やまちゃん さん プロフィール

  •  
やまちゃんさん: 山ちゃんウェブログ
ハンドル名やまちゃん さん
ブログタイトル山ちゃんウェブログ
ブログURLhttp://dokkhwaymaiorchid.blogspot.jp/
サイト紹介文人工知能(AI)とかIoTとか、大好物です。他には仕事でも使っているJava・C#なども。
自由文某電機メーカーのソフト開発エンジニアですが、ウェブログとしてWeb上の記事にゆるーく反論たりそうそうその通りと言ったり、たまに技術の話もしたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 177日(平均8.0回/週) - 参加 2017/01/04 07:58

やまちゃん さんのブログ記事

  • 独「ゼロ」ユーロ紙幣が発行
  • 独「ゼロ」ユーロ紙幣が発行【写真】:  なんとユーロ紙幣には、ゼロユーロ札というのがあるのだそうです(↓)。と言ってもレプリカとかではなく、ヨーロッパ中央銀行が発行を許可したれっきとした本物のお金です。ホログラフィなどの偽造防止策もしっかり施されています。 今回の元記事では、ドイツ政府がゼロユーロ札を発行したというニュースとして伝えていますが、ネット上を見てみるとどうやらフランスでは以前からあったよ [続きを読む]
  • [Java] アクセッサのベストプラクティス
  •  今回は久しぶりにプログラムそのもののお話なのですが、「基本のキ」のような内容ながらも最近ちょっと気になっていた、Javaのアクセッサの話題を取り上げようかと思います。「アクセッサ」ってそもそもなんでしたっけと言う話ですが、例えば名前と年齢をフィールドにもつPerson1というクラスを定義するという簡単な例から始めましょう。もっとも単純に考えれば、こんな風に(↓)2つのフィールドname, ageを持つよう定義すれば [続きを読む]
  • 人工知能と黒魔術
  • 「人工知能と黒魔術」(視点・論点) | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス:  この山ちゃんウェブログでは何度も人工知能(AI)の話題を取り上げてきましたが、その多くはAIが人間の仕事を奪ってしまうとか、2045年とも言われるシンギュラリティ(技術的特異点。AIが人間の知能の総和を上回るとき)への危機感の話でした。それに対して、今回取り上げるのは「人工知能(AI)は黒魔術だ」という話題で、これまでより [続きを読む]
  • 勉強するということを表した画像に考えさせられる
  • 勉強するということを表した画像に考えさせられる|@Heaaart - アットハート:  今回の元記事はずいぶん前、2年ほども前の記事なのですが、「勉強する」とはどういうことなのかを表した秀逸な画像を紹介する記事があったので、ご紹介したいと思います。この元記事もさらに元を正せば@Hetare_Takumuさんのツイートだそうで、自分は知らなかったのですが、当時ネット上で話題になった画像なんだそうです。 「勉強する」とはどうい [続きを読む]
  • ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!
  • ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4):  山ちゃんウェブログでは、人工知能(AI)が人間の仕事を奪っていくという趣旨の話題を何度も取り上げてきました。今回もそのうちの1つですが、元記事は週刊現代によるものです。歴史ある大衆紙ですが、そういうところでもAIによって社会の仕組みがごっそり変わってしまう可能性を示唆しているのが面白いところです。 取り上げられ [続きを読む]
  • エンジニアが「見捨てたくなる」発注者の特徴とは?
  • エンジニアが「見捨てたくなる」発注者の特徴とは? | システムの「外注」成功の鉄則 | ダイヤモンド・オンライン:  今回の元記事は、細川義洋氏が自らの著書「システムを「外注」するときに読む本」を宣伝したものですが、自分のようなメーカー系ソフトウェア開発でも多かれ少なかれそういうところがあると思ったので、ITシステムの発注者に関して考えてみようと思います。細川氏のタイトルには「エンジニアが発注者を見捨てる」 [続きを読む]
  • [C#] Excelファイルを簡単に読み書きする方法
  •  今回は久しぶりの元ネタなし、プログラムそのものに関する話題です。今回解こうという課題は、C#のプログラムでExcelファイルの内容を読んだり書いたりしてみようというものです。とは言っても、Excelファイル上のグラフや図などを相手にするのではなく、単にセルに入力された文字列を取得したり、セルに書き出したりという基本動作だけのシンプルなプログラムを作ってみます。 手元にはちょっと古いVisualStudio2010しかなかっ [続きを読む]
  • 大いなる力には大いなる責任が伴う:IoT時代の功罪
  • 大いなる力には大いなる責任が伴う:IoT時代の功罪 | ReadWrite[日本版]:  今回の話題は久しぶりにIoT(Internet of Things)。全てのモノがインターネットに繋がって、バラ色の未来をもたらしてくれるというアレです。元記事はEran Abramson氏のもので、氏はプライバシー問題と便利さとのバランスが重要だと述べておられるのですが、この記事の中で自分は氏の主張をさらに一歩進め、IoTはプラバシーの侵害だと言いたいと思いま [続きを読む]
  • 「私は死ぬのでしょうか?」真実を答える
  • マシュー・オライリー: 「私は死ぬのでしょうか?」真実を答える - YouTube:  今回はこの山ちゃんウェブログでは初の、YouTube動画を元にした記事です。元の動画はマシュー・オライリー氏の公演映像で、氏はニューヨークのロングアイランドで活躍しているベテラン救命救急医療技術者です。多くの氏に立ち会ってきたオライリー氏は、自らの経験にもとづいて人が死の直前に取る行動は大きく3種類だと述べられています。 自分もそう [続きを読む]
  • 「科学の力」で痴漢をなくす、驚きの方法
  • 「科学の力」で痴漢をなくす、驚きの方法(原田 隆之) | 現代ビジネス | 講談社(1/5): "原田 隆之" 今回の話題は、電車通勤・電車通学の闇「痴漢」です。元にした記事は原田隆之氏によるもので、日本特有の犯罪「痴漢」の再犯を感情論ではなく科学的に撲滅しようという取り組みが示されています。 さらっと「日本特有の犯罪」と書きましたが、原田氏によれば実は「痴漢」という犯罪は海外では(特に欧米では)ほとんど存在し [続きを読む]
  • 人工知能はいつどの分野で人間を超えるのか?
  • [1705.08807v1] When Will AI Exceed Human Performance? Evidence from AI Experts:  将来的に機械やコンピューター・人工知能(AI)が人間の仕事を奪っていくという予測がされていますが、もはやそのこと自体は確実視され、それが「いつ」「どの分野」なのかということに関心が移ってきているようです。今回は久しぶりに、この山ちゃんウェブログで何度となく取り上げてきたAIとシンギュラリティ(技術的特異点)に関する話題を [続きを読む]
  • 「家事」に関する意識調査 ー名もなき家事の存在ー
  • 2017年「母の日」を前に、共働き夫婦の「家事」に関する意識調査 | 共同通信PRワイヤー:  前回、「なんちゃってイクメン」は育児の「日なた」だけで自分は育児をしていると思っているという記事を書きましたが、実は同じようなことが家事全般でも言えるんだということを大和ハウスが発表していたので、今回はそれをご紹介したいと思います。元記事は、今年の母の日に合わせて「家事」に関する意識調査をした結果で、対象は共働き [続きを読む]
  • 大成功を収めたい人がやめるべき、たった1つのこと
  • 大成功を収めたい人がやめるべき、たった1つのこと | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン):  今回の話題は「仕事ができる」と言われる人がやっていないこと、つまり仕事をする上でのアンチパターンについて考えてみようと思います。元にする記事はJennifer Cohen氏によるものです。 タイトルになっている「成功」とはビジネス上の成功ということ。本当に仕事ができる人はこれだけはやっていないということがあるのだそうです。C [続きを読む]
  • 勝間式「利益の方程式」(企業が利益を上げるためには)
  • 勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ | 勝間 和代 |本 | 通販 | Amazon:  今回は、テレビでもおなじみの勝間和代氏のビジネス本「利益の方程式」をご紹介したいと思います。この山ちゃんウェブログで本の紹介をするのは珍しいことなのですが、実は最近、会社の幹部との、利益を出すためのブレインストーミングに出席しなければならなくなり、一夜漬けの勉強をしたのです。とてもわかりやすい方程式が示されていたの [続きを読む]