はな さん プロフィール

  •  
はなさん: おひとりさまのシンプルな毎日
ハンドル名はな さん
ブログタイトルおひとりさまのシンプルな毎日
ブログURLhttp://simplesingle.net/
サイト紹介文セミリタイアを夢見る40代独女が家計管理、労働、心を癒す趣味、ダイエットにマイペースで挑みます。
自由文心穏やかで平和な生活を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 53日(平均16.0回/週) - 参加 2017/01/07 08:55

はな さんのブログ記事

  • 「パーフェクト・リタイヤ」藤堂志津子
  • 中年女性を主人公にした短編集。熱量の低い、ある種の諦観をもって人生を送っている女性たち。自分の年に近い小説のほうが心情が理解できる、というのはあるようです。でも、ずいぶん諦めが入っています。もっと激しく、人生を楽しむ人を主役にしてもよさそうだけど、夢がない分、疲れた毎日を送る自分にはハードルが低くてちょうどよかったかもしれません。 本のタイトルとなっている「パーフェクト・リタイヤ」の主人公のような [続きを読む]
  • 仕事は苦行でなければいけないのでしょうか
  • 明らかに無理があるスケジュール、スケジュール内に入りきらないタスク、足りない人員、それを目の前にミーティングをしました。この期限はそもそも無理なのではないか? という私の言葉に、延ばすなんて無理だよ、やらなきゃいけないんだよ、とキツく拒絶するベテランさん。しかし、それは上司にまだ相談していない状態です。上司に無理です! と訴えるまえに、与えられた仕事は何が何でもこなさなければいけないんだ、と自分た [続きを読む]
  • 「時をかける少女」筒井康隆
  • あまりにも有名なタイトルだけは知っているけど、小説も映画もアニメも未見でした。歌はサビしかわかりません。 図書館の棚で見かけたから手にとってみました。さくっと読める中編です。これをどうやって映画に引き延ばしたのかちょっと不思議になりました。とっても舞台も設定も昭和なのですが、展開が早いし、引き込まれて読みました。内容も良い小説だったのですが、やはり一番良いのはタイトルでしょう。もうタイトルの勝利で [続きを読む]
  • 林家 木久扇さんの落語
  • NHKの「日本の話芸」という番組を観ています。色んな落語家や、講談師が番組の時間に合わせて30分の尺で話をします。落語なんて短いのもありますから、演目によっては、本題に入る前の枕の時間を頑張って頑張って伸ばして、ようやく30分。なかなか苦しい。落語家というよりタレントじゃないの?という人が案外上手かったり、有名なはずだけど微妙だなという人がいたり、結構、出来はばらつきのある番組です。で、だいぶ前に林 [続きを読む]
  • 仕事をする時間を充実したものにしたい
  • 自分の人生の中で、仕事をしている時間の長さがかなりの比重を占めます。1日の時間割を考えると、仕事、睡眠、が同じぐらい時間を占めています。そんな長い時間を、やりたくもない仕事を欝々とやり、10分ごとに時計をみて、ああ、まだこんだけしか時間が経っていない、と嘆くのは、精神衛生によくないでしょう。前に追いつめられたときに、あと5年、5年だけ頑張ろう、そしたら仕事を辞めて・・・!と毎朝考えながら出勤してい [続きを読む]
  • Android One ってどうでしょうね?
  • iPhone のいいところは、OSのアップデートがだいたいどの機種でも入るので、セキュリティ的に安心できるところです。androidのスマホは、スマホのメーカーによって、OSのアップデートができたり、できなかったりします。日本のメーカーはほとんど出来ない感じです。古いOSって、セキュリティ的に危ないんですよね。アメリカのトランプ大統領の私物のスマホがかなーり古いサムスンのスマホ(android)で危なすぎる、と話題になって [続きを読む]
  • オペラやミュージカルが好きな理由
  • 最近私はミュージカル映画をよく観ています。その昔は、オペラばかり聞いていたことがありました。普通の音楽と違い、オペラやミュージカルの曲には、劇中の背景がありドラマがあるので、歌詞やメロディがすごく響くのです。普通のポップ音楽でも恋人たちのドラマが透けて見える歌詞があり、情景を思い浮かべることができます。でも3分、5分の音楽の歌詞では複雑な登場人物、筋書きは説明できません。その点、オペラとミュージカ [続きを読む]
  • 100円を節約するより大切なこと
  • セミリタイアのために、お金を貯めないといけないのですが、世の中に沢山ノウハウが出ている100円、200円を節約する節約術、というのは頑張ってもあんましペイしない気がしております。毎日、100円のコーヒーを飲むのを我慢するより、5000円の服を買うのを我慢したほうがかなり効率が良いのです。私の癖として、あんまり頻繁に服を買いに行かないので、買い物に行くときは面倒だからまとめて色々買ってしまう、という [続きを読む]
  • 「アニー」 ジェイミー・フォックス (監督) 2014年
  • 有名なミュージカルの映画化ですが、やたら設定が新しいと思ったら、ごく最近の翻案された映画バージョンでした。現代のNYの市長選を舞台にした、補助金目当てのアル中の里親に育てれている恵まれない女の子が、金持ちの市長選立候補者にいい影響を与えるというお話。tommorow という歌が良かったです。補助金目当てのアル中の里親ハニガン役のキャメロン・ディアスは落ちぶれた歌手の役柄なんですが、作中で「Everybody dance now [続きを読む]
  • マサキのお手入れ
  • ベランダの生垣というか緑の壁として、マサキを植えています。常緑樹なのですが、春になると新しい葉っぱに入れ替わります。で、2月は肥料をやって、虫の予防をする必要があります。適当に在庫にある肥料をまいて、葉っぱに防虫剤を振りかけました。薬はまた来週もまくかな。結露のお手入れが要らなくなったら、こんどはそろそろ緑のお手入れ、植え替えが必要な季節がやってきます。一年中、やることは減らないなあ。でも、それが [続きを読む]
  • スナップエンドウが丸禿に・・・
  • 2週間ほど前、はたと気づくと、スナップエンドウの若葉が無残に食いちぎられておりました。。。NHKの番組でも鳥よけの網をかけておくように、と言っていたのに、何もしていなかったから自業自得ではありますが。無残に葉っぱを食い散らかすだけでなく、おつりの排泄物まで残しておいてくれてます。やれやれ。と、ため息をついていたら、あくる日、またもや鳥がつつきに来ている! 眼があったらすぐに逃げ出しました。他にもベラ [続きを読む]
  • マルチタスクに向かない人には困難な時代
  • 日々IT化が進む現代の職場では、色々な仕事を並行してこなすマルチタスクの能力が求められます。内向的な性格と外交的な性格、おしゃべりな人と寡黙な人がいるように、マルチタスクが得意な人と不得手な人がいます。年々、マルチタスクが不得手な人には厳しい時代になってきました。具体的には以下のような人には大変な社会でしょう。 ・仕事の優先順位の判断ができない、または判断が不適切・たくさんの仕事があるとパニック [続きを読む]
  • おひとりさまに必要なネット回線って?
  • 家族と暮らしているならば、固定のインターネット回線を家にしいて、24時間ネットに接続できるようにしているかと思います。しかし、一人暮らしの場合、自分が家にいないときにインターネット回線は不要なのです。携帯電話があれば、固定電話が要らないように。また賃貸で暮らしていると、そのうち引っ越ししたくなるかもしれません。そういうわけで、私はフレッツ光なんかの固定インターネット回線を契約していません。もう4年 [続きを読む]
  • 社会人に必要なコミュニケーション能力
  • 就職活動で実務経験のない新卒に求められるものはコミュニケーション能力だそうです。仕事ができればコミュニケーション能力など不要だろう、とそれが不得手な方は思うでしょう。特にIT、情報処理業界ではそのきらいがあります。しかしながら、実際の仕事では発生する問題の7割ぐらいはコミュニケーション能力の不足が原因だ、というのが私の実感です。ここで求められるコミュニケーション能力は、いわゆるリア充のように、人好き [続きを読む]
  • 人生折り返し地点に達していたと思ったら、甘かった?
  • 休日、近所で信号待ちをしていたら、見知らぬおばあさんに話しかけられました。それ自体はあまり驚きませんでした。なぜかしら私は道を訊かれたり、無駄話に話しかけられることが多いのです。話し相手がほしいお婆さんなんだな、と急いでもないしと道々お話をきいていると、「私ね、今、99、今年で100になるの」はい? え、99歳なんですか? 一人ですたすた歩いて杖もない。話す内容もしっかりしていて、年金の減額(マク [続きを読む]
  • 雲の上に住む人たち
  • 人の上に立つ人は、声なき民衆の声を聞くことが必要です。力ない人たちの怨嗟、嘆きをすくい取る人が治世者として求められることなのです。 過去、日本の政権を担っていた民主党はデフレを切実に問題だと思っていませんでした。超円高を無責任に放置し、デフレがそれほど悪いこととは思っていない人たちが社会の中枢近くに存在したのです。 当時の日銀総裁の白川氏は、辞任前に家族とレストランに行って、こんな美味しいものがこん [続きを読む]
  • 各種ポイントの使い方
  • スーパーに行っても、コンビニに行っても、書店に行っても、百貨店に行っても、お会計のときに必ずポイントカードの有無を訊かれます。「XXカードはお持ちですか?」私はポイントをためるのは苦手です。その系列のお店だけでなく、ふらふらっとその辺の店で買い物をしたいです。一生懸命集めても、100円、200円のポイントなら、自動販売機でコーヒーをかうのを1回我慢すればよいのです。いつも色んな種類のカードを持って歩 [続きを読む]
  • 老いることの怖さ
  • 私はまだ中年で、身体能力の低下から老いを感じ始めたところです。両親はすでに老年で、老いと向かい合う毎日です。 母の長年の友人が、物忘れがひどくMRIを受けたそうです。なんでも大脳皮質に白い部分が多いとか。それが医学的にどういうことなのかはわかりませんが、毎週の体操のレクリエーションで先週と同じことを聞くそうです。同じ年頃の友人の姿に衝撃を受けたようです。誰にも避けることのできない老病生死。どのよ [続きを読む]
  • 満員電車でイヤホン引っかけてしまった!
  • 電車に乗るとき、心の支えはウォークマンです。音楽を聴いて心の平安を保っています。ところが、昨日イヤホンがうっかりほかの人のカバンにひっかって、耳から思い切りイヤホンが飛びました。イヤホンは回収できたのですが、その先についていたイヤーチップが2つとも無くなってる! どんな勢いで引っ張られたの?!イヤーチップのついてないイヤホンは使えないので、あきらめてウォークマンをカバンにしまいました。つらい。イヤ [続きを読む]
  • 喫茶店は静かなところ?
  • 先日、ルノワールで友人との待合わせまでの時間をつぶしていました。長居しても問題ない電源つきの喫茶店としてとてもいいところなのですが。とにかくにぎやかで、静けさとは程遠い喫茶店チェーンです。大声で話す人たち、一人でも電話をする人、何らかの勧誘をしている人たち。有象無象の人間模様。うるさいので、普通の話をする人たちも声のボリュームをあげてしまい、更に全体的にうるさくなるという悪循環。静かな喫茶店がいい [続きを読む]
  • 流行は繰り返す。ミニマリストって。
  • 昔ブーツカットジーンズが流行ったとき、母親が言ったものです。「それベルボトムじゃないの? 私が若いとき流行ったわー」1950年代、60年代のファッションを見ても古臭さを感じず、むしろ1980年代のファッションより現代的だと思えるのは流行が循環するからでしょうか。で、ここ数年流行っている「ミニマリスト」ですが、昔似たような流行ありましたよね。「清貧の思想」というのが、バブル経済の終焉に世の中に逆張り的主張で受 [続きを読む]
  • 白髪とストレス
  • 小説を読むと、あまりのショックで一晩で髪が真っ白になった、というエピソードがときどき出てきます。科学的には根拠がないそうですが、私はありうるのではないかと思うのです。去年、仕事のストレスのために明らかに白髪が増えた時期がありました。それまで私はほとんど白髪がなかったのです。えっ、と驚いて見つけた白髪は、長さが15cmぐらいあったりします。15センチ伸びるには普通1年以上かかります。その4,5か月で、 [続きを読む]