有限齋白錬 さん プロフィール

  •  
有限齋白錬さん: 遐き月影
ハンドル名有限齋白錬 さん
ブログタイトル遐き月影
ブログURLhttp://tookitukikage.blog.fc2.com/
サイト紹介文全日本居合道連盟近畿地区無双直伝英信流基道館
自由文無双直伝英信流居合道
卍一刀流試刀術
無想月下無端流剣体術
それらを「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 120日(平均4.5回/週) - 参加 2016/12/31 15:47

有限齋白錬 さんのブログ記事

  • 胸章制作
  • 新しい会員が増えたので、胸章を5枚ほど制作すると連絡があった、ちょうど引っ越し騒ぎで、引っ越し会社が旧宅に忘れた、稽古着や着物関係が入った衣装箱2個が、まだ見つからないときだったので、ついでに作ってもらった。特注品だから、10日程かかるのだが、昨夜受け取った。 以前から使っているものより、やや大きく個人名が詰まっている(笑)今回は姓でなく武号の無端庵にしてもらった。古い方の裏には2665.7.27(皇紀 [続きを読む]
  • 袴の手入れ
  • 袴のひだについて書かれたものは多くある。引用五倫五常とはどういうこと?■ 五輪とは、儒教における5つの基本的な人間関係を規律する徳目を表し、1:君臣の義 ・・・ 君臣(くんしん)は義を重んじお互いを思いやる。2:父子の親 ・・・ 父子は親しみを持つ。3:夫婦の別 ・・・ 夫婦は互いに役割を持つ。4:長幼の序 ・・・ 兄弟は互いを愛し、敬って序(上下関係)を守る。5:盟友のの信 ・・・盟友(固い約束 [続きを読む]
  • 浮雲會 稽古に出かけた
  • 浮雲會會には 北欧から日本に来ているご夫婦少年二人のお母さんが、控えている。そこで、Oリングテストを試みる試験者は3名のご婦人方であるまず、持参した毒とパワーグッズ(水晶)を並べるこの時点では誰も結果を予想しえない① 指でOリングを作ってもらう 自分の力を認識し、そのあと指を均一に開く。さて、右手に持参したものを持ってもらう 薬は毒だから、当然指が開く水晶の念珠は強い! けれど、今夜のテーマ [続きを読む]
  • 猫帰還す
  • 4月14日以降行方不明となっっていた 「摂南クロ子」雑種5歳♀が帰宅した(嬉) 10日余をどうして過ごしていたのか・・・・・帰宅してからは、ダーリンの膝の上から離れない。良かった! [続きを読む]
  • 基道館浮雲會 土曜稽古会 泉佐野市上之郷小学校 訪問記
  • 浮雲會が拠点とした上之郷小学校の稽古に初めて行った。JR日根野駅に浮雲會助教「不雅庵」氏が迎えに来てくれた。 日根野イオンカルチャー応援に向かった卍堂主人も イオンが休講となったので、こちらに来てくれた不致庵2段(月影会)に統一体からの抜きつけを指導している↓ 上座の方で、今年5月の全国大会で錬士を受審する無有庵師範代が卍堂にみっちり指導を受けている↓ 脛囲の実際をやっている↓&nbs [続きを読む]
  • JKの啓示
  • 電車内でJKが友達にこう言った「わからん授業ききたないワ」その気持ちは理解できる、わからないことがありつまずくと、そのあと次々と展開する授業から取り残される。その疎外感はひとしおであろう。武道の中でもとりわけ、わからない用語や、見たこともない身体操作、世間の常識から大きく逸脱している(世間が鈍いのだが)着眼点・・・・・その集大成が居合であろう。ゆえに、「わからん授業」に道場全体が埋没するのを傍目で眺 [続きを読む]
  • ジグソーパズル
  • ジグソーパズル居合の形はジグソーパズルのピースのようなものだ。外見は同じでも、置く場所が違ってきて、接続する相手も変われば色も違ってくる。すべて、落ち着くところが決まっているのだから、形の追求は「心配無用」の世界だ。正しい道筋さえ踏み外さなければ、結構いい線までいけることが担保された修行は手応えがある。自分の形に色を付けてゆく過程で(修行が深まる過程)最初思っていた「位置」との誤差に気がつくのが、 [続きを読む]
  • 松山二番町 BAR KOOL
  • 松山の話が出たので、今夜は BAR KOOL松山商業からまっすぐ、大街道に向かう、やがて右手にそのBARはある。入り口はこんな感じ カウンター マスターは 一好庵を名乗り、「空流」を信条としている。 松風(単車)にのって日本中をさすらい、各地のBARを訪ねて歩いた三王一好である。その後、世界に向かって歩きだして、欧州を踏破した。スコットランドでは老舗の蒸溜所に押しかけて其の機微をつかもうとしたとい [続きを読む]
  • 極上 大吟醸 辨天
  • 浮雲會の不陵庵新初段から昇段のお礼として辨天が届いた。添えられた手紙には指導者への感謝と今後の覚悟、また不陵庵という武号に対する意気込みが書かれていた。「居合道を通じて人間として心身ともに成長できるよう精進を重ねてまいります」という。実に行き届いた心配りであるが、孫弟子である彼からそういう心配りをしていただき心苦しいところもある。浮雲會はしつけが行き届いているということだろう。こういう [続きを読む]
  • 剣心一如
  • 私の座卓前にある、祖父の手による色紙長きに渡り、剣と心はひとつだと教えてくれている。引っ越しで、私の部屋も様変わりして、古いものがたくさん位置を変えて置かれている。 祖父の真似をして、私も筆を取り出した。 剣道世界覇者を育てた祖父には敵わないが、私なりに最高の居合者を育てようという気持ちは消えていない。私が書いたものが最高の宝物だという弟子の一人にあげようと思っている。 [続きを読む]
  • MJQ モダンジャズカルテット
  • 帰宅すると、ダーリンが約3,000曲ある、私の音出し機(ハードデスク内蔵のステレオ)を聞いていた。ランダム再生が可能なので、昔、レコードから録音した楽曲も再生される。するとMJQが始まるではないか!まだ、松山にいた頃、二番町に「マリモ」というJAZZ喫茶に通った。そこでは、MJQがよくかかっていた。おそらく、マスターの好みだったのだろうそのころ、私は大学生で、JAZZのことなど皆目わからない(笑)分厚いドアを開ける [続きを読む]
  • 大阪府泉佐野市日根野 イオンカルチャー 「瑞月會」に出かけた。原付バイクでおよそ.45分(疲れた)かるちゃー教室は、女性師範ということもあり、生徒さんは2名とも女性である。そこへ、わが基道館きっての甘いマスク無維庵6段が応援に来ている。 YAさんは「カルチャーショック」が大きくて・・・・とお話だ。今夜はまた、私服で登場した。理由はワッペンが引っ越しのため見当たらない。「循環無端」」のワッペンなし [続きを読む]
  • 泉州に返ってきた
  • 4月6日に転居してやっとネットもつながり、台所も、私の部屋もかたずいた。晴雲稲荷さまも鎮座し、洗米・塩・榊もお供えできた 今夜は、ダーリンが獺祭のつまみにマグロのやまかけを作ってくれた、もちろん完全オーガニック 部屋の様子も、気に入るように配置できた。狭いながらも楽しい我が家である。 京阪の旧宅に本箱をおいてきたので蔵書もコンパクトである(笑)9日の花見の後で卍堂主人に久しぶりで会 [続きを読む]
  • 桜乱舞  刀乱舞
  • 4月9日 日もよし、雨も避けてくれて観桜会+試しきり会+食事会月影会から参加が少なかったがすべての道場から会員が集まってきた。まずは桜例年の如く和泉市鶴山台にある惣ケ池公園に集合それぞれ今年の桜を満喫した続く食事会のお楽しみは今年、有段者となった方に「武号」贈呈主には浮雲會の会員が多いその後移動して無徹庵相談役のところに向かうそこで、先日購入した道場備品のお刀で試斬りという趣向である。お刀は、2.35尺 [続きを読む]
  • 味わう能力と環境
  • 世の中には、安いという理由で買い物をする人がいる。確かに、安いことはいいことだ。ただ、品質の面ではそうはいかない事柄も多い。今夜は、イチローモルトを飲む最初はストレートで、楽しむ。口に含むとスモーキーな余韻とずしんとした手ごたえがあるモルトだ昨夜同様にオーガニックレモンのホットウヰスキーとする飲みながら、こういう素晴らしいものを飲んでも感性が届かない人もいるのだろう、という哀れさを思う。居合に例を [続きを読む]
  • 君たちは偽物に鈍感すぎる
  • 今夜は、余市をホットウヰスキーにして楽しんだオーガニックのレモンを浮かすと、まあ、いい香りと柑橘類の味が混然として実にオイシイ。レモンと言えば、1970年以降の日本の厄災を代表する果物だ。先日も、とあるベーカリカフェで大変な目に合った。そこでコーヒーを飲んで、水を飲んだ、「おいしい水」と書いてあるそのポットを見過ごして水を飲んだのだが、一口飲んで吐き出した。農薬の味がした。ポストハーベスト農薬ポットに [続きを読む]
  • 髪の毛1本踏んでも分る感性
  • 今夜は1時間掛けて、足の手入れをした。私のような高齢者になると、すぐに足底が角質化してしまう。しかし、居合者としては、それはまずい。ということで、3週間に一度は徹底的に足のメンテナンスを行う、これが終わると、髪の毛1本踏んでも、エフ?という感触が戻ってくるのだ。多くの道場が、初心者に足袋を履かせない理由はここにある。ただ、なぜ足袋を履かせないか、理由も知らず、エライから足袋が履けるという勘違いも多 [続きを読む]
  • お刀の手入れ
  • 心を見つめたい時、もちろん稽古の後は帰宅後すぐに必ず。お刀を手入れする。打ち粉を丹念に打ち、本来なら「吉野紙」で拭う註 吉野紙は一旦水に浸し、乾いたものをよくもみほぐして使うただし、現代は便利なティッシューと言うものがある、バージンパルプから出来たそれを使う。註 駅や繁華街で配っているポケットティッシューは絶対に使わないこと居合に使えば当然ヒケが入るから、私の愛刀の先師村上基助先生の遺愛刀 「肥前 [続きを読む]
  • 進捗するとはどういうことか
  • 映像は、無維庵氏が入門間もないころ撮影されました。今年5月の全国大会に彼は「錬士」受験に向かいます。師範になるということです。彼の道場はどんなふうに育つのでしょうか、楽しみです近頃は、棒を押し合っても彼にはかないませんから、随分と体幹、丹田の向上があったことが感じられます。 [続きを読む]
  • 無学庵師範 謹慎顛末
  • 月影会では、もやもやしたものがあるらしい。不拳庵氏が、私とLINEで「会話」し、スッキリしたと言うではないか。ああ、たしかに自分たち月影会の師範を説明もなしに宗師範の強権で謹慎処分にしたら、それは、納得いかなくて当然の人情であろう。もちろん 月影会の会員の気持ちも理解できる。それでは、なぜあなた方の師範を「武道不覚悟」の一言で謹慎に処したか説明する。事の起こりは、基道館「全体」のバッチを作ることを全体 [続きを読む]
  • 余市を飲みながら
  • 昨夜は日根野イオンカルチャーに出向いて、見学者の方と「実験」をした。正座のありかた、正しい姿での「正座」はどういうことか?理解する。一般の方は体重が何処に落ち着くか、また視線は何処に置くのか、手の位置は何処なのか、大体でしか知らない。一水師範はカメラを用意していたから、使用前 使用後の写真を撮影する。まず、何も教えないで正座してもらい、それを撮影しておく。あたり前だが横から押すと簡単に崩れる。それ [続きを読む]
  • 三誓会  茜雲会  瑞月会 
  • このところ、特に変わったことはなかったが、昨日、刀を購入した。2.35尺、重さ1080G 鎬造り 尖り刃の関の無銘刀で実用品だ。拵えはこれも実用品だ(笑)試斬に使う予定で、道場の備品である。モノ切れしそうな感じを受けた。こういう刀を購入する時私は5分も考えないのだが、道場の皆さんの共有財産だから、じっくり見た。今夜は、泉州の中央にある「浮雲會」の稽古場である上之郷小学校で、基道館全体の合同稽古があり、そこで [続きを読む]
  • 二歩で日本人かシナ人か韓国人か分かる
  • 大東亜戦争中にアメリカ軍が次のような【見分け方】を示した日本人は足を引きずって歩く、おそらく下駄とかの影響だろう一方、シナ人や韓国人は欧米人と同じ歩き方をする。それって、正鵠を射ている「足心」から着地するのは日本人の武道の嗜みで、当然であり、「かかと」から着地するなどありえない。日常では、西洋体育の影響で、わたしですら「かかと」から着地する歩行を行っている(笑)ただ、私は松山商業の駅伝選手であった [続きを読む]
  • 沢庵三切れの絶縁
  • 禅寺では、沢庵は重要な副食で大事にされる。たかが漬物だが、重要な役割がある。修行僧が至らぬ時、師は沢庵をいつもより一切れ増やす。沢庵三切れを見た修行僧は五観の偈を唱えながら、「下山」を覚悟する。五観の偈何が足りないのか、何がいけないのか、説明はない。それが、禅の修行の姿だ。私の直門はそういうことを知っているから、私から何か貰うのを恐れているらしい(笑)そういう厳しいことは、あまりしないから安心して [続きを読む]