マイホーム購入体験談 さん プロフィール

  •  
マイホーム購入体験談さん: マイホーム購入体験談
ハンドル名マイホーム購入体験談 さん
ブログタイトルマイホーム購入体験談
ブログURLhttp://myhome-taiken.com/
サイト紹介文たくさんのマイホーム購入体験談を読むことで、自身のマイホーム購入にお役立て下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 210日(平均11.3回/週) - 参加 2016/12/28 17:26

マイホーム購入体験談 さんのブログ記事

  • ハザードマップと用途地域はマイホーム購入前に確認すべき
  • 一度物件が気に入ると、購入へと急いでしまいがちです。しかしちょっと待って下さい。引越し先の地域は、いうなれば未知の世界です。特に災害に関しては、過去に何があって現在どんな対策がとられているのか、またこれから先、道路や大きな建物の建設計画はどうなっているのか、事前に調べておくに越したことはありません。情報収集は物件だけではなく、周辺地域にも視野を広げておくようにしましょう。災害情報に関することならハ [続きを読む]
  • 不動産取得税と固定資産税・都市計画税とは
  • 不動産取得税・固定資産税・都市計画税をご存知でしょうか?マイホームを購入した後は、待ちに待った引越しです。それにしても家庭にはうんざりするほどの荷物があるものです。片付けるのは容易ではありません。そして、次に待っているのが様々な手続き。役所関係はもちろん、ライフライン、銀行やクレジットカード、運転免許証など相当な数に上ります。新たな生活のスタートとしてこれらを一つ一つこなし、少しずつ住まいや環境に [続きを読む]
  • インターホン防犯カメラ録画で玄関からセキュリティを
  • 近頃ではSNSの普及でストーカー被害をよく耳にしますし、空き巣被害も年々減少傾向にあるとはいえ未だに一日あたり約126件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しています。しかも59%が住宅でそのうち一戸建て住宅は41.6%と無視できない数値です。では、どういった家が狙われにくいのでしょうか?できれば建築の時点で対策を立てておきたいですね。ここでは、防犯対策として我が家が玄関に取り入れたカメラ録画機能付きインターホンと [続きを読む]
  • 新築外構予算オーバー。3社に見積りも聞いていたより上
  • 我が家は2015年に注文住宅を新築しました。新築外構については予算の関係もあり、ハウスメーカーさんには頼まず自分で探した業者さんにお願いしたのですが、当初予想していた外構予算より大幅にオーバーしてしまいました。新築外構予算をハウスメーカーに聞く我が家が新築外構予算をオーバーしてしまったのにはワケがあります。元々はハウスメーカーさんに新築外構をお願いした方が建物とのバランスや素材の選定等も考慮してもらえ [続きを読む]
  • スキップフロアのメリット・デメリット。狭小住宅間取り工夫
  • 我が家は2015年に注文住宅を建てました。間取り設計前から、気に入ったハウスメーカーのモデルルームを見に行った際に階段の踊り場を利用した「スキップフロアのある家」の仕様に一目惚れし、狭小住宅の我が家にも取り入れたいと話していました。いざ間取りを決める際に3LDKにするか4LDKにするか悩みましたが、狭い土地に建てる狭小住宅なので4LDKにしてしまうと一部屋ずつが狭くなってしまう事と、4部屋目に提案されたのが小さな [続きを読む]
  • 火災保険と地震保険はセット加入がおすすめ。安心マイホーム
  • 住宅を購入する際、同時に考え合わせておきたいのは、火災保険と地震保険です。セット加入の義務があるわけではありませんが、加入していなければ万一の時に補償がないどころか多大な損害だけを目の当たりにし、絶望的になるでしょう。そんなことは想像もしたくありませんね。火災保険と地震保険への加入は大切です。セットで住宅ローンと同時にしっかり考えることをおすすめします。加入する際の方法は一つだけではありません。ま [続きを読む]
  • 注文住宅のエアコン位置・電気スイッチ位置は初めに決めよ!
  • 注文住宅では※建築確認申請前に必ず押さえておきたい確認事項としてエアコン位置と電気スイッチ位置です。※建築確認申請とは、建物を建てる許可を得るため図面を提出する手続き。間取りばかりに目がいくと、とんでもないことになってしまいます。私の注文住宅は何度も打ち合せを重ね、自分にとってパーフェクトな間取りが出来上がりました。しかし、エアコン位置と電気スイッチ位置で大変な事になりかけたお話をしたいと思います [続きを読む]
  • 木造住宅の耐震診断と耐震補強工事はした方がよいのか?
  • 大地震は、いつどの地域でも起こりうると言われています。購入を希望する木造中古住宅物件の、耐震強度はいかがでしょうか。それを知る大まかな目安は着工年です。必ずチェックするようにして下さい。耐震補強工事が必要?1981年6月1日以前の建物建築基準法は、過去の地震被害をもとに改変を重ね、耐震構造が強化されました。その構造を大きく変える節目になったのは、1981年6月1日に施行された新耐震設計法です。住宅の新耐震基準 [続きを読む]
  • 【快適収納術】具体的な荷物の入れ方のコツ(写真つき)
  • 続編のためこちらの記事を読んでいない方は読んで頂ければ話がスムーズにつながります。【快適収納術】ズボラで整理整頓が苦手な私がたどり着いた!2017.06.25新しい家では、今度こそ整理整頓をしたい!と考えている方は多いと思います。例えば、設計段階で、日用品収納と台所関係の収納、衣類部屋、洗面所にも作り付けの棚を作ったとしましょう。しかし、いざ実際に荷物を入れるとなると、今あふれかえっている大量の荷物をど [続きを読む]
  • マイホーム探しで必ず確認すべき交通と周辺施設【初歩】
  • どこのエリアにあるマイホームを選ぶかというのは、これから暮らす街を選ぶということになります。「実家の近くがいい」「自然が豊かなところがいい」「とにかく駅近がいい」などおおまかなエリアが決まっている場合でも、どれもこれもというのはなかなか難しいもの。特に予算もあることなので、どこかで折り合いをつけたり、逆に欲しいポイントは押さえられているので安くて希望に応えるマイホームをゲットという可能性もあるかも [続きを読む]
  • マイホームシミュレーション。ローン資金計画だけじゃ不十分
  • マイホームシミュレーションというと住宅ローンなどの資金計画がまず思い浮かぶはずです。これから何十年も住み続けるマイホームなのでもう少し幅広く、様々な角度から検討物件についてシミュレーションしてみる必要があります。マイホーム購入で後悔しないために、最低限シミュレーションするべき項目を挙げていきたいと思います。資金計画・マイホーム住宅ローンシミュレーションマイホーム購入において、まずは外すことのできな [続きを読む]
  • 免震・制震 耐震の強さの違いを簡単にわかりやすく説明
  • マイホーム探しをしていると「地震に強い家」という売り文句が目に付きます。最近は地震への備えも気になりますから、「地震に強い」と言われると魅力的なフレーズに聞こえます。私の買ったマイホームは充分に地震に備えられたものだったのですが、たまたま購入したものがそうだったというだけで、特に意識していたわけではありませんでした。住宅ローンが何十年とあるのに、しっかり地震のことを考えなかったなんて危なかったです [続きを読む]
  • マイホーム、収納不足・スペース不足・コンセント不足
  • 私は注文住宅で長年の夢だったマイホームを建てましたが、失敗したなと思う点がいくつかあります。それは3つの不足です。 収納不足・スペース不足まずは間取りです。収納スペースが少なかったため物がしまえなくなってしまい、部屋が物であふれかえっています。賃貸に住んでいた頃は狭かったので、あまり物を買っていませんでしたが、マイホームを建て広くなった事で物が増えました。しかし収納スペースが少ないためしまう事が出来 [続きを読む]
  • 土地探しは見つからない。ポイントをおさえた探し方をしよう
  • 注文住宅を建てるから土地を探そうと思い立ってから早2年の月日が経過、なんていう話はよくあることです。それほど希望の土地は「いつでも欲しい時に買えるもの」ではありません。これから土地探しをされるあなたへ、土地探しはなかなか思い通りの物件が見つからないものです。納得のいく土地が見つからない原因と、そこを踏まえた土地探し方法のコツをご紹介していきます。見つからない理由を知り、ポイントをおさえた探し方をし [続きを読む]
  • 都市ガスとプロパンガス・本下水と浄化槽の違い知っておこう
  • 物件を見学の際に目がいくのは内装が中心になってしまいがちで、その後に値段交渉へと移っていくことが多いものです。その前にチェックしておきたい点がたくさんある中で、ガスと下水はどのような設備になっているのかを確認することは大切です。なぜなら、ガスは都市ガスとプロパンガス、下水は本下水と浄化槽という具合に、設備様式が分かれているからです。これにより使用料金が変わったり、今まで使っていた器具が使えなくなる [続きを読む]
  • 私が実践した自分にあった住宅メーカー選び4ステップ
  • 注文住宅を建てる時、皆さんは何を基準に住宅メーカーを探していますか?またどのような方法で選んでいきますか?私が住宅メーカー10社から1社に絞り込みをどのように行ったのかご紹介したいと思います。 ①まずは住宅メーカーの情報を得ようインターネットで調べたり、実際に会社の同僚など、家を建てた人に住宅メーカーの名前を聞き、モデルハウスを見に行きました。そこでどのような構法か、断熱材は何なのか、換気システムは第 [続きを読む]
  • FPとして考える変動金利の今後のリスク回避をする2つの方法
  • マイホームを現金一括で購入できる人はそうはいませんので、多くの人はマイホーム購入の際、住宅ローンを利用することになると思います。さて、住宅ローンには『変動金利』と『固定金利』の2種類の金利方法が存在しており、どちらのタイプで契約すれば良いのかとお悩みの方も多いでしょう。一見、金利の安い変動金利のほうがおトクに見えますが、果たしてリスクはないのでしょうか?今回は、証券外務員とファイナンシャルプランナ [続きを読む]
  • 土地探しに5年の期間を費やした私が考えさせられた2項目
  • 私たち夫婦がマイホーム購入を考えたのは子供が3歳のときでした。私たちは地方出身で二人とも戸建で育ちましたので、小さくても戸建、注文住宅にしたいというのが希望でした。さっそく住宅展示場に行って建物のリサーチを始め、夢は膨らむばかりでしたが、肝心の土地探しには行き詰まり、長い期間を費やしてしましました。 土地勘のない場所での土地購入の厳しさ何軒かの不動産屋やハウスメーカーが土地を探してくださいましたが、 [続きを読む]
  • 【快適収納術】ズボラで整理整頓が苦手な私がたどり着いた!
  • 家づくりを考えておられる方に、是非ともご提案したいのが適材適所の収納術です!ここを軽く考えて家づくりをしてしまうと、毎日生活をしていくうちに不便が生じて、ストレスが積もってくること間違いなしです。設計段階で必ず考えておくべきことだと思っております。 片付いていないことがストレスだった我が家我が家は、自宅の老朽化や住みづらさにより、3年前に注文建築の家に建て替えました。前に住んでいた家が住みづらかった [続きを読む]
  • 用途地域とは未来の住環境予想に最適。マイホーム購入前に確認
  • 庭からは見渡す限りの空、そして隣近所には住宅が密集していなく静かな環境という理想的な場所を手にしたとしても、ある日そうじゃなくなる事があるかもしれません。私の実家があった場所は、現在私の覚えのある土地とは全く違うものになってしまっています。マイホーム購入前に物件所在地の用途地域というものを確認しておき、将来の住環境がどうなりうる可能性があるのか予測をしておくことは重要です。 用途地域を確認しよう開 [続きを読む]
  • 住宅の新耐震基準とは?「耐震等級1」では足りないかも?
  • 東日本大震災以来、住宅選びの特に大きなポイントとなった「耐震」。私たちは耐震基準に、もう少ししっかり目を向けていかなければいけない時代に生きているのかもしれません。 新耐震基準は1981年(昭和56年)に定められた現在の日本の住宅は、1981年(昭和56年)に定められた建築基準法による耐震基準に準じて建てられています。建築や不動産業界では、この1981年(昭和56年)を境に旧耐震基準、新耐震基準と言い分けています。 [続きを読む]
  • 設計図では分からない家の「明るさ」に注意しよう
  • 家の光の入り方は窓の大きさや周囲の環境や建物によって変わります。また冬は太陽が低くて夏は高いところから日が入ります。さまざまなシーンを想像して家造りの工夫をし明るさを確保できるようにしましょう。 設計時に家の明るさに関して意識しよう玄関の方角にもよりますが、北や東西だと玄関は昼間でも暗くなりがち。外壁と接するのが玄関ドア部分だけだとなおさら暗くなります。ドアや床のタイルの色が濃い色だとまたさらに暗 [続きを読む]