ABE TOSHIRO さん プロフィール

  •  
ABE TOSHIROさん: かんながら
ハンドル名ABE TOSHIRO さん
ブログタイトルかんながら
ブログURLhttp://abetoshiro.ti-da.net
サイト紹介文探求していたら一周して元に戻っちゃった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 81日(平均8.6回/週) - 参加 2017/01/06 18:55

ABE TOSHIRO さんのブログ記事

  • あるがままの凄み
  • 僕はいろんな禅僧や高僧たちと出会う機会があって、みなそれぞれに素晴らしい人たちだったけど、この向さんには最初からハートを鷲づかみにされた。最初は向さんの禅会に初めて参加した時のこと。40分間くらいの坐禅が終わって、僕の足はシビレまくり。なんとなく気恥ずかしくて、足の状態が戻るまでジッとしていようと思っていたら、向さんはいきなり立ち上がって「あーシンビレタ、シンビレタ」って言いながら、足を引きずって [続きを読む]
  • 禅とZEN
  • 禅サンガのオープンキャンパスはいかがですか。Web講演の動画から、何かを感じ取ってもらえたら幸いです。今日の16時からは、向禅師と阿部の対談講義を公開します。由緒ある伝統を継承する禅師と、僕のような一介の市民が真理について対等に語り合うさまは、時代の変化の現れだと思っています。禅サンガオープンキャンパス最近はスピリチュアルという言葉の意味がずいぶん変わってきていて、僕の時代はスピリチュアルと言えば、O [続きを読む]
  • 阿部のWeb講演を一般公開します
  • 生きる目的は何だろう。子供のころからいつも考えていました。なぜ生まれてきてしまったのか。子供のころは子供なりに、この社会の矛盾や、大人たちの欺瞞を目の当たりにして、来てはいけないところに来てしまったという感覚を持っていました。生きる目的は何か。その答えを得たのは30歳になってからでしたが、その答えは、「答えなどない」というものでした。というよりは、答えなどいらないと思ったのです。欲求不満と苦しみに [続きを読む]
  • 質疑応答 その3
  • 今日も頂いた質問にお答えしようと思います。ああああさん>瞑想が終わって10分ほどの休憩時間に、ゆっくり体を擦りながら戻していると、あくびが出て、その時に涙が多く出てきます。>その涙は、普通の涙と違って目に染みるような涙です。>こうゆうのも、なにかデトックス効果でもあるんですかね?マントラを機能させるためのワーク時に、すでにあなたのような涙を体験する人たちがいます。この涙は感情的なものや感傷的なもので [続きを読む]
  • 質疑応答 その2
  • けんさん>「すべて起こることは決まっている。」というのが真理とのことですが、気楽な反面それだと何だかやるきがなくなってしまいます。>「選択の自由」または「自由意志」がある、と思ったほうがやるきがでて生活にはりあいがあるように思うのですが、それは自由で選んだら良いのでしょうか?「起こることは決まっている」というのは、あらゆる過去も未来も「いま」の中に存在しているという、時間を超えた次元からの声明です。 [続きを読む]
  • 質疑応答 その1
  • たくさんの質問をありがとうございました。中には切実なものもあり、少しでもお役に立てたらと思います。まずは冒頭の質問からいってみます。ハートさん>黒斎さんと普仁さんのコンビは復活しないのですか?二人のことなので分かりませんが、このようなコメントが寄せられたことを二人に伝えておきますね。inoさん>楽しく生きたい、どうやったら人生に深刻さが消え気楽に生きられるのでしょうか?たとえ野たれ死んだとしても、人生 [続きを読む]
  • 質問の日
  • 今日は話すことが何も出てきませんこれは定期的に訪れる兆候で、沢山のメッセージが同時に押し寄せてくることもあれば、今日のように完了してしまうこともあります。講演会でもたびたび同じことが起きます。僕の講演は、たいていは簡単な瞑想から始めるのですが、その無言の時間帯に、沈黙以上のメッセージなどあり得ないと感じ、しばらく黙っているか、会場に質問を求めてそこから展開させたりします。そうやっていったん話が始ま [続きを読む]
  • 本日も晴天なり
  • 今日は禅サンガの紹介ページをご案内する予定だったのが、間に合いませんでした。楽しみにしていてくれた人にはゴメンナサイ。しばしのご猶予を。以前、とても先進的なTVCMがあって、禅寺を訪ねた外人女性が「禅ってなに?」って聞くと、日本女性が「宇宙と一つになることよ」って。かっけーーー!!(ワンパターンでスマン)まさにその通りですが、宇宙と言った瞬間、宇宙を対象化してしまい、自分の外側に宇宙があるように思 [続きを読む]
  • 宇宙の王
  • 素朴な疑問さんからの質問>阿部さんは存在しないのに、 誰が誰に感謝するのですか?あえて言えば幻想の「私」が、本当の「ワタシ」に感謝するということになります。このブログは個人目線と宇宙目線の両方から書いているので、紛らわしいかもしれませんね。僕だけじゃなくて、本当は誰もいません。ただ全体だけがあります。それなのにあなたはコメントを残し、阿部と呼ばれる現象はこうしてコメントにレスしている。これらすべてが [続きを読む]
  • 今日も生かされて有難い
  • それにしても、僕らの存在構造は面白い。だって大元のひとつのものから、一部がニョキニョキって頭をもたげて、分離したつもりになって、「私だ!」って宣言するのだから。そうやって宣言しておいて、そのうち「一人は寂しい」と言いだす。そして何度も他の個体と合体しようと試みて失敗に終わる。次は一気に全体と一つになろうと試みる。世界中の覚者をめぐり真理を学ぶ。で結局は疲れ果て、自力で達成することはできないと諦めた [続きを読む]
  • 一番笑ったのに、一番可笑しくない話
  • 人生で一番笑ったときのことを思い出してみたら、一番笑ったのは、一番笑えないことに対してでした。それは、この世に自分しか存在していないことが分かったとき。こういう言い方は、この世に阿部敏郎と呼ばれる者しか存在しなかったみたいに聞こえるけれど、実際は阿部など存在せず、ただ存在だけがあって、それが瞬間ごとに様々な内的経験(思考・感情・認識)と外的経験(活動・行為)をしていたということ。全部が一人ゲーム。 [続きを読む]
  • 唄うも舞うも法(のり)の声
  • いまここにある「これ」しかないということ。ただこの事実を認めること。それだけです。「これ」しか存在しないことに徹底すれば、いま生かされていることに感謝が湧いてきます。ところが我々は常に、もっといいことに目が行ってしまいます。もっといいことというのは、マインドが作ったイマジネーションなのですが、そちらがいまよりもっと重要に思えてしまうのです。そうやって唯一の「これ」から意識が離れてしまいます。いまの [続きを読む]
  • ダイヤモンドスートラ 釈尊曰く
  • 長い歴史の中で、無数のメッセンジャーが現れ、無数の教えが残され、いまの時代は、それらを一気に閲覧することが可能です昔であれば、西遊記の如く、野を超え山越え、命がけの旅をしてやっと一つの教えにたどり着いたのですから、そこから考えれば、いまは誰もが真理の宝庫を手中に収めていることになります。このことによって、人の意識が向上しているかといえば・・・そうとは言い切れません。むしろ情報が多すぎて混乱したり、 [続きを読む]
  • 知らないうちに変わってる
  • 最近思ったことがあります。いまは大きな変化の時代で、その変化は社会システムやテクノロジーだけでなく、各自の精神霊的な変化、そして生き方の変化など、およそすべてに及んでいます。このような指摘は、すでに数十年前から予言の如く言われてきましたが、まさにいまそれが起きています。でも自分自身の変化となると、あまりピンときません。自分は急激に変わり始めていると自覚できる人は少ないのではないでしょうか。人間の適 [続きを読む]
  • 生きたい人生に役立つ観念
  • 今日の記事は一気に書いたのですが、読み直してみたらあんまり面白くなくて、今日はお休みしようと思ったけれど、せっかっく書いたから載せます(^^)幼少のころから、周囲に馴染めない子でした。みんなが面白がることにちっとも興味が湧かず、自分だけが異邦人のように思っていました。人は何故、こんなふうに怒れるのか。何に対してもあまり頭に来ることがなかったので、怒る練習や、怒るふりを始めました。こういうシーンで人は怒 [続きを読む]
  • スピリチュアルな成長を目指して
  • スピリチュアルな成長を目指して、心を開いてすべてを受け入れていこう。混乱したマインドや、傷ついた潜在意識を清め、浄化していこう。怒り、嫉妬、憂鬱などの悪しき感情を捨て去って、いつも大らかでいよう。依存症や、怠け癖を克服しよう。いつもいまここで、自分なんて存在しないことを覚えていよう。どんな時も心静かに、口元に微笑みを携えて、慈愛に満ちていよう。ムキになったり、狼狽したりしないで、何が起きても平静な [続きを読む]
  • 経験者がいないのに誰が経験を認識するのか
  • 認識者と経験の関係さんからの質問"経験だけがある"その、"経験"って何ですか?誰が(何が)"経験がある"と認識しているのですか?認識がなければ、"経験"もないんじゃないかと思うのですが、阿部さんは、認識者がいなくても、"経験は存在する"と思われているのでしょうか?昨日の記事を読んで、同じように考えた人もいたと思います。経験者がいないとしたら、その経験を認識する者は誰なのでしょう。答えは、「わからない」誰もわか [続きを読む]
  • 経験だけがあって、それを経験している人はいません
  • 本当は経験だけがあります。いきなり何のことか分からないかもしれないけれど、一番伝えたいことを、今日も違う言い方で表してみます。本当は経験だけがあります。いまなら、モニターの文章を読んでいるという経験があります。最大の秘密は、その経験だけがあり、それを経験している人はいないということです。にもかかわらず我々は常に、それを経験している自分を想定します。行為者がいて初めて行為が起こると思っているのです。 [続きを読む]
  • パターンからではなく新しく生きる
  • 年齢は不思議だ。自分では歳をとったような気がしないけれど、あるときふと、「あー、自分は○歳だった」と思い出す。それはTVなどに出てくる年配者が、自分と同じ世代だと知ったとき。あるいは昔の映画を観て、当時はお爺ちゃんだと思っていた人が、いまの自分より若かったりしたとき。そんな時は、「もうすっかり人生の秋なんだな」と思う。もちろん、たまにそういう気分に浸りたいだけで、いつもは忘れているけどね。人はみん [続きを読む]
  • くつろぎのアート
  • この開放感を共有したい。思考にハマって、強迫観念のように自分の都合ばかり考えている時は、息苦しいほど窮屈で、身動きが取れなくなっています。それはある種の催眠状態。とても狭い思考の世界にいながら、全体を少しでも自分の思いのままにコントロールする方法を考えています。緊張と不安の世界なので、重苦しい気分なのですが、その気分を一掃するには、少しでもよりよい現実に変えていくことが必要だと思って、今日も生きて [続きを読む]
  • 人生はハプニング
  • 朝起きて、廊下に出て、いきなり猫のオシッコを「ぐしゃ!」って踏んづけた。くつしたが気持ち悪い。ビショビショ12匹もいると誰が犯人なのかもわからず叱りようがない。前にも同じようなところにしてあったから、たぶん犯人は1人だろう。あいつか・・・あいつか・・・そうだ、くつした脱ごう。人生はハプニングだと思う。猫のオシッコを踏むのもハプニングだけど、何から何までハプニングだと思う。いまもどんな言葉が出てくる [続きを読む]
  • 海の底にいる時間
  • 朝7時に瞑想に入って、気がついたら10時近くになっていました。今朝は向禅師の方広寺接心の最終日で、ユーストリームを覗いてみたら、みなさん坐禅中です。僕たちが瞑想や坐禅をしている最中、いったいどこにいるのでしょうか。普段活躍している表層意識は消えています。そして普段は何もしていないけれど、ただ鎮座している純粋な存在が現れてきます。普段の「私」が消えた時、「それ」はあります。本当はいつもあるのですが、 [続きを読む]
  • ほっこりいまに帰ってくる
  • 今日は土曜日。休日の方も多いことでしょう。ちょっと簡単なゲームをしてみましょう。何か時計を用意してください。秒針が付いた普通の時計です。それじゃ、始めます。「いま自分は時計を見ている」ということだけに留意して、マインドを落ち着かせていてください。ただ時計を見ている、ということだけに成りきります。何秒くらい、そのことだけに意識を向けることができますか。マインドの動きは止んでいましたか。たぶん、ものの [続きを読む]
  • 生かされているのだから、生かしてくれている大元を信頼しよう。
  • モルゲンさんのコメント>息子の人生を信じ、私の不安と頑固さからくる口出し減らして、距離感保ちながら…見守って行きます。「子供の人生の流れを信頼する」これは子供の将来を心配する全ての親御さん達に伝えたいメッセージです。そしてもちろん自分の人生の流れも信頼する。このような信頼が生きる基本にあるかないかの違いは大きいです。人生とは、気まぐれな風にあおられる、一枚の木の葉のようなものなのか。気を張って十分 [続きを読む]
  • 結局戻ってくるのは「いまを生きる」ということ
  • 今日はたまりにたまった仕事を、気合を入れてやり遂げると決めて、それなのに朝から何も進まず、あーこういう日もあるよなという感じです。やっているのは僕じゃない。これは起きているんだからそんな言い訳も通用しないタイムリミットがあるので、結局はやりだすのでしょうが。それにしても人生はいろんな感情がやってきます。できたらいつも軽やかにいたいものですが、そういう時ばかりではありません。いままでと同じように、こ [続きを読む]