ののめ さん プロフィール

  •  
ののめさん: しののめ日記
ハンドル名ののめ さん
ブログタイトルしののめ日記
ブログURLhttp://sinonomenonome.blog.fc2.com/
サイト紹介文もうすぐ60代。 今この時を大切に、丁寧な暮らしをしよう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 117日(平均7.2回/週) - 参加 2016/12/27 21:14

ののめ さんのブログ記事

  • 母にとっての快適な高さ
  • このところずっと考えているのは、今の母にとっての暮し易い環境。 腰の曲がった母は、外出の時は手押し車を手放せない。 不思議なのは、その体制ならどこまでも行ける。 そして、早い。 腰は曲がっているけど、散歩は日課でかなり遠くまで出かけているのを知っている。 しかし、手押し車が無いと動き難く、体の片側を支えても駄目らしい。 外食しても店内の移動もゆっくで、途端にお婆さんになる感じ。 膝も上手く曲がらないので [続きを読む]
  • ランドセルを忘れて学校に行ったこと、、、ある
  • 最近、しないといけないことを忘れて困るとブログにも書いたが、物を忘れることに関しては子供の頃から。母が私の子供達に言う。「貴方達のお母さんは子供の頃から「忘れんぼうさん」だったから」「小学生の時は、ランドセルを背負うのを忘れて学校に行ってしまって私が慌てて追いかけたわ」恥ずかしい。でも、そうだったなぁと。ランドセルの様な大きい物もあったのだから、他にも色々。でも、それを自覚すると対策も考える。ひょ [続きを読む]
  • やらなければならないことの優先順位と物忘れ
  • 日々、やらなければならないことは沢山有る。毎日の家事は勿論、自営業の経理の仕事。施設の叔母さんからの出動要請に答える、、母の様子を見に行ったり。最近では町内会のことや、まだ落ち着かぬ息子夫婦の話を聞いたり、住みやすい様に(息子の)家の手直しをしたり。全てに以前より時間がかかり出したことは分かっている。ちょっとやっては直ぐ休み、休み始めたら動けなくなくなって、、、。経理事務、、、これがかなり溜まってい [続きを読む]
  • バナナの最低価格
  • 我が家の必需品は毎日2本のバナナ。元々は、夫が職場泊りの時に翌朝簡単にパンとコーヒーとバナナで済ませると言って持って行くようになったからだったか?もう何十年も、お姑さんお薦めのお茶を煎じて持たせていて、それとセットで毎日持って行くようになった。自然と私も必ず1本は食べる様になって、バナナを切らすことはない。これが健康に良いからというのではなく、習慣の様な物。でも、夫に関しては腸が弱かったのが、すご [続きを読む]
  • 母の家の片付け第2ラウンド、、、もうクタクタ
  • さすがに疲れた。朝10時から夕方6時まで。途中、お昼ご飯は食べたがそれもサッと済ませてひたすら体を動かした。梅雨が来る前に。この、良い季節こそが掃除に最適なのだ。来月初めの母の家の地区の不燃物収集日に向けて、今日は大きい物だけでも仕分けしてそのまま捨てれる様に軒下に並べて置くべく進める。今日の第2ラウンドは一番大変だと思われる北側の和室。天袋のある一間の押し入れには物がいっぱいで、最近開けたことも [続きを読む]
  • 小説を読み始めると、時間が足りないと思う。
  • ここ数日で、図書館に新刊が次々と届いた。待ちに待って手に入ったのだから、他の全てを中断して読みたい、浸りたい。でも、色々やらなくてなならないこともあり、時間が足りない。無理して睡眠を削ると良いことはなにもないので、ぐっと我慢で少しずつ読み進めた。新刊と言っても長いものは半年も待っていたので、新刊と言えるかどうか。好きな作家の最新の小説は早く読みたい。もう本当に待ち遠しい。でも、今は図書館に予約を入 [続きを読む]
  • 540円の贅沢ソフトクリームを食べて、、、
  • 昨日の日曜は夏が来たのかと思うような暑さだった。午後は自転車で街に。長い街路市を覘く前に、自転車をいつもの場所に停める。お店をやっている親友は毎週この街路市で、新鮮な野菜を仕入れている。「あ、今日も来ているんだね。」と、親友の自転車を確認。でも、彼女の家に携帯電話は1台で、ご主人が日曜の休みに遠くに出掛ける時だけはご主人が持って行くと聞いている。だから、近くにいることは分かっても、連絡の取りようが [続きを読む]
  • 雨なのに、気分がそれほど落ち込んでいないのは、、、
  • 最近まで気持ちの落差が大きくて、晴れていればまだ良いのだけど雨だと言うだけで落ち込むことが多かった。ざわざわ、うつうつ、辛く苦しい思いに囚われて、そのまま一日炬燵で動かなかったり。どうしようもない感情を誰かにぶつけたくて、夫に絡んでみたり。夫にはっきり言ったことは無いが「貴方はまだ外で働いているから、その間は気がまぎれるではないか」という様な理不尽な思いをぶつけたくて、ぶつけられなくて、嫌がること [続きを読む]
  • 明日が大雨予報だと少し焦る
  • 今日は快晴。本当にこの時期の晴れた日は気持ち良い。明日からはまた雨らしいから、桜も散ってしまうかなぁ。別に毎日家にいるのだし、夫婦二人の洗濯物もそんなに多くないし、今はお天気によってすごく変わる生活をしていいる訳ではない。それなのに、明日の降水確率100%は気持ちを焦らせるようだ。この晴れた一日を有効に使わなければ。楽しまなければと(笑)昨夜は久しぶりに早く眠れて、たっぷり睡眠をとれたせいもある。夫 [続きを読む]
  • 町内会の班長になった、、ここはどんな感じだろう?
  • 今年度から、ここの町内会の班長を初めて任された。何度か引っ越して何度も班長をやったけれど、ここの前に住んでいた時が一番大変だったかも。軒数が多く、集金も町内会費の他に募金が数回。何度行っても会えない人。やっと会えても迷惑そうな態度、言動をされると「そんなことを私に言われても」と腹の立つ経験をしたこともある。不燃物収集日のお世話は交代だったが、冬の午前6時は辛かったなぁ。一番嫌だと思ったのは、募金の [続きを読む]
  • 母の家片付け、第一ラウンド終了
  • 今日の不燃物収集に合わせて、母の家から処分する物をこちらに運んで来た。母の家のすぐ近く、団地の入り口が不燃物収集場所なのだが、次は来月初めだ。我が家は今日なので、軽ワゴン車で二回運んで来た。直ぐ近くに出せるのだから、来月まで待って母が出す日に助けに行けば良いのだけど、そんなことではちっとも進まないと判断。少しでも減らしておくべく、今回は頑張ってみた。ガラスケースに入った孫たちのお節句の飾りとか。( [続きを読む]
  • 頑張ると言ったのに。
  • 今日も快晴。母の家の片付けを今日も頑張ろうと思っていたのに、頭痛が続いている。朝早く痛み止めを飲んで、家の大きい物を次々と洗濯している内に、母の家に行くのが遅れた。母からも電話があって「一気にやろうとしても無理だから、今度の不燃物収集の日までにい少しずつやるから」と。お昼過ぎには、あと少ししたらと時間が経つのに動けないのは、昨日の片付けと、その後叔母に届け物をしたので疲れているということか。全く、 [続きを読む]
  • 母の家の片付けを始めた、、あの人が来る前に!
  • 暑くもなく寒くもなく、何をするにも一番の季節。ここは、、、片付けかな、やはり。我が家も大掃除しないといけない時期になっているが、今は母の家の方が気になる。息子も、「婆ちゃんの家、物が増えてるけどゴミ屋敷になるんじゃないの?」「いらない物は捨てようと話して、婆ちゃんもその気になっているから」と言っていた。これまでにも何度か母とは話して「私が片付けるから」と言って来たけれど、「自分でゆっくり、やれる時 [続きを読む]
  • 息子に愚痴る?
  • 昨日夫は職場泊り。遠い場所に自営の事務所があるので、毎日の通勤では体がもたないと、ほぼ週に一度は事務所に泊まっている。遠くで大変だと分かっていたので、最初から二階で寝泊りもできる物件を選んで借りている。近くに住みだした息子が夜ふらっとやって来ることがある。その感じにまだ慣れないが、夫と三人、私と息子だけで話すことも久しぶりなのでちょっと新鮮だ。昨夜は息子と二人でしばらく話した。「で、お父さんとは上 [続きを読む]
  • お墓事情
  • 夫の両親はすでに亡くなり、、、。 いや、ちょっと複雑で、養母になる人(夫の父親の再婚相手)は老人施設に入っている、、、らしい。 義父が亡くなった後、人が変わってしまったかのように拒絶されて今はまったく交流が無い。 私としては普通にお姑さんとして付き合っていて、子供達も可愛がってもらっていたのに、どうしてなのか分からない。 やはり、生さぬ仲の子供(夫と妹)は自分の夫が亡くなってしまえば、財産を狙う(?)他人で [続きを読む]
  • ケチ?、、いや、普通よ、普通だし、普通だもん♪
  • 壊れていない物の処分は自分の心との戦いだ。家具でも電気製品でも服でも食器でも。だからこそ、自分が好きな最低限の量の物で暮らしたいと思い始めたのだ。そう思い始めて以前ほど物が増えないようになったと思うが、減らすことにはまだ苦労しているかな。今の家に住んで4年。前の家の物の量がかなりだったので、引っ越しはその処分も兼ねていた。思い出の物を処分する。必要量を決めて他を処分する。例えば5枚セットの食器は3 [続きを読む]
  • 年を取るということ、、、母
  • 84歳の母日々の生活の中の面白いエピソードが段々増えて行く。母の家の2口ガスコンロの1個が壊れてかなり経っていた。倹しい母のそれは誰かに貰ったもので、五徳も少し合っていないような。そのくらい買い替えてあげれば良いものを、、、不甲斐ない子供達だ。料理が面倒になってきて、あまりコンロを使わないのだから1個で充分ではないかと、、、ここは節約人間の私の頭が働く(笑)お湯を沸かすのも面倒になって来たわと、大き [続きを読む]
  • 一か月前と変わらない体重、、、コラコラ安心してるんじゃないよ!
  • ヤバイ!体重57.8?体脂肪率29.1%この一年で5?は太った。これはまずい!今月末に半年ぶりの検査予定が有る。肝臓の脂肪肝を示す数値のチェックと糖尿病に関する血液検査。今度こそ薬を勧められるかも。自業自得。そういう生活をしていると自覚あり。食べている。運動していない。体重は朝、朝食前の着替える時に計っている。久しぶりだなぁと思いながら、日記兼家計簿の体重を書く欄に書き込んで。あれっ?一カ月と少し [続きを読む]
  • 近頃の若い人は?
  • そういう言葉はいつの時代も誰かが口にしているだろう。いつだったか、地元紙の「おじさん、おばさんコーナー」に最近の若い人は洗濯物を畳む習慣が無いらしいという話題が載っていた。へーそうなのか。独身の人ではなく、家庭の主婦も洗濯して干して、そのまま吊り下げて置いているとか?ふーん、確かにシャツなどは皺にならなくていいかも。ただ、そういう発想が無かったので驚いた。私の夫は毎日着るYシャツのアイロン掛けは必 [続きを読む]
  • 「お金さえあれば一人で自由になるのに」と思ったり、、
  • あるよね?ない?50代、60代、結婚生活何十年の私くらいの年代の女性。お金さえあれば、食べていくだけで良いから最低限のお金さえあれば、、一人で自由に生きるのに。その収入が確保出来たら。分かっている。甘いよ!自由と言うのとは違う。全て自己責任。全てが自分にかかってきて、病気になっても、思う様に働けなくても誰に言うことも出来ない。一人暮らしでもきちんと生きれるか。ちゃんと作って食べれるか。健康に気を付 [続きを読む]
  • お返しで頂いたカタログで悩んだことは?
  • 今回は本当に悩んだ。結婚祝いのお返しはカタログだった。もうずっと決められずにカタログをあっちにおいたり、しばらく見るのをやめていたり。これまでもカタログのことは有ったが、何となく直ぐに決まっていた。今回は、これだという物が無い。カタログを受け取ってから4カ月以内にと書いてあるが、3か月は経ったかも。後ろの方は食べ物のページ。夫は食べたら無くなるそれにしたらと言ったが、私は使える物にしたいのだ。何と [続きを読む]
  • 前向きに励ますことしか出来ない、、叔母のこと
  • 施設の叔母を訪ねた。膝の手術は別の病院で診てもらって、そこでは切らなくても良いと言われて。膝の水を抜いて、よくなったと聞いていた。でも、また痛くてたまらないと言う。二つ目の病院は遠くて、一回は施設から連れて行ってくれたけど通院となると無理だと言われたと。最初に手術を勧められた近くの病院は膝の治療で有名な病院なので、同じことをするのならそこで良いと言っている。近くの病院なら施設から通院もOK。結局そ [続きを読む]
  • 息子にとってのお婆ちゃんは絶対?
  • 息子は時々言う。「婆ちゃんは本当にすごい人だよ!」何がすごいのか。抽象的すぎると思うが、我が家の子供二人にとっての私の母は、とにかくすごいらしい。「婆ちゃんがいてくれたから今の自分があるということもあるよ。」と言ったことも。そう、心配かけたよね。迷惑かけたこともあったよね。親以上に、いつも信じ続けて応援してくれたよね。母は私の様な気が小さい心配性の人ではない。肝が据わっていると言うか、動じない。全 [続きを読む]
  • 気が抜けない、、、次は?
  • 子供の帰郷が決まって、ここ2週間ほどは急ピッチで新居に手を入れていた。本当に「手を入れる」、、、自分でDIYして、片付けて、掃除して、日用品などのストックを備えて。こちらに持ち帰った大工道具と材料が一階にいっぱいだ。これからしばらくは、この家の片付けになる。息子の家に私の好みを押し付けてはいけないと思いつつ、ここに棚があれば便利だ、この空間を収納にしたら使えると思い始めるととまらなくて、あーでもな [続きを読む]