Danza Espanola さん プロフィール

  •  
Danza Espanolaさん: 永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ハンドル名Danza Espanola さん
ブログタイトル永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ブログURLhttp://danza-espanola.net
サイト紹介文5000年後に暮らす世界中の子どもたちの笑顔のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 83日(平均5.7回/週) - 参加 2016/12/28 17:51

Danza Espanola さんのブログ記事

  • 森友問題と豊洲移転問題
  • 今日は時事問題をとりあげます。 森友問題と豊洲移転問題、いずれも建物ができてしまってから騒動になっています。森友では今までの過程が、豊洲では過程プラス現状での土壌汚染数値が問題になっています。 … "森友問題と豊洲移転問題"の続きを読む [続きを読む]
  • 社会からの多様性要請は疑問
  • 多様性(ダイバーシティ)に対応することがうるさく言われる時代になりました。 ダイバーシティはポリティカルコレクトネスを主張する運動によく表れています。 以下、Wikipedia から引用します。 ポリティカ … "社会からの多様性要請は疑問"の続きを読む [続きを読む]
  • 「天」の深み
  • 西郷隆盛は「敬天愛人」を座右の銘としました。 天を敬い人を愛するという、短く単純な教科書的意味でとらえて間違いはないのですが、天を敬うとはどういうことか、天とはなにか、人を愛するとは博愛主義なのかと、いかよ … "「天」の深み"の続きを読む [続きを読む]
  • 今夜はライトに
  • 2017年スタートとともに始めたこのブログですが、当初は、4年間アメーバブログで書いてきたような堅調なスタイルではなく、もっとライトで軽はずみな冗談をふんだんに書き散らかしていこうと思っていたのですよ。 と … "今夜はライトに"の続きを読む [続きを読む]
  • 今夜はライトに
  • 2017年スタートとともに始めたこのブログですが、当初は、4年間アメーバブログで書いてきたような堅調なスタイルではなく、もっとライトで軽はずみな冗談をふんだんに書き散らかしていこうと思っていたのですよ。 と … "今夜はライトに"の続きを読む [続きを読む]
  • 五感という分類常識を忘れてみる
  • 前の記事では、伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』第一章「空間」から、目の見えない人の空間感はハイレベルな三次元世界観だということが分かってきたことを書きました。 この本が注目されたのかされ … "五感という分類常識を忘れてみる"の続きを読む [続きを読む]
  • 五感という分類常識を忘れてみる
  • 前の記事では、伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』第一章「空間」から、目の見えない人の空間感はハイレベルな三次元世界観だということが分かってきたことを書きました。 この本が注目されたのかされ … "五感という分類常識を忘れてみる"の続きを読む [続きを読む]
  • 目の見えない人の空間感
  • 今日の記事は自分で言うのもなんですが、注目記事です。人によっては後頭部をハンマーで殴られたようなショックを受けるかもしれません。(中にはその本読んだよ〜という人もいらっしゃるでしょうけれども。) 2月6日に … "目の見えない人の空間感"の続きを読む [続きを読む]
  • 目の見えない人の空間感
  • 今日の記事は自分で言うのもなんですが、注目記事です。人によっては後頭部をハンマーで殴られたようなショックを受けるかもしれません。(中にはその本読んだよ〜という人もいらっしゃるでしょうけれども。) 2月6日に … "目の見えない人の空間感"の続きを読む [続きを読む]
  • 信頼を考える
  • 先週からコピーライティングの本を4冊ほど読み漁っています。プラス『仕掛学』の本も面白そうだったので読んでいる最中なのですが…。 広告業界のコピーライトの世界は思ったよりも奥が深くて、これは心理学の応用、しか … "信頼を考える"の続きを読む [続きを読む]
  • 信頼を考える
  • 先週からコピーライティングの本を4冊ほど読み漁っています。プラス『仕掛学』の本も面白そうだったので読んでいる最中なのですが…。 広告業界のコピーライトの世界は思ったよりも奥が深くて、これは心理学の応用、しか … "信頼を考える"の続きを読む [続きを読む]
  • 雑学せず。故に明らかなり。
  • あちこちに手を付けまくって、さらにそのほとんどについて深く掘り下げ手を加えなければならない、そうした課題が山積している、この宙ぶらりん状態が創造力を生み出す状態として相応しい。というのはひらめきを体験してい … "雑学せず。故に明らかなり。"の続きを読む [続きを読む]
  • 雑学せず。故に明らかなり。
  • あちこちに手を付けまくって、さらにそのほとんどについて深く掘り下げ手を加えなければならない、そうした課題が山積している、この宙ぶらりん状態が創造力を生み出す状態として相応しい。というのはひらめきを体験してい … "雑学せず。故に明らかなり。"の続きを読む [続きを読む]
  • 夢を食べなければ私は死ぬ
  • 20代最後の頃、知人と酒を酌み交わしたときに彼はこう言いました。 「夢を見続けても現実的に食っていけるもんか!」 目の前の現実に対処して稼がないと食っていくことはできないと。綺麗ごとでは生きてはいけないと。 … "夢を食べなければ私は死ぬ"の続きを読む [続きを読む]
  • 法に知性と心が閉じ込められてはならない
  • 法律はなぜ必要だと思いますか。否、なぜ必要になったのだと思いますか、と聞いた方が良いかもしれません。 法の成り立ちは、共同体にとっての「悪」をその集団の構成員(もしくは長)が決める「掟/秩序」という側面(抑 … "法に知性と心が閉じ込められてはならない"の続きを読む [続きを読む]
  • 「いのち」の縁、同じ血を通ずる士
  • 29年前、最後の昭和である63年に出会い、細く長くですがずっと心で繋がれてきた(私にとってですが)という方がいらっしゃいまして、昨日はその方のオフィスにお邪魔し1時間半ほど話をしてまいりました。2月1日に設 … "「いのち」の縁、同じ血を通ずる士"の続きを読む [続きを読む]