ABE TOSHIRO さん プロフィール

  •  
ABE TOSHIROさん: リーラ
ハンドル名ABE TOSHIRO さん
ブログタイトルリーラ
ブログURLhttp://abetoshiro.ti-da.net
サイト紹介文探求していたら一周して元に戻っちゃった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 14日(平均16.5回/週) - 参加 2017/01/06 18:55

ABE TOSHIRO さんのブログ記事

  • 基本
  • 先日、元Google社の人材開発責任者、ピョートルさんとの対談講演で、印象に残った一言がありました。それは「人間は、人の役に立てた時、喜びを感じるようにできている」というもの。もうとっくに知っていた言葉だったけれど、あらためてビジネスの最前線にいる人の口から聞いて、まったくその通りと思いました。どこまでいってもこの基本は変わらないのですね。仕事をする目的には段階があると言われています。もっとも低い段階は [続きを読む]
  • 今はまだ人生を語らず
  • 誰の人生にも、影響を受けた人っているよね。僕にもいる。昨夜その人がテレビに出ていたから、今日は思い出話をしたくなった。一番多感だった16歳のころ、この世の何もかもが嫌になっていた。学生寮の仲間は全員秀才たちで、みんな真面目なんだけど、どうもそりが合わない。教官たちも職業で勉強を教えるだけで人間的な交流が持てない。入学一年目にしてすでに半グレ状態で、ルールを破ることでしか自己主張ができなかった。なん [続きを読む]
  • 天皇誕生日
  • 天皇ってとても不思議な存在ですね。思想に関わらず、日本人で天皇を嫌いな人は極めて少ないのではないでしょうか。そのお姿を見ているだけで癒され、感動さえします。あのお方には、自分を外から見て、飾っている面が見受けられません。普通は、自分が他者からどう見られているかを気にするものですが、天皇からはそれを感じない。ただあるがままであり、そこから慈愛が流れている。本当に美しい人だと思います。天皇は他国の王様 [続きを読む]
  • 甘っちょろくても本当の気持ち
  • つまるところ、みんなで仲良くできたらいい。それぞれの考え方や生き方を認め合って、争うんじゃなくてそれぞれの良さを与えあえたらね。本当は誰でも心の底で、みんなと仲良くしたいと思っている。なのに、表層の自分がそれをさせないんだ。自分正しさのアピールのほうが大切になってしまう。自分の正しさが一番正しいと思っているから。口喧嘩から戦争に至るまで、あらゆる争いは正しさと正しさの闘い。そして力が勝った方が正し [続きを読む]
  • Let it be
  • 「人生はただ起きることが起きているのであって、自分がコントロールしているわけではない。」そのように聞くと、自分には何もできないと考えて、途方に暮れてしまうかもしれないけれど、そんなことはありません。いままでどおり、一番いいと思ったことをやっていけばいいのです。ただし、そのように生きたからといって思い通りの結果になる保証がないのは、これまでの半生でとっくに経験済みでしょう。これからもそう。だから、や [続きを読む]
  • 南無
  • しまった!昨日の大切な飲み会で、あんなこと言っちゃったあんな態度しちゃったきっと先方さんはお見通しだ。私に対してガッカリしたに違いない。どうしよう。もう取り返しがつかない。そうだ。次回会った時は挽回しよう。もっとナイスに振舞うんだ。昨日の記事で、そんなエピソードを繰り返し思い出して心を痛めるより、「考えないこと」だって伝えたでしょ。それなのに、またつい考えてしまう。なかなか頭を離れないことって、自 [続きを読む]
  • マインドフルネス
  • 頭の中の問題は、考えなければ姿を消します。ですから問題解決の一番の早道は、問題を考えないこと。そのうえで、いまできることを一つ一つやっていく。人間ができることはいつだって目の前の一つなので、どんなに些細なことでもいいから何かやってみる。するといつの間にか、ことは収まるところに収まっています。特に、憎いあの人のことや、心を痛めた出来事、あるいは経済不安などには効果てきめんです。とにかく考えないこと。 [続きを読む]
  • 普通の人
  • 昨日話した「優しい気持ち」それが自分の中にもあると気づいたとき、それまでの自分とは違う現れをしていることに気づきました。肩の荷が下りているというのが分かりやすい言い方ですが、同時に「普通の人」になっていました。普通の人とは、凡庸でつまらない人ということではなく、自然な人という意味です。それまでは、特別な人を生きようとしていたので、その不自然さが日常になっていました。自分が他者より優れていることを証 [続きを読む]