sonicblue555 さん プロフィール

  •  
sonicblue555さん: Shot Bar OLD OWL
ハンドル名sonicblue555 さん
ブログタイトルShot Bar OLD OWL
ブログURLhttp://shotbaroldowl.blog.fc2.com/
サイト紹介文島根県松江市にある小さなバーのブログです。
自由文2016年11月1日に伊勢宮町新天地ちょうちん横丁にてバーをオープンしました。
店名はOLD OWL(オールドオウル)といいます。
英語の発音的にはアウルが正しいそうですが・・・

よろしくお願い致します。
皆さんのお越しをお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 143日(平均2.0回/週) - 参加 2016/12/29 10:43

sonicblue555 さんのブログ記事

  • 手作りの緑茶
  • 手摘みのお茶の葉(生葉)が少しばかりですが手に入ったのでさて、どうするか・・・と考えた末、某料理レシピ掲載サイトに紹介されていた『電子レンジでお茶作り』という方法を試してみることに。(とは言え、いつものパターンで指図は私、実行者は妻)(と言いつつ、嫁に丸投げの方が正しい ⇒ 「嫁さん、ゴメンね。」)完成早々早速いただくことに。色はちょっと薄いもののそのお味は美味香りも良くそこら辺の市販のお茶なんか [続きを読む]
  • クラガンモア CRAGGANMORE
  • 分類はスペイサイドになります。かのブレンデッド・ウイスキーの銘品オールド・パーの原酒とあらば美味しくない訳が無い!私も個人的に大好きなウイスキーです。(オールド・パーが好きというのもありますけど)香りも豊かでいつ飲んでもリラックスした気分になります。私の心の師匠である土屋守氏も著書『モルトウィスキー大全』に華やかでいくらでも飲める、スペイサイドの代表銘柄と紹介し、更にはその華やかさとバランスのよさ [続きを読む]
  • クライヌリッシュ CLYNELISH
  • ハイランドのウイスキーです。土屋守氏の著書『モルトウィスキー大全』にはなめらかでフルボディ。通好みの一本はすぐれたオールラウンダーとして紹介されています。さらにシルクのようになめらかでコクがあり、深く豊かな余韻が味わえる。食前、食後を問わないすぐれたオールラウンダーで、知る人ぞ知る通好みの一本である。クライヌリッシュは昔から銘酒の誉れが高く、スペイサイドのグレンリベットと比肩しうるといわれてきた。 [続きを読む]
  • カリラ CAOL ILA
  • グラスに注いだその色は他のアイラ・モルトよりも淡く、弱弱しい見た目ではありますが・・・一たび口に含むとこのウイスキーの個性にビックリ!ヨード香が強く(個人的にはラガヴーリンよりも強いと思います。)最初のインパクトは「うっ、辛い」(うげっ、不味い)という感じなのですが、しばらくするとそのピリッとした辛さが逆に心地よくピート香の余韻が長く続くマニアックなウイスキーに仕上がっています。タイプ的にはタリス [続きを読む]
  • ブッシュミルズ BUSHMILLS
  • ブッシュミルズ語感が良いと思ってます(密かに)。土屋守氏の著書『モルトウィスキー大全』には「香りは濃厚で複雑だが、味のバランスはいまひとつか。」と書かれておりますが、普通に飲むには(って普通じゃない飲み方は何だ?という突っ込みは無しでお願いします。)癖も少なく美味しいお酒だと思います。どちらかと言えば、口当たりが良い分、飲み過ぎに注意!的なウイスキーだと・・・ただし、このブッシュミルズはスコッチウ [続きを読む]
  • 松江シティFCの応援に行って来ました
  • 本日人生初となるサッカーの生観戦に行って来ました。松江シティFCのホーム開幕戦・・・天候にも恵まれ絶好の観戦日和(選手の皆さんには少し暑かったかも・・・?)。対戦相手はYonago Genki SCプロ野球が好きなので球場へは足を運ぶのですが、スタジアムでのサッカー観戦は初めての経験。サッカーは生で観るとこんな感じなのね・・・思っていたよりもピッチ全体が見渡せて個々の選手の動きも良く分かる。へぇと感心しきり。ヘデ [続きを読む]
  • ボウモア12年 BOWMORE
  • 私の好きなウイスキー達の中の一つです。夜遅くにゆっくりと味わうとその甘い香りに癒され、また長く続くスモーキーフレーバーの余韻が何とも言えない気分にさせてくれます。お客様の指名率も高いとこから皆さんも美味しいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。ボウモアとはゲール語で「大きな岩礁」とのこと。土屋守氏の著書『モルトウィスキー大全』にはこれ一本でアイラ・モルトの特色がわかる出色の食後酒と書かれていま [続きを読む]
  • 花粉症になった・・・かも?
  • 今朝、起きてみるとうぉぉ、目が痒い!何だ、この目の不快感は・・・と、間髪を入れず大きなクシャミが三連発。んん、ん、ん・・・これって、もしかして花粉症?人間として経年劣化が進み、膝が痛かったり、腰が痛かったり、頭髪が( ← これが一番劣化してる)薄くなったりしてはおりますが、何の根拠も無く、「俺は花粉症にはならない」なんて妙な自信を持っておりました。(どんな自信?)しかし、ここに来て許容量を突破した [続きを読む]
  • まだまだ寒いですね
  • せっかく春めいた日が続いていたのにまた冬へ後戻りのような天候です。三寒四温・・・昔の人は良く言ったものです。昨晩、私の店に来て下さったお客様の開口一番は、さっむっ〜でした。今朝、布団から抜け出してふと外を見るとげっ!雪が積もってる。どおりで寒い訳です。ちょっと前に暖かな日があったことから、灯油を使用する暖房器具を片付けてしまったオジサンはちょっと早過ぎた行動を少し後悔しています。(だいたい私の行動 [続きを読む]
  • バルヴェニー ダブルウッド12年 BALVENIE
  • 本日は暖かい日差しで春らしい陽気です。やっぱりポカポカしていると気持ちが良いですね。今回の紹介は、バルヴェニー ダブルウッド12年です。スペイサイドのモルトとなります。土屋守氏の著書『モルトウィスキー大全』には(本著ではバルヴィニーと書かれておりますので原文のまま引用いたします。)スペイサイドのみならず、全モルトを代表する酒のひとつである。グレンフィディックとは兄弟蒸留所だが、フィディックが並酒とす [続きを読む]
  • 19日の日曜日は営業します
  • 3月19日の日曜日は通常どおり営業いたします。皆さんのお越しをお待ちしております。土・日・月の三連休となった場合には、日曜日を営業し、月曜日をお休みとさせていただきます。なので、次回のお休みは20日の月曜日(春分の日)となります。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 車のタイヤ交換をしました
  • 暖かな春の陽気に促されるようにして本日の午後スタッドレスタイヤを夏用タイヤへ交換しました。また急に冬型の気圧配置になって雪が積もるような事があったら・・・・とも考えましたが、その時には車の利用を諦めて徒歩か公共交通機関で対応すればいいか、と思ったりして。これから寒くなる冬に向かってのタイヤ交換は気持ちもちょっとどんよりだけど、ポカポカと気持ちの良い日差しの中で春に向かってのタイヤ交換は心も軽く少し [続きを読む]
  • オスロスク10年 AUCHROISK
  • 冬に逆戻りといった感じの今日この頃ですが、わたくし的にはもう寒いのはこりごり・・・・今回の紹介は、オスロスク10年です。スペイサイドのモルトとなります。非常に香りが豊かでその甘い匂いだけで気分が和らぐようです。飲んでも美味しく、オジサンお気に入りの一本です。しかし、当店では少し高めのお値段なので(1shot ¥1,200)あまり積極的にお客様にお勧めしておりません。ラベルにはこのようにツバメの絵が描いてあった [続きを読む]
  • オーヘントッシャン12年 AUCHENTOSHAN
  • 今回の紹介は、オーヘントッシャン12年です。分類はローランドモルトになります。ローランドの伝統である3回蒸留を今でも守り続けているある意味ストロングスタイルの蒸留所です。初留釜↓後留釜↓再留釜と蒸留して作ります。出来たもろみを蒸留すればするほど純度の高いアルコールができますので、出来上がったウイスキーは他の地域のものよりもマイルドで個性に乏しいという結果になるようです。それでも伝統の3回蒸留を行うこ [続きを読む]
  • アードベッグ10年 ARDBEG
  • 今回の紹介は、アードベッグ10年です。分類はアイラ島モルトになります。アイラ島モルトの特徴はピーティーでスモーキー・・・中でもアードベッグはピート香やスモーキーフレーバーが強いと言われています。確かに正露丸のような匂い(臭い・・・どっちだ?)といい消毒液のようなorヨードチンキのような香りといいかなり個性的なウイスキーではあります。しかし、シングルモルトを飲みなれた人がこのスモーキーかつ独特な風味には [続きを読む]
  • アベラワー10年 ABERLOUR
  • 以前の記事にも書きましたが、約21年前のある日今井書店でふと目に留まった土屋 守 著小学館 出版『モルトウィスキー大全』という書籍を手に取り、そのままの流れで購入したことが現在の私に繋がっていると思っています。この本に出会っていなければOLD OWLを始めていなかったかも知れません。これから暫く当店に置いてあるウイスキーを紹介していくつもりです。最初はシングルモルトから・・・そもそもシングルモルトって何な [続きを読む]
  • 人生初のカエルを食す
  • 昨日の夕方、お客様の紹介でしまね信用金庫本店の隣にある『楽楽』さんという居酒屋へお邪魔させて頂きました。地名で言うと御手船場町になります。出される料理はすべて美味しく、お刺身も新鮮でお箸も進むし、お酒も進む・・・明るく清潔感溢れ、アットホームな雰囲気の中、あっという間に生ビール1杯とハイボール2杯を飲み干してしまいました。最後の締めに!とお薦めされた一品が・・・なんとカエルの唐揚げ。人生50年以上生 [続きを読む]
  • 満開のチューリップ
  • お店に生けていたチューリップが満開になりました。硬い蕾の状態で購入したのですが、元気に綺麗なお花を咲かせてくれました。買った時には「このチューリップ、ちゃんと咲いてくれるのかなぁ」なんて少し不安な気持ちを抱いていたのですが・・・開店時間にお店に入り、照明のスイッチをオン明かりに浮かび上がるチューリップは花を閉じていますが、光をその体に感じるのでしょうか。時間とともにその花びらを大きく開いて僕を出迎 [続きを読む]
  • ロシアより愛をこめて
  • 最近観直す機会のあったお気に入りの映画の一つ『ロシアより愛をこめて』何度観ても面白い。まず、曲がよろしい。主題歌を聞くとワクワクしてしまう。そして、脇を固めるロバート・ショウが良い感じ。『シェーン』に出てくるジャック・パランスに匹敵するくらい良い味出してるわ。ロバート・ショウはオジサンの中ではアーネスト・ボーグナインと並んでお気に入りの俳優さん。『バルジ大作戦』のロバート・ショウも素敵だし、『空軍 [続きを読む]
  • オーヘントッシャン12年、入荷しました。
  • ローランドモルトを代表するお酒としてグレンキンチー12年を置いております。(このグレンキンチー・・・なんか言いにくいですよね。オジサンなどは頭で分かっていても『グレンチンキー』なんて口走っちゃうからなぁ)ここの蒸留所は初留、再留と一般の蒸留所と同じ2回蒸留を行っております。癖が少なく「シングルモルトの初心者向け」とか「女性でも楽しめる」などと評価も高く、クラシック・モルト・シリーズにもラインナップさ [続きを読む]
  • 一番最初に空いたボトルは・・・
  • オープンして3か月が経過したところです。当店ではお客様のご指定が無い場合ウイスキーの水割り、ハイボールはサントリーのオールドを使用しております。なので、消費量の多いオールド(通称ダルマ)はクルクルと回転しておりますが、その他のウイスキーでどの銘柄が一番最初に空くのかなぁ、などと思っておりました。先日記事にもしましたラフロイグを指定して飲まれるお客様が多いことからわたくしはてっきりラフロイグが一番最 [続きを読む]
  • ハイランドパーク12年、入荷しました。
  • うちのお店にはクラシック・モルト・シリーズの・ダルウィーニー・オーバン・クラガンモア・グレンキンチー・タリスカー・ラガヴーリンの6本はあるのに世界最北端のウイスキー蒸留所として名高いハイランドパーク蒸留所のシングルモルトがない・・・自分の中でスッキリしないところがあったので入荷いたしました。カテゴリー的にはアイランズ(オークニー諸島)。フロアモルティングの一部を蒸留所で行い、ヘザーの根が混じった若 [続きを読む]
  • ドライブレコーダーを取り付けることにしました
  • 新年早々、車がらみのトラブルに巻き込まれてしまいその始末に追われておりました。警察とのやり取りなどバタバタすることが多く、結構くたびれてしまいました・・・トラブル自体は何とか収束し、ホッと一安心といったところです。今回の件で痛感したのは、動かぬ証拠をキッチリ押さえておく!ということ。前々から「こんなご時世だからドライブレコーダーは必要だろうなぁ」なんて思っていたので遅きに失した感は満載ですが、これ [続きを読む]
  • 体重がヤバいことになってきたぞ
  • バーを開店して2か月半が経過しました。その間、私の体重はドンドン増加中。原因は・・・ 一日4食というその乱れた食生活。① 朝8時頃に起床して朝食をしっかり頂く。② お昼もしっかり頂く。③ 夕方6時頃、仕事に行く前にしっかり頂く。④ 帰宅して午前2時頃にガッツリ頂く。そして、寝る。という生活を続けていたらひどいことになってきました。う〜ん、なんとかせねば。とにかく4食から3食へ減食しよう。でも、お腹 [続きを読む]