 自律神経は腸のぜん動運動と関係している!腸のぜん動運動とは、腸が食べた物を運ぶため働く収縮運動です。食べ物は管状の腸を次の器官に向けて移動しますが、自分では移動でません。腸が収縮と弛緩を同時起こし食べ物を送り出すような動きをします。腸蠕動(ちょうぜんどう)と呼ばれているこれらの働きは私達が意識して行っているものではありませんね。 この、意識していない体の活動を制御しているのが自律神経です。腸の [続きを読む]
  • PMSをアロマで改善する!
  • PMSの改善のために食事や生活を見直しているけどなかなか良くならない…そんな方におすすめしたいのがアロマでPMSを改善する方法です。PMSに対するアロマの効果とは?アロマテラピーでPMSが改善すると言われているのですが、アロマテラピーにはどんな効果があるのでしょうか? アロマテラピーではホルモンを調整する作用を持つ精油やリラックス効果のあるもの、また気分をリフレッシュさせてくれるものが存在します。そのため [続きを読む]
  • PMSの悩みの一つは下腹部痛!
  • PMSの悩みとして多い下腹部の痛みや腰痛。これらの原因を知り、対策を行うことで辛い痛みを軽減しましょう。PMSで起こる下腹部痛と腰痛の原因は?生理前に下腹部に痛みが起こる場合がありますよね。これは子宮の収縮によって起こるもので、生理痛と呼ばれることもあります。PMSの症状の一つと言われていますが、痛みの程度や種類は人によって様々です。 しかも、生理前の下腹部痛はすべてPMSというわけではありません。女性特 [続きを読む]
  • PMSに及ぼす食べ物の影響とは?
  • 生理前の体調不良や気分の落ち込みは辛いですよね。PMSに悩んでいる女性は多いですが、もしかするとあなたの食べているものがPMSを悪化させている可能性も! PMSを悪化させる食べ物や、予防になる食べ物をご紹介します。PMSを悪化させる食べ物がある!?PMSでイライラしたりすると、甘いものが食べたくなりますよね。女性は甘いものが好きな人が多いので、普段からよく食べるという人も多いのではないでしょうか? しか [続きを読む]
  • PMSは市販薬で改善できる?
  • 日常生活にそこまで支障がなく、生理後になれば症状が治まるという場合には市販薬やサプリメントで改善出来ることがあります。 実際にどんなものがおすすめなのかご紹介していきたいと思います。PMSの市販薬の代表「命の母」とは?命の母Aと聞くと更年期障害の薬を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 同じ命の母でも、「命の母 ホワイト」は11種類の生薬から出来ていて、生理痛や頭痛などの症状の他にも [続きを読む]
  • PMS治療に漢方は有効?
  • PMS(月経前症候群)は女性の8割が経験している症状です。お腹の張りや痛み、便秘・下痢、頭痛や腰痛と言った身体的な症状から不安感やイライラ、集中力の低下などの精神的なものまで症状は人によって様々です。 症状が軽い場合には「数日の我慢…!」と耐える人も多いとは思いますが人によっては日常生活に支障を来してしまうことがあります。そんな時、いい治療法はあるのでしょうか!?PMS治療は副作用のない漢方がイイ!? [続きを読む]
  • PMSでイライラしたときは・・・
  • 生理前のイライラや眠気、憂鬱な気分などはPMSと言われる月経前症候群が原因でなんと!!女性の8割が経験しているとも言われています。ただでさえしんどい生理期間の前に起こるこの期間、うまく付き合っていける方法はあるのでしょうか。PMSによるイライラ対策とは?イライラの対策には病院への受診が必要なものから自宅で出来るものまで様々なものがあります。 ・低容量ピルピルには、女性ホルモンが微量に含まれていてホル [続きを読む]
  • PMSの症状には眠気もありました!
  • 自分の意志とは反して起こってしまう辛いPMSの症状は、一刻早く解決してしまいたいものです。そして、PMSはいつもとは別人格化と思うほどヒステリックになったり、不安で押しつぶされそうになったりと、精神面に症状が現れることが多いといわれています。 その反面で、眠気やだるさといった、身体の症状で苦しむ方も少なくはありません。PMSは眠気とだるさが伴う!?眠気やだるさが症状として現れた場合では、会社でのうっか [続きを読む]
  • PMSをピルで鎮めるなら・・・
  • PMSを鎮めるピルの種類と効果についてピルには高用量(50マイクログラム以上)、中用量(50マイクログラム)、低用量(30〜40マイクログラム)がありますが、PMSの改善には低用量ピルが効果的であるといわれています。 とはいえ、その種類はいくつかに分類され、効果にも違いがあります。 ・マーベロン微量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されている低用量ピルで、PMSだけではなく生理不順にも効果的であるとい [続きを読む]
  • 自律神経を鍛える方法をご紹介します!
  • 意志とは関係ない場所で生命維持のために働いてくれる自律神経。確かに、その動きは意志でコントロールできるものではないのですが、自律神経自体は正常に機能してくれるよう鍛えることができるんです(#^.^#)自律神経は運動で鍛える!自律神経を鍛えるために、積極的に運動をしましょう。自律神経を鍛えるのに有効な運動は、有酸素運動です。 自律神経を整えるのに欠かせないのは身体にリズムを感じることです。体にリズムを [続きを読む]
  • 自律神経って測定できるんですね!
  • 自律神経による体調不良で病院を受診した場合、医師の判断によっては自律神経の状態を測定することがあるといわれています。ちょっと素人には想像がつかなかったのですが、自律神経って測定ができるんですよ(#^.^#)自律神経の測定方法は?自律神経の働きを調べる方法には「自律神経機能検査」があります。「自律神経機能検査」とは、様々な種類の検査を行って、自律神経そのものの働きを調べます。自律神経の不調は病院で検査をし [続きを読む]