すばる さん プロフィール

  •  
すばるさん: すばるのノート
ハンドル名すばる さん
ブログタイトルすばるのノート
ブログURLhttp://subaru-note.main.jp/
サイト紹介文創作詩をちょこちょこ綴ります(^^) 気が向いたときにノートを開いてみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 119日(平均6.7回/週) - 参加 2016/12/28 23:20

すばる さんのブログ記事

  • SUNSET
  • オレンジ色の家が続いていく さっきまでの景色がうそのように きれいに鮮やかに変わっている あともう少し こうしていたい 二人分の影をみつめながら それがゆっくりと重なっていくのを ... [続きを読む]
  • そこに生きていた彼は どうしてつぶされる 私の前に現れてしまった 悲しいサガ ボーダーは 自分がひいたらボーダー 私は何様 そして もうすでに 誰かにひかれているボーダー [続きを読む]
  • メトロノーム
  • 時はメトロノーム ゆらゆらと正確に刻む どうして どうして そんなに急がなくても いつも追いかけている君は メトロノームの音は聞こえているかい 微かに でも 道の真ん中で 確かに... [続きを読む]
  • 強風
  • 風の強い日 僕はあおられ 前へ前へ 風のはげしい日 僕はさらわれ どこへ向かう 風の強い日 僕は風に向かって 前へ前へ 風のはげしい日 僕は立ち止まらず 目的地へゆく [続きを読む]
  • あの子
  • あの子は待っている どうしていつも待っている 赤い小さな傘さして よごれたカバンをぶら下げて あの子は待っている どうして一人待っている 遠くを見据えたまなこして よごれたカバン... [続きを読む]
  • ツライときは
  • ツラくてツラくて 胸がしめつけられるような 涙があふれて 眼の色が真っ赤になってしまう そんな悲しい日は あとどれくらいあるのだろう それでも不思議 いっぱいごはん... [続きを読む]
  • 美しい別れ
  • 数少ない思い出は 美しい雨粒のよう そこにいる笑顔は 明日には居ない 気が付くのはいつだって 別れの時だ 美しい人は 明日引っ越します [続きを読む]
  • 春の山
  • 雪どけの山は なんとも汚れていて 生まれる前の 苦しみに似ている やがて つややかな緑が生まれるのを 知っているから わたしは そっと待っている [続きを読む]
  • 朝の声
  • 鳥がちゅんちゅんと騒がしい 洗濯機の回転も騒々しい ストーブのじりじり唸る電気音も なんだか忙しない 朝の声でふりかえると わたしの周りは いつも生活音であふれてい... [続きを読む]
  • おいしい
  • おいしいものは やさしくなるなあ そこにいる人の 声もあったまる 空気がふわりふわり 広がるよ おなかのすいた 迷いねこのように ふらりふらりと 寄りたくなる &n... [続きを読む]
  • 春の風
  • 冷たい春風に 乱れる髪はげしく いつも彼はまっすぐに ペダルをまわして過ぎてゆく 過去も現在も未来も 実のところ同じことなのに どうしてみんな 分けて考えてしまうのだろう &nb... [続きを読む]
  • 夢の道中
  • 夢を追いかける日々は ただ目の前のことに一生懸命 こんなに苦しくて こんなに楽しい 先なんか見えなくていい 見えていたら夢なんかじゃないから 夢をつくり出す日々は 目の前で起こる... [続きを読む]
  • 雨の日に…
  • どうして いつまでも忘れられない 去っていった君を どうして ときめくのだろう もう終わってしまったのに 雨粒の大きさに すこしたじろぎながら 大きな傘をさして 歩いていくしかな... [続きを読む]
  • ハイウェイ
  • まるでビー玉をころがしたみたいに 色とりどりの明りが 走るハイウェイ 夕暮れ時はよりいっそう つややかに光り出す 街明りがさびしいのは 周りが黒くなってゆくから それでも動いてい... [続きを読む]
  • 臆病の影
  • 何もない空に見守られて 黒い影を追いかけながら どこまでも歩く やわらかい湯気のような風が あなたを包んでいるらしい 臆病なのは 臆病で居たいだけ 道を曲がったら いつの間にか黒... [続きを読む]
  • 出会いと別れ
  • 出会いと別れはつづく 大きな大きな世界の中で 時がたてば みんな美しいシーン 思い出の中によみがえります 出会いと別れはつづく 小さな小さな世界の中で ある時ふっと 大切なことに... [続きを読む]
  • マネー
  • マネーは生活 誰かが言った言葉に 刃向かうこともできず 夢無言語 子どもながらに感じた 現実の記憶 マネーは生活 どうしてこんなに生々しい  ... [続きを読む]
  • くもりの日
  • 水たまりに 透きとおった雲雲 まるで鏡の前に映る君を 斜め後ろから見てしまった そんな感覚がはずかしい くもりって雲がいっぱい広がるから グレーの中にクリーム色を発見したときの うれしさといっ... [続きを読む]
  • 気持ち
  • 気持ちは わからないけれど 気持ちを 察することはできるよ だから 勝手なこと言わないで 知らないって 言うより 知りたいって 言ってみて すこし 笑うことができたかな [続きを読む]
  • 笑い
  • あの人が悲しむからって 言い訳して 自分の悲しみに蓋をして 作り笑いだけは 上手になっていく 臆病者は 自分への愛があふれているから やめられない どうせなら もっ... [続きを読む]
  • 休憩中
  • ほっと一息ついたら 周りの笑みが聞こえてきたよ 目を閉じて わたしのステレオを全開にして もっともっと聞いてみよう 追われていたことなんか どうでもよくなって この... [続きを読む]