科学の新聞 ‐ Stealth Science さん プロフィール

  •  
科学の新聞 ‐ Stealth Scienceさん: 科学の新聞 ‐ Stealth Science
ハンドル名科学の新聞 ‐ Stealth Science さん
ブログタイトル科学の新聞 ‐ Stealth Science
ブログURLhttp://1oo.jp/
サイト紹介文脳神経科学・心理学・微表情・ボディランゲージ・読心術などの知識を今日から使える解説を交えて配信。
自由文科学に興味関心を持ち、知識を吸収しようとする人は多いがその知識を実践でいかせる人は少ない。科学の知識が入り実践で応用がきくようになると本当に人を動かすことができてしまう。悪用すれば凶器にすらなりうる危険なスキル。当サイトはあくまでも「悩み」「苦労」「迷い」の解決をお手伝いする目的で科学を発信している。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 20日(平均7.3回/週) - 参加 2017/01/06 14:14

科学の新聞 ‐ Stealth Science さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 脳がどんな命令を下しても体は真実を選択する
  • 人は都合が悪いとき言葉でそれを補おうとするが、脳がどんな命令を下そうとしても体は常に真実を選択しようとする。例えば、「あいつは言うてることとしていることが違う」「いつも言葉と行動が伴っていない」、そういうことは良くあることだが気づいたときにはもう出遅れている。「もっと早くに気づけないないだろうか?」相手の言葉を信じたがために、時間を無駄にしたことや損を被ることも過去をたどれば思い当たる節があるので [続きを読む]
  • 眉にあらわれる「本物の怒り」と「嘘の怒り」
  • 相手が怒っていると感じたとき、その怒りがどこまで本気かを見分ける方法がある。なぜ怒っているかではなく、怒りの度合いを図る方法だ。最近は、講談社の編集次長がもっとも近い存在である自分の妻を殺害したり、福岡では32歳の母親が生後三ヶ月の長女を殺害したりなど、当たり前のように殺人事件が起きている。相手に殺意を抱くほどの怒りは怒りの中でももっとも強い怒りであり、相手がどれぐらいの怒りを持っているかを知らずに [続きを読む]
  • ミルトン・エリクソンのNOを封じるダブルバインド
  • 相手を食事に誘うとき、あなたはどんな声のかけ方をしているだろう。恐らく大半の人がなんの躊躇もせず、自分の頭の中をそのまま言葉にしているのではないだろうか。OKをもらえているならいいのだが、もし断られることのほうが多いのであれば、それは断られる可能性をあなた自身が大きくしているかもしれない。今回はアメリカの心理学者であるミルトン・エリクソンが、催眠療法のために拡大させた「NOを封じるダブルバインド」とい [続きを読む]
  • 会話中の返答の語尾にあらわれる嘘の核心
  • 人は嘘をついている自覚があるとき、必ずその痕跡をどこかに残す。どれだけ誤魔化そうと繕っても、神経によってカラダに伝達される反射的反応までは、相当訓練された人間でないと隠しとおせない。表情、しぐさ、言葉、声のトーン、発汗、呼吸、脈拍に心拍数など、意識的に何かを抑えようとすると、普通の人は必ずその反動が体のどこかにあらわれるようになっている。今回は、3番目に挙げた「言葉」の違いに嘘があらわれるケースを [続きを読む]
  • 話を聞かなかった人が「たった一言」で話を聞いてくれるようになる方法がある
  • 本題に入る前に、この記事のタイトルをもう一度よく見てほしい。この記事は「話を聞いてもらう方法」ではなく、「話を聞いてもらえるようになる方法」だ。一度きりではなく、その後も話を聞いてもらえるようになる方法を今回はお教えする。本当に話を聞いてほしい人に話を聞いてもらえないのは、自分の無力さを痛感するほか、心底無念で悔しいことかもしれない。今回の記事がその悩みを解決するお手伝いができると願いたい。話を聞 [続きを読む]
  • 気になる異性と心の距離を一瞬で縮める方法
  • 気になる異性が見つかったとき、あなたはどうやってその距離を縮めようとするだろうか。LINEや電話番号を交換するところまではできても、嫌われたくないという恐怖からなかなか連絡できなかったり、自分から誘えなかったり、そんな人は少なくないと聞く。今回紹介する内容はLINEや電話で距離を縮める方法ではなく、実際に会ったときに互いの心の距離を一瞬で縮めてしまう方法だ。連絡は幾度となくとっていても、一度会うと2回目3回 [続きを読む]
  • 「いつ」を話しているかに注目するとその人の「今」がわかる
  • あなたの近くにも、こんな言い回しをよくする友人や知人がいないだろうか。こういった発言は女性よりも男性に多く見られる傾向があるが、口に出している本人は自分でもその意味に気づいていないことが多い。今回はその心理について解説していく。誰かと話すときや話しているときに、このような発言をする友人や知人が近くにいる方は、その人をイメージしながら読み進めてみてほしい。恐らく、その人の現状と一致していることに納得 [続きを読む]
  • 潜在意識に刷り込まれる心理的効果15選
  • 心理的効果をもたらすものの多くは、潜在意識に作用するものが大半を占める。あなたも知らないうちにその効果を受けているかもしれない15選を抜粋した。知っていて損のない知識であり、活用できるようになれば受ける側から使う側に回ることも可能だ。心理を知るということは人を知る( 感情に先回りする )ことに直結する。今回リストアップする15選は、日常生活や対人関係で関与してくるものなので、覚えておくと参考になるときが [続きを読む]
  • 0.2秒が語る微表情 ? マイクロ・エクスプレッション
  • 科学の中に「微表情」という聞き慣れない分野があるのをご存知だろうか。「微表情」は、43種類の筋肉が作り出す10,000通りの表情を追求する今世界中で注目を集めている近代的科学である。かなり複雑な分野なので、知識や技術の習得にはそれなりの時間と経験が必要になる。真実と偽り(嘘)の境界線に位置する、鋭い観察眼と洞察力が求められる重要かつ再現性のある内容で実に興味深い。今の日本には微表情分析ができる人がほとんど [続きを読む]
  • 過去の記事 …