いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 175日(平均6.3回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • 個人情報 大学教員に学生名簿を渡す必要性について
  • 学生のリストは絶対に作り、渡さなければならない大学の学生個人情報管理は正確に行わなければならない。大学教員でも、これは同様で、担当する学生の個人情報を大切に管理するの職員の義務だ。大学が教員にリストを提供しない理由は、教員にリストを渡したら、教員が何処かに落とし失う危険があり、大学が個人情報のを漏らしたことになることがあるためである。 リスクを取り除くために学生のリストを渡さないように対策を講じる [続きを読む]
  • 個人情報 学籍番号と氏名を掲示板に掲示してもよい
  • 学校の掲示板でならしても問題ない。大学等の敷地内では、生徒へのメッセージがあるときには、特定の学生に連絡する必要がある。その場合、学生の名前と学生番号は固有であるため使用する必要があるが、最近では学生の名前がを使うというのは個人情報保護の違反であるため、名前や番号をは掲載しないようだ。しかし、大学キャンパスでは、必然的に大学での情報共有が必要になる。大学では、生徒が第三者として提供されるかどうかと [続きを読む]
  • 個人情報 高校、大学などの合格者情報公表の是非
  • 学校で公開できる。入学試験の結果を確認する方法として、これまで一般的な方法として学校の掲示板を利用してきたしかし、プライバシー保護や個人情報保護からもそのようなメッセージが取り消される場所が増えているようである。これらの公開は週刊誌に報道され、個人の名前が勝手に収集され、自由に使用され公表されるなどの問題が発生した。報道の被害である個人情報の濫用を防止する重要性からそのような公開を制限する動きが拡 [続きを読む]
  • 個人情報 受託企業が自分の名前を名乗る事について
  • 委任された企業と相談して表示することはしても平気である。委託された企業が他の企業にその事業を委託する場合、アウトソーシング関係をどのように扱うかが問題である。企業自身がすべてのプロジェクトを自分ですることが最も適切かどうかについては疑わしい。全てことを専門とすることは非常に難しく、色々な理由によって専門分野に特化した技術があり、そのような専門分野を評価しても、その分野のみでは単独でビジネスを行うこ [続きを読む]
  • 個人情報 個人情報を個人が特定できないようにした場合
  • 個体を特定できないようにされている限り、使用することができる 個人情報とは、どこの誰かで識別可能な情報(名前、住所など)と、特定の個人のみを特定することはできないが他の情報と比較することによって識別できる情報の二つである。 これに該当するものにメールの情報等があると言われている。 また、一般に特定の個人をその情報だけでは特定することができない、属性情報が存在する。 識別情報と合体した情報でも、個人を特 [続きを読む]
  • 個人情報 病院で入院している患者の名前の掲示
  • 患者の取り違いを回避したり緊急的な援助に利用できる。 入院患者の名前が病院に表示されることがある。 訪問者がお見舞いに来た時に見つけやすくする恩恵がある。 一部の病院では、このような行為が患者の個人情報を第三者に提供することになると考え、名前の掲載を禁止している。 だが病院で患者の名前を掲載すること合法だと言わざるを得ない。 第一に、患者の名前の表示は、大衆に公開されたわけではない。 家族のや友人のよう [続きを読む]
  • 個人情報 成績優秀な生徒を学校の朝会で公表して褒める
  • 学校で表彰するなら両親への公表もしても大丈夫。健康優良児と言える生徒の決定や発表などは、個人の成績や成長を称賛することによって、学校での健康づくりの目的から教育効果を高める工夫があるといえる。特定の生徒を特定できる方法で個人情報を公表してしまうので生徒を特定することが不可能にして個人情報を保護した方がいいかどうかという議論があり、近ごろは朝礼で生徒を賞賛する事をためらう傾向があるようである。まず第 [続きを読む]
  • 個人情報 社員の名簿の紛失と個人情報漏洩の関係
  • 適切な管理を行えば大丈夫。社員情報は個人情報でもあるため、企業は適切に管理する必要がある。顧客情報のように安全に管理しなければいけない。だが、社員情報は社員間で共有され、共同所有者間で自由に使用することができる。なので情報の管理は非常に難しい。企業秘密などの大切な情報は使用範囲が限られているため、大事に管理するのは当たり前だが、個人情報を厳格に管理するよりも、他人が使用可能とするといわれている。社 [続きを読む]
  • 個人情報 学校はできるだけ情報を必要なだけ集める
  • 目的を広げ、できるだけ情報を必要なだけ集める。教育現場でも、企業のように、顧客保護の要求をそのまま利用するという考え方は、明示、使用目的必要な範囲内でのみ収集しなければいけないと言われるが、私はそのようなアイデアは明らかに間違いだと思う。教育環境では、学生と教師の間の自由な情報交換が保証されなければならず、生徒たちはすべてについて教員と相談し、教師は生徒の悩みにや家での一日ついて考える教育を奨励す [続きを読む]
  • 個人情報 教師は他のクラスの生徒の情報も利用できる
  • 必要な場合は教育のために自由に取得することができる。生徒の教育を実現するための情報を集めることは非常に大切であり、使用の目的は「教育」として広く認識され、不可欠と考えられる大量の情報を集めるすべきであると考えられる。別のクラスの学生の情報収集という視点から考える。「教育のための」目的の狭い理解は、教師が担当したクラスに限られているように見えるが、教師は自分のクラスの生徒としか話さないことはない。時 [続きを読む]
  • 個人情報 緊急連絡網は作るべきで、通常時も活用する
  • 緊急連絡網はクラスの早急な連絡ができるように作られたが、個人情報保護法の施行以来、これを止める学校がらしい。緊急連絡網というネットワークは必要なのだが、禁止した学校があるのだ。このような情報ネットワークの構築は、個人情報の第三者提供であり、家族の元から漏洩する可能性があるため、作成されていないとらしい。だが過去に私が言ったように、クラスの学生は第三者ではない。だから、たとえクラスの生徒の名前や住所 [続きを読む]
  • 個人情報 クラス名簿や連絡網と個人情報
  • 当然、クラス名簿や緊急連絡先の情報は学校外の第三者に引き渡されることが想定されており、個人情報の漏洩ということが多いようだが、慎重な判断が必要である。児童や児童の名簿や緊急連絡先のネットワークを作るために生徒全員のリストを自宅に持っていった先生が、名簿を車に放置したので、車上荒らしに盗まれたという話。学校の管理責任として、名簿が車に残っているだけでなく、学校から持ち出されるべきではないすべての生徒 [続きを読む]
  • 加藤智大3 秋葉原に行くまでの殺人犯罪の一部始終
  • これが、加藤智大が秋葉原までトラックで行く一部始終である。05.21 眠い。車が役に立たなくなったらナイフを使う。さようなら皆さん05.34俺はこの頭痛を乗り越えることはできない05.35 雨が予想される。悪い06.02俺は善良な人の役割を果たしていた。誰もがだまされやすい06.03俺は友達がいないか?06.10私が取る予定の道が閉鎖されているようである。結局のところ、すべてが私に違反している06.31時が来た。行こう06.39俺は頭痛に [続きを読む]
  • 加藤智大2 秋葉原に突っ込んだ経緯、彼もアキバ系オタク
  • 加藤の務めていた工場で作業服がなくなったことが、秋葉原の殺傷事件を誘発したかもしれない。東京の秋葉原地区で7人を殺して10人を負傷した加藤が、今月初めに工場で作業服がなくなって怒ったと同僚らは話す。俺の仕事の服が欠けている! 容疑者(25歳の加藤智大)は同日午前6時ごろ、関東自動車工業(株)の東富士工場で交代開始直前に叫んで同僚に上司に警戒を促した。上司が現場に到着するまでに彼は姿を消してしまった。後日 [続きを読む]
  • 加藤智大1 秋葉原でトラックで轢き殺した虐殺犯
  • 秋葉原通り魔大虐殺事件は、2008年6月8日、秋葉原の商店街で起こった。午後12時33分に、男がトラックで群衆を襲って、結局3人が死亡し、2人が負傷した。彼は4人を殺して8人を負傷させた(最初は生存ナイフとして報告された)ダガーを使用して少なくとも12人を刺した。東京都警察は、殺人未遂容疑で加藤智大を逮捕した。容疑者は、ジャケットとオフホワイトのズボンを着た黒いTシャツを着て、静岡県須の町に住んでいた。彼は万世橋 [続きを読む]
  • メアリー・フローラ・ベル2 被害者とその母親
  • ジューンはアイリーン・コリガン胸を押しつぶす。 「マーティンは金髪で、ふわふわしていて、大きな青い輝きのある目を持っていて、彼は右の小さな悪役だった。 私は彼に4年半しかいなかったので、私は彼についてすべてを覚えている - 私は2人の娘と私は長い間持っていたので、私はそれをしない。 しかし、あなたが子供を失ったとき、あなたは決して物を忘れない。 私はそれらの4年半を諦めたことはない。 今、この本ですべての痛 [続きを読む]
  • メアリー・フローラ・ベル1 四歳の少年を殺した11歳少女
  • 犯罪被害は軽くするのは難しいかもしれないが、始動すると制御が難しくなる。 事件は森林火災のようなもので、範囲のすべてを破壊する。 毎日、悲劇と貪欲、堕落と偽善の新鮮で恐ろしい啓示をもたらする。 残酷な天使と言われるメアリー・ベルの事件では、誰もが他の人を使っていて、他のすべての人を非難した - 水曜日の朝の早い時まで彼女の母親の過去を知らなかった。 1968年5月25日、4歳のマーティン・ブラウンは11歳(初犯は [続きを読む]
  • 不動産広告で情報提供者の同意を得ずに住所情報を記入することができる
  • 住所(市外局番情報)は、「個人情報」ではなく、それだけでは人物を識別することはできない。不動産広告に載せた住所は第三者によって提供されるため、合意しなければいけないという誤解がある。個人情報には、属性情報と呼ばれるものがある。特定の人物の言動、購入履歴の情報、過去に犯した事件や仕事のキャリアなど、人の性格を特徴づける一番大切な情報といえ、このような属性情報は元々は厳格に保護しなければいけない。特に [続きを読む]
  • 個人情報 ネットショップの入力項目は最低限でなくてもいい
  • 入力しなければいけないとオプション項目を区別して集め、使用目的をはっきりし安全に管理する場合は、最小限でなくてもいい。法律でどのような情報が取られるかについてのルールはなく、簡単に言えば、情報を集める目的を決めて通知または公開するだけでよく、すなわち、その目的を書くことは不可能な、尋ねられても答えることの不可能な目的は情報は収集されない。ネットショップに使う情報は(名前、住所、連絡先情報など)、商 [続きを読む]
  • 個人情報 事故の負傷者の安全性は病院が会社や家族に教えてもいい
  • 例外的に許可されている第三者提供だ。教えてもいい。病院が被害者の情報や事故の安全に関する情報を家庭の質問に基づいて伝えるのは個人情報保護法で禁止されている第三者に提供するという間違いがある。法執行後の事故は混乱の原因となっている。被害者に情報を家族に提供することにより、家族は身体の安全を確保するために適切な措置を講じることができ、法律はそのような規定を禁止しない。具体的には、「人間の命、身体または [続きを読む]
  • 個人情報 ファックスと情報漏えいの危険性
  • 情報漏洩のリスクは、どんな情報交換の手段によっても常に存在する。 安全性を確保するためのルールを決め、ルールに従って使用する必要がある。 ファックスの宛先番号が間違っているため、外部に情報が漏洩する事件が頻繁に発生することは事実である。 メールの場合、多くの場合、アドレスを誤るとメールが到達しないが、番号が多少異なっても、別のところに届くファックスは情報が漏れる危険性が高いが、ファックスの使用を禁止 [続きを読む]
  • 個人情報 試験の答案用紙の公表
  • 公表要求に応じる必要がある。教師の評価コメントを除外するなどの工夫をすれば、問題なく公表することができる。試験の答案用紙を返差なくていい実力試験のようなテストで自分で用紙を見せてほしいと言われた際は、教師は公表に対応する必要がある。試験用紙の束は、出席番号の順に学生の名前が並んで編成され、「個人情報データベース等」の構成情報である。個人情報保護法の公表が義務付けられている。しかし、採点する基準は公 [続きを読む]
  • 個人情報 あなたが他人に受け取った名刺を見せてもいい
  • あなたが名刺を受け取った理由を考慮し、これに従って使用することは問題ない。名刺に書かれたデータは、それが会社員として情報だが、それ以外に個人の名前、勤務先の名前、電話番号、電子メールアドレスがあり、個人情報に相当する。なので、法律を適用する場合、名刺を手に入れたら、通常なら相手に使用目的を知らせる必要がある。だが、何の理由もなく名刺を受け取るのは普通ではありえない。たとえあなたが相手と対面したとき [続きを読む]
  • 性的サディストの恐怖10 歴史と犯罪者とのインタビュー
  • 過去400年にわたる様々な犯罪者、文学者、政治家の人物は、18世紀の貴族、自由人、作家はサディストであったとされる。フォン・クラフト・エビングとStekel 22は、臨床的な観点からの性的サディズムを記述するための最初のメンタルヘルスの専門家だった。後の研究者の努力のほとんどは、簡単にアクセスできる集団から引き出された特定の個人の例を調べるに焦点を当てている。性的サディズムの分析構築は、 「マスタリングと絶対に [続きを読む]
  • 性的サディストの恐怖9 サディストとサイコパス2
  • サイコパスは刑罰に対する抵抗で有名である。 彼らの恐怖の欠如は、肉体的な痛みや害を心配しないことを意味し、他の人の気持ちに対する心配がないということは、社会的懲罰も機能しないことを意味する。 人を傷つけたり、失望させたり、拒絶反応に悩まされたりしても気にせず恥を感じることはない。 その結果、その感情を避けるよう動機づけられない。 サイコパスはいつ始まるか? すべてのタイプの反社会的行動の根源は、遺伝的 [続きを読む]