銀河 さん プロフィール

  •  
銀河さん: 透明な雫−Cosmic Harmony
ハンドル名銀河 さん
ブログタイトル透明な雫−Cosmic Harmony
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tajigen-ucyuude-asobouze
サイト紹介文宇宙の大転換期に…。はじめて逢うのになつかしいあなたに贈る宇宙のささやき。魂のコアで響きあうあなたへ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 175日(平均0.6回/週) - 参加 2016/12/31 21:13

銀河 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 原初回帰への希求
  • 宇宙中の存在は振動し続ける微粒であるそれは全生命体の宿命である地球人として肉体という衣を脱ごうともそれは存在の死ではない形を変えながら微粒として振動し続ける個の存在は原初の意識への回帰を希求するように設計されているそれゆえに他の個と繋がろうとするしかしながらそれをくり返しても個の中には融合点がないため決して回帰はできない本質あるいは原初の意識は対象化して見えるものではないすでにあなたは辿り着いてい [続きを読む]
  • Self-Revolution
  • あなたが放つ瞬間に凝縮されたそのひと雫が波紋となるのであるそのフィードバックをあなたという宇宙の中であなた自身が体験しながら内なる封印を解いていくのであるスパイラルを上昇しながらあなたの音を静かに奏でるのだ声高らかに叫び旗を振る必要はないのであるあらゆる一つひとつがあなたというプロジェクトに他ならないからであるあなたが放つさりげない ひと雫はまぎれもなくあなたのレボリューションなのである今からはさ [続きを読む]
  • 隙間
  • 存在と存在感は違うものである認識するあなたがいる故“感” となるのである感情 感覚 思考 理解 記憶…それらの全ては去来するものである去るもの 訪れるものは 本質ではない存在感は連続しているわけではなく瞬間瞬間という点があるだけであるその点と点の隙間には何が在る?そこに漂っているものがただひとつの存在なのであるそれと分離してあなたは感じることはできないそれそのものであるのだからそこにはあなたという存 [続きを読む]
  • 引力
  • 外側からの引っ張るエネルギーによく注意を払うと同時に自身の内側の自分で自分を引っ張るエネルギーにもよく注意を払うことであるそのエネルギーで外側を引っ張ることにも注意することである自身の思考エネルギーをよく観ていることである引っ張りあうエネルギーは崩壊中のループする世界で溺れてしまうものである個の魂として宇宙に立ち歩むことを忘れずに今の流れを見失わないように [続きを読む]
  • 刻印
  • 瞬きと流れ時に関するこの2つが静かに融合するその瞬間へとゆっくりと向かっている次々に来る流れに辿り着いた者たちはこの世で巧みに糸を操る者たちとその糸に操られている者たちと一線を画す意識でいるだろうあなたたちの魂が記憶している本流の流れの中で受け継いできた刻印を1つに束ねる時でもある [続きを読む]
  • 遺伝子コード
  • 遺伝子コードを紐解き魂レベルの遺伝子をあらためて整えることである肉体レベルの遺伝子ではない魂レベルの遺伝子である古に於いて宇宙領域で魂レベルの遺伝子操作を行った存在たちが地球に転生しているがそのカルマにより難易度の高い肉体レベルの問題を抱えているこれは因を修正するためにそのカルマのエネルギーをリリースしリセットすることが命がけの贖いとなっているためである同じ癖をくり返しているとループから抜けられな [続きを読む]
  • 月からのメッセージ
  • 月はいつも月である太陽との位置関係により見える姿や形を地球の民が新月や満月とし神というトリックに眠り自分で自分を騙すが如く特に満月というものを特別の月の顕れとし崇めていたりするだけであるここから繋がるメッセージだがこの世のあらゆる見せかけの姿に振り回されないことである大衆が見せかけの姿に右に倣えの如く踊らされ集合意識を形成していようが崩壊中の∞領域に於ける伝統やしきたり、神話偽りし情報、流行りもの [続きを読む]
  • Energy Flow
  • 降り注ぐエネルギーが滞りを強く押し流す精神レベル 肉体レベルにて同じ問題をくり返してしまうのは魂深くからのサインである自らの内を微細に感じ本質とのパイプを強化し移ろいゆく儚きものに振り回されないことであるエネルギーの動きが非常に大きくあらゆるエネルギーの動きが活性化している地球次元の知識や正しさにこだわらないことである頑なさを手放ししなやかさを取り戻す時である [続きを読む]
  • 切断
  • 何かが飽和した如くある時、突然昇華する瞬間がある同時に多くが削ぎ落ちるさらに削ぎ落ちてゆく意識的には感情に流されず淡々と 冷静沈着に切断する感覚にも似ている分岐していきながら着々と進行しているのである [続きを読む]
  • 原点回帰
  • 宇宙が…地球が…日本が原点回帰するということは宇宙レベルで偽りし全てがことごとく消滅しつつあるということである手放す、手放さないという宇宙存在や人類の都合も 願望も 欲望も入る隙はないのである小さなことであれ大きなことであれ見極めるべき何かがある時選択 あるいは 決断の時3か月が 1か月に…1か月が 2週間に…時間が加速してきた感覚を肌で感じてはいないだろうか?宇宙レベルでの原点回帰という意味を日常の中 [続きを読む]
  • 弾かれた周波数
  • デジタル化へと移行して来た歴史の中で弾かれ閉ざされ封印されし周波数があるもちろんこれは外側からの視点による例えなのだが…この領域の周波数を開くことだあなたの中の失われしアナログという連なる流れを意識してみることである [続きを読む]
  • 流球
  • 球体としての地球龍球としての日本球体エネルギーとしての宇宙あなたもまた球体エネルギーとしての個の存在である今という瞬間の選択を重ねながらサーファーのごとく本来の流れにも乗って行くのである今と時間の流れの両方が掌に乗るがままにするのだよ [続きを読む]
  • CORD
  • 交わりがなくなる流れがあれば 静かに 観ていることだよまた裏の指揮者に 気づいていながら尚且つ眠りに落ちている群れに 流されず 長きに渡り君臨してきた崩壊中の領域から離れながら目覚めた領域を行くのであるそこには空気を含んだような音があるだろう目覚めて来た音楽家たちの音からの暗号を読み取りグライフェンすることだchord → cord旅なき道 未知なき道がすでに “今” あるだけである真実は あなたの中にあるしかしそ [続きを読む]
  • FOCUS
  • その領域における空間密度次元多角性多様性そういったものに入り込み過ぎないようにFOCUSされてしまっては逆に捕らわれてしまう∞に捕らわれて深く眠り込んだ地球人類の姿が思い浮かぶだろうあの領域で仕掛けられた罠を古から 神だとか 真実とか長きに渡り信じてきた姿だその宇宙領域に於いても複雑さ 多様性 多次元 拡張性に意識を向け過ぎると惑わされる外に対しても 内に対しても 同様だ速やかに修正したならば手放し 隙間と同 [続きを読む]
  • 視線上の響き
  • 遥か古のあの日地球に舞い降りた音雫たち移りゆく時の流れそれはある意味戦士として時を刻みし今、この視線上に音の球体が浮かび音はどこまでも拡がりまたひとつの球音に戻る変化しながらくり返すくり返しながら散乱した破片を集め宇宙の始まりへと…その微かな響きを感じているだろうか… [続きを読む]
  • 素数
  • 原点へと戻りゆく流れオリジナルへと戻りゆく流れそれは過去に遡っていくのではない歪めた領域から創造するのでもない「在る」直前…… [続きを読む]
  • 過去の記事 …