にゃんきち さん プロフィール

  •  
にゃんきちさん: ビーグレンは危険な化粧品?
ハンドル名にゃんきち さん
ブログタイトルビーグレンは危険な化粧品?
ブログURLhttp://hoshitucosme.seesaa.net/
サイト紹介文なぜビーグレンが危険と検索されるのか?ビーグレン愛用者が使い心地を口コミします。
自由文ビーグレンの良いとこ、悪いとこ、愛用者の口コミをブログにしてみました。アメリカ生まれの化粧品なので危険だと思っている方が多いので良かったら参考にしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 48日(平均2.6回/週) - 参加 2017/01/05 12:00

にゃんきち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 春です。ビーグレンでシミ対策 経過報告
  • 春ですね!^^管理人のにゃんきちも、ビーグレンを使い始めて1年弱。思えば最初のとっかかりは『シミ対策』でした。↓こちらはシミ対策に奮闘していたころ書いたものです^^>>ビーグレンは危険?効果 の過去ログはこちら今現在、シミ対策の経過としては、『シミは消えてはいないものの、かなり薄くなってきている』と言えます!30代初めからずっと悩んできたのですが、薄化粧すると全く消えてわからなくなりますし、『たくさん [続きを読む]
  • QuSomeリフトで小顔! 驚きのマッサージ効果
  • このページを見てびっくりしました!>>ビーグレン ビフォーアフターQuSomeリフトを使用したマッサージ効果によるビフォーアフター画像なんですが、左右にスライドすると使用前使用後の画像の変化がとてもよくわかります!めっちゃ小顔に・・・。これはすごいわ・・・と思っちゃいました。真剣にサイズダウンを考えると、QuSomeリフトでキチンとしたマッサージをするのが一番早いんですねってことがよ〜〜くわかる画像です。>>ビーグレン [続きを読む]
  • 保湿の強い味方 ビーグレン Cセラム
  • 忙しかったり面倒だったりでササッとスキンケアを終わらせちゃう事があるんですが、そういうときにビーグレン Cセラムをつけている時とつけてない時の違いがテキメンにわかります。>>ビーグレン Cセラム真冬の乾燥の時期、Cセラムは私にとって必須アイテム。つけると肌が柔らかくモチモチになるので「潤ってるな〜♪」ってすぐにわかります^^♪保湿の強い味方です [続きを読む]
  • 年を取るということ
  • あけましておめでとうございます!^^忘年会だ、新年会だと集まることが多かったので、毎年この時期はいろんな良い刺激を受けます。私は今40代なのですが、そういう集まりでは50代の女性とお会いすることも結構あるんですね。20代のときには当たり前にみんな肌がつるつる・スベスベでとてもキレイなのですが、40代、50代と年を重ねるにつれてキレイに年を重ねている女性とそうでない女性の差がびっくりするほど出てきます。それは [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?使用者による本当の口コミ
  • こんにちは(^o^)「防腐剤使ってます。最小限で」と明言しているビーグレン。いまだにビーグレンは危険?って検索している人、多いんですよね。おそらく外国製だと思われているということもあるんでしょう。>>ビーグレン Cセラム私も最初、外国製の化粧品はキツそうでかぶれそうで、ちょっとこわいなぁと思っていたのでとっても理解できます。でも、以前ブログに書いたように、ビーグレンは今、すべて日本でつくられていて、正真正 [続きを読む]
  • ビーグレン ジュエルマスク(2016セールプレゼント)
  • ビーグレン 2016クリスマスBIGセールのプレゼント品が届きました!!一枚一枚丁寧にパックされているとても大〜〜きなジュエルマスクもったいなくてなかなか使えない〜このジュエルマスク、ダイヤモンド末・コロイド性白金・コロイド性金というふうに、それぞれ本当のジュエルが入っているというゴージャスなマスクです!!マスクの裏表に1枚ずつフィルムがついているんですよ。ゴージャスでデラックスなマスクだと当たり前なんでしょ [続きを読む]
  • ビーグレン 2016クリスマスBIGセール 最安値で買えるもの
  • 【ビーグレン公式】セール会場はこちら本日12月9日から「ビーグレン 2016クリスマスBIGセール」が始まりました!!ビーグレンはセールごとにある特別プレゼントがとても楽しみなのですが、今回のプレゼントは「ジュエルコレクション【マスク】1セット3枚入り」2万円以上の購入で1セット、3万円以上2セット、4万円以上だと3セットプレゼントされます^^※数量限定成分表をみると、本当にダイヤモンドや金、プラチナが入っ [続きを読む]
  • ビーグレンは危険な化粧品?ヌーディーヴェール
  • ビーグレンを2〜3年使っている50代の知人がいるんですが、「実はファンデーションを使っていなかった」と知ってびっくりしたお話しです(笑)その方と先日「ビーグレンにはクレンジングがないんですね〜」というお話をしていると、こんなことを教えてもらいました(^^)ビーグレンを開発・生産・販売しているスタッフは、それはそれは素肌がキレイなんだそうですみなさん何年もビーグレンを愛用し、使い倒している。そして、ファン [続きを読む]
  • ビーグレンは危険? 高値で買っちゃだめ!最安値で買う方法
  • ビーグレンを定価で買ってはいけません!私がビーグレンを使ってみてわかったことの一つに「最安値での試し方」や「最安値で買う方法」があります。最初よくわからなかったので、定価でラインで揃えるとなると結構なお値段だし、肌に合わなかったらどうしよう・・・と思っていました。年に4回、ビーグレンではバーゲンがあるのですが、それよりも安く買える方法をお教えしますね^^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~1,まずはト [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?パラベン
  • 先ほどビーグレンの製品一覧で、ひとつひとつ成分チェックしてみました。結論から言うと、現在ビーグレンにはパラベンを使用している製品はないようです。>>ビーグレン 製品一覧そもそもパラベンってそんなに悪いものなのでしょうか?パラベンは旧表示指定成分で、まれにアレルギーを起こす人もいます。まれにって、何人くらいだと思いますか?スキンケア大学によると、1000人に2人、パッチテストで反応を起こす人がいるのだそう [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?防腐剤
  • 化粧品の成分で、防腐剤って気になりますよね。肌に悪い、不要な成分という気がすることもあります。化粧品には防腐剤が必要だとわかってはいても、抜けるものなら抜いて欲しいなと思いますよね。でももし化粧品に防腐剤が入ってなかったら、何ヶ月も平気で使えません。腐ったり変質してしまったら、高価な有効成分も台無し。肌トラブルになるかもしれないし、とても怖くて使えないですよね。肌にやさしい化粧品を探していると、「 [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?ニキビケア
  • 私がビーグレンを頼りにしていることの一つに「ニキビへの即効性」があります。前回の記事でも愛用している事を書いたのですが、「ビーグレンCセラム」は、ビーグレン ニキビケアのセットにも入っている、いざという時に心強い美容液ニキビができちゃったときに、サッと一塗りします♪>>>ビーグレンニキビケア トライアルセット私も時々大人ニキビには悩まされるのですが、ウチの子もまだ若いからかニキビが出やすい肌質で、放っ [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?成分
  • ビーグレンの中に配合されている成分のなかで、危険だと思われているものといえば、プロピレングリコール(PG)がありますよね。プロピレングリコール(PG)のことを調べてみました。いわゆる旧表示指定成分というもので、1980年に厚生省によって告示された「表示義務のある成分103種類」の中の一つです。プロピレングリコール(PG)とは?:用途:低用量では生物への毒性が低く、また無味無臭であることから、保湿剤、潤滑剤、乳 [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?日本製って本当?
  • ビーグレンって外国のコスメ?外国製の化粧品ってきつそう・・・。日本人の肌に合うのかなぁ?疑り深い私は最初、ビーグレンを嫌煙していました。でも勧めてくれた友人がこういったんです。「ビーグレンは日本人向けに開発された化粧品だから大丈夫だよ♪」ビーグレンはブライアン・ケラー博士が開発した、【薬剤を肌奥に届けるための技術】を応用し、奥様のために化粧品を開発しようと思ったのがはじまり。ビーグレンの児玉社長さん [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?体験談
  • ビーグレンを使い始めて半年以上経ちます。以前はマックスファクターのSK-Ⅱを愛用していて、もちろん美白美容液「オーラエッセンス」も使っていましたし、目元美容液の「ステムパワー アイクリーム」もありました^^お値段が結構高いので、きっと「透明肌」にしてくれるにちがいない!!と期待を込めて使っていましたね(^_^;結構気に入って使っていたのですが、私は乾燥肌なのでもう少ししっとり感が欲しいかな〜と思っていまし [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?効果
  • 前回の続きになります>>ビーグレンは危険?ハイドロキノンの過去ログはこちら今回は、「ハイドロキノンの弱点」について書いてみますね〜効果が強いけれど刺激も強いハイドロキノンという美白成分。ハイドロキノンの弱点はなんでしょう?「刺激が強く、酸化しやすいこと!?」と思いませんでしたか?もちろん刺激が強く、酸化しやすいというのは困った弱点です。でも、私が考える一番の弱点はこれです。ハイドロキノンは浸透しにくい [続きを読む]
  • ビーグレンは危険?ハイドロキノン
  • >>ビーグレン昨日のブログでビーグレンが危険だと思われている配合成分についてサラッと書いたのですが、今日はそのうちのひとつ、「ハイドロキノン」について。>>ビーグレン 危険な配合成分?の過去ログはこちらハイドロキノンって美白効果が高いと有名ですが、発がん性や白斑になるというウワサがあることも事実。実は私もこのウワサがとても気になっていて、納得するまで調べた結果、選んだ美白化粧品がビーグレンだったんです [続きを読む]
  • 過去の記事 …