MAGIC ULTRA さん プロフィール

  •  
MAGIC ULTRAさん: 集団ストーカーの真実を暴くブログ
ハンドル名MAGIC ULTRA さん
ブログタイトル集団ストーカーの真実を暴くブログ
ブログURLhttp://magicultra.xblog.jp/
サイト紹介文ガスライティング犯罪を中心に世の中の闇や矛盾を考えて真実を追求してみるブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 114日(平均3.8回/週) - 参加 2016/12/30 09:12

MAGIC ULTRA さんのブログ記事

  • ダブルメッセージとは何か
  • ダブルミーニングと混同しやすいテクニックに、ダブルメッセージがあります。ダブルメッセージは、ダブルバインドを行うテクニックの一つとしても使われます。ダブルミーニングは一つの言葉を複数の意味に受け取れるようにして、その曖昧さを利用して人によって理解する内容を変えるというものですが、ダブルメッセージは、簡単に言うと、言っていることとやっていることが違うというテクニックです。ダブルメッセージは、言ってい [続きを読む]
  • ダブルバインドとは何か
  • ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。ダブルバインドには、単純な板挟みというテクニック以外に [続きを読む]
  • ダブルミーニングとは何か
  • 一つの言葉に複数の意味を意図的に含ませるテクニックをダブルミーニングと言います。この嫌がらせは基本的に、わざと曖昧なことを言ってターゲットを惑わし、ミスリードするテクニックです。ほとんどの言葉に複数の意味が含まれますので、言語自体にダブルミーニング性があります。このテクニックによって、勘違いを引き起こさせたり、意思の疎通を阻害することが出来ます。また、人々を煙に巻いて、真実から遠ざけることが出来ま [続きを読む]
  • 強者の洗脳
  • 絶対に負けることのない存在。情報の隠蔽によって作り出される無知という土台。もはや強者の思うがままの世の中が流れます。世の中のすべての事象は強者の洗脳により動きます。揺るがない資本主義、白人優位、終わらない戦争、殺人的な交通事情、非効率な労働システム、強者の論理のいじめの構図。それは幻のようで現実です。我々は、絶対に勝つことが出来ない集団ストーカーという敵に勝たなくてはなりません。おかしいことをおか [続きを読む]
  • 集団ストーカーの解釈の盲点
  • 多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。集団ストーカー現象は、ガスライティングに [続きを読む]
  • 妄想など持てない
  • 集団ストーカーの被害について、その状況を説明するために、一般の人々が思い込んでいる偽の情報を打破しなくてはなりません。まず、集団ストーカーの被害が妄想であると考えている人に対して、集団ストーカーの被害者は妄想している暇がないほどに攻撃されているということを伝えなくてはなりません。考え事をしている時、例えば集団ストーカーの正体について考えている時に、集中力が高まってきた瞬間を狙ってパチンという打撃音 [続きを読む]
  • 思考盗聴とは何か
  • 集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったという例はありません。カメラが [続きを読む]
  • 仄めかしのレベル
  • 仄めかしは基本的に知らない人から受けますが、家族やテレビなどから仄めかしを受けることがあります。仄めかしにはレベルがあり、そのレベルによって理解が変化するようになっています。理解の違う者同士であれば、被害者同士でさえ意見が対立することがあります。どのレベルの仄めかしなのかを理解しなければ、話が噛み合わずに誤解や誤認のもとになります。1.仄めかしの仄めかし2.知らない人からの仄めかし3.知人からの仄めかし [続きを読む]
  • 動物への思考送信
  • 思考送信が可能ということは、人間以外の動物にも思考送信をすることが可能ということです。動物は人間よりもシンプルであるため、人間よりも簡単にコントロールすることが可能でしょう。動物に限らず、おそらくあらゆる生命体をコントロールすることが可能です。主な嫌がらせとしては、特定のタイミングで犬に吠えさせるなどがありますが、犬に吠えさせるだけであるならば、思考送信をするまでもありません。犬に思考送信をするこ [続きを読む]
  • 現実を超えた現実とどう向き合うか
  • 集団ストーカーと聞いて、誤解なくその現象を受け入れる人は皆無に近いでしょう。人間は、自分の思考の限界を超えたものは理解することが出来ません。そうすると、無いものとして別の答えを出して現実を濁そうとします。これがガスライティングのメカニズムです。間違った答えを出してしまっているために、延々と答えが噛み合わない状態が続きます。せめて分からないのであれば、答えを出さなければ良いのですが、それでも彼らは答 [続きを読む]
  • 集団ストーカーの被害者が見ている世界
  • 集団ストーカーの被害者には世界がどのように見えているか説明します。インターネットでは、たくさんの集団ストーカーの被害動画を見ることが出来ますが、予備知識が無い場合、ほとんど意味が分からないと思います。それらの被害動画はほとんどが本物です。一般の人がその動画を見た場合、集団ストーカーにこじつけているようにしか見えないでしょう。動画はアンカリング後の追撃、もしくはそれに対する被害者の反撃及び反応なので [続きを読む]
  • 集団ストーカーは妄想であるという妄想
  • ややこしい話になりますが、何が妄想で何が現実かを見極めるのは結構難しい問題です。何が現実かは誰も分からない状況です。現実を理解するのは脳であり、意識です。つまり、現実を認識しているのは妄想です。まずこのことに気付かなければなりません。妄想という言葉は本来、頭の中で考えること、想像すること、空想すること、もしくは現実と相違することを真実だと思い込むこと、誤認して信じることを言います。医学的には、現実 [続きを読む]
  • 嫌な人間が存在できる仕組み
  • 世の中には一定の割合で嫌な人間が存在します。嫌な人間が好きだという変人はあまりいないでしょう。誰でも嫌な人間は嫌なはずです。それでは、なぜ嫌な人間は存在しているのでしょうか。一つの答えは多様性でしょう。多様性を求め、他人と違う個性を確保するためには、他人が近寄らないアンモラルな領域の中に答えを求めるのが手っ取り早いのです。世の中が過剰に個性を求めることには、こういった裏の目的があったのです。つまり [続きを読む]
  • 警察の正体
  • 警察のイメージは、困ったときに親身になって話を聞いてくれて、善良な一般市民をずる賢い人や組織、訳の分からない人、凶悪な人や組織などから守ってくれる優しくて頼れる正義溢れる存在でしょうか。少なくとも、集団ストーカーの被害者からは全く別の姿に見えています。そんなに正義溢れる存在の組織が、半世紀以上も暴力団を壊滅できずに手を拱いているのでしょうか。麻薬という物が、集団ストーカーの存在を隠す一つのアイテム [続きを読む]
  • 真実は一つではない可能性
  • 集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。集団ストーカーの被害は人によって異なります。集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると考えている人は「宇宙人が集団ストーカー [続きを読む]
  • 付きまとい(付け回し)とは何か
  • 付きまといは、集団ストーカーの初歩的なテクニックです。集団ストーカーが集団ストーカーと呼ばれる理由は、この付きまといが基本テクニックとなっているからです。ノイズキャンペーン、コリジョンキャンペーン、思考送信などは、いずれも四六時中被害者を狙っていることから、付きまといの要素があります。一般に言われるストーカー被害の場合は、犯人はターゲットを知っていて、好意か敵意を持って本当に付きまとっているもので [続きを読む]
  • 思考送信とは何か
  • 思考送信は、テクノロジー犯罪の象徴的な現象です。思考送信を理解した上で経験している人は、集団ストーカー被害者の中の7割か8割くらいの人でしょうか。残りの集団ストーカー被害者は、全く思考送信の経験がない、あり得ないと主張しています。思考送信には様々な現象があります。最も多いのは、頭の中に他人の声が聞こえるというものです。これは、実際に音として聞こえることもあるようです。これは音声送信とも呼ばれています [続きを読む]
  • 証拠を見せろというレトリック
  • 一般の人に限らず、集団ストーカーを信じない人々は、集団ストーカーの証拠を見せろと言ってきます。これは難しい話です。彼らがそう言ってくるのは、信じるためではなく、否定しようとするためにそう言ってくるのです。なので、証拠を見せたとしても、必ずしらを切ります。例えばライトをチカチカと当てられるという嫌がらせを受けて、その証拠の動画を見せたとします。しかし、その証拠を見せたとしても、こんなものは偶然でしか [続きを読む]
  • いい人なのに悪い人というトリック
  • 世の中には、モラルを間違って使っている人がたくさんいます。特にマスコミなどは、意図的にモラルを混乱させようとしています。100万人の命を救っても、一人の人間を自己都合で殺すことは許されません。100万人を殺して、その後一人の人間の命を救ったとしても英雄とは言えません。どんなに良い人間であったとしても、犯罪を犯したり人を傷つけることが許されるようにはなりません。モラルアタックを仕掛ける人々は、加害者の人生 [続きを読む]
  • マインドゲームとは何か
  • マインドゲームは、ターゲットの記憶を混乱させたり、勘違いを誘発させる嫌がらせです。わずかな違和感を感じさせて、集団ストーカーの存在を仄めかす悪戯のようなものも含まれます。靴下やセーターなどが唐突に伸びている。靴の中に小石のような尖ったものが入っている。消したはずの電気や家電が点いている。携帯電話やリモコンの反応が悪くなる。ビデオで予約しておいたはずの番組が録画されていない。テレビのリモコンがいつも [続きを読む]
  • カルトナンバーとは何か
  • カルトナンバーは、不自然な数字の並びの車のナンバープレートを使い、ターゲットにその確率の異常性を仄めかすテクニックです。11、7777、39-39などのゾロ目ナンバー。5577、8833などの並びナンバー。262、1991、5445などのシンメトリーナンバー。5-06、12-13、1234、45-46などの連番ナンバー。893(ヤクザ)、1122(いい夫婦)、4989、5963などのごろ合わせナンバー。311、705、911、1231などの誕生日、記念日、メモリアルナンバー。 [続きを読む]
  • ブライティングとは何か
  • ブライティングは、光を利用した嫌がらせです。主に、眩しい光によってターゲットを眩惑します。最も多いのは、車のヘッドライトによるものです。車のヘッドライトの光軸をあげて眩惑させたり、逆に暗くして衝突を誘発します。政府は安全のためと称し、ヘッドライトのハイビーム使用を推奨していますので、今後さらにこの嫌がらせが多くなる可能性があります。ルールを書き変えることにより、より嫌がらせを実行しやすくしたり、嫌 [続きを読む]
  • 集団ストーカーの正体
  • 集団ストーカーは、その正体を絶対に現わさない存在ですが、外堀を埋めていくことにより、その外形だけは確認することができます。その正体は人間にとって、あまりに巨大なものです。世界が統一された場合、世界政府が誕生しますが、集団ストーカーの正体は、それが2重になった裏の方の政府と言うことが出来ます。なぜそう言えるかというと、集団ストーカーが正体を現さないからです。アメリカ政府でさえその正体を掴めないどころ [続きを読む]
  • 集団ストーカー被害者と統合失調症患者の違い
  • 情緒不安定と言われる統合失調症の患者ですが、集団ストーカー被害者の方は、被害に腹を立てているだけで、特に情緒不安定というわけではありません。被害の回数が多いので、頻繁に怒っているように見えます。そこから情緒不安定と思われているだけです。被害者の場合は怒りはしますが、突然笑い出すということはまずありません。被害者の頭の中では、はっきりと統合失調症とは違うことが理解できています。これからそれを説明しま [続きを読む]