ヌーボー さん プロフィール

  •  
ヌーボーさん: ヌーボーのブログ
ハンドル名ヌーボー さん
ブログタイトルヌーボーのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/futoufukutu1118/
サイト紹介文マスコミ等で紹介された健康食品を実際に使ってみて、どのような効果が出たかを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 143日(平均3.1回/週) - 参加 2017/01/01 17:10

ヌーボー さんのブログ記事

  • スーパーフード(ザクロ)
  • ♯ザクロ は、イラン西北部が原産地とされる果物で、果実の直径は6〜10センチのものがほとんどで、 100〜300g程度の重量です。果皮が赤くて鮮やかな色で、果肉には酸味と甘みが感じられます。 フルーツショップやスーパーでザクロの果実を見かけることは少なく、ザクロジュースやザクロ酢を よく見かけます。 【ザクロに含まれる栄養素】ザクロ100g中に含まれるカリウムの量は約250mgで、この他にもデルフ [続きを読む]
  • スーパーフード(フラックスシード)
  • #フラックスシード という言葉を聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、亜麻仁(アマニ)の 種子と聞くと身近に感じられることと思います。 アマニと言えばスーパーや健康食品店では、今やココナッツオイルと並んでフラックスシードオイルの 売れ行きが好調で、体に良い油として、知られています。特に、女性の美容と健康をサポートして くれるミラクルフード、スーパーフードと言われているのが、 [続きを読む]
  • スーパーフード(バオバブ)
  • ♯バオバブ は、アフリカの雄大なる大地など厳しい自然環境の中で自生する樹木であり、樹齢は 1,000年以上〜5,000年とも言われているほど、生命力の強い植物です。地球上では最も巨大な樹木で、 「種が沢山ある」という意味を持つアラビア語の「ブー・フブーブ」という言葉が語源とされています。 日本国内に存在する樹木とは明らかに特徴が異なり、圧倒されるほどの独特の風格と存在感があり ます。背が高 [続きを読む]
  • スーパーフード(ゴールデンベリー)
  • #ゴールデンベリー (インカベリー)は、その名の通り、はるか昔、インカ文明時代より南米で食されて きた食材です。アメリカでは、一流のモデルやハリウッド女優の間で人気沸騰中のスーパーフードであり 美容食とされています。 まだまだ日本国内ではなじみが薄い食材ですが、実はゴールデンベリーは食用ほおずきの一種であり、 ほおずきと言えば、お盆にお墓や仏壇に飾る観賞用の植物として知られていま [続きを読む]
  • スーパーフード(ドラゴンフルーツ)
  • #ドラゴンフルーツ は、中米地方が原産地とされるサボテン科ヒロケレウス属の果物で、日本 国内では沖縄県と鹿児島県で生産されています。日本国内では、6月〜11月頃に収穫されて います。果皮の色が鮮やかな紫色で、竜のウロコのように見えることから、ドラゴンフルーツと 名づけられ、ピタヤと呼ばれることもあります。 果肉は、全体的に白っぽくて黒いゴマのような種が沢山入っています。酸味がほとんど [続きを読む]
  • スーパーフード(ビーポーレン)
  • #ビーポーレンとは、漢字で「蜂花粉」と言い、「ビー」とミツバチ、「ポーレン」とは「花粉」のことを 指しています。ミツバチが採取したお花の花粉を団子のように丸めたもののことをビーポーレンと 言います。 団子状にした花粉には、ミツバチの持つ酵素がたっぷり含まれていて、時間が経過しても腐るなど 品質が劣化することなく、冬の寒い間もこれを食糧源として、ミツバチや女王蜂はたくましく育ちます [続きを読む]
  • スーパーフード(ルクマ)
  • 日本ではまだなじみが薄い食材ですが、#ルクマ は南米ペルーでは、誰もが日常的に食しており、 はるか昔インカ時代には神話にも登場したと言われるほど、歴史の古い食材です。 ルクマは果実の直径が10センチ程度で、皮の色は濃い緑色、果実は黄色っぽいオレンジ色で、 かぼちゃのような色をしています。アイスクリームがお好きな方なら、フレーバーとして、ルクマが 使われていることをご存知かもしれませ [続きを読む]
  • スーパーフード(ヤーコン)
  • #ヤーコン はキク科の根菜類の仲間で原産地は南米アンデス、見た目には葉の背丈が高くて、 地下にはさつまいものような芋になります。 スーパーや八百屋では、ヤーコンを見かける機会は少ないと思いますが、葉と芋にはそれぞれに 豊富な栄養素が含まれていて、美容食、ダイエット食、そして健康食としても注目されています。 これまではあまりなじみの薄い野菜でしたが、テレビ番組でヤーコンが紹介された [続きを読む]
  • スーパーフード(ノニ)
  • ♯ノニ は、健康食品ですっかりおなじみになりましたね。チラシやテレビCMなどでノニジュースという 言葉を目に耳にすることがあります。 ノニは、沖縄を代表するフルーツの1つであり、原産地はインドネシアなど東南アジアの気温が高い 地域です。現地の人々の間では、食用としてはもちろん、医薬品にも使われており、染色材料と しても用いられています。 【ノニの栄養素】熱帯地域に自生する数多い植 [続きを読む]
  • スーパーフード(クロレラ)
  • #クロレラ は健康食品として、最も身近によく知られている食材です。 クロレラは、クロレラ属の緑藻類で植物性プランクトンです。19世紀後半に、オランダの学者に よって発見されました。クロレラという名前は、ギリシャ語で「緑」を意味する「クロロス」と「小さい もの」を意味するラテン語の「エラ」という言葉に由来しています。クロレラの緑色は、細胞に クロロフィルが豊富に含まれているからです。& [続きを読む]
  • スーパーフード(アマランサス)
  • #アマランサス は、ひえ、あわ、きびなどの雑穀類ともよく似ていますが、厳密にはイネ科の 雑穀ではなく、疑似雑穀です。南米が原産地のハゲイトウの仲間で、ヒユ科ヒユ属の一年草で、 食用としているのはアマランサスの種子です。 南米では、はるか昔のインカ帝国時代から、アマランサスを食しており、薄い黄色がかった色 をしています。 【アマランサスの栄養価】アマランサスは、ひえ、あわ、キヌ [続きを読む]
  • スーパーフード(キヌア)
  • スーパーフードとして、今もっとも人気が高い雑穀類と言えば、#キヌア です。NHKのテレビ番組 「あさイチ」で紹介されて以来、静かなブームを呼んでいます。 キヌアは、スーパーのお米コーナーなどで販売されているのを見かけることがあります。 ヒコ科アカザ亜科アカザ属の植物で、アンデスやペルーなどの南米では、今から何千年も前から 食されてきました。インカ文明の時代から、トウモロコシとともに貴 [続きを読む]
  • スーパーフード(ブロッコリースーパースプラウト)
  • 今や家庭菜園やガーデニングで、スプラウト野菜がブームになっていますね。 #ブロッコリースーパースプラウト は、野菜のブロッコリーの新芽のことを言います。この他にも 多数のスプラウト野菜(新芽野菜)の種類がありますが、その中でもブロッコリースーパースプラウトは 栄養価が高いということで、人気が高いようです。 【ブロッコリースーパースプラウトの栄養素】ブロッコリースーパースプラウトに [続きを読む]
  • スーパーフード(アロエベラ)
  • #アロエベラ は、ユリ科アロエ属の植物で、茎が短くて葉肉が固くて厚みがあります。北アフリカや カナリア諸島が原産地で、多肉植物の一種とされています。 アロエは昔から、やけどなどの皮膚の炎症の民間薬として用いられてきました。 【アロエベラの栄養素】アロエベラ、アロエという言葉を聞くと皮膚の炎症に良い植物、便秘改善に良い食材といった イメージが定着しています。 アロエベラには、ア [続きを読む]
  • スーパーフード(ゴジベリー)
  • ♯ゴジベリー という言葉を聞いてもどんな食材なのかわかりづらいと思いますが、クコの実と 言えば、ご存知の方も多いのではないでしょうか? クコの実は、中国でははるか昔から漢方として用いられてきた食材で、赤い色をした柔らかい実を 食べます。世界三大美女で知られる楊貴妃が、美貌を保つためにゴジベリーを毎日食していたとも 言われています。 クコの実は、中国が原産地とされるナス科の低木 [続きを読む]
  • スーパーフード(アロニア)
  • ベリー系の果実で#アロニア について、女性の美容と健康をサポートするスーパーフードとして 注目されるようになりました。 アロニアは日本国内では、今から約40年前にロシアから持ち運ばれた種を植えて栽培されるように なりました。 まだまだ日本では栽培されている地域が少なく、味は少し渋みが感じられるので、果実をそのまま 食する機会は少ないようです。アロニアは多くの場合、サプリメントや [続きを読む]
  • スーパーフード(カムカム)
  • ♯カムカム は、アマゾン川流域の熱帯雨林に自生する植物です。さくらんぼのような赤紫色の 果実にはビタミンCが豊富に含まれており、お菓子やアイスクリーム、デザートによく使われています。 【レモンの60倍以上のビタミンC】地球上の植物の中で、最もビタミンCの含有量が高いと言われているのがカムカムです。 カムカムの果実は成熟する前は緑色で、果肉の直径は1〜2センチと小粒で、完熟すると赤紫色に [続きを読む]
  • スーパーフード(スピルリナ)
  • #スピルリナ は、らせん状で緑色、クロレラと同様に藻(も)の仲間であり、その歴史は約30億年も 前の太古の時代から生息していて、地球上で最古の生物であろうともいわれています。 スピルリナの名の由来は、ラテン語で「ねじれた形」「らせん形」を意味する「スピラ」という言葉に ちなんでいます。 食品として流通されるようになったのは、1940年代のアフリカのチャド湖近くの市場で、1960年代 後 [続きを読む]
  • スーパーフード(レッドマカ)
  • #マカ と言えば、男性の精力増進のための食材というイメージがすっかり定着していますが、 近年は#スーパーフード として、マカの仲間である#レッドマカ が女性にも人気が高まって います。 マカは男性用のサプリメントに良く使われていますが、女性にはレッドマカが適しています。 この他には、イエローマカと呼ばれる種類のマカもあります。 いずれも、南米ペルーが原産地とされるアブラナ科の [続きを読む]
  • スーパーフード(チアシード)
  • #チアシード は、近年、日本国内で健康食、ダイエット食として知られるようになりましたが、原産地は 中央メキシコで、紀元前1,000年の古い時代から現地の人々の間で食されてきました。 わずか大さじ1杯の量を食するだけで、1日分の栄養素を十分に補給できるともいわれており、 まさに天然のサプリメントとも言えるスーパーフードです。 【チアシードの栄養素】チアシードには、カルシウム、食物繊維、オメ [続きを読む]
  • スーパーフード(ヘンプシード)
  • #ヘンプシード (麻の実)とは、ヘンプシードナッツとも言い、普段の食生活ではあまりなじみが 薄いとは思いますが、うどんに入れる七味唐辛子に含まれている大きな種子のことです。 そして、ヘンプシードから抽出された油がヘンプシードオイルです。ヘンプシードオイルは、自然の 植物由来の油で、健康に良い効果が期待されています。 ヘンプシードには、抗酸化作用が期待されるビタミンE,そしてビタミンA [続きを読む]
  • スーパーフード(ココナッツオイル)
  • #ココナッツオイル とは、ヤシ油とも言い、自然の植物のココヤシ(ココナッツ)から抽出された オイル成分のことを言います。 ココナッツは、インドネシアやフィリピン、インド、ブラジル、メキシコなどの気温が高い国々で 自然栽培されており、生命力の強い植物です。近年は、海外のセレブや人気モデルにココナッツオイル の愛用者が増えていることから、ファッション雑誌でも話題になり、今や女性の美肌 [続きを読む]
  • 売り場からポテトチップが消えた
  • 4月10日にテレビや新聞で#ポテトチップス の販売休止のニュースが流れました。 昨年の台風の被害を受けて北海道産じゃがいもの収穫量が減少し、原料調達が 困難になったための措置です。 今日(12日)のポテチの売り場を見たら、見事に無くなっていました。 オイルショックの時のトイレットペーパー騒ぎを思い出しました。 日本人は無い物ねだりですね。 [続きを読む]
  • スーパーフード(カカオ)
  • #カカオ は熱帯植物の一種であり、年間の平均気温が27度以上の赤道付近の熱帯地方の 西アフリカや中南米、東南アジアなどの国々で栽培されています。 カカオを大きく3種類に分類すると、アマゾン渓谷が原産地とされるフォラステロ種、メキシコや ベネズエラが原産地とされるクリオ種、この2つの性質が受け継がれた交配種としてトリニタリオ種 があります。 【天然ミネラル成分が豊富なカカオ】カカオ [続きを読む]
  • スーパーフード(マキベリー)
  • #マキベリー は、日本国内ではまだなじみが薄いようですが、植物学的には常緑灌木(じょうりょく かんぼく)に分類されており、原産地はチリのパタゴニアの寒冷地帯で、果樹の高さが3〜5mにまで 成長します。 「ベリー」という言葉が含まれていることから、ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類とよく比較 されていますが、マキベリーは現時点では人工栽培されていなくて、野生種のみですから、栽培量が [続きを読む]