内藤 さん プロフィール

  •  
内藤さん: 孤独と向き合う
ハンドル名内藤 さん
ブログタイトル孤独と向き合う
ブログURLhttp://tokiwokakerunaitou.blog.jp
サイト紹介文学歴もなければ職歴もなく要領も悪い、おまけに孤独……でもまだ死ねない、そんな人間の日常
自由文ぼっち気質で他人と話すことが苦手かつ、興味が持てない。また仕事上での判断力が低く、ミスも多い。運動神経も駄目。それでもまだまだ人生は続く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 80日(平均1.2回/週) - 参加 2017/01/05 12:11

内藤 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 八方ふさがり
  • 自分の未来は暗いだろう……最近はそればっかり考えている。高齢者になった自分を想像すると寒気がする。何をやっていても楽しいと思えない。心療内科でもらう薬も1種類増えた。最近、自分にとっての人生はただただ耐えているだけに思えてくる。ただただ時間が経つのを待って…耐えて…でもその先に何もないのがわかっている……。まさに何のために生きているのだろう。体も色々ガタが出てきている。一応、まだ20代なのに。ほんと [続きを読む]
  • 誰からも愛されない自分
  • タイトルからもわかるように、そして以前のブログ記事でも書いたように…私は友人と呼べるような存在が一人もいない。異性と恋愛をしたこともない。その両方とも以前から覚悟していたことだ。自分ほど気持ち悪い人間は中々いないと思っている(外見も内面も) 。こんな奴と仲良くなりたいとか、付き合いたいと思う人間は稀…いや、存在しないだろう。覚悟はしていたのに、数年前から妙につらいのだ。 歳をとったからだろうか [続きを読む]
  • 笑えば、いいと思うよ。
  • 私は「表情が硬い」、もしくは「怖い」「無表情」などということをよく言われる。学生時代には就職課の人に「顔が怖いんだけど」「人生で笑ったことある?」などといわれたものだ。私も自分の表情が固かったり、無表情なのはわかっている。というか子供のころは半分意識的にそうやっていた。だってさ、笑ったら周りが言うわけよ。「気持ち悪い」って。 私の顔はブサイクなのだが、それ以上に不気味なのだ。それが笑顔に [続きを読む]
  • 結局、「なんで生きてるんだろ?」に行きつく
  • なんというか…閉塞感がすごい。もうどうにもならない感じ。何やっても楽しいと思えない。生きてる意味あんのかなーって……。なんとなく息苦しい。もう自分はどうにもならない、身動きをとれないんじゃないかって。だって何かを見たりやったりしてもなにも感じない。 しいていうならめんどいなー、とは思うけど。 めんどくさかろうが、つらかろうが、何も感じなかろうが…朝はやってくるし、仕事に出勤しなくちゃいけな [続きを読む]
  • 毎日がギリギリ
  • 気を抜くと「死んじまいたい」と思い始めてしまう。これからの人生どーなるんだろって…絶対暗い未来しか待ってないよなって。ギリギリだ。ギリギリ。毎日がギリギリ。前を向くのは難しい。でも後ろを向くのもつらい。だから立ち止まったままだ。私の人生は立ち止まってる時間ばかり。親が死んだあとが不安だ。とてもじゃないが自分一人で生活していける気がしない。生活能力がなさすぎる。それを改善するためには……やはり一人暮 [続きを読む]
  • 衝動性
  • ADHDの症状の一つに衝動性というものがある。私はこれが強いのだろうか……現実でもネット上でもカッとなることが多い。なのでtwitterは駄目だ。目にしたくない情報や人のつぶやきが飛び込んできてイライラして訳のわからないことをつぶやいたり、喧嘩腰になってしまう。ちょっとやってみたけど数日でギブアップ。あれを楽しめる人間はメンタルが強いと思う。芸能人がたまに炎上してたりするけど、気持ちはわからないでもない。カ [続きを読む]
  • 転職…しないほうがいいのだろうか
  • 私は今、転職活動をしている。今の仕事がきついし、正社員になりたいからだ。でも「自分には正社員なんて無理なんじゃないかな」と思い始めた。 幼少期から何かを上手くできた記憶がほとんどない。何をやってもダメな人間だった。馬鹿だったし、運動も苦手。見た目も底辺で性格も悪かった。昔は自分では自分のこと頭いいと思ってた。 「俺は人とは違うんだー!凄いんだー!」って。たんに周りと協調がとれないだけだった [続きを読む]
  • わからない
  • 何のために働いているのか。欲しいもの……ないわけではないけど、なかったらなかったで別にいい。したいこと……ない。思いつかない。頭の中がごちゃごちゃしている。何を考えているのか、何のために考えているのか…わからなくなる。目の前のことに集中しなければいけない状況でもそんな感じだ。世間の人間は何が楽しくて日々をがんばっているのだろう。私も以前は何か楽しみがあった気がする。何が楽しみだったんだろう? もう [続きを読む]
  • 働くことの難しさ
  • 20代中盤まで働いたことがなかった。怖かったのだ。自分に労働なんてできるわけがないと思っていた。内定をもらったあと、出社日数日前に家出をした。働きたくなかったから。金もなかったし、結局出社日前日に家に戻った。働き始めると、自分の能力のなさに絶望した。なんで自分はこんなにできないんだろうって、悔しかった。お金もまともに数えられず、年下に馬鹿にされた。最終的には上司と揉めて辞めた。必然だったと思う。その [続きを読む]
  • 人間関係
  • 友人だの恋人が欲しいという気持ちは依然としてあるのだが、同時にそういった存在を「面倒」だと感じてしまう自分もいる。どうしても気を使ってしまうだろう。親しければ親しいほど、好きであれば好きであるほど、どうでもいい一言に気を使わなくてはならなくなる。気を使わなくていい、自然体でいい、他人。そんなものは存在しないだろう。「いや、そういう人が身近にいる」というのなら、それは思い込みなんじゃなかろうか。向こ [続きを読む]
  • 友人やそれに類するものが一人もいない人間ってかなり珍しいんだなと
  • 私は友人がいない。知り合い……と呼べる人間もいない(職場の人間は知り合いと呼んでもいいのだろうか?)。一人もいないのだ。 で、こういう人間ってけっこう…というかかなり珍しいんだなと思う。ネット上で孤独やぼっちを強調している人でさえ、〇〇時代の友人と飲みに〜とか普通に書いてるもんな。それを批判する気は全くないし、孤独だのぼっちだののあり方は千差万別だと思っている。ただ、悲しいのだ。ああ、私みたい [続きを読む]
  • やはり薬は必要
  • ここ数日、仕事上の忙しさから薬(ストラテラ)を飲まないでいた。……というより、飲むのを忘れていたというほうが正しいか。私は薬を夜に飲んでいるのだけれど、帰ってきて速攻で布団にバタンキューだったのだ。 結果……昨日今日と職場で思考が爆発してしまった。 考えが取っ散らかるし、優先順位が上手く組み立てられない。それでイライラしてしまい、周りに当たりそうになる…etc やはり薬は重要なんだ [続きを読む]
  • はじめに
  • 無趣味でぼっちの人間が日常をだらだらと書き連ねるブログです。生活の中で気持ちの上がり下がりが激しいのが自分の特徴なので、日々の出来事を書くことで自分を落ち着かせる意味合いもあってブログでも書いてみようと思い立ち、現在に至ります。あと文章力の向上……という... [続きを読む]
  • 過去の記事 …