妻 さん プロフィール

  •  
妻さん: 千代千代
ハンドル名妻 さん
ブログタイトル千代千代
ブログURLhttp://lovebuncho.blog.jp/
サイト紹介文文鳥達とのしみじみとした日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 204日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/30 18:48

妻 さんのブログ記事

  • レモン文鳥
  • 絶賛雛換羽中のネコ。なんとレモン文鳥に!ギャー、可愛いすぎる!! 動くとウズラみたい。なんでしょう・・・。もうネコが可愛くてしょうがないんですよ・・・。まだ雛だから? いや違う、ネコはおっとりしていて大人しい。トリとバードはもーせわしなくてうるさくて。あまりにうるさいと蠅にたかられている気分になる。ケージの中でも、いつも巣の中に入って大人しくしているネコ。どうやらネコもオスっぽい・・・(ぐぜり始めた [続きを読む]
  • バードの変化
  • ネコは3階に隔離して育てていましたが、もう暑いので2階リビングに降ろしました(文鳥のためにエアコン24時間稼働中)。でもケージ内にいるときも2羽の姿が見えないよう、このように配置。↓ 上の小さなケージがネコ最近では3羽同時に放鳥することが多いのですが、ネコは基本的に私にまとわりついてきます。「no more バード」プロジェクトは大成功です?やはり他の鳥と接触させないことがポイントらしいので、試しにトリとバ [続きを読む]
  • 文鳥はおすすめペットだ!
  • 以前書きましたが、職場の社内パーティで我がネコに触れたがるおじさんが「メダカとエビを飼ってるけど懐かなくてつまんねーんだよ」と言っていた言葉が印象に残って。そういえばいつも思っていたことがあります。「ヘビって懐くの?」「ウサギって懐くの?」って。私がペットに求める要素は、懐いてくれる(コンパニオン力が高い)かどうかです。分かりやすいペットは犬や猫ですよね。数年前話題になった「Denver the Guilty Dog [続きを読む]
  • 旅行中の預け先
  • 夏休みに海外旅行に行くことになったのですが、文鳥達のことが気がかり。挙がった案としては以下の6つ。◆私の実家に預ける◆池袋の「小鳥のセンター病院」に預ける◆ペットシッターに来てもらう◆知り合いに預ける◆知り合いに毎日通ってもらう◆相互扶助的なグループ登録それぞれについて現時点での見解を。◆私の実家に預ける頼めば車で1時間かけて送り迎えしてくれる。父・姉ともに鳥の扱いには慣れているので信頼できるのだ [続きを読む]
  • 雛をどこで買うか(下)
  • またネットを徘徊しているうちに、あるブリーダーの方のブログに辿りつきました。その方の雛たちのフッサフサなこと、成鳥の美しいことにビックリしました。「今までは健康な雛かどうかしか考えてなかったけど、美しい文鳥に育つ雛かどうかっていう見方もあるんだ」と思いました。それから「美しい文鳥」というものに興味が出てきたのですが、ネットで調べても、品評会で優勝した的な文鳥の画像が出て来ません。専門家から美しいと [続きを読む]
  • 雛をどこで買うか(中)
  • 私はそこまで考えないまま里親でお迎えしようと思っていたので、夫の希望通りにしました。ちょうどトリを迎えた同じ店でイノ文鳥が販売中と知り、すぐさま迎えに飛んで行きました。ただネコを迎えてから「イノ文鳥ってシルバーイノ?クリームイノ? どんな美しい文鳥に育つだろう〜」などとネットで調べ、さまざまな文鳥画像を見ているうちに気づきました。「ネコって毛が薄くない?」ネット上の雛画像のなかには、フッサフサの羽 [続きを読む]
  • 雛をどこで買うか(上)
  • トリは大手ペットショップチェーンで。あまり考えずに。バードはトリの一か月後、東京郊外の個人店で。あまり考えずに。ネコはトリの一年後、トリと同じチェーン店で。考えた結果。ネコを迎えるにあたり、当初私は里親募集掲示板で探しました。理由は「安いから」。だってシルバーイノって高いじゃないですか。しかし夫が難色を示しました。「お金はかかっても良いから信頼できるショップで買って欲しい」と。里親募集だと資格を持 [続きを読む]
  • フン取りティッシュ
  • 文鳥達を飼うときに躊躇した理由の一つがフン。所構わずされちゃうので。最初は新居ゆえ神経質に拭き取っていたフンですが今や慣れてしまい、大事な家具は布をかけっぱなしにして、放鳥時のフンは放置。文鳥達をケージに帰した後、濡らした台布巾でフンを拭き取って回るスタイルになりました。(最近では翌日まで放置してしまうぐらい麻痺してきた。。。)でもさすがに目の前でされたフンや、洋服にされてしまったフンはその直後に [続きを読む]
  • no more バード 進捗状況3
  • もうこのシリーズも完了かしら・・・。ネコは完璧な仕上がりです。どうですか、この餅っぷり。トリ・バードは放鳥中、常にせわしなく動き回ってはそこらの物にいたずらするので、パソコンしながら放鳥ができないのです(当然、餅になんてなってくれない)。それに比べてネコの静かさよ・・・。これだったら何時間でも放鳥できちゃう。パソコンタイムのお供も可能。水浴びもすんなり。自分から水に飛び込みます。トリも楽でしたが、 [続きを読む]
  • no more バード 進捗状況2
  • 「no more バード」、サブタイトルは「多頭飼いでも、しっかり手乗り文鳥に育てたい」です。さて、3羽目ネコの状況ですが、かなり良い感触ですね〜。以下の画像のように手や腕に留まって餅になりますし、ネコをテーブルに置いたまま離れると鳴いて飛んできます。人間大好き文鳥への育成計画はほぼ成功かと思われます。2階にトリとバードがいるので、ネコは3階パソコン部屋で育てました。それでも24時間換気のために気密性0と [続きを読む]
  • 放置気味だったトリとバードの反応
  • 先週、夫が仕事で忙しく、文鳥達をあまり構ってやれませんでした。また私もネコに全力投球中。今が「人が好き?」と思わせるのに大事な時期なので。と言っても、毎日、朝晩2回の放鳥は守っていました。ただ放鳥中にトリとバードを2階リビングに置き去りにして、3階にいるネコと遊ぶ時間が増えたり、朝にバードバスを設置するのを忘れて出勤してしまった程度です。でも・・・ちょうど換羽中だから?なんだかトリが冷たい。。。い [続きを読む]
  • 文鳥の扱い≒女性の扱い
  • 3羽目ネコが給餌中につき、会社に連れて行って女子トイレに置かせてもらっているのですが、先週、ちょうど関連会社の立ち上げ社内パーティと重なり、もう立食も済んで複数名がグダグダたむろっている席で、会長から「文鳥いるんでしょ? ちょっと連れて来てよ」と言われました。まだ幼いネコ。飛行のコントロールも下手だし、私の掌の中ではないと不安がって「ビッビッ」と呼び鳴きします。みんなの指に止まらせられながらも、不 [続きを読む]
  • no more バード 進捗状況
  • 3羽目となるネコ、どうやら成功ですよ。ふっふっふ。餌を食べ終えても、私の手の中に入りたくてピッピッと呼び鳴きし続けて、包んであげると激しく鳴いて甘えた後に安住します。もう飛べるようになっているのですが、ケースを掃除するために脇に置いておいても私の腕に飛んできます。完全に人を求めている!バードはこんなんじゃなかった!しかも今は、完全に私に懐いていて、夫が可愛がっても私の方に飛んで来たがります。っくう [続きを読む]
  • 我が家の雛鳥飼育環境
  • 我が家が文鳥達3羽を育てた環境をご紹介します。ジャーン。ポイントは、・100均で買ったクリアケース(ケージ)・100均で買ったペットボトル保温袋(巣)・電気毛布(保温)・温度計・ネットワークカメラ(監視)詳細説明です。◆クリアケース(ケージ)100均で買ったものに、ドリルで適当に空気穴を開けました。給餌期間は、電車に乗って会社に連れて行くのですが、このまま持っていったり、大きな紙袋に入れて持っていきます。底 [続きを読む]
  • no more バード
  • バードは、そのそっけない態度がなんとも情緒があって、我ら夫婦としては可愛がってはおりますが、一般受けはしないと思います。年寄りやSMの気がある人向け。なんかコミュニケーションバードとして重要なものが欠落しているんですよね・・・。それは「人への関心」。バードにあるのは「恐怖心」と「食欲」と「性欲」だけ。一羽じゃ怖いから、食べ物をもらえるから、自分が必要とした時にこちらに飛んできているだけ。ちなみにネッ [続きを読む]
  • 3羽目
  • 予定通り、3羽目をお迎えしました。イノ文鳥のネコちゃんです。よろしくお願いしますー。名前は「ハツ」「テバ」「スナギモ」のどれかにしたいと提案しましたが、夫に却下されました。「じゃあハトが良い」と言ったら、「バードと語音が似ているから混乱するのでは」とまた却下。通常は「シルバーイノ」「クリームイノ」などという商品名が書かれていますよね。でもこの子は「ブンチョウ(イノ)」とだけ書いてあり、説明文に「シ [続きを読む]
  • 愛の形
  • ほんにバードは可愛い。以前、ケージ内で捕まえて思う存分愛撫してから放鳥してやっていると書きましたが、今でもそのスキンシップは継続中です。以前は「捕まったら焼鳥にされる」ぐらいの必死さがあったのに、最近はケージ内で逃げ惑う様が甘くなってきやがった。初心な時代は過ぎてスレてきたか。トリは一日何回もバードバスに入るためほぼ無臭なのですが、バードは入らない日もあって香ばしい。手中でもがく白い羽毛の小動物が [続きを読む]
  • MVB
  • 連休中に、私めの父と姉が我が家に泊りに来ました(母は鬼籍)。通常はこちらが実家へと帰省するのですが、今回は「たまには東京に出て来なよ」と呼びました。父・夫・私の3人とも、あまりコミュニケーションが得意ではありません。いつも帰省時には、お酒の力を借りて饒舌になることで会話するのが常套手段。だから私にとって「帰省=ちょっと気が重いイベント」なのです。しかし今回の会場(我が家)には無邪気なコンパニオンバ [続きを読む]
  • 冷えの想ひ出
  • 東京は池袋に、小鳥の専門病院があります。トリがまだ幼鳥の時分、未消化の糞をして、餌を食べなくなってしまったことがありました。夫が「池袋に小鳥専門の病院があるらしい」という情報を入手し、すがるような気持ちで「池袋 鳥」とネット検索したところ、焼き鳥屋の店名ばっかり出てきたことが思い出されます。まだ嘴の端の黄色いトリを箱に入れ、揺らさないように夫が大事に抱え、その池袋の病院へと連れてゆきました。原因は [続きを読む]
  • 個性
  • トリはまこと頭が良い。先日、我が背の君が不在中に、2階リビングで放鳥していたとき。トリに「トリ、夫ちゃんはどこ? 夫ちゃんは?」と聞いたところ、キョロキョロし出して、なんと1階へ下りる階段ドアにへばりつくではないですか。(夫はいつも1階書庫に居るため)夫の名前を憶えていること(特に教えていなかった)、目の前にいない存在を思い出せること、に大変驚きました。「トリ。」と話しかけると、こちらの目をじっと [続きを読む]
  • 写真館
  • いつもテキストばかりの記事ですが、本日は写真ばかりの記事を。我が家のドールと。荒ぶるバード。人がリビングから去るとこのようにドアのガラスにへばりつくのが大変可愛い。夜景とランプと。 [続きを読む]
  • 叶わぬ恋
  • トリは夫LOVE。夫がフリースのジップを下げて胸のところに空洞を作ってやると、すぐ飛び込んで「ピチュチュチュチュ…」と夫を呼ぶ。最近では、夫がまだジップを下げる前から飛び込もうとして襟のところにぶら下がる始末。いつもはバカマッチョバードにいじめられ気味なくせに、バードが夫の肩に飛んで来て遊ぼうとすると、夫の胸の巣から飛び出して「オラオラ!」とシマから追い出す。私が「トリ!」と手を掲げて呼ぶとすぐ飛んで [続きを読む]
  • 神はサイコロを振る
  • もう少しでトリもバードも1歳。すっかり成鳥となっています。両方ともオスなんですけどね、お互いに求愛ダンスしています。(↑ トリがバードに求愛中)求愛ダンスしている方は本能の発動によるトランス状態に入っているのでいいですけど、された方がじっと黙って凝視しているのが笑える。求愛されている(=やろうぜ!と言われている)のをどこまで理解しているのでしょうか。通常は、求愛した側が正気に戻っていつもの戦闘モー [続きを読む]
  • 飛び散り防止策(下)
  • まずはどういう経緯で飛び散りが発生するのか、しばし観察してみました。すると、「HOEIの餌入れが深いため、餌入れの中に入り込んでついばみ、戻るときの脚のバネで餌が飛び散る」ということが判明しました。ということは、餌入れの中に降りることを防止できればいいのでは?再度そのような目的で餌入れを探してみました。するとありました。 針金が邪魔して入り込めないようにしてあるのです。「おおっ」と最初思いましたが [続きを読む]
  • 飛び散り防止策(上)
  • 二羽とも一人餌になってから、ケージからの餌の飛び散りがすごくて。最初、餌入れを工夫すればいいのかなと思って「飛び散り防止 エサ入れ」などと検索して探してみました。するとこういうフタ付きの餌入れがヒットしますね。しかしHOEI35のケージは、このカバーがデフォルトで付いています。 カバーしていても飛び散るのだから、上記のようなフタ付き餌入れにしても意味がないのでは・・・。そしてネットで調べていたら、や [続きを読む]