jaga さん プロフィール

  •  
jagaさん: ジャガイモ栽培.com
ハンドル名jaga さん
ブログタイトルジャガイモ栽培.com
ブログURLhttp://jagaimo-saibai.com/
サイト紹介文ジャガイモ栽培方法を画像、図版でわかりやすくご紹介。春ジャガ、秋ジャガのコツも。おいしく大収穫!
自由文ジャガイモ栽培日記もあります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 136日(平均3.3回/週) - 参加 2017/01/08 16:15

jaga さんのブログ記事

  • きたかむい
  • きたかむい C)JAようてい 果肉の白色が綺麗で、肉質はやわらかいですが、煮崩れしにくいです。甘みが強く、コロッケやポテトサラダにピッタリです。きたかむいの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [きたかむい] ■きたかむいの特徴 ・北海道の優良品種平成9年にジャガイモシストセンチュウの抵抗性を持つ早生品種の育成を目標として、「イエローシャーク」と「とうや」を交配し、育成し [続きを読む]
  • 第3弾! レッドカリスマ 植え付け
  • ■第3弾! レッドカリスマ 植え付け こんにちは、Senaです。ジャガイモ3種の植え付けがこれで終わります。最後の1種がレッドカリスマです。あとの栽培記録に掲載した2種類は、シェリーと北海こがねになります。 シェリーと同じく、赤皮のジャガイモです。レッドカリスマは知らない品種で、たまたまJAファームにおいてあったので、気になったので育ててみることにしました。 レッドカリスマの特徴は、 ・赤皮で [続きを読む]
  • シェリー 植え付け!
  • こんにちは、Senaです。 ■シェリー 植え付け! 今年はジャガイモを3種類植えました。 3種類のうちの1種類がシェリーです。 シェリーには、・表面が赤色で楕円形・ホクホク系の食感・甘みがあり、貯蔵すると更に甘みが増す という特徴があります。 ホクホクで甘みのあるジャガイモが欲しかったのと、男爵薯や、メークイン以外のジャガイモを育てようと思いシェリーを選びました。表面が赤色のジャ [続きを読む]
  • 北海こがね 植え付けです!
  • こんにちは、Senaです。 4月19日にジャガイモの植え付けをしました。植え付けたのは3種類、北海こがね、シェリー、レッドカリスマの3種です。この記事では北海こがねの植え付けを紹介します。北海こがねは元々は加工食品用です。 ◎北海こがねの特徴は、・加熱したときの変色が少ない・食味はしっとり系・フライドポテトやポテトチップスに最適 我が家ではフライドポテトにすることが多いので、北海こがねを選びました。 [続きを読む]
  • ニシユタカ
  • ニシユタカ、タネイモの芽出し中 ニシユタカは、暖地向けの品種で、驚くほどたくさん収穫できます。暖地から出荷される新ジャガイモは、ニシユタカが多いです。 特徴と育て方のコツをご紹介します。 [ニシユタカ] ■ニシユタカの特徴 ・長崎生まれの暖地向け品種長崎県の農林試験場で生まれました。暖地向きで、外見、食味ともに良い「デジマ」と、 たくさん収穫できる「長系65号」を交配して育 [続きを読む]
  • 北海こがね
  • 北海こがね C)なえ屋 北海こがね(ホッカイコガネ)は縦に長く、メークインのような形をしています。 加熱したときの変色が少なく、フライドポテトに最適な品種です。北海こがねの特徴と育て方のコツをご紹介します。 ポテト不足の現在、自家栽培が安心です。 [北海こがね] ■北海こがねの特徴 ・元々は加工食品用加工用品種の「トヨシロ」と、 イモが長く、油加工に向いている「北 [続きを読む]
  • シェリー
  • シェリー シェリーは、楕円形をしていて赤皮が鮮やかなジャガイモです。シンシアと同じようにフランスで生まれた品種です。シェリーの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [シェリー] ■シェリーの特徴 ・フランスで人気の早生品種フランスで「ローズバル」という品種と、「VK76.199.3」を交配して、育成された品種です。原産地のフランスではジャガイモを使った料理が多く、中でもシェリ [続きを読む]
  • シャドークイーン
  • シャドークイーン C)開拓ショップえぞえぞ シャドークイーンの果肉は鮮やかな紫色をしています。アントシアニン色素を多く含有する紫ジャガイモです。ファンが多いシャドークイーンの特徴と育て方のコツを記してみます。 [シャドークイーン] ■シャドークイーンの特徴 ・北海道育成の紫ジャガイモ北海道にて、アントシアニン色素をより多く含有したジャガイモの育成をし、1993年にキタムラ [続きを読む]
  • インカのひとみ
  • インカのひとみ インカのめざめと同じような特徴を持ちますが、一番の違いは表面です。赤色と黄色のまだら模様をしているかわいらしいジャガイモです。インカのひとみの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [インカのひとみ] ■インカのひとみの特徴 ・自然交雑で生まれた品種インカのめざめが自然に交配してできた品種です。 ・インカのめざめ同様流通が少ない希少なジャガイモとい [続きを読む]
  • アンデス赤
  • アンデス赤 アンデス赤(アンデスレッド)は、表面が赤色で果肉は黄色をしている鮮やかなジャガイモです。 ホクホクした食感と甘みに人気があります。 アンデス赤の特徴と育て方のコツをご案内します。 [アンデス赤] ■アンデス赤の特徴 ・ルーツは南米アンデス表面が赤いアンデス赤は、原産が南米アンデスの「ソラナム・フレハ」と、表面が赤色の「アーリーローズ」を交配して育成さ [続きを読む]
  • とうや
  • とうやの主な産地は北海道! 病害虫に強く、男爵薯と似た性質を持っています。 大玉に揃い、表面の凹凸が少なくきれいな形に揃います。 とうやの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [とうや] ■とうやの特徴 ・病害虫に強いとうやは、「R392-50」というジャガイモシストセンチュウに強い品種と、Yウイルス(PVY)に強い「Wb77025-2」を交配して育成された品種です。 北海道で育 [続きを読む]
  • はるか
  • はるかのタネイモ C)なえ屋 生でも美味に食べられるジャガイモがあります。それが「はるか」です。 サラダにするとシャキシャキ感がたまりません。 病害虫にも強いはるかの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [はるか] ■はるかの特徴 ・平成21年に登録された新品種はるかは平成6年に長崎県総合農林試験場愛野馬鈴薯支場で「T9020-8」という収穫量が多く目が周りが赤い品種と、 ジャ [続きを読む]
  • シンシア
  • シンシアのタネイモ シンシアは、貯蔵性が高く表面がツルツルとしていて皮が剥きやすい!フランス生まれのジャガイモ品種で風味が良く、甘みがある品種です。 シンシアの特徴と育て方のコツをご紹介します。 [シンシア] ■シンシアの特徴 ・フランス生まれの品種フランスのGERMICOPA社で交配、育成された品種です。「ランディア」と「オーシャイアン」という品種を交配させ育成されました。 [続きを読む]
  • デジマ
  • デジマのタネイモ デジマは、比較的古い品種で、ニシユタカの元となった品種です。暖地向けで、春作、秋作と栽培でき、肉質の変化も楽しめます。 管理人は、初めて栽培したデジマで、ジャガイモ栽培が好きになりました。青臭くなく、とても美味しいです! [デジマ] ■デジマの特徴 ・北海道生まれ長崎育ち北海道農業試験場にて、大イモで多収、食味も良い「北海31号」と、同じく大イ [続きを読む]
  • ジャガイモ、植え付けました!
  • ■ジャガイモ、植え付けました! 早いもので、もう2月も終わりです。1ヶ月ほど前に催芽処理=芽だしを始めたタネイモも、植え付け適期となりましたよ。*催芽とは芽出しとも呼ばれ、日光に当てる催芽方法は、浴光催芽、浴光育芽と言われます。 1ヶ月の催芽処理が終わったシンシアのタネイモです 遠目だと、1ヶ月前のシンシアとさほど変わりがないように見えます。表面に少しシワができたかな? という [続きを読む]
  • 青枯れ病
  • 青枯れ病は、ジャガイモ以外の野菜もかかることがある病気です感染すると治療する間もなく枯れてしまうため、発生が拡大すると大変です。 この記事でご紹介する青枯れ病の症状と原因を覚えておき、 様子のおかしい株が出た場合、すぐに対処できるようにします。 [青枯れ病] ■症状 青枯れ病にかかったジャガイモは、頂部あたりの葉が黄変したり、萎れます。晴れた日の日中に、萎れる症状が出ます [続きを読む]
  • 軟腐病
  • 軟腐病(なんぷびょう)はジャガイモなどの野菜以外にも、草花、球根など、さまざまな植物がかかる病気です ジャガイモを収穫間近まで育てたのに、軟腐病が発生し、収量が激減してしまった、という話をよく耳にします。 軟腐病の症状が分かれば、畑で異変の出た株にすぐ気付き、 感染を広げないよう、早期に対応できるようになります。 [軟腐病] ■症状 軟腐病の症状は、地面に接している部 [続きを読む]
  • 乾腐病
  • 乾布病(かんぷびょう)は、ジャガイモがかかる病気の中でも、とくに注意が必要な病気の1つです 1つのイモが感染していることで、周りに被害が広がる可能性もあります。 乾布病の症状は栽培中よりも貯蔵中などに出ることが多いので、 症状を覚えておくと、タネイモ選びの時などにも役立ちます。 [乾腐病] ■症状 症状はイモに出ますが、収穫した時に分かるというよりも、 貯蔵中やタネイモ [続きを読む]
  • モザイク病
  • モザイク病と思われる病斑 モザイク病は、さまざまな植物がかかる病気で、ジャガイモもかかることがあります。モザイク病にかかったジャガイモには、どのような症状が出るのでしょうか。 また、原因、防除法、対処法をご紹介していきます。 [モザイク病] ■症状 モザイク病にかかったジャガイモは、他の健全な株に比べると、生育が悪く、全体的に小さいことが多いのが特徴です。 また、葉を [続きを読む]
  • そうか病 粉状そうか病
  • そうか病にかかっているジャガイモ そうか病も粉状そうか(ふんじょうそうか)病も、ジャガイモがかかる病気です。この2つは症状がとても似ているため、同じような名前がつけられていますが、実際には、感染原因である菌の種類が違います。 そうか病と粉状そうか病の両方の病気の知識があると、 ジャガイモ栽培の病気対策に、たいへん役立ちます。 [そうか病 粉状そうか病] ■症状 そうか病 [続きを読む]
  • 収穫ジャガイモ タネイモに?
  • ジャガイモをたくさん収穫できた時、次の栽培のタネイモにできないかな? と考えますね 購入したタネイモは、一見すると普通のジャガイモに見えるので、収穫したイモをタネイモとして植え付けても問題ないように思えます。 収穫したジャガイモをタネイモにすることの是非と注意点をご案内します。 [収穫ジャガイモ タネイモに?] ■原則はしない 基本的には、収穫したジャガイモをタネイモ [続きを読む]
  • ジャガイモ 逆さ植えとは?
  • ジャガイモを植え付ける時、切り口を下に向けて植えるのが一般的です。けれど、切り口を上に向けて植える、逆さ植えが注目されています。 逆さ植えをすると、切り口を下にして植えた時と、何が違うのでしょうか。 また、逆さ植えの詳しい方法をご紹介します。 *上岡誉富先生が、『かんたん!プランター菜園コツのコツ』2005年刊行で、秋ジャガ植え付けの逆さ植えを紹介しています。管理人は、今年挑戦します! &nbs [続きを読む]
  • 疫病
  • タネイモを植え付けたら、病害虫の異常がないか毎日観察しましょう ジャガイモ栽培で、最も注意が必要な病気が疫病です。疫病は感染スピードが早く、とても厄介です。 症状を把握すると、進行状態によっては治療が可能な場合もあります。 疫病についての情報を頭に入れておき、早期発見をすると良いです。 [疫病] ■症状 疫病の症状はまず地上部の茎葉に出ます。葉に水がしみたような、濃い [続きを読む]
  • ジャガイモ 害虫
  • ジャガイモはさまざまな害虫に好まれる野菜です 害虫は環境やその年の天候などによって、集まってくる種類が異なります。 ジャガイモにつきやすい害虫とその特徴を覚えて、 見つけたら、すぐに対処できるようにしておきましょう。 [ジャガイモ 害虫] ■アブラムシ アブラムシは、あらゆる植物につくことで知られる害虫です。葉などにくっついて、そこから汁を吸うタイプの害虫です。 [続きを読む]
  • ジャガイモ 病気
  • ジャガイモ栽培をしていると、病気にかかることもあります ジャガイモがかかりやすい病気は意外と多くあるので、 いざというときのために、病気の症状と対策を覚えておきましょう。 [ジャガイモ 病気] ■疫病 ・症状 梅雨の時期や、秋の長雨の時期など、多湿になりやすい時期に発生が多い病気です。 症状はおもに地上部の葉や茎に出ます。褐色〜暗褐色の病斑があらわれ、どんどん広がって [続きを読む]