ken さん プロフィール

  •  
kenさん: スポーツ通信
ハンドル名ken さん
ブログタイトルスポーツ通信
ブログURLhttp://ko12.xyz/
サイト紹介文ボクシングを中心にスポーツを更新中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 174日(平均0.4回/週) - 参加 2017/01/02 15:33

ken さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • [WBA・WBC]ボクシングチャンピオンベルト購入記
  • ボクシングの世界チャンピオンのみが巻く事を許されるチャンピオンベルト。今回そのWBA・WBCチャンピオンベルトを入手したのでレビューしてみたいと思います。ボクシングのチャンピオンベルトを手に入れた経緯最初に手に入れたベルトはWBCで国内のネットで購入しました。前からチャンピオンベルトは欲しいと思っていたのですが、この機会に買ってみようと思ったんですね。その後WBAのチャンピオンベルトも探してはみたものの、なか [続きを読む]
  • [八重樫東]最新情報!激闘王の今後は?
  • 八重樫東は日本のプロボクサーで大橋ジム所属。通称“激闘王”八重樫東。【獲得タイトル】第11代東洋大平洋ミニマム級王者。第23代日本ミニマム級王者。第20代WBA世界ミニマム級王者。第40代WBC世界フライ級王者。第21代IBF世界ライトフライ級王者。【プロ戦績】30戦25勝13KO5敗。【最速記録】プロ5戦目で東洋大平洋王座獲得(当時国内最タイ短記録)【アマチュア戦績】70戦56勝(15KO/RSC)14敗。【アマチュア実績】第54回インタ [続きを読む]
  • [竹原慎二]日本人初のミドル級世界王者!!
  • 竹原慎二は日本のプロボクサーで沖ジム所属。【獲得タイトル】第19代WBA世界ミドル級王者OPBF東洋太平洋ミドル級王者日本ミドル級王者全日本ミドル級新人王【プロ戦績】25戦24勝18KO1敗。【アマチュア戦績】なし。【アマチュア獲得タイトル】なし。日本人初のミドル級世界王者竹原慎二日本が生んだ世界ミドル級チャンピオン!ロンドン五輪金メダリストの村田諒太がミドル級という高い高い頂を目指しているのは誰もが知っている事と [続きを読む]
  • [村田諒太]世界戦最新情報!ミドル級戦線は?
  • 村田諒太は日本のプロボクサーで帝拳ジム所属。【獲得タイトル】なし。【プロ戦績】12戦12勝9KO無敗。【アマチュア戦績】138戦119勝(89KO・RSC)19敗【アマチュア獲得タイトル】・2005年アジア選手権ミドル級銅メダル・2011年インドネシア大統領杯ミドル級金メダル・2011年世界ボクシング選手権大会ミドル級銀メダル・2012年ロンドンオリンピック金メダル村田諒太の来歴村田諒太はロンドン五輪金メダリストという圧倒的な実績を残し [続きを読む]
  • [内山高志]最新情報!進退は?
  • 内山高志は日本のプロボクサーでワタナベジム所属。ノックアウト・ダイナマイト内山高志。【獲得タイトル】第35代東洋太平洋(OPBF)スーパーフェザー級王者。第28代WBA世界スーパーフェザー級王者。WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者。【プロ戦績】27戦24勝20KO2敗1分。【アマチュア戦績】113戦91勝(59KO・RSC)22敗【アマチュア獲得タイトル】・キングスカップ銅メダル(国際大会)・AIBA世界ボクシング選手権ベスト16(2003 [続きを読む]
  • [井岡一翔]試合の最新情報!次戦は?
  • 井岡一翔は日本のプロボクサーで井岡ジム所属。【獲得タイトル】第33代日本ライトフライ級王者。第13代WBC世界ミニマム級王者。第21代WBA世界ミニマム級王者。第30代WBA世界ライトフライ級王者。第75代WBA世界フライ級王者。【プロ戦績】22戦21勝13KO1敗。【最速記録】プロ7戦目で世界王座獲得(当時国内最短記録)プロ11戦目で世界2階級制覇(当時国内最短記録)【アマチュア戦績】105戦95勝(64KO/RSC)10敗。【実績】史上3人目 [続きを読む]
  • [山中慎介]最新情報!神の左の今後は?
  • 山中慎介は日本のプロボクサーで帝拳ジム所属。強烈な左ストレートは『神の左』と形容されます。【獲得タイトル】第65代日本バンタム級王者。第29代WBC世界バンタム級王者。リングマガジン世界バンタム級王座【プロ戦績】28戦26勝18KO無敗2分。【アマチュア戦績】47戦34勝(10KO/RSC)13敗。※この記事は最新情報を上部に追記していくので情報は下部へと遡った構成になっています。2017年1月23日最新情報追記山中慎介12度目の防衛 [続きを読む]
  • 井上尚弥最新情報!モンスターの足跡!
  • 井上尚弥は日本のプロボクサーで大橋ジム所属。【獲得タイトル】第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。第33代WBC世界ライトフライ級王者。第17代WBO世界スーパーフライ級王者。【プロ戦績】12戦12勝10KO無敗。【最速記録】プロ4戦目で日本王座獲得(国内最短タイ記録)プロ5戦目で東洋王座獲得(当時国内最短タイ記録)プロ6戦目で世界王座獲得(当時国内最短記録)プロ8戦目で世界2階級制覇( [続きを読む]
  • 過去の記事 …