小野塚 さん プロフィール

  •  
小野塚さん: 癒しの小部屋のつぶやき
ハンドル名小野塚 さん
ブログタイトル癒しの小部屋のつぶやき
ブログURLhttp://ameblo.jp/iyashino-room/
サイト紹介文ネットカウンセリングルームの「癒しの小部屋」です。日々の思った事を書いています。
自由文「癒しの小部屋」ではメールもしくはお電話でのご相談を承っております。
メールのご相談は初回、無料となっております。
お気軽にご相談下さいませ。

http://iyashino.oops.jp/hp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 82日(平均6.4回/週) - 参加 2017/01/06 14:47

小野塚 さんのブログ記事

  • 理解
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい。^^ 人として生きて行くには必ず人と関わり合いながら生きていきます。その中で 喧嘩があったり、親友に出会えたり、イジメにあったり、幸せなことが訪れたりするわけですが、そういう事が起こるたびに自分がどう受け入れるかが問題になるのです。 何でも否定的に捉えてしまう人は、喧嘩があれば、その人を憎むようになるだろうし、親友に出会ったとしても、何かトラ [続きを読む]
  • ママ友との付き合い方
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 結婚して子供が産まれれば、成長と供に、保育園、幼稚園、小学校、中学校と環境は変わっていきますよね。 まあ、ママ友は一種の近所づきあいと同じなのですが、はっきり言えるのは、一軒家を購入したときの近所づきあいは一生ものになりますが、ママ友はその時々の子供の成長に応じて人が変わっていくことも意味しています。 最近多いのが、今のママ友とつきあ [続きを読む]
  • 会社での人間関係
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 社会人になると縦社会に入る訳ですから、当然、上司、同僚、部下、という構成になります。 今まで学生の時に気ままな生活をしてきましたが、社会人になれば、責任も伴いますし、ミスをすれば、当然上司に怒られます。又、自分に部下がいれば、部下の失敗は自分の失敗になるわけです。沢山のストレスがあると思います。 良く質問に出てくるのが、上司とそりが合 [続きを読む]
  • 超自我について その2
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ では 超自我についてもう少しお話させて頂きます。 前述に書きました、賞と罰ですが、この二つは超自我の役に立つのだろうか?と言うことをまず考えてみましょう。超自我は前述でも書いたとおり、道徳的ないし裁判的役割を果たす所です。 あるとき、徳の道をひたすら歩んで行った人に、超自我は「あなたは、長いこと申し分のない行いをしてきたから、この辺で [続きを読む]
  • 超自我について その1
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ さて今回は超自我についてお話したいと思います。精神疾患などを作ってしまったりする超自我なので今回は二つに分けて説明したいと思います。今日のお話は超自我についての大まかな概要です。 フロイトの三代原則の第三に重要なのが超自我なのですが、これは、道徳的ないし、裁判的な支脈と言えます。現実的なものよりは理想的なものを代表しており、現実や快感のた [続きを読む]
  • 自我
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ フロイトにおける三つの三原則、イド、自我、超自我 があたりますが、今日は自我についてお話したいと思います。 イドが緊張を発散する二つの過程、すなわち、衝動的な運動筋の活動と表象の形成(願望充足)とでは、生存と生殖という、偉大なる進化の目標を達成するのに十分ではないのです。反射にしても、願望にしても、空腹の人に食物を、性的な交渉を求める人に [続きを読む]
  • イドとは
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ さて、連休も明けましたので、フロイトの心理学に戻りたいと思います。 フロイトの心理学上で欠かせないのが、イド、自我および超自我と呼ばれていて、精神的に健康な人では、この三つの体系は、統一的な調和のとれた構造をもっている。反対に、この三つの体系がお互い争っているときには、人は不適応状態になっていると言われ、自分自身にも世界にも満足しないし、 [続きを読む]
  • 喜怒哀楽
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 今日で連休は終わりですね。皆様どこかへお出かけになりましたか? 3.4日前に新聞で面白い記事を見つけました。重力を日本全国で調べたという記事です。重力とは 地球の中心に進めば進むほど重力が強くなり、遠くなれば遠くなるほど重力が軽くなります。日本ではどうなっているのかという研究チームが沖縄から北海道にかけて1グラムを測定して回りました。その [続きを読む]
  • 努力すると言うこと
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 日々努力することは並大抵の事ではありません。これを毎日やろうと目標を掲げても 三日坊主に終わってしまうことは多いかと思います。 普段は 堅いことを書いているので今日は少し連休ですので柔らかめに書きたいと思います。 芸能人になった人は 日々努力を続けていなければ、すぐにテレビ上から消えてしまいます。例えて言うなら、芸人さんですが、数多い [続きを読む]
  • 赤面症を例に考えてみる
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 前回は 私の例で 目的論と原因論を語りましたが、今回は赤面症について同じように語っていきたいと思います。 ある大学生の女性が赤面症で悩んでいるとしましょう。 ここで赤面症とは何かということをまず説明しておきます。人前に出るもしくは人と話をするような場面において顔が真っ赤になってしまい、又、本人も自覚していることから恥ずかしいという気持 [続きを読む]
  • 目的論と原因論
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 心理学において何派という派閥が出来ていますが、別に喧嘩をしているわけでもありません。自分に合っているなと思っている心理学者の元で勉学をするわけですから考え方も違います。実際にユングとフロイトは家族同士で会っていましたし、とことん論議を語り合うこともありました。 フロイトは心理学において様々な波紋を投げかけるような発見をしていきますが、後々 [続きを読む]
  • 自信について
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 現代の人たちの多くの人は 自分に対して自信が無いように思えます。 自分に自信が無いから不安にかられるし、他者と比べて自分がどこか変なのではないかと考えてしまうのです。 どんなに あなたは病気ではありませんよと 伝えても 一つ解決すると 別の症状を訴え 又不安を作り上げてしまいます。 自分に自信が無いということは 自分を好きではない [続きを読む]
  • 精神科における転移とは
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 転移と聞くと 普通の人は ガンが他の部分に転移したと想像すると思います。 精神医学における転移とは 簡単に言うと精神患者さんが医師に恋心を持ってしまうことを意味します。 これはフロイトが発見したことなのですが、幼い頃に親から充分に愛情を貰えなかったため精神疾患を発病し、精神科にかかることによって良き相談相手になってくれている医師に対し [続きを読む]
  • エディプスコンプレックス
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ さて そろそろアドラーの「嫌われる勇気」のドラマも終わりになります。そこで フロイトの心理学に少し触れていきたいと思います。 皆さんはエディプスコンプレックスをご存じでしょうか?多分 名前も聞いたことがないと思います。 これは神話に例えられた有名なコンプレックスなのですが幼少期に起こる親への愛情と憎しみのコンプレックスの話なのです。&nb [続きを読む]
  • 当たり前ということ
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 普通に生活をしていると当たり前の事って沢山ありますよね。朝になれば太陽が昇ってくるのは当たり前夜になれば太陽が沈むのは当たり前結婚しているのなら家事をするのは奥さんの仕事だから当たり前夫は家族を養う義務があるから働きに行って当たり前 でもね当たり前って 誰かが発見したから常識化して皆納得しているから当たり前になっているのです。リンゴが木か [続きを読む]
  • メンタルの弱さを病気のせいにしないで
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 今、とある所でお仕事をしていますが、鬱病もしくは双極性障害のカテゴリーにおいてのカウンセリングは悪化の一途をたどっています。 例えば誰かが「辛くて死にたい 助けて」と投稿すると返ってくる言葉は「生きるも死ぬもあなた次第」という回答が来るわけです。 本当に困っている人がいるのなら一生懸命支えてあげたいと思っても周囲の意見がまちまちだった [続きを読む]
  • モンスターペアレンツについて
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さいませ^^ モンスターペアレンツという言葉をご存じでしょうか?簡単に言うとモンスターのような親=常識が通じない親 と言うことになります。 モンスターペアレンツになっている人の多くは 自分が幼少期に家庭内で何らかのトラブルやストレスが発生し、歪んだまま親になってしまったケースが多いと思います。 きっかけは単純「自分は親から愛されていない」と思う [続きを読む]
  • 現実は難しい
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 今、私はとある所でカウンセリングを行っているのですが、 はっきり言って 荒れ果てています・・・ 仕事上そこでカウンセリングをしなければいけないのですが、ネット上でのカウンセリングで匿名な為、ちょっと気に入らない事を言われたりするとすぐに切れてしまって暴言を吐きます。 現実から目を背けて 自分がいかに優れているかのように見せかけて、 [続きを読む]
  • 「嫌われる勇気」を読んでみて
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 今、大変多忙につき余り本を読んでいる時間がないのですが、「嫌われる勇気」の本を半分読み終えた時点で う〜ん、これ 一般の人が初めて読んだら難しいだろうなあ というのが感想でした。 アドラーはアドラー心理学の中で独特の言葉を使います。 目的論 劣等感 劣等感コンプレックス 優越感コンプレックス ライフスタイル これらを読んで [続きを読む]
  • 小さな努力
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 人間は問題に直面したとき、前向きに対処する方と、悲観的になる方といます。 そこで今日は少しアドバイスをしたいと思いました。 人一倍努力する という言葉がありますよね。 これは 人の一倍努力するのではなく、その人の分も努力することが含まれているので二倍の努力をすることに繋がります。 簡単に言えばこういうことです。Aさんは一日英単語 [続きを読む]
  • 晩婚化の理由
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 現代では晩婚化、少子化、高齢化などが問題とされています。その大きな背景には人間関係のコミュニケーションが上手くいかない人が増えていることと、日本経済が著しく悪化しているため、就職すると転職を考える人が極端に減ってきているわけです。 普通に大学を卒業して普通の会社に総合職として就職した場合22才から23才までです。男性の場合だと早い人で20代後半 [続きを読む]
  • 認めると受け止めるの違い
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 人間は良い出来事が自分の身に起きたのと悪い出来事が自分の身に起きたのとではどちらがより多く記憶していて何度も思い出してしまうものでしょうか? 誰でも分かることですよね。悪い出来事の方がずっと記憶に残ります。 悪い出来事の例として、人間は老いて行くわけですから、若い頃出来たことが今の自分に出来るかと言えば出来ないことの方が多いでしょう。 [続きを読む]
  • 私たちに出来ること
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ これまで私はアドラーの心理学をわかりやすく説明してきました。 最後にアドラーについてお話したいと思います。 アドラーの心理学は一般の人が読んだり聞いたりすると理解が大変難しいことで有名ですが、講演会の後にアドラーはいつも言います。「たった一人の人だけでも理解してくれて それを広めてくれるだけでいいのだ」と。 例えて言うならこういう [続きを読む]
  • 楽観主義と楽天主義
  • にほんブログ村 ←宜しかったらポチして下さい^^ 良く「あの人は何も考えてない楽天主義の人だなあ」などと言われる人がいると思います。ここで その人が本当に楽天主義なのか楽観主義なのか その違いは何なのか説明したいと思います。 楽観主義とは 今起こっている現状をまず見つめてどうにかならないだろうかと真剣に考える人のことを言い、楽天主義とは 何が起こっても大丈夫、何も悪いことなど起こりはしな [続きを読む]