エリー さん プロフィール

  •  
エリーさん: 心配性ママの発達障害児育児☆ただいま早期療育中
ハンドル名エリー さん
ブログタイトル心配性ママの発達障害児育児☆ただいま早期療育中
ブログURLhttp://www.kenkou-kosodate.com
サイト紹介文4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。家庭療育や発達障害児ママの気持ちを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 175日(平均5.5回/週) - 参加 2016/12/30 15:37

エリー さんのブログ記事

  • 発達障害の子のためのすごい道具
  • 発達障害の子のためのすごい道具を読みました。 共感できる考え方や取り入れたい商品の紹介もありましたので感想を書きたいと思います。はじめに:できないは道具を使うことで解決するんです発達障害の子のためのすごい道具は小学館のホームページで19ページまで試し読みできます。是非、「はじめに」を読んでいただきたいです。いつも感じるのは支援を要する子どもたちの自尊心の低さです。発達に遅れや偏りのある子はそう [続きを読む]
  • トイレトレは失敗?ごほうび変更でどうなった?
  • ごほうびシール(トークンエコノミー)でトイレトレーニングの続きです。ごほうびをランクダウンしたら…トイレトレはどうなる?長男くんは新しいルールをすんなり受け入れたように見えました。「これからはトイレでオシッコ・ウンチができたらシールかもらえるよ」「シールが5枚たまったらゲームができるよ!」とママが言うと「シール、5まいたまったらゲームだね!」と長男くん。あぁっ!長男くん、ルール変更をすんなりOK!? [続きを読む]
  • 息子の激しい癇癪。子どもの気持ちをわかってなくて反省です
  • 長男くんが久しぶりの激しい癇癪で私と次男ちゃんはパパの部屋に逃げ込んでいました。きっかけはしまじろうの「ひらがななぞりん」をやらせてあげたこと。好きすぎて癇癪の原因になりやすい、タブレットやなぞりんは長男くんには遊ばせない作戦をとっていました。www2.shimajiro.co.jpでも、ねだられて久しぶりに与えてしまったんです…。好きすぎるものは癇癪の原因になる?今までは時間を決めて私が付き添いでやっていればそ [続きを読む]
  • 息子の奇声に悩み中です【後編】
  • 息子の奇声で悩み中の後編です。息子が奇声を上げる原因を以下の内容にわけて考えました。要求したいことがある場合不安・不満な時注目してほしい・周囲の反応試す時上手く言葉にできない時自分でもどうしたらよいかわからない時子どもの奇声への対処法奇声への対処方法は大体大きく2つです。子どもの「気持ち」を「ことば」にする対応する必要のない奇声は「無視」ことばの力で自分がわかる、自分がかわる子どもの抱える [続きを読む]
  • 息子の奇声に悩み中です【前編】
  • 自閉症スペクトラムの長男(4歳)の奇声が最近凄いことになっています。先日買い物に行ったトイザらスで何度も激しい奇声を出していました。こんなことは初めてです。気難しい子どもとの関わりのコツでよく聞く「不適切な行動は無視する」私は長男くんの奇声から逃れるため押入れに隠れたりしていました(笑)でも、本当にそれで対応はいいのかな?子どもの発達過程での奇声と今の長男くんの奇声への関わりを考えてみました。今回 [続きを読む]
  • 子どものことばを育てるために
  • 保育士さんから「子どもとの関わり方のポイント」を教えてもらいました。声を出したくなるような遊びをしましょう子供が聞き取りやすい言葉でゆっくり話しましょう子供が目を向けているものについて話しかけましょう体の動きに合わせて声をかけましょう発音が間違っていても否定しないでゆっくり成長を待ちましょうほとんどやっているようなことばかり…と思いながらもそうだなぁと思うこともありました。声を出したくなるような [続きを読む]
  • 発達がゆっくりな次男。1歳半健診で言われたこと
  • 次男ちゃんの1歳半健診に行ってきました。長男くんが自閉症スペクトラムと診断を受けてから2週間後に次男ちゃんは産まれました。長男くんと同じく自閉症スペクトラムだったらどうしよう?という気持ちはありました。実際、長男が通っている通園施設でも兄弟で通っている子が何人もいます。1歳半健診の様子長男くんの時は母子手帳の保護者の記録欄は言葉を話しますかコップを持って水を飲めますかなど後ろからよんだとき振り向 [続きを読む]
  • 子どもの聞く力を伸ばす!きくきくドリルアプリ
  • 「聞く力」はコミュニケーションの基本ですよね。コミュニケーション力を伸ばして欲しくて購入した「きくきくドリル」というリスニングのアプリが長男くんに大人気なのでご紹介します。きくきくドリルSTEP1きくきくドリル STEP1posted with ヨメレバ村上 裕成 文英堂 2016-06-28AmazonKindle楽天ブックス内容紹介●子どもの脳力を伸ばす決め手は,幼い頃に「聞く力」を育てること「聞く力」を高めるため,楽しみながら聞き取る練習が [続きを読む]
  • スマホは子どもに悪影響?使用を制限することにしました
  • スマホは使い方次第によって育児にばっちり役に立つと思っていますしノートパソコンも就学前に子どもに与えられたらいいなぁと思っていました。でも、今回長男くんからスマホ・タブレットの使用を制限する決断をしました。子どもとの入院中に大活躍したタブレット!お薬を飲めたごほうびにアプリゲームをさせてあげたり学習アプリでひらがな、カタカナのなぞり書きをしたりきくきくドリルSTEP1のアプリで音あてクイズをしたりか [続きを読む]
  • 発達障害児にゆとりをもって関わるのは大変
  • 入院生活が終わり日常での生活が始まっています。長男くんからすると生活パターンが変わるわけです。長男くんの環境の変化に対する弱さもあるし自分に都合がよいことが変われば抵抗するし久しぶりにやることは不安で自信がもてなくて感情的になるんですよね。ということで…泣き叫んだり、わめいたり、うなったり本当にうるさくアピールしてきます。環境の変化に弱い長男くん。最近の生活の様子入院中の甘やか [続きを読む]
  • NHKあさイチ「自分の苦手とどうつきあう?」の自分研究がスゴイ
  • NHKあさイチ・シリーズ発達障害「自分の苦手とどうつきあう?」が放送されました。NHKでは「発達障害プロジェクト」としてさまざまな番組で発達障害について取り上げていくそうで今月から1年間あさイチでも「発達障害」を定期的に特集するそうです。発達障害は、身体障害と違って「見えにくい」障害のため、周囲から何かと誤解されがちです。当事者の声をしっかり伝えることで、少しでも誤解を減らしたい。それがシリーズの目的で [続きを読む]
  • NHK「発達障害〜解明される未知の世界」感想
  • NHK「発達障害〜解明される未知の世界」の感想です。生放送ということでどんな番組構成になるのかなと思っていました。NHKに寄せられたメール、faxは5500件!NHKの「発達障害プロジェクト」の投稿数は十数件ぐらいしかなかったので盛り上がっていないと思っていました(笑)発達障害〜解明される未知の世界の内容番組では発達障害者の見え方、聞こえ方の困難さの紹介社会で暮らす成人の発達障害の方の意見外国の企業の発達障害者に向 [続きを読む]
  • 川崎病で入院したその後
  • 川崎病で入院完結編です。川崎病で緊急入院した長男くんは最初の免疫グロブリン治療が効かず免疫グロブリンの追加とステロイドの点滴をすることになりました。免疫グロブリンが効果がある人は点滴で血管の炎症が治まり熱も下がるのですが長男くんは熱が下がらずステロイド剤を投与するという話でした。このステロイド剤は熱を下げるのに効果がある。ただしすぐにやめられるような薬ではなく段階的に薬を減らしその都度経過 [続きを読む]
  • 入院してわかった!やっぱり息子は自閉症スペクトラムだ!
  • 川崎病 で入院していた長男くん。やっと退院できた!でもその道のりは順調なものではなく入院した当初は当然本人も体調が悪く可哀想な状態。。治療の効果があって体調は良くなったけれど、それでも長男くんの機嫌は直らなかった。体調不良で自閉症スペクトラムの特性が全開に機嫌というのか…医師の先生のことも看護師さんのこともずっと無視。母親である、私のことも無視!反応のなく、ベッドで寝ているだけの時間 [続きを読む]
  • 続・NHK「ほめてのばす!子どもの発達障害」
  • 2016年NHKあさイチ「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」の感想の続きです。ツイッターでは番組の批判が多く見られましたが、私と同じ保護者の方が多かったようです。私は録画で見たのでどんな内容なんだろう?と思っていました。ロヴァース式のABAセラピーを放送するなんてチャレンジング!と思いましたが内容には抵抗はありませんでした。「ほめてのばす!子どもの発達障害」の意見ツイート・もっと頑張れと親が責められてい [続きを読む]
  • NHK「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」
  • 発達障害という言葉は新聞やニュースでもよく見るようになってきました。NHKでも過去に何度も発達障害の話題を取り上げていますがTV番組の影響はおおきいですね。2016年NHKあさイチで「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」が放送された時、番組を批判するツイートがあまりに多くて驚いたんですよね。代替え療法ではなくエビデンスのある自閉症療育の内容を紹介しているのに少しは賛同するツイートがあってもいいのでは?またあさイチ [続きを読む]
  • 成長が逆戻りしてる?入院中の不安
  • 川崎病で入院中の長男くん。ステロイドの効果があり、様子を見守りながら段階的に薬を減らしていく状況です。効果があるのはよかったけれど入院生活はまだ続くんですよね。自閉症スペクトラムで場所みしり、人見知りの長男くんにとって入院生活はいいものではないみたい。付き添いの私も長男くんの様子を見ていると成長が後退したような不安な気持ちにさせられるんです…。ショック!自閉症の特性ふたたび入院して5日ほどで熱は [続きを読む]
  • 発達障害の息子のことでお義母さんにブチキレるまで
  • 病気や障害のある子どもを育てていると親はいろいろ悩みますが、孫に病気や障害がある祖父母も不安や混乱はあるでしょう。とはいえ、その気持ちを親にぶちまけると関係が悪くなるかも…。今回は愚痴とお義母さんにブチキレるまでの道のりです。病名を否定。この子はてんかんなんかじゃありませんよ長男くんは4ヶ月の時にてんかんのこわばり発作を起こして入院しました。てんかんは本人の意思とは関係なく脳波が勝手に指示を出し発 [続きを読む]
  • 川崎病で免疫グロブリン療法が効果がないとき
  • 長男くんは3週間ほどの入院になるそう。順調にいけば2週間ほどで退院できたのに…。原因不明の病気と言われる川崎病。治療法はあるんですけどね。川崎病の治療の流れ入院グロブリン製剤を点滴(2日かかった)アスピリンを投与グロブリン療法中は血中酸素濃度、心拍数を確認できる装置と心電図をつけて状態を監視します。子どもの安全を見守るため着けているわけなんですが、この装置のケーブルがからまったり、外れてエラー音 [続きを読む]
  • 入院して後悔いろいろ
  • もう入院生活5回目になる長男くんとそれに付き添う私。その割には入院は毎回バタバタ。今回は予定していない入院だからというのもありますが…実際はまた入院しないだろうと思って過去の経験を活かしきれないんですよね(笑)1番の問題!兄弟の世話はどうする!?入院が決まって最初に思ったのはあれ次男ちゃんどうしたらいいんだっけということ。小児病棟の病室は兄弟の立ち入りすら禁止です。こういう時の緊急対応として事 [続きを読む]
  • 川崎病で緊急入院しました
  • 先週から熱が続いていた長男くん。なんと川崎病と診断され緊急入院することに…。川崎病ってなに?おもに4歳以下の乳幼児に多く見られる原因不明の病気です。この病気にかかると全身の血管に炎症がおこり、合併症として心臓の血管に冠動脈瘤が発生しやすくなります。心臓の冠動脈瘤は心筋梗塞や狭心症の原因となるので川崎病の治療の最大の目的は冠動脈瘤を作らないようにすることです。川崎病の主な症状※同時に現れるので [続きを読む]
  • 無理なく家庭学習を継続するために
  • 自閉症スペクトラムの長男くんは家でお勉強を毎日しています。始めたのは3歳6か月だった頃。なかなか上手くいかなくてお休みしている時もありました。長男くんが家庭でお勉強を続けていけるよう気をつけていることをまとめてみました。子どももママも無理をしないお勉強は幼児が一人でできるわけではありません。ママが付き添っているのが普通だと思います。子どももママも無理をしたらお互いストレスで行き詰まってしまいます。 [続きを読む]
  • 子どもの成長は本人とお友達を信じて見守ればいい
  • 環境の変化に弱い自閉症スペクトラムの長男くん。年中さんになり新しいクラスで楽しくやっているようです。同じ通園施設に通っているけれど、親は心配しちゃうんですよね。変化に適応できた自閉症スペクトラムの息子に成長を感じるバスの時間も1時間も変わったし乗るバスも変更。大好きだった運転手さんも変わりクラスのお友達も…。同じクラスだったお友達は一人だけ。担任の先生は4人のうち2人が新しい先生です。 持ち物を長 [続きを読む]