絵本マギー さん プロフィール

  •  
絵本マギーさん: 絵本マギーのブログ
ハンドル名絵本マギー さん
ブログタイトル絵本マギーのブログ
ブログURLhttps://ehon-maggie.com/index.php/blog/
サイト紹介文子供に想像力と暖かい心を育む絵本。絵本マギーはセカンドハンドの英語絵本で英語環境を創るお手伝い。
自由文子供たちは親の生き方に影響を受けて育ちます。限りない想像の世界を持つ子供たちを育む絵本と暖かいお母さんといっしょに英語絵本を楽しんで下さい。いっしょに絵本を読むことは親子の絆をより良いものにし、子供たちが本の内容のポイントを理解するのを助けることができます。またいっしょに笑い、感動することで子供たちの感性や心が豊かに成長していくことでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 71日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/03 07:49

絵本マギー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • エズラ・ジャック・キーツ
  • 私が住むカナダの冬は平均マイナス6度から13度ぐらいに下がるので雪が解けません。私は1日何回は防寒一式のスゴイ格好をして愛犬マギーと散歩に出かけます。雪の上を歩くとキュッキュッ ザク、ザク と音を立てます。まだ誰にも踏まれていない雪は真白でボソット長靴の膝まで雪の中に入り歩くのが大変ですが気持ちよいです。さて今日はエズラジャック・キーツ 財団 のサイトをみつけたので引用しました。「雪の日」イラスト作家エズ [続きを読む]
  • 証明されるハグの大切さ
  • 英語の絵本の中にあるHUGってご存知ですか?日本でも最近はハグ(抱擁)という言葉は知られるようになってきました。では7月18日のグローバル・ハグ・キッズ・デーは?このイベントは息子を脳腫瘍で8歳半に亡くしたMichelle Nichols氏が設立しました。世界中のすべての母親と父親は、毎日子供たちを抱きしめるべきだというものです。私たち日本人にとってはハグは英語圏の人たちの生活習慣で愛情表現なのに今さらって思いませんか [続きを読む]
  • 絵本が子供たちに大切だと思うこと
  • 絵本はお母さんと一緒に読む時、お母さんとの会話ができます。ストーリーを読みながら幼い子供がどのように感じ、考えることを発言できる機会があります。子供たちは絵が好きです。私たちも小さな頃よく絵を描いたのを覚えていませんか?絵本は子供が多くの芸術に触れ、好きになる機会があります。イマジネーションを助けます。絵本は子供に良いリスナーになるの助け、集中力を高め、本をもっと楽しく読めるようになり自信をつけるの [続きを読む]
  • 絵本マギーをはじめるきっかけ
  • 私は毎日、愛犬マギーを連れて散歩に出ます。いつものコースは近くの牧場の周りを歩き、馬たちが芝を食べたり、たわむれているのを眺めます。マギーもそれが好きです。私は幼い頃、母親が教えてくれた「お馬の親子」童謡を思い出します。壁にはお馬の親子の絵も描いて貼ってくれたこともはっきり記憶に残っています。私はその後、馬を大好きになりました、また絵を描くことも好きになりました。このお母さんとの時間は私の人生におい [続きを読む]
  • 絵本の楽しい想像の世界
  • 大人になっても絵本は楽しいです。私はFollow Me のようなシンプルで思いっきり現実離れした絵本が好きです。不思議と子供のころの自由な想像の世界がよみがえってくるようです。私は子供の頃、布団を干した屋根に上がってその布団の上に仰向きなり、ブルースカイの空と雲を見上げることが好きでした。心地よい太陽の日差しのなか青い空のキャンパスにふわふわした白い雲はゆっくり動きながら形を変え私を楽しませてくれました。絵 [続きを読む]
  • 家族の暖かい触れあいの時間
  • テレビやゲーム、スマートフォンなどのメディアは、私たちの日常にあふれています。親も子供もついこれらのメディアに時間を費やしてしまい、家族の触れ合う時間が後回しになってしまいやすいです。子供たちの成長に家族で囲む食卓、お母さんといっしょにお手伝い、お父さんといっしょに散歩などの家族の触れあいの時間は大切なのに。最近は絵本までも電子ブックを使う人が増えています。絵本の良さって、電子ブックで安く購入しダ [続きを読む]
  • 子供たちの吸収力
  • 子供たちって環境の中から受取る情報には限りが無いですよね。私はカナダに住み出合った多くの方々の子供はがバイリンガルです。もちろん英語圏で育つのですから英語は問題ありません。お母さんの母国語である日本語をなくさないよう小さい時から日本語で話しかけた結果のようです。これらのお母さんたちには日本に帰った時、子供たちがおじいちゃんやおばあちゃんと日本語で話せるようにとビジョンを持ち続けたそうです。簡単では [続きを読む]
  • 過去の記事 …