Ken-z さん プロフィール

  •  
Ken-zさん: Outdoor Life Blog
ハンドル名Ken-z さん
ブログタイトルOutdoor Life Blog
ブログURLhttp://outdoor-life-blog.com/
サイト紹介文アウトドア大好き人間Ken-zが自由気ままに書き綴るBlog。商品レビューを中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 264日(平均3.4回/週) - 参加 2017/01/01 08:00

Ken-z さんのブログ記事

  • 釣りキャンプ@月川荘キャンプ場
  • プライベートに仕事にと色々と忙しかった8月。9月に入り、暑さも和らぎバタバタも少し落ち着いたのでソロで月川荘にキャンプに行ってきました。Sponsored Link月川荘はソロキャンプの料金も安く、直火可能でAMチェックインOK。おまけにキャンプ場内を流れる槻川はスモールマウスバスが釣れる川としても有名です。関連記事? Ken-z Outdoor Life Blog 数少ない直火が可能なキャンプ場【嵐山渓谷月川荘キャンプ】を紹介!!http:/ [続きを読む]
  • アクションカメラ【explorer elite 4K】をレビュー!!
  • Go-proのような高価なアクションカメラではなく、格安のアクションカムを入手!!中国製のアクションカメラ、通称中華版Go-Pro。各メーカーから色々なアクションカムが発売されていますが、僕はELEPHONE ELECOM Explorer Elite 4Kを購入。気になる中華アクションカムの性能、機能、画質などのポテンシャルをレビューします。Sponsored Link開封の儀注文して約1週間で手元に届きました。この商品は国内ではなく、中国本土のショッピ [続きを読む]
  • 2年振りのカヌーキャンプ@猪苗代湖
  • 7/15(土)~7/17(月)までの3日間、2年間もの間眠っていたカヌーを引っ張り出し、ソロで東北方面まで車を走らせ、猪苗代湖にてカヌーを漕いできました。短い夏休みでしたが、とても充実した3日間となりました。Sponsored Linkソロキャンプがメインのキャンプとなってから使用しなくなってしまったMyカヌーの【ALLY 611】。今年こそはカヌーキャンプをするぞと決めていました。そしてようやく実現することができました。今回のキャンプ [続きを読む]
  • 秀逸すぎる焚き火台【ピコグリル760】
  • 折りたたむことでA3サイズのフラットな形状に収納することができるコンパクトかつ軽量な焚き火台【ピコグリル760】。軽量でありながら十分な耐荷重性能を持ち、独特な形状により空気の流れを作り酸素を効率的に供給し非常に燃焼効率も高い焚き火台。そんな秀逸な焚き火台【ピコグリル760】をレビュー!!Sponsored Linkピコグリル760とは??軽量でハイキングでの持ち運びもできる、スイスSTC社製の焚き火台です。収納サイズはなん [続きを読む]
  • 失敗!!買ったけど全然使わなかったギア達
  • 僕はキャンプを始めて今日までに色々なキャンプギアを購入、使用してきました。その中で、自分が使ってみてオススメなギアはブログにて紹介しています。そしてこれからも紹介していきます。しかし、コレは買ったけど無駄になってしまったなというギアももちろんあります。そういったギアをブログで紹介するのは、ギア批判と思われたりするため、今まで紹介してきませんでした。Sponsored Linkキャンプスタイルの変化により使用しな [続きを読む]
  • 〜初めてのキャンプ〜キャンプ場の選び方
  • 初めてのキャンプ、テントも買って道具も揃っていよいよキャンプ本番!!キャンプ場を予約して当日を待つのみ♪ところで、キャンプ場ってどのように選びますか??初めてキャンプをする方にキャンプ場の選び方のコツをお教えします!!初キャンプを成功させるにはキャンプ場選びもかなり重要ですよ〜。Sponsored Link初キャンプのキャンプ場は自宅の近くで選びましょう!!初めてのキャンプ、テントの設営もキャンプ飯も全てが初挑 [続きを読む]
  • 焚き火ニストへの道〜薪の種類と使い分けについて〜
  • 焚き火を愛してやまない人達・・・【焚き火二スト】人を魅了してやまない焚き火、非常に奥が深い大人の遊びです。その焚き火の材料となる【薪】実は、色んな種類があり用途により使い分けするべきであると言うことは、あまり知られていません。用途に応じた使い分けをして、焚き火をより楽しみましょう!!Sponsored Link広葉樹と針葉樹薪は大まかに「針葉樹」と「広葉樹」に分けることができます。それぞれの特徴は以下の通りです [続きを読む]
  • ファミリーキャンプのマストアイテムはコレだ!!
  • キャンプギアを買って失敗したことや後悔したことは誰でもあると思います。もちろん、僕もたくさん色々なものを購入し、使わずに手放したものやスタイルに合わず手放したものがたくさんあります。そんな失敗を繰り返しながら、これはキャンプにマストなアイテムだ!と言うものをいくつか見つけました。それを紹介します。キャンプギアを購入する時に、後悔のない買い物の手伝いになればと思います。Sponsored Linkファミリーキャン [続きを読む]
  • 古い幕(テント)を再生させる方法は??
  • 今はもう製造されていないテント、製造数の少ないレアなテント、すでに存在しなくなってしまったメーカーのテント・・・このようなテントは往々にして古いテントが多く、良い状態のまま保存(保管)されていることは稀です。ほとんどが加水分解してしまっています。そんな状態から幕体(テント)を再生する方法はいくつかあるようですが、僕が実際に行った再生方法を紹介します。Sponsored Link加水分解とは??加水分解とは、反応 [続きを読む]
  • ロッジテント(ロッジ型テント)のススメ!!
  • テントには色々な種類があり、その形状からそれぞれに特徴があります。ドーム型テント、ティピー型テント、ロッジ型テント、2ルームテントなど・・・その中でも、僕が好んで使っているのは【ロッジ型テント】です。そのロッジテントの魅力を余すことなく伝えます。Sponsored Linkロッジ型テントの長所・短所僕が主に使っているロッジ型テントはOGAWAのミネルバIIIと、リビングシェルターです。↑ファミリー幕用のミネルバⅢ↑秋〜 [続きを読む]
  • 現在の所有タープの紹介
  • 2017年5月現在、僕の所有するタープは全部で4枚。それぞれを簡単に紹介するとともに、新たに購入を検討しているタープについてもかんがえてみました。Sponsored LinkOGAWAのUTILITY TARP18(ユーティリティタープ18 )【OGAWA UTILITY TARP18】重量:約7.7kg素材:幕体 ポリエステル250d(耐水圧1,500mm)   ポール スチール22φ・19φ(mm) (240cm×2本、180cm×4本)サイズ:500×350cm出典:RETURNS TO NATURE主にファミ [続きを読む]
  • 夏キャンプの必須アイテム【クーラーボックス】の選び方
  • 夏キャンプももうすぐそこ!!夏キャンプを楽しく快適に過ごすためのアイテムの1つ【クーラーボックス】。自分のキャンプスタイルにマッチしたクーラーボックスをお持ちですか?夏を乗り切るために保冷力の高いクーラーボックスの選び方、保冷力を持続させるためのテクニックなどを解説します。Sponsored Link食材・飲み物の保管に欠かせないクーラーボックス。いざ購入しようとしても、サイズや形状・材質が多く、選ぶのに一苦労 [続きを読む]
  • 夏キャンプはこうして楽しもう!!
  • もうあと数か月もすれば、やってくる夏。夏休み、キャンプに行く計画をたててる家族も多いと思います。暑い夏をおもいっきり楽しくキャンプする方法をお教えします。夏キャンプは暑さとの戦いでもあります。事前に暑さ対策などの準備をしてキャンプに挑みましょう!!Sponsored Linkキャンプ場選びが大切です暑い夏でも行きたくなるような涼しいキャンプ場を選ぶのがコツとなります。そんな夏にオススメなキャンプ場の条件としては [続きを読む]
  • 【日本野鳥の会 レインブーツ】はオシャレで機能的?
  • 日本野鳥の会のオリジナルの長靴が、オシャレで機能的で大人気です。アウトドア用として、またフェス用のレインブーツとしても申し分ない【日本野鳥の会オリジナルレインブーツ】はカラーバリエーション、サイズバリエーションが豊富です。梅雨時期や、雨天時に大活躍間違いナシ、男女とも同デザインのオリジナルレインブーツを紹介します。日本野鳥の会とは??日本野鳥の会とは、1934年に創立された公益財団法人で、野鳥保護区の [続きを読む]
  • OPINEL(オピネル)ナイフの黒錆加工
  • アウトドア用ナイフの代名詞ともいわれている【OPINEL(オピネル)】。折り畳み式で価格も手ごろな、そんなオピネルナイフ。特に切れ味が良いと言われるカーボンブレードは、とても使いやすいです。しかし、カーボンブレードは錆びやすいため、加工が必要になります。【黒錆加工】はカーボンブレードを持つユーザーにはぜひ行ってもらいたい加工です。Sponsored LinkOPINEL(オピネル)ナイフとは??オピネルは120年余りの歴史を [続きを読む]
  • テントのメンテナンス【ショックコードの交換】
  • テントのフレーム(ポール)のショックコード、長年テントを使用しているとどうしてもフレーム(ポール)の接続部分のコード(ショックコード)が伸びてしまいます。伸びてしまったショックコードのついたフレームは設営時にものすごいストレスになります。その為、伸びてしまったショックコードはすぐに交換しましょう!!ショックコードの交換方法について書いてみました。Sponsored Linkショックコードの交換時期は?ショックコ [続きを読む]
  • 現在の所有幕(所有テント)の紹介
  • 2017年5月現在、僕の所有するテント(シェルター含む)は全部で5幕。それぞれを簡単に紹介するとともに、新たに購入を検討している幕についてもかんがえてみました。Sponsored Linkファミリー専用幕、OGAWAのMINERVAⅢ(ミネルバⅢ)【OGAWA MINERVAⅢ】重 量 : 幕体 約20.0kg、フレーム 約13.0kg 素 材 : 本体 屋根ポリエステルスパン#20(防水)、     正面・ウォールインナー ポリエステルフィラメン [続きを読む]