有限齋白錬 さん プロフィール

  •  
有限齋白錬さん: 遐き月影
ハンドル名有限齋白錬 さん
ブログタイトル遐き月影
ブログURLhttp://tookitukikage.blog.fc2.com/
サイト紹介文全日本居合道連盟近畿地区無双直伝英信流基道館
自由文無双直伝英信流居合道
卍一刀流試刀術
無想月下無端流剣体術
それらを「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 86日(平均4.6回/週) - 参加 2016/12/31 15:47

有限齋白錬 さんのブログ記事

  • 余市を飲みながら
  • 昨夜は日根野イオンカルチャーに出向いて、見学者の方と「実験」をした。正座のありかた、正しい姿での「正座」はどういうことか?理解する。一般の方は体重が何処に落ち着くか、また視線は何処に置くのか、手の位置は何処なのか、大体でしか知らない。一水師範はカメラを用意していたから、使用前 使用後の写真を撮影する。まず、何も教えないで正座してもらい、それを撮影しておく。あたり前だが横から押すと簡単に崩れる。それ [続きを読む]
  • 三誓会  茜雲会  瑞月会 
  • このところ、特に変わったことはなかったが、昨日、刀を購入した。2.35尺、重さ1080G 鎬造り 尖り刃の関の無銘刀で実用品だ。拵えはこれも実用品だ(笑)試斬に使う予定で、道場の備品である。モノ切れしそうな感じを受けた。こういう刀を購入する時私は5分も考えないのだが、道場の皆さんの共有財産だから、じっくり見た。今夜は、泉州の中央にある「浮雲會」の稽古場である上之郷小学校で、基道館全体の合同稽古があり、そこで [続きを読む]
  • 二歩で日本人かシナ人か韓国人か分かる
  • 大東亜戦争中にアメリカ軍が次のような【見分け方】を示した日本人は足を引きずって歩く、おそらく下駄とかの影響だろう一方、シナ人や韓国人は欧米人と同じ歩き方をする。それって、正鵠を射ている「足心」から着地するのは日本人の武道の嗜みで、当然であり、「かかと」から着地するなどありえない。日常では、西洋体育の影響で、わたしですら「かかと」から着地する歩行を行っている(笑)ただ、私は松山商業の駅伝選手であった [続きを読む]
  • 沢庵三切れの絶縁
  • 禅寺では、沢庵は重要な副食で大事にされる。たかが漬物だが、重要な役割がある。修行僧が至らぬ時、師は沢庵をいつもより一切れ増やす。沢庵三切れを見た修行僧は五観の偈を唱えながら、「下山」を覚悟する。五観の偈何が足りないのか、何がいけないのか、説明はない。それが、禅の修行の姿だ。私の直門はそういうことを知っているから、私から何か貰うのを恐れているらしい(笑)そういう厳しいことは、あまりしないから安心して [続きを読む]
  • 追悼 浅川マキ
  • 今夜は、何故か疲れた。パイプを取り出し、キャプテン・ブラックを詰め込む。ゆらゆらと、パイプをくゆらせ、ユーチューブで、過ぎていった「浅川マキ」を偲ぶマキさんと、出会ったのは、私が18歳、マキさんが26歳の頃渋谷の山手教会の地下にあったライブハウス ジャンジャン。真っ黒なワンピースにブーツ、彼女は終生そのスタイルを貫いた。 私には1969年のすごい出来事だったマキさんの初期は大好きだが、1987年の「こぼれる金 [続きを読む]
  • マイナスの効用
  • 敬愛する、悠心館館長「庄田幸生」先生が20年も前に放たれたコトバが耳に残っている「マイナスの考えはNG,TVや新聞はマイナスの事柄を伝えますから、見ません」確かに、人が死んだの殺したの、賄賂も貰ったのというニュースばかりではある。私は、へそ曲がりだから、何かマイナスでいいことはないかと考えている。世の中は「正負」「プラス、マイナス」で出来ている。電気だって+と-が入れ替わり成り立っているところを見ると、マ [続きを読む]
  • 昇段審査後日談
  • 昇段審査がおわり、いろいろな方からお礼が届いた。私の嗜好は読まれていた(笑)昔、獺祭がまだ有名で無いころ、このお酒が大好物だった。私の初めての弟子は蘭水3段だったが、盆暮れには、彼女はコレ置いているキタのデパートまで行き、泉大津にあった私のアルザ本部まで持参したものだ************************************K氏は孫弟子で、私が直接指導に及んだ人ではない。(浮雲會所属)しかし、賢明なK氏は、自分が昇段でき [続きを読む]
  • 真剣所望
  • このたび3段となった月影会の不雅庵氏は、「助教」に昇格する。彼の師匠である無砦庵師範から強い希望があった、もちろん私は賛成で、何の問題もない。今日、LINEで無砦庵師範が、彼に真剣を調達してほしいと言ってきた。2.35尺が適当であろうという意見だ。自前の真剣で稽古をすることが、我が道場ではスタートラインとなっている。そうか、出発点に立ったか、というお祝いの気持ちがわいてきた。明日、あたりをつけてみようと思 [続きを読む]
  • 全日本居合道連盟 近畿地区 昇段審査
  • 昇段審査会が行われた。基道館の面々写真に写っていない、厳しい内規で今年昇段できなかった方々も、週に3〜4の熱心な稽古で、来年こそは昇段をお願いします。会場で、飛び2段の人に厳しいことを言っている人を見かけた某6段「まるで、目付けがなっていない」飛び2段受審者「スミマセン」某6段が去ったので、飛び2段の方に尋ねた私「目付けと言っても教えてもらっているのですか?」飛び2「知らないのです」私「それは言う方がわる [続きを読む]
  • 身の規矩の大事
  • 身の規矩は自分の寸法を知ることである。もう50年前になるが松山商業陸上部長距離班のころ、ロードは毎日20km走った。中でも苦しかったのはトラック(400m)でのインターバル走だった。トラックでは10km走ると決まっていた。400mの全力走は25本200mなら50本まるで、根性の世界でした(笑)とりわけ記憶に残っているのは、1000m走だ、私はタイムを3分ちょうどに設定し10本を走った。それより早くても遅くてもいけない。1000 [続きを読む]
  • 医療費において日本沈没
  • いやいや読んでいる読売新聞の夕刊に以下の広告があったまず、年代別の医療費(年間)のグラフだ次に年代別まあ、馬鹿な人達が右往左往している姿が見えてくる。私の家庭は病気と縁はない、長男など注射(ワクチン)を打ったことがなく、注射ってどんなだろう?と言っていたくらいだお金で言うと、13275円X35年=464、625円で、四人家族だと1858500円をドブに捨てなかったことになる。病気で働けない、学校に行けないなどという [続きを読む]
  • 体感入浴法
  • 久しぶりに「パインハイセンス」をネットで買った。むかし、知り合いがこの販売元の代理店をしていて、販売協力を頼まれたので、販売店となった。そのころ、泉州に13店舗を展開するグループ企業をやっていたので、一度に60万円くらいこればかり仕入れたものだ。こちらは儲ける気がないものだから、安値ではいていた。ある日、発売元から、安売りは違反と電話が来た。それで、パア!やめました(笑)しかし、私は水道水が如何に悪い [続きを読む]
  • イオン 日根野 カルチャー教室 「居合道」 2
  • その夜、無傳庵師範の指導を見ていたら、重要なことが多く語られていた。[高画質で再生]日根野イオンカルチャー「居合道」2[広告] VPS前のめりにならない胸を下す上からつられている剣先から打ち下ろす上段に冠る肩を落とすカルチャー会員の皆様が熱心に取り組んでいます↓[高画質で再生]日根野イオン カルチャー教室 「居合道」3[広告 ] VPS常識ですが、初心者にはなかなかできないことばかりです [続きを読む]
  • イオン 日根野 カルチャー教室
  • 自宅からおよそ70km離れた JR 阪和線 日根野駅近くの「イオンカルチャー教室」に出かけた。ここには昨年春開講と同時に入った会員たちが稽古をしている。この夜は、3月から主任となる一水さんが都合で欠席ということもあり、浮雲會師範「無砦庵」と卍堂主人「無傳庵」両師範が指導に当たっていた。近くの上之郷小学校では、月影会と浮雲會の有段者による合同稽古が行われていて、そこには月影会の「無学庵」師範が出向いてい [続きを読む]
  • 10000人にひとり
  • 今日、地下鉄で素晴らしくきれいな髪を見かけた。この所、髪を汚く染めて、同じ髪型で安心しているバカ女ばかり見てきたから、少し安心した。その女性は、年の頃なら30前後、薄ベージュのミモレ丈のカシミアコートを羽織り、エッジの効いたハイヒールだった。階段に差し掛かると、幻滅した。なんと、彼女は「ガニまた」歩きだ。ああああ、西洋体育で教育がなされているから、ある程度は仕方ないとは諦めているが、日本女性は「ガ [続きを読む]
  • 稽古情報 会員必見
  • 3月から阪南市「月影会」の稽古曜日が変更になります。整理のため1週間の稽古場所を書いておきます。日曜日 無端塾  和泉市 信太中学 18時30分〜20時30分火曜日 浮雲會  熊取町 熊取北中学 19時〜21時木曜日 無端塾  和泉市 信太中学   19時〜21時金曜日 月影会  阪南市 舞小学校  19時〜21時土曜日A 浮雲會  泉佐野市 上之郷小学校 19時〜21時土曜日B イオンカルチャー 日根野イオン  [続きを読む]
  • うしろすがたのしぐれてゆくか−乞食の作法
  • 種田山頭火は、松山市の北にある御幸寺山(私たちはみきじさんと呼んでいた)に庵を結び、そこで漂泊の生涯を閉じた。一草庵という、山の中腹にあった庵だ。私はその御幸寺山から、ほど近い東雲小学校、御幸中学に学んだ。だから、中学の時から山頭火が気になっていた。もちろん、山頭火は死んでいたから、面識はない。けれど、庵は鮮明に記憶に残っている。うしろすがたのしぐれてゆくかという句は、1931年(昭和6年)に九州は八 [続きを読む]
  • 無知の涙
  • ?無知の(;_;)?は1970年台に22口径の短銃を手に入れ、数人の命を奪った「永山則夫」という死刑囚が獄中から発したメッセージでした。それは、痛苦に満ちたコトバが綴られていました。今日、京阪沿線でコンビニにトイレを借りに入り、水を買いました。前にいた、JKはコンビニ弁当をレンジで温めてもらい、箱に入った乳製品、お菓子を買いました。彼女が、そういったことを繰り返すなら、おそらく不妊、もし、子宝に恵まれても [続きを読む]
  • バッタモンに注意
  • 世の中の人は「居合」といえば、全部同じだと考えているかもしれない。しかし、現代に作られた流派もあり、古流とは呼べない。その中身は現代スポーツのディレクトシステムで出来上がっているから、腕立て伏せで筋力がつく世界である。そんな、古流は要りませんよね。号令をかけ、抜き付けを「練習」しているところも怪しい・・・さて、もっとすごいのを見かけた。カルチャー教室で、6000円も取り、怪しげな流派を教えている。 [続きを読む]
  • 心身統一居合道への道
  • 阪南市月影会へ向かう電車では本がよく読める、なにせ往復4時間だ夕刻阪南市に降り立ち何か食べておくのだが(帰宅が23時をすぎるから)いつものように和歌山の「中華そば」にした泉よしの中華そば食べ終わるころ、不宗庵会長が迎えに来てくれた。底冷えする阪南市舞小学校の道場には、月影会の人達が集まってくるのだが、今月から浮雲會が約15km離れた熊取町、熊取北中学校で稽古を同じ火曜日に始めたものだから、少し人数が [続きを読む]
  • 幹部会・図譜輪読会(本部道場今年2回目)
  • 錬士受審の資格について、前回の幹部会が紛糾した。事実誤認や、本人の思い違いで、4年も6段でとどまっている人が、錬士を受審できないことになっていた。それを幹部の一人から聞いた無徹庵相談役から架電。「もしもし、無端庵先生、無○庵が錬士になれないそうですが、どういうことですか?後輩たちはとっくに錬士になり、道場を構え、弟子もいて?先生?と呼ばれているでしょう、状況が知りたい」色々調べた結果、もう一度幹部 [続きを読む]
  • エタ、非人の娘(私の尊敬する祖母)
  • エタと蔑まれ、非人と罵られ、それでも生きた、素晴らしい祖母の思い出を綴る。「○田イト」は推定明治末期に愛媛県北条市に生まれた。彼女の生まれた家は被差別部落民だった。この話は長くなるだろうから、構想を練り、差別がどんなに非道か、それにも敗けず、祖母は戦ったのか、私の思い出を語りたい。人種差別(近頃では朝鮮半島人に対する差別)また同じ日本人でありながら教育も受けられなかった被差別部落民の中でもおおらか [続きを読む]
  • 直会(なおらい)の効用
  • 堺市大浜体育館で年に2度行われる行事は、1月の初抜き大会。3月の昇段審査。私はその後の連盟主催の懇親会に20年ほど参加したことがない。理由は簡単だ、弟子たちと「ちくま」に行く。酒を飲めない弟子たちに高額の懇親会費を出せとはいえない。それならば、弟子たちと、せめてそばでも食べようかというのが親心だろうと思っている。昔は全部で4人だったから私のポケットマネーですんだ。いまは30人もいるから会費にしても [続きを読む]
  • 未知を認めるところから始まる
  • 未知の事項があるということを認める。古代の地図は、現実に見えるものを計測し、まとめ上げたのだが、未知の領域には「憶測」「伝承」「想像」を当てはめ隙間なく描いていたそうだ。まあ、ファンタジー映画に出てくる地図のようなものだろう。地平の果には龍が火を吹いている(笑)ところで、現代科学もいい加減で、宇宙は真空だという。真空なら光も届かないので、じゃあどうやって星の光や、太陽光が届いているのか?昔のギリシ [続きを読む]
  • [ 再掲」型の重要性(美しい型とは)
  • 型の重要性(美しい型とは)2016.02.13. 近頃少数派になった「人間を磨く」という言葉。磨くとは、砥石(堅いもの)にこすりつけて鋭利にしたり、ピカピカにしたりする行為である。人間界に於いてその砥石とは対人関係であり、ブドウでいえば稽古である。稽古(古きを考える)とは日本伝統の文化において広汎に使われる言葉で、華、茶、舞踊、能・・・・いたるところで型稽古がなされる。制約を課された、型というものが日本の文 [続きを読む]