ヤシマ さん プロフィール

  •  
ヤシマさん: 私の備忘録(読書・映画・TV)
ハンドル名ヤシマ さん
ブログタイトル私の備忘録(読書・映画・TV)
ブログURLhttps://ameblo.jp/yashima1505/
サイト紹介文読書、映画、TV番組等、毎日接する情報の入れ物として作っています。
自由文継続的にやっているのは新聞小説のあらすじ、映画の感想などです(基本ネタバレ)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 266日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/29 16:47

ヤシマ さんのブログ記事

  • ”アンダー・ザ・スキン 種の捕食”
  • デブヤマさんのレビュー読んでついフラフラと視聴。そういえば、同じスカヨハの作品でも、コレの公開された2014年は「ルーシー」の方が注目されてて、こっちは限定上映だったんだろう。 監督  ジョナサン・グレイザー音楽  ミカ・レビ キャストスカーレット・ヨハンソンポール・ブラニガン あらすじ地球人の皮膚(Skin)を身にまとって人間を捕食するエイリアンの女。車に乗って男に声をかけ、家の中の異空間に誘い込んで捕食す [続きを読む]
  • プロメテウス(再レビュー)  2012年
  • 前回のレビューでは細かい部分までの認識がなかったが、今回「エイリアン:コヴェナント」公開にあたって「プロメテウス」のおさらいが必要だという事で再レビュー。「コヴェナント」はまだ観てません・・・・・ 監督  リドリー・スコット脚本  デイモン・リンデロフ出演エリザベス・ショウ      ノオミ・ラパス メレディス・ヴィッカーズ   シャーリーズ・セロンキャプテン・ジャネク     イドリス・エルバデヴィッ [続きを読む]
  • ダンケルク   2017年
  • 監督・脚本・製作  クリストファー・ノーラン音楽 ハンス・ジマー キャストトミー           フィン・ホワイトヘッドピーター        トム・グリン=カーニーコリンズ    ジャック・ロウデンアレックス    ハリー・スタイルズギブソン    アナイリン・バーナードウィナント陸軍大佐 ジェームズ・ダーシージョージ    バリー・コーガンボルト [続きを読む]
  • 新聞小説 「国宝」 (9)  吉田 修一
  • 新聞小説 「国宝」(9)  7/26(201)〜8/19(225)作:吉田 修一  画:束 芋              (1 )(2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) 第九章  伽羅枕(きゃらまくら) 1〜25麻雀仲間だった荒風。膝を痛めて引退するためにマンションの引き払い。それを手伝う喜久雄。荒風とは、東京に出て来てからの仲であり、喜久雄の方から声をかけた。一心に稽古に励み、兄弟子たちを追い越して関脇まで [続きを読む]
  • 新聞小説 「国宝」 (8)  吉田 修一
  • 新聞小説 「国宝」  (8)   6/30(176)〜7/25(200)作:吉田 修一   画:束 芋              (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) 第八章  風狂無頼  1〜25姉川鶴若を主役とした「信州川中島合戦」の終幕を袖で観ている喜久雄。喜久雄も出演しているが、鶴若は小野川万菊と人気を二分する女形であり、勉強する事ばかり。鶴若の弟子に呼ばれて楽屋に出向く喜久雄。今夜梅木社長 [続きを読む]
  • エクス・マキナ 2016年
  • 公開時はかなり上映館が限定されていたので見逃した。waldeinsamkeit さんのBlogで知って、ネタバレサイトとYouTbeの英語版を観て何とか把握。 監督・脚本  アレックス・ガーランド キャストエヴァ(AVA)      アリシア・ヴィキャンデルケイレブ・スミス    ドーナル・グリーソンネイサン・ベイトマン  オスカー・アイザックキョウコ        ソノヤ・ミズノ 予告編 あらすじIT企業「ブルーブック」に勤め [続きを読む]
  • 新聞小説 「国宝」 (7) 吉田 修一
  • 新聞小説 「国宝」(7) 吉田 修一 6/4(151)〜6/29(175)作:吉田 修一  画:束 芋              (1) (2) (3) (4) (5) (6) 第七章  出世魚 1〜25とあるマンションの二階。マージャン卓を囲む四人。喜久雄に、新劇上りの映画女優、赤城洋子、大関昇進を逃した荒風関と、ツキまくっている徳次。三年前「曾根崎心中」のお初役で評判になった喜久雄。その後、俊介の出奔の後も庇っ [続きを読む]
  • 鈴木先生 TVドラマ  2011年 その2
  • 第7回「届かない心の叫び!僕が犯した指導ミス」丸山康子( 滝澤史)鈴木が新任時代に亡くなった女子先週は山際先輩が、怒りの原因は川辺の初めての相手である岬 勇気への嫉妬だとカミングアウト、それを受けて鈴木がまとめに入ろうとした所に足子が乱入!までの話。足子は、山際が苦しんでいるのは「処女性」に拘るという自分本位な「エゴ」のせいであり、それが河辺を傷つけ苦しめているのだと山際を断罪。「足子先生、それは違 [続きを読む]
  • 鈴木先生 TVドラマ  2011年   その1
  • 2011年4月25日〜6月27日 テレビ東京系で放送 原作 武富健治 漫画アクションに掲載(2005〜2011年)脚本 古沢良太   キャスト教師鈴木(長谷川博己)国語校長(斉木しげる)川野(でんでん)江本(赤堀雅秋)山崎(山口智充)桃井(田畑智子)岡田(山中聡)足子(たるこ)(富田靖子)家庭科 生徒他小川蘇美(土屋太鳳) キーとなる女生徒(鈴木の妄想相手)藤山高志(桑代貴明) ナイフの少年岬勇気 (西井幸人) 不 [続きを読む]
  • ライフ   2017年
  • 例によってネタバレですが、そろそろ関係者の記事アップも一巡した頃ですので、ご容赦下さい。 監督  ダニエル・エスピノーサ脚本  レット・リース キャストデビッド    - ジェイク・ギレンホール: 医師ミランダ   - レベッカ・ファーガソン: 検疫官ローリー     - ライアン・レイノルズ: 航空エンジニアショウ      - 真田広之: システム・エンジニアヒュー      - アリヨン・バカレ: 宇宙生物 [続きを読む]
  • Muse細胞による腎臓修復のニュース
  • 6/12に、報道ステーションを見ていたら、ミューズ(Muse)細胞を静脈から点滴で入れる事により、慢性腎不全のマウスの腎臓組織が修復されたという→ココ慢性腎臓病患者にとってはとてつもない大ニュース。 そんなわけで「ミューズ細胞 腎臓」でネット検索→ココ東北大による研究とのこと。手術なんかではなく、手軽な点滴でやれるというのが魅力。まずは心筋梗塞患者への治験が始まるとの事で、腎臓の方に手が回るのはまだまだ先 [続きを読む]
  • マイケル・ジャクソン THIS IS IT 2009年
  • 監督 ケニー・オルテガ 2009年6月25日に急死したマイケル・ジャクソン。本当ならその翌月からロンドンで50公演に亘るコンサート「This Is It」を開始する筈だった。この映画はその公演に関連するドキュメンタリーであり、マイケルが死ぬ前日までのリハーサル風景を主体に構成されている。 2年ほど前に録画して、ずっと気になっていたが観ずじまいで今まで来てしまった。良く立ち寄るサイトで、マイケルの命日の事が記事になって [続きを読む]
  • 新聞小説 「国宝」 (6) 吉田 修一
  • 新聞小説 「国宝」 (6) 吉田 修一 5/10(126)〜6/3(150) 作:吉田 修一  画:束 芋              (1) (2) (3) (4) (5) 第六章  曽根崎の森の道行大見得を切って弁天と共に北海道の旅立った徳次。実は出発からわずかひと月で大阪に舞い戻っていた。徳次らが頼ったのは釜ヶ崎の手配師。北海道に楽な仕事がある、と騙されて未開地の道路掘削の現場に放り込まれた。いくら抗議しても通る [続きを読む]
  • ローガン   2017年
  • 監督    ジェームズ・マンゴールド脚本    マイケル・グリーン。 キャストローガン(ウルヴァリン)  ヒュー・ジャックマンチャールズ・エグゼビア    パトリック・スチュワートローラ(X-23)         ダフネ・キーンドナルド・ピアース       ボイド・ホルブルックキャリバン           スティーヴン・マーチャントガブリエラ・ロペス      エリザベス・ロドリゲスザンダー [続きを読む]
  • 新聞小説 「国宝」(5) 吉田 修一
  • 新聞小説 「国宝」(5) 吉田 修一 4/14(101)〜5/9(125)作:吉田 修一  画:束 芋              (1) (2) (3) (4) 第五章 スタア誕生 1〜25二人道成寺の舞台準備をする俊介と喜久雄。俊介は花井半弥、喜久雄は花井東一郎の芸名をもらっている。徳次が北海道に旅立ってから既に四年の歳月が経っており、喜久雄は結局半二郎の部屋子となっていた。 初舞台の記憶を鮮明に覚えている喜久雄 [続きを読む]