ブログ・ヤコブの梯子 さん プロフィール

  •  
ブログ・ヤコブの梯子さん: ブログ・ヤコブの梯子
ハンドル名ブログ・ヤコブの梯子 さん
ブログタイトルブログ・ヤコブの梯子
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tonnmatenngu6
サイト紹介文天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。 相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 153日(平均6.9回/週) - 参加 2016/12/29 11:46

ブログ・ヤコブの梯子 さんのブログ記事

  • 弥勒の栄光
  • 時々過去の論考を読み返していますが、その度にやれやれとため息です。一度に多くを入れようとするためか、回りくどい文章でうんざり。自分で読んでこんなことですから、他人が読めばなおさらでしょう。書いている本人は何の能力も、まして賢哲聖人とかの資質や能力など何一つもない凡人以下と思っていただいて正解で、いわゆる「落ちぶれ者」の魂が書いていることです。そんなことで、なるたけその時々の課題だけに絞り、できるだ [続きを読む]
  • 波動とは何か
  • よく波動が合うとか合わないとか言います。それでは波動とは何か。解っているようで、解っていない。少し言葉を纏めておきましょう。私たち<人間の立場>では、すべてを<意識に置き換えて>解釈、把握できます。波動は想念です。想念の濃度が増してきたものを感情と言います。それ以上に凝固したものを、認識と言います。思考、意識、想念、感情、認識、すべては波動で、波動は昔<水>と表現されていました。最も結晶化した水が [続きを読む]
  • つぶやき
  • 写真は散歩中のサクランボとグイミです。いつの間にか色づいて黒くなったサクランボも、朱く熟したグイミも食べごろ。「こんなに清しくおいしい実、鳥ばかりに食べさせてなるのもか」^^〔つぶやき〕まだ少し早いと思いますので、弥勒世、新時代の地球文明構築については控えていますが、このブログを真摯にお読みいただいている方々には書けるところは早めに書いてゆこうと思います。この道には、外からの内実指導者は必要ありま [続きを読む]
  • 弥勒の世、新時代の地球
  • 〔弥勒の世、新時代の地球〕これからの地球の方向について、2017年現在での予想をしてみました。弥勒の世はどの次元で創造されるか、また各魂体種はどのように分枝するか。多種霊魂の集合の場である地球が、今後どのような方向に分かれるか、または個人の意識がどのマトリクスバージョン<次元>に融合してゆくかの予想です。その次元方向を、概ね四つに分けてみました。※順番は逆に低次元から(4)〜(1)、番号は次元とは [続きを読む]
  • 感情波動
  • 人間は意識、感情、身体触覚と、それぞれ<波動>があり、またそれぞれに<波動高低>があります。その中で、直接次元世界と共鳴するのが、感情波動のようです。自分の存在している次元、現在の三次元では、それに適応した感情波動を自分が出していることです。反対に次元世界から移行しようとすれば、次の次元波動に感情を合わせて行くことになります。なにがしかのビジョン、マトリクスバージョンの範囲、<次元>世界は、それに [続きを読む]
  • 共謀罪反対派は、闇の手先
  • 〔共謀罪反対派は、闇の手先〕また下らない世相つぶやきですが、共謀罪に関していろいろ検索していますと、反対する人たちはなんとどれもこれも闇の手先集団ばかり。この現状も、これから闇と光の分離が現実的に、明確に見えてくる予兆です。表面にまったく単純真抜け人間、その内側に怨念に操られた虚飾人間、それを統括しているのが、大陸から押し寄せた狡猾残酷DNA人間だということです。これも性質から見分けて観察している [続きを読む]
  • 上昇の芯となる理
  • 今日の、ふと思ったこと。闇は、人間に生き残りの恐怖を植え付け、精神に我欲虚飾の競争心を植え付け、そしてあらゆる力を教え込みました。心理的には集団陰口<魔女狩り>、あらゆる分野の科学力、経済支配権力。闇の、人間の<知、心、体>の弱点を知り尽くした知恵です。※現在国際的にも一般社会等あらゆる分野で、この表面化の時になっていることを頭に置いて観察してください。そして人間社会のいがみ合い復讐劇を、楽しんで [続きを読む]
  • 救世主探し、いつまで続く真抜け道
  • 救世主探し、いつまで続くマヌケ道。「救世主が現れる日は」「救世主はどこにいるのか」未だにこういう見出しが賑わしていますが、もういい加減「救世主は、貴方の中にしかにしかいません」に変えてもいいのでは。なるほどアドバイスしてくれる神や賢哲、時には時代を動かす人も現れますが、それは自分を救うことができる救世主ではありません。よく考えて観察すれば、そのアドバイスは、もうすでに十分されています。にもかかわら [続きを読む]
  • つぶやき
  • いよいよ、佳境に入ってきた感じがします。それでちょくちょく振り返り、挟んでおきます。私たちの本質、魂は天使ですが、天使のままでは、地の現実、リアルビジョンを美しくすることはできません。天使は、身代えて、逆さまになることで、天の美である愛と知恵、<光>を、地に照らすことができます。その理自体が、自分です。このブログでは、これから次のような言及もしてゆきます。神にももの申す、自主自立。まずは、霊的利己 [続きを読む]
  • 性質から、社会を読み解く。
  • 〔性質、波動から、社会を読み解く〕いま賑わしているニュース、公金横領の小〇容疑者のTVインタビューを見ていて、この人ホ〇エモンに似ているな〜と思った。「シメシメ感?」どこか思考回路が同じで、「俺はそんなところで、そんなヘマはやらない」だけが違うところでしょうか。少し深入りして、このタイプがAI社会の担い手……?おそらく誰もそうした感じはするでしょうが、普通そういう疑心暗鬼を広める感覚を控えて育てな [続きを読む]
  • ぼやき日記
  • 写真は、〔白つゆ草〕川沼の木陰で、群生する姿が癒してくれます。一見侘しそうですが、話し声が聞こえてきそうな。なんでしょうか、言葉とは違う、小鳥のさえずりに似た心地よいリズム。〔ぼやき日記〕2016年までのメッセージは、実際ほんとに安易な方便メッセージが多かったです。もちろん私もそれならばその方が言い訳ですので、今年こそは自分の長たらしい予想が外れるように期待していましたが…見ての通りです。個人的に [続きを読む]
  • 尊と神の理念を、正確に知る時
  • 写真は、静かな沼の周辺。〔尊と神の理念を、正確に知る時〕チャネリング・メッセージで言われるところの神を、尊に置き換えて解釈してみてください。神は、精霊を意味します。尊は、自らのヒト、人、霊止を意味します。最近のメッセージでも、ここは神のこと、ここは尊のことを言っていると理解して、読み分けることが先々の叡智獲得において、有益と思われるところがあります。神界の理がまったく分からなかった無知な過程では、 [続きを読む]
  • 人間に罪無し(Ⅲ)
  • 〔人間に罪無しⅢ〕〔まえがき〕チャネリング・メッセージで、ワクワクすることをしなさい、ワクワクする方向に進みなさいと言います。ワクワクする方へとは言いますが、考えて正しい方へとは言わないところに、秘儀があります。考える要素の大半が、現実ビジョンから受ける損得危機感の陰性だからです。人間に罪無しの論考も一応しまいまで書くことができましたが、今後もまた付け足して書くことがあると思います。一応の区切りと [続きを読む]
  • 人間に罪無し(Ⅱ)
  • 〔人間に罪無しⅡ〕〔罪の構造と定義〕大いなるマイナスに置かれて来た魂は、大いなるプラス、許しと慈愛を持つようになるでしょう。生温き道を歩いてきた者は、<金>になることはありません。金の自律を、知らないからです。なぜ人間として生まれて来たか、地上の人間としての運命を一巡り体験することです。人間としての運命とは、無知と罪と罰の一巡り。現代的に言えば、地球のマトリクスバージョン、ゲームルール、極端に制限 [続きを読む]
  • 人間に罪無し(Ⅰ)
  • 〔人間に罪無しⅠ〕〔現世の罪を、回避することは不可能〕まえがき。この分野は、性の問題と同じようにタブーでありながら、人間の運命の根底になる重要なところです。やはり一通りでは説明不足と感情的に過剰になったりと、うまく書けないと思いますのでそこを考慮してお読みください。数年前からちょくちょく挟んできたことですが、現世人間の罪の不可避性をまた纏めておきます。そう思いながらなかなか纏まらない、どうも何かが [続きを読む]
  • 羞恥心
  • 〔世相〕籠池ご夫婦と、トランプ大統領ご夫婦と、なぜかしら似ているような気がする。いまの過激イスラムや中朝鮮の発言と煽動は、実際あまりな低次元いちゃもん付け。闇隷属低俗社会維持の煽動も、もう後がないような感じがします。でもまだしばらく時間がかかりますので、上昇志向の人は、世界情勢だけではなく身近な事件事故などからも似た性質波動を感じたら、黙って離れ客観視だけで感情介入しないことが賢明です。低次元の愚 [続きを読む]
  • 百年目
  • 写真はエナガ、2月の中頃。何とも可愛い、案外と近くに寄ってくれます。でもじっとしていず、素早い動きなんですね〜。雛が巣立ちするころ、雛の並んだ姿「エナガ団子」が見れるそうな。見たい撮りたい、望みかなえてくれそうな神様仏さま拝みたおしております。〔百年目〕「何々が起こった、ちょうど百年目」とか、言うことをよく聞きます。そういえばこれから2040年くらいまで、雛型時代に起こったいろんな出来事の百年目の [続きを読む]
  • 鬼族のルーツと武士道精神
  • 〔鬼族のルーツと武士道精神〕大陸から帰化した鬼民族のルーツのついでに、その魂体種が日本でどのように展開したかを憶測してみたいと思います。結論的に、鬼族の精神性がもっともよく表現されて来たのが、正しい文武両道の武士道精神だと考えています。超古代からの叡智を魂のデーターとして持っている民族が、大陸から追われて日本、根の国に隠遁した民族と言えます。その文明は最終地日本で滅ぼされ、痕跡までも消し去られよう [続きを読む]
  • 世界樹
  • 〔中国三星堆遺跡〕〔世界樹〕<解説本の抜粋>に、個人的解釈を差し挟んでいます。〔中国の神話に、東の扶桑・フソウ、西の若木・ジャクボク、中央の建木・ケンボクと、三本の世界樹が存在する。東の扶桑に十個の太陽がいて、一日々代わる代わる昇り、一日が始まる。神世のある時代、一度に十個の太陽が昇るようになりました。地上では、順序によって太陽が昇らなければならないのですが、霊界のように一度にすべての太陽が昇ると [続きを読む]
  • 鬼のルーツ
  • 〔鬼のルーツ〕〔中国三星堆遺跡〕現代の歴史では、3000年以前までは、高度文明は無かったとされていますが、それは隠蔽されて来ただけだったのでしょう。3千年前から<定規とコンパス、世界樹>の哲理があったことは、それ以前から高度文明があったのではと考えざるを得ません。ムー、アトランティスが沈んだ後も、その文明は地上のどこかに分散して国家を築いてきたようです。しかし西洋文明が発達するにつれて、科学文明が [続きを読む]
  • つぶやき
  • 写真は、お池のなかは亀と白鷺。鶴でないですが、とにかくめでたい。水星の逆行4月10日〜5月4日まで。特に注意して自己観察していなかったのですが、何かと俗なアクション映画ばかり見ていました。だいぶん次元のテンションが下がっています^^そんな事件事故は、相変わらず続いているようです。新時代への目鼻がつくのは2020年以降、それまで退屈なので下らない事を書いています。ここにきて中朝の仲に亀裂が生じだした [続きを読む]
  • 魂の勇者
  • 〔魂の勇者〕現世の勇者は、気力知力を持った、戦う英雄です。霊的な、魂の勇者は、最低の人間に宿って生まれてくるものです。戦う勇者は、銀でしょうか。逃げてばかりの人間は、鉛でしょうか。銀が、金にはなりません。鉛が、金に生まれ代わります。金は、キリストの魂。金は、表裏を見て、和を得ます。何がそうさせるのでしょうか。銀は、どこかに<エゴ>自己陶酔が残っているから。 [続きを読む]
  • 新時代の予想
  • この予想もまだ十数年先のことで、今はとんでもない妄想になりますが、次の次元世界でもただ従順なタイプばかりの世界ではないでしょう。だいたい高次元のメッセージに従順な、スピリチャル系タイプの人たちですが、このタイプが最も多いとは思います。平穏な都市生活も当然あるでしょうが、カスタネダの呪術世界のように個性豊かなシャーマンの世界も当然存在すると思いますし、いたずらをする精霊のいる森や沼もあることでしょう [続きを読む]
  • シンクロしている意識と次元
  • 前稿〔一つの次元段階域にも、七つの次元層がある〕三次元世界の中にも、七段階の次元層があるに関しての理論ですが、もう少し多角的に理論化してみました。二極脳で霊の説明と解釈になりますので、曖昧模糊な言語表現になっていますが、感性で読んでください。〔参考図版〕この参考図版で横線が現実世界のビジョン、何らかの働きになります。縦段階が、いわゆる次元層になり、現在意識からすれば潜在意識にもなります。この図で説 [続きを読む]
  • 世相つぶやき
  • 霊性無視の稚拙な混乱のシンクロ現象は、社会のあらゆる層に共鳴していることですが、やっと暴力社会にも去年くらいから見えてきたわけです。この社会が最も底辺で、ここがその時代の有様の根底とも言えるのです。ですからこの社会の衰退が、全体社会の進歩状態と関係があるのです。まずこの社会から沈んでゆくことで、暴力脅迫の手段は無くなります。それからだんだん精神暴力も効力を失います。精神暴力集団も、告げ口民事介入の [続きを読む]