kooiwoon さん プロフィール

  •  
kooiwoonさん: Quello che sarà, sarà
ハンドル名kooiwoon さん
ブログタイトルQuello che sarà, sarà
ブログURLhttps://qcss.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味で料理を作っています。 料理やお酒についてのことをメインに書いています。
自由文趣味で料理を作っています。 料理やお酒についてのことをメインに書いていますが、たまに映画や音楽についても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 266日(平均5.8回/週) - 参加 2016/12/26 20:17

kooiwoon さんのブログ記事

  • 今治名物の鉄板焼鳥
  • 今治名物の焼き鳥を買ってきました。 今治は、鶏のから揚げ『せんざんき』が有名ですが、『鉄板焼鳥』も今治の代表的なご当地グルメの一つです。 普通の焼き鳥とは違って、鶏肉等を串に刺さないのが特徴ですね。 串に刺さず、鉄板の上に鶏肉等を並べ、大きな鉄のコテで肉をギューギューと押さえつけながらジュージューと焼き上げます。 こうすると、肉に早く火が通り、肉の旨味を凝縮させ、ジューシーに仕上がるのだそうです。 お [続きを読む]
  • 豚肉と里芋のソース煮込み
  • 『豚肉と里芋のソース煮込み』です。 里芋が旬ですよね。芋煮会へ行ったり、いもたきを食べられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私の住んでいる県では各地の河川敷等で行われる芋煮会が盛んで、毎年多くの人で賑わっています。今回は里芋を日本料理では無く、中華料理に仕上げています。 里芋のトロリ・モッチリ感に味噌ベースの味が絡んでいます。 濃い目のソースと白ご飯との相性が良く、ご飯がドンドンと進んでしまい [続きを読む]
  • ハマグリとワケギのスパゲッティ
  • 『ハマグリとワケギのスパゲッティ』です。本当はスパゲッティやワケギでは無くて、カッペリーニとアサツキを使いたかったのですが、スーパーに売っていなかったので、有るもので代用しました。 プックリと膨らんだ、肉厚のハマグリは、噛むとジューシーで甘味のある味わいが口の中に広がりますね。ちなみにアサツキはチャイブの変種と言われているそうで、ワケギはネギと玉葱の雑種だそうです。 鍋にハマグリ、白ワイン、スライ [続きを読む]
  • ジェシカ・ラビットの『Why don't you do right』
  • 映画『ロジャー・ラビット』で、ジェシカ・ラビットが劇中で歌っている『Why don't you do right』です。 『Why don't you do right』は、ジャズシンガーのペギー・リーの歌唱が特に有名で、1943年に発表されたこの曲は100万枚以上の売り上げを記録しました。 ジェシカ・ラビット版の『Why don't you do right』はセクシーな感じをより全面に押し出していて、歌詞も強烈なので、一度聴くと忘れがたい魅力がありますね。映画 [続きを読む]
  • トマトソースのパスタがベーコンパスタに変身!
  • トマトソースのパスタに、ベーコンをガンガン入れて食べてやりました! ここまで入れると、トマトソースパスタというよりも、ベーコンからの脂と旨味とスモーキーな香りが大量にソースに染みこんで、ベーコンパスタに変身していました! カロリーは半端ないでしょうけど、美味しいですね! 料理というものは、得てしてカロリーが高かったり体に悪いと言われているものほど美味しかったりするんですよね!!! それに輪を掛けて、ベ [続きを読む]
  • 黒澤明監督とゴジラ
  • Akira Kurosawa / tonynetone黒澤監督はリアリティを求めます。 なので効果音にもこだわり、刀で人を切る時の音も、野菜を切ったり豚肉を切ったりと色々と試したそうです。 また、出来たてピカピカの時代劇の衣装を俳優が着て、長期間の稽古をするのだそうです。そうするうちに、衣装は汗が染み、生地は擦れてヨレヨレでシワも付いてきます。これをそのまま本番に使用するんですね。衣装に生活感のリアリティを出す目的だったそう [続きを読む]
  • 鶏肉とカシューナッツの炒め物
  • 中華料理は、『甜味(甘味)』、『咸味(塩)』、『辣味(辛味)』、『酸味』、『苦味』というい5つの味わいで構成されていると言われています。 四川料理は独特の調理法を持っていて、その5つに加えて、『香味』、『麻味(痺れ)』がプラスされて7つの味わいがあると言われています。その7つの味わいを存分に楽しめる料理の1つが四川料理の『鶏肉とカシューナッツの炒め物』です。中国ではこの料理のことを『宮保鶏丁』と呼んでい [続きを読む]
  • 骨付き豚ロースのロースト
  • 味付けは塩と胡椒のみでアッサリと頂きました。 ローストして柔らかくネットリとしたニンニクと一緒に豚肉を食べると、甘くて香ばしい風味が付け加えられて、更に美味しくなります。 白ワインと、とても合う料理ですよ! それにしても肉に骨が付いているだけで、ビジュアル的にも見栄えが良くなりますし、なんだかワクワク感がありますよね。 骨の存在があるだけで、数倍以上は美味しく感じます! 骨の周りに付いてある、焼け焦げ [続きを読む]
  • 海老カレークリームソースのスパゲッティ
  • 『海老カレークリームソースのスパゲッティ』です。 プリプリとした食感の海老とカレーの色と風味が食欲をそそります。この料理は、むきエビ、マッシュルーム、生クリーム、オリーブオイル、白ワイン、ニンニク、カレー粉、塩、粉チーズ、万能ネギ、パスタを使っています。? トロリとしたソースがパスタに絡まって、口の中がスパイシー&クリーミーな味わいで口いっぱいに広がります。 9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますが [続きを読む]
  • アサリとブロッコリーの茎のルオーテ
  • 『アサリとブロッコリーの茎のルオーテ』です。アサリの磯の風味と塩気がパスタによく絡んでいます。ブロッコリーの茎は加熱することによって程良く甘い味わいになっています。ルオーテとは、車輪の形をしたシチリア生まれのパスタです。車輪の隙間にソースがよく絡んでなじみやすいんですね。ブロッコリーの茎は、食べていますか?捨ててしまっていますか?ブロッコリーの茎は、クセが無くて調理しやすい食材なので、多くの料理に [続きを読む]
  • 角煮
  • 『角煮』です。 醤油と砂糖の甘辛味で煮込んで、トロトロで柔らかい食感に仕上げています。 この料理は、長い長い時間と根気が必要になるのですが、コツコツと丁寧に調理していれば、必ず美味しい角煮が出来上がります。 ノンビリと気楽な気分で作る事が大切ですね!角煮は、九州の郷土料理でもあり、長崎県の卓袱料理の『東坡煮』、少々趣が異なるのですが鹿児島県の『豚骨(豚の骨付き肉の味噌煮込)』が有名ですね。 あと、元々 [続きを読む]
  • チャウ・シンチーと西遊記
  • 西遊記の前日譚を描いた『西遊記〜はじまりのはじまり〜 』。 とても面白かったです。 特にスー・チーの笑いと悲哀が混在するキャラクターを巧みに表現した演技が良かった!!!監督はチャウ・シンチー。 この映画もそうですが、彼の演出や脚本には笑いの感情の中に悲しみ等の負の感情が入り交じっているのが特徴です。この世に、単純で荒唐無稽な笑いのみの世界と人生なんて存在していません。 人生の『笑い』というものには、苦 [続きを読む]
  • 鮎の炊き込みご飯と茗荷
  • 鮎の炊き込みご飯です。 鮎は一度網で焼いて、香ばしさを出しています。 美味です!!「清流の鮎1kg」-特大サイズ10−13匹入りASK sanin 山陰境港売り上げランキング : 31956Amazonで詳しく見る今が旬の茗荷を添えてみたのですが、茗荷の風味が強く、鮎の風味が消えてしまうので必要無かったとも思います。 季節の風情を感じるには良いんですけどね。 そういえば茗荷は、風味の強い食材があまり無かった江戸時代において、強烈な味 [続きを読む]
  • 鶏もも肉の煮こごり
  • えらい猛暑になっていますよね。 こんな時は、キンキンに冷えたお酒と共に、キンキンに冷えたオツマミを食べて飲みたいですよね。 キンキンに冷えたお酒は、イタリア天然微発泡のワイン『ランブルスコ』が良いですね! ランブルスコの軽やかな酸味と、きめ細やかな泡が口と喉をスッキリと潤してくれるんですよね! そして、キンキンに冷えたオツマミは、『鶏もも肉の煮こごり』です。冷蔵庫でキンキンに冷やした煮こごりのプルプル [続きを読む]
  • 世界名作劇場の赤毛のアン
  • 世界名作劇場で放映されたアニメ『赤毛のアン』は、L・M・モンゴメリの原作にとても忠実に作られているということで、評価が高い作品です。1979年1月7日から1979年12月30日までTV放映されました。 演出は高畑勲、場面設定に宮崎駿と櫻井美知代が担当。 79年厚生省児童福祉文化賞受賞を受賞しました。 原作に忠実に作った理由として、個性のある登場人物の会話のやりとりの面白さを損なうことのないように、原作を最大限に活かし [続きを読む]
  • 魚介のクリーム煮込み
  • 中華料理店に行くと、『白菜のクリーム煮込み』がメニューによくありますよね。 白菜の柔らかでスッキリとした味わいと、クリームのトロリとした濃厚な甘い味わいの組み合わせが堪りませんよね! 一見すると、見た目や味わいは西洋料理にも見えますが、中華料理なんですよね。 元々クリームは古典的な中国料理では使われていなかったので、西洋の影響を受けて作られたものなのでしょうね。 今回は白菜を使わずに魚介のみを使ってみ [続きを読む]
  • 麻婆西葫芦(ズッキーニ)
  • 『ズッキーニ(zucchini)』 今が旬の野菜ですよね。 ズッキーニは見た目はキュウリ、食感はナスのような感じですが、どちらの野菜とも関係は無く、実際はカボチャの仲間だということです。 関係無い話ですが、『ズッキーニ』ってイタリア語っぽいネーミングなのですが、この野菜のイタリア語名は『ズッキーナ(zucchina)』だそうです。 食感がナスのような感じ・・・・・。 日本で一番有名なナスを使った中華料理というと!? [続きを読む]
  • 酢豚
  • 『酢豚』です。 日本でポピュラーな中華料理といえば、酢豚。 中華料理店へ行くと、必ずといって良いほどにメニューにありますし、お酒のオツマミにしても、白ご飯と一緒に食べても美味しいですよね。『酢豚』という料理名は日本で付けられたもので、中国ではよく似た料理で、主に『咕咾肉』だとか『糖醋肉』と呼ばれています。 中国の飲食店へ行って『酢豚を下さい!』と言っても、全く通じませんのでご注意ください!そういえば [続きを読む]
  • 歌の上手い映画女優
  • どれだけ台詞回しや感情の表現が素晴らしい名優であったとしても、歌声だけは練習をしてもなかなか自由自在に上手く表現することが難しいんですよね。 なので歌うシーンだけは、俳優本人では無く本業の歌手などを使って、吹き替えをすることがとても多いんですよね。 しかしながら、俳優の中にも歌声が素晴らしく綺麗で本職の歌手並みに上手い方も存在するんですね。 代役を使わず、当人の声で歌っている映画もあります。 もう歌手 [続きを読む]
  • 帆立貝柱のポワレ 赤ワインソース
  • 帆立貝柱の甘味と煮詰めた赤ワインのほのかな甘味を重ね合わせています。 メインの食材は帆立貝柱なので、<白ワインにしようか?> それともソースはフォン・ド・ヴォーと赤ワインが入っているので、<軽めの赤ワインにしようか?> と悩みます。 赤なのか?白なのか? どちらか迷った時には、中間のワインを選んだ方が手っ取り早いかもしれません。 ロゼと合わせると良いバランスになるかもしれませんね。玉葱(あればエシャロッ [続きを読む]
  • スペインの赤ワイン『王様の涙』の涙は何の涙?
  • 先ほどスーパーに走って行ってワインを買ってきました。 最近はチリの赤ワイン『アンデスキーパー』ばかりを飲んでいるので、今回はスペインの赤ワインナビだにしてみました。 税込み513円でした。 ワインコイン程度でお得に買えて、味わいも安定した美味しさがあるので最高ですよね! また、スペイン産ワインの国内販売数量ナンバーワンなのだそうです。 地域:カタルーニャ地方 格付:ヴィノ・デ・メサ(大量生産されたテーブ [続きを読む]
  • チキンの悪魔風の『悪魔』とは?
  • 夏の暑い日には、冷たい料理も美味しいですが、逆に口から炎が吹き出すように辛い料理を食べるのも、これまた良いですよね。 『チキンの悪魔風』 2種類のそれぞれ違ったチキンの悪魔風ですが、どちらもコンガリと焼けた鶏肉の香ばしさに、赤唐辛子(カイエンヌペッパー)とニンニクを使った風味と味わいがとても良く合います。 何故、悪魔風なのかというと、幾つか説があります。 『イタリア的なチキンの悪魔風(鶏肉に塩、胡椒を [続きを読む]
  • 焼きタラコのスパゲティ
  • 『焼きタラコのスパゲティ』です。 タラコを使ったパスタはマヨネーズを入れたり生クリームを入れたりと、現在では色々なレシピがありますよね。 タラコを使ったパスタ料理が生まれたのは、1つの切っ掛けがあったそうです。 あるイタリア料理店でのこと。 常連のお客さんが、キャビアを使ったパスタ料理を作って欲しいと店主に言ったそうです。そして無事作り上げることができました。 味の評判も良かったので、一般のお客さんにも [続きを読む]
  • エルヴィス・プレスリーのハウンド・ドッグ
  • エルヴィス・プレスリーのシングル曲でのナンバーワンの売り上げは『ハウンド・ドッグ』だそうです。 およそ1,000万枚を売り上げました。 そしてTVでハウンドドッグを歌う姿を公開することとなります。 放送された次の日は各所からの抗議の電話がガンガン殺到したそうです。 何故ここままで批判をされたかというと、当時のアメリカはラジオが全盛期で、彼の独特な歌唱方法のみの歌声だけを聴いていた人たちは、彼のことを黒 [続きを読む]