Danza Espanola さん プロフィール

  •  
Danza Espanolaさん: 永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ハンドル名Danza Espanola さん
ブログタイトル永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ブログURLhttp://danza-espanola.net
サイト紹介文五千年後に暮らす世界中の子どもたちの笑顔のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 175日(平均4.0回/週) - 参加 2016/12/28 17:51

Danza Espanola さんのブログ記事

  • 近未来への希望ある生きかた戦略
  • 3月15日の記事『社会からの多様性要請は疑問』について、更に考えを深めてみたいと思っています。 この多様性要請によって、「人間」と価値観の水平化、平均化、画一化が世界中で進んでいると感じています。その揺り戻 … "近未来への希望ある生きかた戦略" の続きを読む [続きを読む]
  • 深淵から見られる自分
  • 「自分探し」という言葉があります。 私にはどうしても実感できないのですが、この言葉を用いるかたは、「本物の自分」があると考えているのではないかと思います。この、「本物の自分」ということが私にはわからない。多 … "深淵から見られる自分" の続きを読む [続きを読む]
  • 家族ってなんだろう
  • 「家族ってなんですか?」 と問われたらあなたは何と答えるのでしょうか。 この質問は国会議員さんにぶつけてみたいところです。どのように答えるかでその議員の、共同体にかんする基本的な価値観がわかるような気がしま … "家族ってなんだろう" の続きを読む [続きを読む]
  • 孤独のカタルシス
  • 人類は社会的な動物で、世界地図に人の群れを俯瞰イメージしてみれば、一種類の生物が特に平地に密生し、群生している絵図が浮かびあがります。 自分たちに人類という名を与えた人類にとっては、群生しているなかでの自分 … "孤独のカタルシス" の続きを読む [続きを読む]
  • 矛盾こそ自然に生きるということ
  • 私は宗教にかんして無信仰ではありますが、「家」的には臨済宗円覚寺派の檀家でありその当代でもあります。お寺さんにはお墓を守っていただき大変感謝しています。故人の何回忌かの法要に代表として出向く以外は、盆暮お彼 … "矛盾こそ自然に生きるということ" の続きを読む [続きを読む]
  • ニコラシカ
  • 先週放映された『朝まで生テレビ』の終盤に、出演者の三浦瑠麗さんの発言で、「出演者の全部が自分の意見を変えようとしないので、議論がぐちゃぐちゃになってしまう。」というような感じで、『朝まで生テレビ』自体に対し … "ニコラシカ" の続きを読む [続きを読む]
  • 1ヶ月で5億年の生物進化
  • 三木成夫さん(1925-1987)という天才医学者が書いた本によると、人間の内臓は宇宙のリズムに呼応しているらしいです。そして赤ちゃん受胎後30日からからわずか1ヶ月で魚類から両生類、爬虫類、哺乳類の5億年 … "1ヶ月で5億年の生物進化" の続きを読む [続きを読む]
  • 弱者の声を代弁する方々
  • 「がん患者は働かなくていい」という発言が自民党の大西英男議員からありました。がんには完治はなく、とりあえず、悪性のがん細胞が無くなった状態を寛解と呼びます。寛解した人も「がんサバイバー」というふうに呼ばれる … "弱者の声を代弁する方々" の続きを読む [続きを読む]
  • 「忖度」について
  • 今年の流行語大賞に選ばれそうな勢いの「忖度」ですが、「そんたく」という言葉はそれほど多くは使われてこなかったのではないかと思います。 日常会話では使いませんよね。 この「忖度」ですが、マスメディアや著名人が … "「忖度」について" の続きを読む [続きを読む]
  • 時間を主とし空間を従とする世界
  • 私たちは空間(物質)を主体とする世界観のなかで生きています。これはおそらく、視覚的感覚に過度依存していることと、幼児のころからの教育と慣習によってだと考えています。空間を主とし、時間は従の立場。この構図では … "時間を主とし空間を従とする世界" の続きを読む [続きを読む]
  • 「時間(私)」から観た世界
  • 今、「時間」 に成りきる感性実験をしています。これは4月半ばころに気づいて暇を見つければやっているのですが、新しい哲学の地平が開けるような予感があります。 私が「時間」になるのではなく、「時間」に私がなるの … "「時間(私)」から観た世界" の続きを読む [続きを読む]
  • 未来の自動車イメージ
  • 未来の自動車はどうなっていると思いますか? ガソリンに変わる電気自動車、水素自動車は徐々に増えていくと思いますし、ロボット型の自動運転車も実現するでしょう。では、100年後は空飛ぶ自動車でしょうか? 私はそ … "未来の自動車イメージ"の続きを読む [続きを読む]
  • 理性的を凌駕する感情的
  • 感情的は理性的よりも劣るというのが現代社会一般の評価のようです。理性によって感情をコントロールせよと。 アメリカから輸入されてきたアンガーマネジメントという、怒りの感情を理論武装によってコントロールするコン … "理性的を凌駕する感情的"の続きを読む [続きを読む]
  • Googleの思想を解明する
  • 今日は真面目な話をします。 連休最終日の記事 『自由と信頼のはざまで』 に少し書きましたが、私たちの個人情報は皮肉なことに、私たちがインターネット上でWebサーフィンしたり商品を買ったり、テキ … "Googleの思想を解明する"の続きを読む [続きを読む]
  • 若者よ、孤高となれ
  • 最近の風潮に、「ものわかりのよい人になりなさい」というのがある。他者の個性を認め、自由を尊重し、その個性や自由に対し批判してはならないと。批判された者の傷つく心情を考えろと要求する。 かような負荷のかからな … "若者よ、孤高となれ"の続きを読む [続きを読む]
  • 自由と信頼社会のはざまで
  • 私たちは自由を十分に手に入れた。行動の自由、思想の自由、内心の自由、表現の自由、これらの自由権は、原始社会を除けば過去最大に保証されていると言ってよいのではないでしょうか。 一旦手に入れた自由 … "自由と信頼社会のはざまで"の続きを読む [続きを読む]
  • なぜ「哲学・思想・倫理」なのか
  • 現代の世情をながめれば、政治の軽薄化、格差社会、経済偏重主義、心無き時代、人々の無表情化、核戦争の危機、宗教活動テロ、地球温暖化など、「人類の危機」が訪れている感さえあります。 現実に対処していくことは大切 … "なぜ「哲学・思想・倫理」なのか"の続きを読む [続きを読む]
  • 私という生成物
  • 本当に大切なことというのは後回しにされていることが多いのではないかと思います。目先の優先しなければならない現実に振り回され、いつでもできる本当に大切なことが分かっていながら出来ていない。 なんだか『星の王子 … "私という生成物"の続きを読む [続きを読む]
  • 先賢とのおもしろ対話
  • 昨日記事では「笑いながら哲学する」をテーマにニーチェをいじりましたが、今日は、わたし流の先賢との対話をおもしろく綴ってまいります。 上の写真は『考える人/ロダン』でありますが、やはりどうしても、トイレの最中 … "先賢とのおもしろ対話"の続きを読む [続きを読む]
  • エリートと大衆?
  • しばらくのあいだブログに新規投稿が出来ず、昨日夜のブログは13日ぶりとなってしまいました。二つほど沈潜して考えるテーマがあって、知の創造に対する恋愛モードに入っていました。そのうちの一つは、『永遠回帰』を含 … "エリートと大衆?"の続きを読む [続きを読む]