MAGIC ULTRA さん プロフィール

  •  
MAGIC ULTRAさん: 集団ストーカーの真実を暴くブログ
ハンドル名MAGIC ULTRA さん
ブログタイトル集団ストーカーの真実を暴くブログ
ブログURLhttp://magicultra.xblog.jp/
サイト紹介文ガスライティング犯罪を中心に世の中の闇や矛盾を考えて真実を追求してみるブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 178日(平均3.1回/週) - 参加 2016/12/30 09:12

MAGIC ULTRA さんのブログ記事

  • 科学という洗脳
  • テクノロジー犯罪を受けている被害者が、それを現行の科学で説明しようとして、破綻している記事をよく見ます。集団ストーカーという事象は、現行の科学を超えていますので、無理に有り得ないような科学に当てはめて説明するのは逆効果になってしまいます。科学が正しいかどうかは、すべての科学者の意見が一致しているわけではないので、まだ分からない状況です。科学はすべて想像の範疇に過ぎず、まだ何も証明できていないと主張 [続きを読む]
  • メリットとデメリットの考え方
  • メリットとデメリットは単純な足し算や引き算では計算できません。ところが世の中には、大きなメリットがあるのだからと、小さなデメリットに目を瞑らせる圧力が働きます。そんな小賢しいテクニックなど本来は通用するはずがないのですが、不思議と通用してしまいます。その小さなデメリットは、人によっては生死を分けるほどのものになることがしばしばあります。良いことを行う時、特に政治でそれを行う時に、必ずと言っていいほ [続きを読む]
  • 人生とは違うもの
  • みんな人生を生きていると思い込んでいるわけですが、集団ストーカーの被害者の場合、これは人生とは形容できないものです。人生でないとすると、これは一体何なのか。そんなものは誰も経験していませんから、その形容は難しいのです。人によって違うと思いますが、人生は暇潰しであるという年寄りが多いのは、それが真実であることに気付いていたからでしょう。もはや命があるのか、自分や世界の実体すら分かりませんが、まだまだ [続きを読む]
  • 世界の真実
  • 第一に、真面目に話さなければならないことを真面目に話していないという現実があります。世界の人々がどうすれば安全に生活できるのかということに対して、すべての政治家が明言を避けています。アメリカの大統領が危険な方向へ向かおうとしているのを、誰も止めることができません。結果ではなく、危険を煽る行為を避けて、危険を回避する方向へ向かわなければならないのです。世界のすべての国の圧力で、話し合いに応じるように [続きを読む]
  • ネグレクトとは何か
  • ネグレクトとは、与えないことにより苦しみを生み出す嫌がらせです。一般には、子供や介護が必要な人に、食事を与えなかったり、娯楽を与えない、世話をしないなどの社会問題として周知されています。また、意図的に無視をすることもネグレクトに当たります。重要な作法を教えないことにより、特定の場所で恥をかかせる。ルールを教えないまま仕事をさせて失敗を誘発する。ターゲットにだけ挨拶をしない。しても適当である。ターゲ [続きを読む]
  • 人生の物語性
  • 集団ストーカーの被害者に限らず、一般の人の人生にも物語性があります。しかし冷静に考えれば、人生に物語性は必要ないはずです。物語は物語的ですから、自然ではありません。人間が筋書きを書くということは、他人をコントロールしようとすることです。大抵それは、幸せのサプライズなど、お祝いの時にのみ物語を作りますが、日常から物語にまみれているというのは不自然です。物語性がない場合、どうしても倫理観などの刷り込み [続きを読む]
  • 倫理はひとつ
  • 悪であるとか、悪いことであるとか、やってはいけないことなどを議論するときに、まるで倫理が人によって違うかのような情報操作を行う者がいます。いわゆる情報の複雑化を行い、真実を煙に巻く嫌がらせです。倫理は単純で簡単なもので、それは基本的にひとつしかありませんし、人によって変わるものでもありません。誰でも二者択一で考えれば分かるもので、判断できないのは、よほど意識がはっきりしていない人間だけです。人間が [続きを読む]
  • 不遜な態度
  • テクノロジー犯罪の被害者とは違う集団ストーカーの被害者の場合、人々の不遜な態度に多く苦しめられます。インターネットにおいてはテクノロジー犯罪の被害者の方が多数派のように見えますが、なんら身体に異常が表れず、人々の奇妙な動きや言動に苦しめられるだけの集団ストーカーの被害者も少なくありません。集団ストーカーに共通するのが不遜な態度であるということです。これは表面上丁寧に見えても、結果的に被害者に及ぼす [続きを読む]
  • 我々には分からない人種感覚
  • 海外での東洋人差別のニュースが流れるたびに、白人ジャーナリストがヒステリックなまでに差別発言をした人をバッシングするのに対して、当の日本人に、なんでそんなに怒っているのか分からないという反応を示す人が多いようです。特に若い人に多いのかもしれませんが、これは人種差別の感覚が分かっていないために起こるのでしょう。特に日本人は自分たちが差別の対象であることに気づいていない人が多いので、こういった状態にな [続きを読む]
  • テクノロジーの認識レベル
  • テクノロジー犯罪は、その技術レベルの認識に差異があり、主にローテク、ハイテク、オーバーテクノロジーに分けることが出来ます。ローテクは、主に人間の技術による犯行であるという考え方です。トリックや洗脳、暗示などのテクニックを使い、テクノロジー犯罪に見せかけるというものです。ハイテクは、現行の流布されている科学技術で、この現象を説明しようとするものです。電磁波や超音波によって脳波や感覚を操作する、薬品や [続きを読む]
  • 中道という対処方法
  • 中道は、元は仏教用語のようで、悟りに至る一つの方法として語られており、極端な極地へ身を置くことを避けて、そのいずれも見据えて捉えながら、その中に真理を見出す考えのようです。但し宗教全般的にそうなのですが、特に悟りの考え方がそうですが、自分で納得すればそれが答えという考え方であり、他者による影響といった概念がほとんどありません。つまり、どうにもならない現状を心の中でのみ解決する方法であり、被害に対処 [続きを読む]
  • 情報の不一致
  • すべての人々が持っている情報が、それぞれ少しずつ違うために、認識がずれるように操作されているようです。まず、情報と認識を一致させなければなりません。集団ストーカーが存在するのかしないのかということを、一番最初に考えてしまうと、どう考えても意見が一致しないようになります。まず、世界はおかしいのだという認識を一致させなければなりません。人間がやっていることに、答えが分からないということは有り得ないのだ [続きを読む]
  • 幻視と空目
  • 集団ストーカーの被害に、幻視と空目があります。幻視の被害者は少ないようですが、空目の被害者は多いようです。幻視は明らかにそこに存在しないものが見える現象であり、空目はそこに存在するものが別のものに見える現象です。例えばUFOなどは、明らかに気配がしないのにそれが見える幻視の場合と、航空機の灯火類の並びが不自然なために起こる空目の場合があります。本当になんらかのおかしな飛行物体が飛んでいる場合もあるか [続きを読む]
  • 集団ストーカー被害の誤解に対する説明
  • 集団ストーカーに詳しい人でも、その被害の訴えを正確に認識できていないようです。例えば、咳をする人など何処にでもいる。ヘリコプターは普通に飛んでいる。ゾロ目ナンバーは普通に存在するし、それを気にしている方がおかしい。音を出さないで生活することなどできない。騒音のない世界なんて存在しない。集団ストーカーの被害者は、日常に普通にあることを被害と思い込んでいる被害妄想である。と主張します。そういうことでは [続きを読む]
  • 先回り発言と確信発言
  • 集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。自分しか知らない個人的な情報を、まるで知っているかのように確 [続きを読む]
  • 世の中のかたち
  • 集団ストーカーという現象を知らない人でも、それを感じることが可能です。不思議な夢を経験しているでしょうし、不思議な偶然も経験しているでしょう。集団ストーカーの被害者のほとんどは、世の中のかたちがおかしいことに気づいています。それはおそらく、一般の人々でも気づいているでしょう。その世界のおかしさの原因を説明できる人はいないようです。それを必死に追い求めても、おそらく最後まで答えは分からないでしょう。 [続きを読む]
  • 共時性(シンクロニシティ)とは何か
  • 集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。共時性は嫌がらせとして使われます。偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。面白いテレビ、本、映 [続きを読む]
  • ダブルメッセージとは何か
  • ダブルミーニングと混同しやすいテクニックに、ダブルメッセージがあります。ダブルメッセージは、ダブルバインドを行うテクニックの一つとしても使われます。ダブルミーニングは一つの言葉を複数の意味に受け取れるようにして、その曖昧さを利用して人によって理解する内容を変えるというものですが、ダブルメッセージは、簡単に言うと、言っていることとやっていることが違うというテクニックです。ダブルメッセージは、言ってい [続きを読む]
  • ダブルバインドとは何か
  • ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。ダブルバインドには、単純な板挟みというテクニック以外に [続きを読む]
  • ダブルミーニングとは何か
  • 一つの言葉に複数の意味を意図的に含ませるテクニックをダブルミーニングと言います。この嫌がらせは基本的に、わざと曖昧なことを言ってターゲットを惑わし、ミスリードするテクニックです。ほとんどの言葉に複数の意味が含まれますので、言語自体にダブルミーニング性があります。このテクニックによって、勘違いを引き起こさせたり、意思の疎通を阻害することが出来ます。また、人々を煙に巻いて、真実から遠ざけることが出来ま [続きを読む]
  • 強者の洗脳
  • 絶対に負けることのない存在。情報の隠蔽によって作り出される無知という土台。もはや強者の思うがままの世の中が流れます。世の中のすべての事象は強者の洗脳により動きます。揺るがない資本主義、白人優位、終わらない戦争、殺人的な交通事情、非効率な労働システム、強者の論理のいじめの構図。それは幻のようで現実です。我々は、絶対に勝つことが出来ない集団ストーカーという敵に勝たなくてはなりません。おかしいことをおか [続きを読む]
  • 集団ストーカーの解釈の盲点
  • 多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。集団ストーカー現象は、ガスライティングに [続きを読む]
  • 妄想など持てない
  • 集団ストーカーの被害について、その状況を説明するために、一般の人々が思い込んでいる偽の情報を打破しなくてはなりません。まず、集団ストーカーの被害が妄想であると考えている人に対して、集団ストーカーの被害者は妄想している暇がないほどに攻撃されているということを伝えなくてはなりません。考え事をしている時、例えば集団ストーカーの正体について考えている時に、集中力が高まってきた瞬間を狙ってパチンという打撃音 [続きを読む]
  • 思考盗聴とは何か
  • 集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったという例はありません。カメラが [続きを読む]
  • 仄めかしのレベル
  • 仄めかしは基本的に知らない人から受けますが、家族やテレビなどから仄めかしを受けることがあります。仄めかしにはレベルがあり、そのレベルによって理解が変化するようになっています。理解の違う者同士であれば、被害者同士でさえ意見が対立することがあります。どのレベルの仄めかしなのかを理解しなければ、話が噛み合わずに誤解や誤認のもとになります。1.仄めかしの仄めかし2.知らない人からの仄めかし3.知人からの仄めかし [続きを読む]