Danza Espanola さん プロフィール

  •  
Danza Espanolaさん: 永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ハンドル名Danza Espanola さん
ブログタイトル永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ブログURLhttp://danza-espanola.net
サイト紹介文5000年後に暮らす世界中の子どもたちの笑顔のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 122日(平均4.4回/週) - 参加 2016/12/28 17:51

Danza Espanola さんのブログ記事

  • エリートと大衆?
  • しばらくのあいだブログに新規投稿が出来ず、昨日夜のブログは13日ぶりとなってしまいました。二つほど沈潜して考えるテーマがあって、知の創造に対する恋愛モードに入っていました。そのうちの一つは、『永遠回帰』を含 … "エリートと大衆?"の続きを読む [続きを読む]
  • 大衆的な畜群根性の克服
  • 昨日の記事では「大衆」をフラットに見て書きました。今日の記事では「畜群根性に陥ってしまった大衆」として、「(大衆)の畜群性」を扱います。 「畜群」とは読んで字のごとしで、家畜化された群衆です。私も含めた大衆 … "大衆的な畜群根性の克服"の続きを読む [続きを読む]
  • 『四季』はまだ聴けない
  • 今日のキャッチ画像は残念な写真です。焦点はどこにあってるのかわからないし、手ぶれもいいところでブレブレな写真ですね。3年前の今日、2014年4月5日に多摩川の土手を歩きながら撮影、桜は満開でした。 この3年 … "『四季』はまだ聴けない"の続きを読む [続きを読む]
  • 悠然と流す心性
  • 人間が出来て、何千万年になるか知らないが、その間に数えきれない人間が生まれ、生き、死んで行った。 私もその一人として生まれ、今生きているのだが、例えて言えば、悠々流れるナイルの水の一滴のようなもので、その一 … "悠然と流す心性"の続きを読む [続きを読む]
  • 美しさを看(み)て、心が観(み)る
  • 今年の3月は6年ぶりに寒い日が続きました。桜の木はそんなことなど意に介せず、花をつけていきます。 日本人は、春の桜にさまざまな心情を重ねます。美しさを感じとる感性が歓ぶ。そこから一歩踏み込んで情を混入する。 … "美しさを看(み)て、心が観(み)る"の続きを読む [続きを読む]
  • 自己責任と偶然性
  • 2002年にアメリカ主導によって始まったイラク戦争。2004年に日本人が人質となって解放されたり殺害されたりしたことがあった。 あのとき、日本政府は退避勧告を発令しイラク周辺国への入国を禁止した。にもかかわ … "自己責任と偶然性"の続きを読む [続きを読む]
  • 森友問題と豊洲移転問題
  • 今日は時事問題をとりあげます。 森友問題と豊洲移転問題、いずれも建物ができてしまってから騒動になっています。森友では今までの過程が、豊洲では過程プラス現状での土壌汚染数値が問題になっています。 … "森友問題と豊洲移転問題"の続きを読む [続きを読む]
  • 社会からの多様性要請は疑問
  • 多様性(ダイバーシティ)に対応することがうるさく言われる時代になりました。 ダイバーシティはポリティカルコレクトネスを主張する運動によく表れています。 以下、Wikipedia から引用します。 ポリティカ … "社会からの多様性要請は疑問"の続きを読む [続きを読む]
  • 「天」の深み
  • 西郷隆盛は「敬天愛人」を座右の銘としました。 天を敬い人を愛するという、短く単純な教科書的意味でとらえて間違いはないのですが、天を敬うとはどういうことか、天とはなにか、人を愛するとは博愛主義なのかと、いかよ … "「天」の深み"の続きを読む [続きを読む]
  • 今夜はライトに
  • 2017年スタートとともに始めたこのブログですが、当初は、4年間アメーバブログで書いてきたような堅調なスタイルではなく、もっとライトで軽はずみな冗談をふんだんに書き散らかしていこうと思っていたのですよ。 と … "今夜はライトに"の続きを読む [続きを読む]
  • 今夜はライトに
  • 2017年スタートとともに始めたこのブログですが、当初は、4年間アメーバブログで書いてきたような堅調なスタイルではなく、もっとライトで軽はずみな冗談をふんだんに書き散らかしていこうと思っていたのですよ。 と … "今夜はライトに"の続きを読む [続きを読む]
  • 五感という分類常識を忘れてみる
  • 前の記事では、伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』第一章「空間」から、目の見えない人の空間感はハイレベルな三次元世界観だということが分かってきたことを書きました。 この本が注目されたのかされ … "五感という分類常識を忘れてみる"の続きを読む [続きを読む]
  • 五感という分類常識を忘れてみる
  • 前の記事では、伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』第一章「空間」から、目の見えない人の空間感はハイレベルな三次元世界観だということが分かってきたことを書きました。 この本が注目されたのかされ … "五感という分類常識を忘れてみる"の続きを読む [続きを読む]
  • 目の見えない人の空間感
  • 今日の記事は自分で言うのもなんですが、注目記事です。人によっては後頭部をハンマーで殴られたようなショックを受けるかもしれません。(中にはその本読んだよ〜という人もいらっしゃるでしょうけれども。) 2月6日に … "目の見えない人の空間感"の続きを読む [続きを読む]
  • 目の見えない人の空間感
  • 今日の記事は自分で言うのもなんですが、注目記事です。人によっては後頭部をハンマーで殴られたようなショックを受けるかもしれません。(中にはその本読んだよ〜という人もいらっしゃるでしょうけれども。) 2月6日に … "目の見えない人の空間感"の続きを読む [続きを読む]
  • 信頼を考える
  • 先週からコピーライティングの本を4冊ほど読み漁っています。プラス『仕掛学』の本も面白そうだったので読んでいる最中なのですが…。 広告業界のコピーライトの世界は思ったよりも奥が深くて、これは心理学の応用、しか … "信頼を考える"の続きを読む [続きを読む]