masa さん プロフィール

  •  
masaさん: 世界の謎発見
ハンドル名masa さん
ブログタイトル世界の謎発見
ブログURLhttp://discoveworld.com/
サイト紹介文世界の面白い情報を集めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 182日(平均7.2回/週) - 参加 2016/12/29 21:00

masa さんのブログ記事

  • イタリア北部の国民食ピアディーナとは?
  •  イタリアの国民食といえば、パスタやピザが思い浮かびますか?もちろん本場のピザ・パスタも美味しいのですが、日本ではあまり知られていないイタリアの国民食「ピアディーナ」というフラットブレッドを紹介したいと思います。 ピアディーナとは?  ピアディーナ(Piadina)とは、小麦粉、ラード、水、オリーブオイル、塩から作られるイタリア発祥のフラットブレットで、エミリアロマーニャ地方などのイタリア北部で食べられ [続きを読む]
  • スウェーデンではなぜ離婚や再婚が多いのか
  •  スウェーデンといえば「福祉国家」という言葉が一番最初に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。スウェーデンは日本と同じ先進国であり、世界を代表する福祉国家です。  そんなスウェーデンですが、実は世界でも上位に入るほど離婚率が高い国なのです。2016年のデータを見ると日本では1000人当たりの離婚率は1.73、スウェーデンは、2.81。スウェーデンの圧勝です。なぜスウェーデンは離婚が多いのでしょうか?  その背 [続きを読む]
  • イスラム教徒のラマダン。最近の若者はやらないって本当?
  •  場所はイスラムの国、チュニジア。 6月初旬。時期はラマダン(イスラム教の断食月)。 日光が照りつける正午過ぎ、乗り合いバスステーションの裏側に回ると、サンドイッチや水を口にする老若男女。 ひと昔前に、こんな光景はなかなか見られなかったのかもしれません。イスラム教徒はコーラン(イスラム経典)に従い、一年に約一ヶ月の間。日の出から日の入まで一切の飲食喫煙をしません。  近年チュニジアではコーランの解釈 [続きを読む]
  • カナダでのチップの利率や払い方。チップ不要なお店とは
  • 【カナダにおけるチップの役割】  カナダにおいて、チップはとても重要な役割を担っています。というのも、カナダでは、働いている人がチップを給料として得ているからです。日本ではほとんどのところが時給制を設けており、中には1時間に1000円以上お給料が貰えるところもありますよね。  カナダでも時給制はありますが、チップが貰えることを前提に時給が設定してあるので、日本に比べると低く設定されています。レストラン [続きを読む]
  • 中国では交通事故を巡って殺人も。交通事故死は年間25万人
  •  中国には法律で定められた交通法規と暗黙の交通ルールがあります。日本の交通ルールに慣れていると時々怖い思いをします。実際の体験を元に中国の交通ルールに関して解説します。中国ではこの交通ルールのせいで交通事故も増え、交通事故死は年間25万人という、とんでもない数になっています。 歩道を迫り来るバス  中国では歩道に駐車スペースがあります。その為、車が歩道を走るのは合法になります。その分、歩道も大きく [続きを読む]
  • 移民の増加でフランスと同じように日本もテロの標的になる
  •  金曜日の夜、21:00のシャンゼリゼ通り。人はちらほらといる程度であまりいない。以前のように週末を前にパリ郊外から若者が集まり、レストランやバーに、人で溢れかえるという状況からはほど遠い。タクシーの運転手は外国人観光客が激的に減ったと悲鳴を上げている。  フランス人のテロに関する意識は2015年のシャーリーエブドのテロ事件以来大きく変わった。「テロの危険を感じますか?」という質問に対して201 [続きを読む]
  • ハワイでは白人が人種差別を受けている。その理由は
  •  アメリカは人種のるつぼといわれるほど、肌の色も目の色も、文化も習慣も異なる様々な人たちに出会うことできます。今までたくさんの人によって人種間の平等が唱えられ、人種で分けられた土地同士のラインは随分と薄くなりました。しかし、未だに白人街、ハーレム(黒人街)、チャイナタウン、イスラム街など、同じ人種が集団して生活している地域もたくさんあります。そして世界中で、人種差別は完全になくなっていません。   [続きを読む]
  • イリノイ州シカゴでの日本人の子供への教育について
  • イリノイ州での教育  私の移り住んだところはイリノイ州、シカゴですが、ダウンタウンには日本人の銀行関係の駐在員が多く、反対にオヘア空港辺りにはメーカーが多かったため、その辺りにもかなりの日本人が在住しております。必然的に子供たちも多く、現地校以外に日本語学校が存在していました。  親の方針で、日本人学校を選ばず、現地校を選んだ場合は、土曜日は日本人学校が「補習校」という名目になり、子供たちは土曜 [続きを読む]
  • イスラム教で禁止されているお酒。鉄格子の扉を閉め飲酒
  •  夕暮れ時、アザーン(モスクからのコーラン)が鳴り響くイスラムの国チュニジア。私はというといつものようにバーに向かう。一般的にイスラム教ではお酒はハラーム(宗教的禁止事項)だが・・私は日本人。 リアルなお酒とイスラム教(チュニジア限定ですが)の関係にせまります。 鉄格子の向こう側に広がるアルコールパラダイス  チュニジアは地中海沿いにある国。海沿いに住むと夕暮れ時、ビールを飲みたくなります。  建前 [続きを読む]
  • 日本人とドイツ人が似ているというのは嘘
  •  日本人と似ているといえば、アジアの国だけでなく、遠いヨーロッパの国、ドイツも挙げられます。日本とドイツは飛行機で12時間もかかるのに、一体どういうことだろうと筆者はずっと思っていました。そんな筆者がドイツに住んでから感じること、見えてきたものを筆者の目線で紹介させて頂きます。 1、勤勉さ ドイツ人vs日本人  日本人とドイツ人の類似性として、多くの場合最初に挙げられるのが、どちらも「勤勉である」 [続きを読む]
  • イスラム教の国チュニジアで同性愛が多い通りを歩いてみた
  •  イスラム教の国チュニジア。チュニジアは日本にいる皆さんにとってあまり馴染みの無い国かもしれませんが、イスラム教を信仰する中東/アフリカの国の中では地政学的にも文化的にも、かなりヨーロッパに近い国であります。元フランスの植民地だったこともあり、イスラムと自由な西洋文化が融合している事から、「ソフトイスラム教の国」と言われます。  イスラム教は何かと制約の多い宗教と言うのは皆さんの知るところかと思 [続きを読む]
  • ドイツ人はセックスしてから恋人関係になるか決めるって本当?
  •  外国人と日本人を比べる時に、日本人とドイツ人は「似ている」と言われることが多い様に思います。しかし言語も文化も習慣も全てが違う民族で、ましてやアジア人とヨーロッパ人、「似ている」と表現することは不可能の様に思います。私は在独歴は6年目になりますが、日本とドイツの関係性は、他の海外諸国と比べて、ほんの少しくらい同じ様な習慣があるかも?!といった程度の様に思います。  今回はドイツと日本を比較しま [続きを読む]
  • 離婚しても友達関係でいるカナダの元夫婦たち。その理由とは
  •  別れたEX(エックス、前の妻や夫を指す)とまだ友達付き合いがある元夫婦を何組か知っています。 「昨日EXに壊れたドアを直してもらったの」 「EXとFacebookやってる」 などということを本当に身の回りでよく耳にします。  勿論全ての離婚ケースがそうじゃないと思います。実際「二度とEXとは会わない」という人も身近にいますから。しかし、離婚してもお互いに行き来のあるケースは日本ではこれほど私の周りにはいませ [続きを読む]
  • 台湾の結婚式はまるで飲み会のようだ。ペットも参列可能
  •  結婚式と言えば、一生に一度のビッグイベント。日本の結婚式と言えばフォーマルで、笑いあり・感動あり・涙ありですよね?しかし、台湾流は全く違います。ということで、まるで飲み会のような台湾流の結婚式を紹介していきたいと思います。 1.料理は大皿料理が当たり前  料理ですが、台湾では大皿料理が一般的。1つのテーブルに10人座り、そこには中華料理で定番のくるくる回るテーブルが設置されています。そこに料理が運ば [続きを読む]
  • 台湾人男性とのスピード結婚。出会いから結婚までの経緯
  •  台湾人男性と結婚をし、2017年4月から台湾で暮らしている日本人妻です。台湾人男性との結婚といえば、卓球の福原愛さんのおかげで以前より身近に感じることができるのではないでしょうか?嬉しい限りです。さて、福原選手たちは卓球を通じて知り合い、結婚をしていますが、私たちはどうやって出会い、結婚をしたのかを紹介したいと思います。友達には思い切ったねーとかスピード結婚だねーと言われています。 出会いはフィリ [続きを読む]
  • 中国人の家のお風呂は西洋式?日本式?中華式?
  •  和洋中とは良く見聞きする単語ですよね。食事の場面で使われる事が多い単語です。和食、洋食、中華の意味で用いられます。極めて日本的な言い方で、世界の食事がこの3カテゴリーで分類されている訳ではありませんが、大まかな分類として多用します。  トイレの場合も、和式と洋式という言い方をします。和式の便器が設置されているトイレを最近は殆ど見る事もなくなりましたので、この分類に違和感を持つ世代も多いかもしれ [続きを読む]
  • 香港のマンション事情。洗濯機はキッチンに。玄関ドアは二重
  •  観光旅行で香港へ行くとなかなか味わうことのできない香港のマンション事情をご紹介いたします。  香港と言えば、高層マンションで家賃が高いといのはもうみなさん、知ってますよね?狭い範囲に沢山の人が住んでいるため、40階、50階建てのマンションが隣接しています。香港の平均月収は16万程度ですが、家賃は10万円以上するという、なんともアンバランスですね。新築で全戸1億円以上するマンションもあります。東京と比べても [続きを読む]
  • カナダ人はなぜ愛国心が強いのか。日本人の愛国心との比較
  •  カナダの国民意識調査や他のリサーチャーによると大多数のカナダ国民が自国を愛している、または誇りを持っているという回答だ。  2016年に発表されたの国勢調査の結果を紹介する。 ①カナダ人として誇りを持っている:87% 内訳は61%のとても誇りに思う、26%の誇りに思うを足して87%となる。興味深いのは女性のほうが男性よりも誇りに思うと答えたパーセンテージが高いということだ。 ②カナダの国旗は重要か: [続きを読む]
  • カンボジアの正月の定番はアンコールワット参拝
  •  時期外れな新年の挨拶が聞こえてきた西暦2017年4月14日午前3時12分。なんとも中途半端な時間ですが、私が住んでいるカンボジアはこの時、お正月を迎えました。しかも、カンボジアの暦でいうと2561年だそうです。ちなみにカンボジアには、インターナショナルな新年(1月1日)と中華正月をお祝いする風習もあります。  初めてカンボジアでのお正月を迎えた日本人の私にとっては、いささか不可思議ですが、いろいろ調べたり、カン [続きを読む]
  • 米国で就労ビザやグリーンカード取得の際、悪質ブローカーに注意
  •  世界一の経済大国、米国。科学、芸術、文化、あらゆる分野のトップレベルの情報、産業が集まる米国に滞在してみたいという願いを持つ人は、少なくないはずです。  私はある専門分野の習得のため、米国で学んでいますが、大学で様々な国の人たちに出会うことができました。彼らの日常のことを少しずつ見聞きするうち、米国で働いてみたい、勉強してみたいという人たちを狙う、思わぬ落とし穴があることを知りました。これから [続きを読む]
  • 日本人はスウェーデンで人種差別を受けるのかに答えます
  •  近年、日本からスウェーデンへ旅行で行かれる方、留学される方、お仕事や結婚などで移住される方も増え、日本人にとってスウェーデンは少しずつ身近な国になりつつあります。  スウェーデン人は、私達日本人に対して好意的な国民なのでしょうか?人種差別に遭ってしまうことはあるのでしょうか?スウェーデン在住歴5年、30歳の日本人女性が、自身の体験を基に見解をまとめてみました。 スウェーデン人の日本人、アジア人 [続きを読む]
  • 各国で違う漢字の変化と進化。日本から中国に輸出された漢字とは
  • <同じ漢字圏でも全く違う意味の漢字>  日本の文字の基本である漢字は、ご承知の通り中国から伝来した文字です。広大な中国や中華圏、朝鮮半島や日本で現在も使われている漢字は、 数千年の歴史を経て現在も多くの人達に利用されている文字です。  また、漢字は各国によって微妙に変化や進化を遂げています。例えばそれぞれの地域で使われる漢字と使われない漢字や、同じ漢字なのに意味が全く違う、元の字体が簡略化されてい [続きを読む]
  • アイルランドのスーパーマーケットの特徴を写真付きで解説
  •  アイルランドのスーパーを大きく分けると、アイルランド系、イギリス系、ドイツの系の3つ分かれます。アイルランドの代表格といえば、DUNNES STORE(ダンズ ストア)。DUNNES STOREはアイルランド庶民に慕われ、食料品はもちろん日用品や衣類品も販売しています。自社ブランドを多く持っているため、手頃な値段で商品を提供しているのが特徴です。  イギリスの代表格といえば、TESCO(テスコ)とMARKS& S... [続きを読む]
  • カナダで問題になっている中国人の妊婦。社会保障のタダ乗り
  •  アンカーベイビー(Anchor Baby)とは他国の妊婦がアメリカやカナダへ来てお産をし、その生まれた赤ん坊のことを指します。さらにその子は市民権を得るということが法律で許されています。妊婦は中国人が殆どですがが最近ではアメリカからもやって来ます。妊婦たちが違法入国、旅行、学生ビザ、ワーキングビザなど、どの理由であれ赤ん坊の権利は侵害されません。  赤ん坊はアンカー(イカリ?)となり、成人したときにその両 [続きを読む]
  • イギリス人男性との期間限定の恋愛。好きだけど別れた理由
  •    同じ英語圏でも、あけっぴろげでフレンドリーなイメージのあるアメリカ人と比べると、イギリス人は間接的で礼儀正しいところが日本人と似ていると分析されることがあります。  それは恋愛においても同じなのか??恋人ができると本当に英語力は伸びるのか??イギリスで大学生活の4年間を過ごした筆者が、1年間のイギリス人男性との交際経験を振り返ります。 馴れ初めはクラブ?!イギリス大学生の恋愛事情  欧米での多くの [続きを読む]