silvergray さん プロフィール

  •  
silvergrayさん: 123!
ハンドル名silvergray さん
ブログタイトル123!
ブログURLhttp://play123.exblog.jp/
サイト紹介文彷徨昭和人 写真 備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 198日(平均4.0回/週) - 参加 2017/01/05 10:35

silvergray さんのブログ記事

  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • YouTubeを見て聞いて、俄然、汗をかくことに躊躇がなくなることがある。今回は「ムッシュかまやつ 井上堯之 ザ・スパイダーズ スペシャル」。一時間以上の編集なので、何回かに分けて思いついたころに見てきた。13年前のTV番組、かまやつさん66歳で、井上堯之63歳。「エレキは不良」と言われた世代のわたし、井上堯之は今でも気になるギタリストです。最後のほうで、かまやっちゃん、堯之さんがこ... [続きを読む]
  • 梅雨明け
  • 梅雨が明けました。冷蔵庫に麦茶を補充しても冷える時間もなく、結局、冷蔵庫内の氷を使って喉を潤しています。水出しコーヒーも数年ぶりにボトルを出して作っています。取り敢えずエアコンのスイッチは入れていません。今年は冷やすと首筋が痛み出すので。 1-3:AF-S DX 55-300 VR/4.5-5.6G 4-7:AI 50mmF1.4 稲取夏祭り/... [続きを読む]
  • 炎天の祭り・お面さん走る
  • 地元の人は「お面さん」と呼んでいた。奇声を放ち子供の許に走り寄ると、笑う親にしがみつく子、泣き出す子。抱えられでもしようが子は足をバタつかせ、ぎゃぁぎゃぁと泣き叫ぶ。昔は、うら若い女性を追っかけまわしていたような、、、羽目を外し、朝の通勤通学に使う電車の中まで追いかけてきたこともあり。”R18+” 表示でしょうか …m(__)m 稲取/東伊... [続きを読む]
  • 蓮の風
  • 毎年見させて頂いている蓮田に寄りました。早朝にでも出掛けて行って見れたら良いのでしょうが、そこはなまくらなわたしでして、日中の蓮の姿を眺めてきました。蓮田の中を進むと、ブーン・ブーンと羽音。カメラに気を取られて無視していると更に近くで鳴り、首を回すと、なんと「熊ん蜂」。おっと、二度三度と体を遠ざけても執拗に追って来て、冷や汗(-_-i) 1-4:Z... [続きを読む]
  • 「ペン」が残した昭和を見る
  • 「オリンパス・ペン」は家族の誰が持っても使えたカメラ。今は亡き父上が、「これは倍の枚数が撮れて徳だ」と得意げに説明し買ってきたのを覚えている。ハーフサイズは当時ウリでその後に出た、リコー・オートハーフのCMは子供ながらに羨望の眼差しで見ていた。ペンのネガはないものかと探したが、そりゃやっぱりありません。でもプリントはアルバムにありましたので紹介します。尚、当時のプリントサイズは... [続きを読む]
  • 半夏生
  • 今年もあと半年の折り返し、七月。テーブルの上に置かれたスーパーの新聞チラシを見て、家人が、半夏生ってタコを食べる日?そんなことは無いだろう。チラシを眺めると「半夏生は七月二日、タコを食べましょう」と言った文句が並び、茹で上がったタコの写真がカラーチラシにいくつも配置され賑わっていた。おいおい。なんだい、節分の恵方巻商法の夏版焼き直しかい。一服したゴールドブレンド「コク深め」の苦さが口に広... [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間
  • 梅雨の晴れ間、六本木ヒルズをぶらり。今回上京する際に新幹線の熱海東京間に利用できる「お出かけきっぷ」を使った。ただし、二名以上で往復きっぷを買うことが条件。知らなかった〜。35%ほど割り引かれ、一人当たり往復で2930円ほど安くなります。今日はJR東海の宣伝でした。 六本木ヒルズ/D7000 [続きを読む]
  • 白いご飯
  • 前回の記事の写真を写していた頃には、首筋にハリがあり、その後、日を追うようにして、痛さは増し、睡眠もろくに取れない。測れば熱もあり、夏風邪か、、、原因は風邪ではなく、首のハリが主因でした。総合病院内科、総合病院整形外科と日を置いて渡り、一向に良くならない。三番目に行った地元の整形外科医院で処方された薬がやっと当たり、ようやく快方へ。でもこういった首筋の変調からくる痛みは二三週間続くのは... [続きを読む]
  • 浮島海岸
  • 浮島(ふとう)海岸断崖絶壁の突端畳一帖ほどの頂上に立つと、強風の中で体は揺れる。腰から下はスース―して、なんとも血の気の引く思い。これ、足腰が弱っている証拠でしょうね。嗚呼。もう一度ここに立ち、同じようにカメラをぐるりと振れるだろうか?無理な気がする。でもわたしの足元10余M下では磯釣りをする人が二人いる。道がない。ロープが二本垂れていた。一本は要するにロッククライミング用、もう... [続きを読む]
  • 源兵衛川界隈 三島広小路
  • 広小路の駅周辺を歩いていると、昭和な雰囲気がまだ残っています。「純喫茶」、久しく聞きませんねぇ。昔は喫茶店のことをふざけて「カフェ」「カフエ」と言ったりしていたものが今はカフェが通り相場になったような。で、この「カフェ」がわたしには曖昧で不審なんです。どういった店なのか。横文字でカフェだからそれでよいのか?実はこの名称、いくつかの法律では昔より未だに「カフェー」という言葉で立派に残って... [続きを読む]
  • 源兵衛川界隈 三島梅花藻
  • 水冷たく清流で育つ三島梅花藻(ミシマバイカモ)。昭和30年代には湧水減少や生活排水の流入で姿を消したものの、平成に入り市民を中心に復活運動が起り、隣町の柿田川から譲り受けて復活させたとのこと。この日も川のゴミを拾う方々と行き会いました。 源兵衛川/三島市 /D7000 [続きを読む]
  • 源兵衛川界隈 伊豆箱根鉄道
  • 新たなブログとなってまだ紹介をしていなかった三島市源兵衛川の界隈です。綺麗が当たり前になった感があるこちらの川も、行く度に清掃にあたる人を見て維持管理のご苦労を知るのです。三島〜修善寺を走る伊豆箱根鉄道の駿豆線。一度だけ乗ったことがあります。某病院の検査を受けるにあたって、病院から絶対に自分の運転する車で来るなとのお達しをうけ沿線の鉄道を乗り継いでこちらの電車に乗り... [続きを読む]
  • カール
  • 「カール」と聞いて頭に浮かぶ二つのこと。”ヘイ カール”はチョーさん巨人監督解任後の浪人時代に世界陸上でレポーターとしてカール・ルイスに声を掛けたシーン。TVで見ていて、あの大スター長嶋茂雄がテレビカメラの前で軽佻浮薄にもスタンドから騒いでいる様子には、些か心配もした。「大丈夫か?長嶋」。もうひとつは昨日のニュースで知った、スナック菓子「カール」の東日本での販売中止。ピーク時に19... [続きを読む]
  • アビーロードの裸足
  • Abbey Road の横断歩道はイギリスの政府により文化的・歴史的遺産に指定されているという。こちらのペイントを施された酒屋さんは春先既に店を閉じていました。わたしが以前ここで買ったのは「お茶コーラ」。お疲れ様でした。写真を撮っていたらパトカーが写真に写らないように止まってくれた。いやいやとんでもないと、左手の平を返して、「どうぞ」のサインを... [続きを読む]
  • もう頬づえはつかない・・・そうはいかない。
  • 左手で頬杖を突く、、、右手で 、そりゃわたしだ。右手を右の頬に宛がう、、、これが如意輪観音の姿としては正解なんでしょうが。そこが情報の少ない時代の作、いろいろと現代人に考えを巡らす楽しみを与えられたと思えばよろしいか。しかし石像で良く作ったと思います。天衣(?)の立体感は素晴らしいと思います。もう十年近く経つだろうか、あるHPの書き込みで高年の方が高校時代に同級の女生... [続きを読む]
  • ストロベリー・アラーム・クロック
  • 箪笥の中から転がり落ちた。手に取って思い出したよ、この曲。 なんで?参ったな。前記事の貯金箱と同じように古〜い箪笥を片付けていて出てきた昭和の遺物。携帯用時計。大事な試験のときに時間を見落とさないように、出張のときに宿泊先で寝坊しないように、持っていきました。わたしが持っていたのは四角なものでした。今ではこんなケースと一体で折りたたみ式のものはなさそうです。アンティー... [続きを読む]
  • 金持ち騒がず。
  • 金持ち騒がず。か、、、愚生は騒ぎます。(納得)家の古〜い箪笥を片付けていたところ、ひょっこりと出てきました。わたしが物心ついたときにはすでにありました。博物館物かな? 箪笥から/NEX-6 [続きを読む]
  • 五月の風
  • 江戸っ子は五月の鯉の吹き流し口先ばかりではらわたは無し連休は気持ちの良い風が吹いていました。山は蜜柑畑でミカンの花の香りが風に漂います。 松川河畔/伊東市 /NEX-6 [続きを読む]
  • 祈願
  • 「尻相撲」で名を馳す音無神社。日本には八百万の神様がいて目出度いものです。で、わたしも祈願。二礼ニ柏手一礼。カオナシ見つけた…わたしの心の隙間を見られたか 音無神社/伊東市 /NEX-6 [続きを読む]