dwd さん プロフィール

  •  
dwdさん: エセ法学徒の備忘録
ハンドル名dwd さん
ブログタイトルエセ法学徒の備忘録
ブログURLhttp://blog.dwd.tokyo
サイト紹介文理系の司法試験予備試験受験生がひたすら暴言を吐きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 221日(平均0.6回/週) - 参加 2017/01/06 04:56

dwd さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 結婚します
  •  突然ですが、結婚をすることになりました。 お相手は、ITサークルで知り合い、以前より親しくしていたさきさん( @syoujyogensou20 )です。 さきさんが彼女のブログにこれまでの経緯を綴るというので、僕の方でも真似して、これまでの経緯、心境、抱負等について綴りたいと思い、久しぶりにブログの筆を執ることにしました。普段は法律や運転免許の話ばかりしているqbですが、今日は、自分のありのままの心境を率直に綴ろうと [続きを読む]
  • 予備試験短答を前にして
  •  いよいよ来週の水曜からは司法試験が始まり,日曜には予備試験の短答式試験が行われる(僕も予備試験に参戦する)。一昨年は考査委員を務めていた青柳幸一によって試験問題が漏洩される事件が起こり,昨年は商法の試験中に受験者が発狂して大騒ぎになった司法試験(今や「司法試験」でググると,「司法試験 発狂」がサジェストされる)であったが,今年も何か事件が起こるのだろうか。 まぁ,事件が起ころうと起こるまいと僕の [続きを読む]
  • 「人生の保険」がもたらす害悪
  •  おそらく,今日から今まで持っていた1つの価値観を転換させる。以下,詳述。 僕はこれまで,人生どれだけ失敗をしても再起できるように,「人生の保険」をかけて,避難経路を作っておかなければならないと考えていた。 特に法律学習を始めてからは,いわゆる「ベテ」(最悪のケースでは,中途半端な気持ちで司法試験を目指してダラダラ何年も勉強をしているうちに,年齢を重ねて潰しも効かなくなり,アルバイト等で一生を終え [続きを読む]
  • 準中型運転免許を取ろう
  •  長らく工事をやっていた警視庁鮫洲試験場ですが,いよいよ新コースが整備され,4月3日から全種別の技能試験が再開される予定で,これに伴って既に予約を開始しているそうです。今年もまた何らかの種別で一発試験を受けるつもりなので,夏休みにでも行ってきたらブログのネタにしようと思います。 さて,先般,道路交通法が改正され,平成29年3月に施行されました。世間では高齢ドライバーに対する医師の検診等が話題となってい [続きを読む]
  • 飲酒事故の「逃げ得」問題
  •  自称法学徒なので,たまには法学徒らしい記事でも書いてみようと思います。  かねてより,「酔っ払いが死傷事故を起こしたとき,そのまま逃げて酔いが覚めてから出頭すれば,飲酒の証拠が無くなって刑が軽くなる」という問題が指摘されています。そこで,この「逃げ得」問題について検証してみたいと思います。(本記事の内容は平成29年1月25日時点の情報に基づいて記述しています。また,閲覧者の方がこのブログの内容を信じた [続きを読む]
  • ストレス耐性
  •  なんとなく,電車に乗っているときに思いついた。ストレス耐性のある人というのは,3つのレベルに分かれているように思う。 1.事実を認識しない人  →そもそもストレスの原因となる事実を認識しない人。つまり,ある事実Aが発生するとストレスを感じる,という人であっても,そもそも「事実Aが発生した」ということすら認識しないから,ストレスは感じない。 2.事実を何とも思わない人  →どんな事実が発生してもス [続きを読む]
  • 意外と大事な「合理性の追求」
  •  今日の話題は,ちょっと目を背けたくなるような話かもしれない。僕も本当は目を背けたい。でも,この話はわりと大事なことだと思っているし,客観的にも大事であると思う。正月もへったくりも無く粛々とレポートを書いていたので,新年早々,何の躊躇もなく,頭の痛い話題を書くことにしたのである。 年末にもブログに書いたが,昨年は,充実しつつも味気のない1年であった。正直なところ,自分自身でも最近の人生について「現 [続きを読む]
  • 2016年の振り返り
  •  あっという間に1年が終わってしまった。例によって色々なことがあったが,個性的な業績をほとんど残せなかったのが残念である。 いま,オンデマンドを含めると大学の講義を週23コマ履修しており,法律も勉強している。年末年始のうちにレポートや答練を片付けないと年明けに死ぬので,粛々と処理している。紅白も門松もへったくりも,あったものではない。 後になって過ぎ去ったことを振り返るのは嫌いなので,とりあえず年が [続きを読む]
  • 専門家の友達がいると楽しい
  •  法律を勉強していて,ふと思う。友達に弁護士がいれば「天皇が衆議院の解散証書を破り捨てたらどうなるの?」「最高裁判所に訴状を提出したらどうなるの?」という,くだらない質問をすることができる。 こういう質問,人によっては阿呆くさいと思われるかもしれないけど,僕は結構,知的好奇心をそそられる。たまたま法律を勉強しているから,上記の疑問はある程度自分で解決できるけど,他の分野だと,そうはいかない。 「鼻 [続きを読む]
  • ニートに夢があっても良いじゃないか
  •  数年前に見たニート特集のテレビ番組で,ニートの発言として,以下のようなものがあった。 ・毎日決まった時間に出勤・退勤するサラリーマンは可哀想  ・アドバイザー的な何かになりたい ・軍師になりたい 上記ニートの発言に対しては,ネット上で「寝ぼけたことを言うな」等の様々な批判が書き込まれていたように記憶しているが,ぼくは,上記の考え自体は別に何の問題もないと思う。 9時に出勤して5時に退勤するサラリ [続きを読む]
  • 応急救護講習
  •  本日の話題は,またしても運転免許制度です。ブルドーザーを運転できる資格をゲットして,若干気分が高揚しているのかもしれません。大特一種を持っていると戦車も運転できるので,大学に遅刻しそうなときは戦車で登校したいものです。 冗談はさておき,この記事では,道路交通法を「法」,道路交通法施行規則を「規則」と略します。 運転免許を取得する際には,応急救護講習(法108条の2第1項8号,規則38条8項1号) [続きを読む]
  • 大特一種免許取得
  •  以前から自動車運転免許に関しては色々と調べてきたところですが,今回は大特一種免許を取得しました。 大特一種免許を取得すると,公道でブルドーザー,ショベルカー,ホイルローダーのような車両を運転することができるようになります。 取得までに要した費用は次の通りです。 受  験  料 4,500円×4回=18,000円 交  通  費往復600円×5回= 3,000円 免許証交付手数料   2,010円―――――――――――――― [続きを読む]
  • 地方税の徴収の在り方
  •  今日の記事は完全に思いつきです(いつもだけど)。 我が国の税金には,国税と地方税があり,国税(所得税,法人税等)は国税庁が徴収し,地方税(不動産取得税,たばこ税等)は各地方公共団体が徴収しています。すごく唐突で突拍子もない案なのですが,税金は,地方税も含めて国税庁が一括徴収すれば良いのではないでしょうか。 国税庁は,組織も調査能力もしっかりしています。対して,地方公共団体は(政令指定都市レベルの [続きを読む]
  • 罰条:刑事訴訟法違反
  • 刑法は犯罪の構成要件が列挙されている実体法,刑事訴訟法は捜査・公判について規定した手続法…。というのが一般的な法学徒の認識ですが,どうやら,刑事訴訟法にも刑事罰の規定があるようです。2016.10.11 22:46自らが被告となった裁判書類をブログに掲載容疑 52歳男を逮捕 札幌・南署は11日、自らが被告となった暴行事件の裁判の証拠書類をブログに掲載したとして、刑事訴訟法違反(開示証拠の目的外使用)の疑いで [続きを読む]
  • 平成28年度 予備試験 受験結果
  •  今年度(平成28年度)は法務省主催のクソイベントに参戦したのですが,あっけなく撃沈しました。クソイベンターの道は険しいです。 というわけで,備忘録も兼ねて,ブログに試験の結果を晒したいと思います。理工系の学生が法律学習1年目で予備試験を受験する,という状況も珍しいと思うので,似たような境遇の方の参考になれば幸いです。1 短答式試験の結果  合格  合計点 193点  順 位 407位 (受験者10,442人 [続きを読む]
  • 自己紹介(1)
  •  というわけで,今更ながら自己紹介をしたいと思います。 このブログを開設したのは2013年の秋ですから,大学1年生のときでした。あの頃は,情報系の分野に無限の可能性を感じ,プログラミングで変なスクリプトを生産していたりしたものです。(今でも興味はありますが,プログラミング等の技術的なことはほとんどやっていません) とりあえず経歴をまとめておくと, 1994年度生まれ 2010年3月 中学校卒業 2013年3月 高等 [続きを読む]
  • 今後のブログの方針
  •  また半年ぶりのブログ更新になってしまいました。 今年度はついに司法試験予備試験などというクソイベントに手を出してしまいました。図らずもクソイベンターになってしまった経緯等については,おいおい書いていこうと思っています。 さて,今日は当ブログの今後の方針変更についてお話しします(誰も読んでないだろうけど)。 管理人が過去幾度と無く,ブログを作っては放置する,という悪業を積んできたことを考慮すれば, [続きを読む]
  • 勉強
  •  色々とあって今,民事訴訟を起こしており,東京地裁の合議事件を弁護士無しでドンパチやっています。 訴訟をやっていて常々思うのは,「法律を勉強していると,法律問題の早期発見ができる」ということです。僕も法律を勉強する前は,「そんなものは弁護士に任せておけば良いじゃないか」と思っていましたが,やはり素人では,法律問題が起こったことすら気づかないこともあります。 債権総論と行政法で学ぶ判例の1つに,自衛 [続きを読む]
  • 原告が自然人であることの確認を求める訴え
  •  またくだらない裁判を思い付いてしまいました。 今日ご紹介するのは「原告が自然人であることの確認を求める訴え」です。 ただ,私自身はこの裁判をやるつもりは毛頭なく,その理由は2つあります。それは, (1) 現に自然人として扱われているため「確認の利益」が無い   (つまり問答無用で却下されてしまい判例になれない) (2) さすがにマジキチであるということです。 というわけで,自分の中ではボツになったネタな [続きを読む]
  • 美しい判例の作り方
  • およそ1年ぶりのブログ更新ですが,何かしら暴言を吐いておかないと生きた証拠が残らないのではないかと思い,いそいそと記事執筆に取り掛かるのです。さて,この1年間で「判例になる方法」というのをいくつか考えていました。普段の私を知らない人からすれば,正気の沙汰とは思えないかもしれません。「これまで我が国で誰も考えてもみなかったこと」を事件化して,司法に初の判断をさせる。そして,学者や実務家に「こんな視点 [続きを読む]
  • 過去の記事 …