いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 121日(平均6.7回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • 宝くじの経済の最前線3
  • リスクを受け入れリターンを手に入れるのは株式そのものであり悪くわないが、アメリカと同じ問題がある。宝くじへの投資だけでなく、人々の投資態度が変化していることに注意するすべきである。夢を飼うのが宝くじ。このため、その夢を50円を買うのは意味があるかもしれない。しかしながら、購入者が宝くじを信頼し夢を買う理由は、自分の力で大金を手に入れるのが不可能と思っているからである。あれは、3億円ただの夢であり、現 [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)6 憎悪犯罪の防止とその団体
  • 憎悪犯罪の防止憎悪犯罪への対応は、犯罪が発生した場合に犯罪者や被害者の雇用や対処を伴うものだが、個人が偏見、憎悪などの有害な態度や感情を防ぐことで憎悪犯罪を防止することできる。したがって、多様性を評価し、受け入れるように個人を教育することは、偏見や偏見を減らすために働くだろう。これらの犯罪を追跡し予防サービスを提供するために、憎悪犯罪に対応していくつかの反憎悪犯罪組織が開発された。A.教育による憎悪 [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)5 性別の違いと被害者の救済
  • ジェンダーに基づく憎悪犯罪憎悪犯罪法の中に性別を含めることは議論の余地があって、現在は連邦法や憎悪犯罪統計のUCR報告には含まれていない。ジェンダーに基づく犯罪を憎悪犯罪として扱う際に潜在的な危険性があると主張する人もいる。1つの可能性は、強姦と家庭内暴力事件の数が多いことを考えると、ジェンダーに基づく憎悪犯罪が憎悪犯罪の領域を圧倒する可能性があって、他の形態のバイアス志向の犯罪が、一方で、レイプや家 [続きを読む]
  • AIと社会学 ループ・マシン・ラーニングという学習方法
  • イヤッド・ラーワン(Iyad Rahwan)は、社会的なループのマシン・ラーニングという言葉を最初に使用した人物である。彼はサイエンスで出版されたばかりの作品を説明していた。オンラインテストを通して一般人をポーリングして、人々が自家用車を作ることを望む様々な決定について知る方法を見つけた。現代の哲学者が「アイデアは、社会の優先順位や価値観を理解することで、社会が倫理的に考える方法で行動するように機械を鍛える [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)4 被害者の種類 人種差別など
  • 憎悪犯罪が警察に報告されたとしても、犯罪の報告と憎悪犯罪としての事件の計数との間には、多くの潜在的な障壁が存在する。これらの潜在的な障壁には、犠牲者に対する警察官の偏見が含まれる。憎悪犯罪被害者のタイプ憎悪犯罪犠牲者がどのような経験をしたかについてはほとんど知られていない。しかし、米国では憎悪犯罪の最も一般的な動機は人種であって、それに続いて宗教と性的指向があることは明らかである。特定の州法に応じ [続きを読む]
  • 前にもあったアイドルの恋愛騒動!須藤凜々花と峯岸みなみ
  • アイドルグループ・NMB48のメンバー須藤凜々花さんが結婚宣言をしたことで大炎上したことは記憶に新しいが、過去にも似たような事件があった。そう、EXILEのメンバー、白濱亜嵐さんと交際していたAKB48のメンバー、峯岸みなみさんである。髪を剃り上げ坊主になり、YouTubeに出て謝罪をした。峯岸みなみさんは、週刊誌にボーイフレンドがいることを告発された。彼女は自己認識が不足して何をすべきかわからなかったので、他のメ [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)3 憎悪犯罪に関連する状況要因
  • 憎悪犯罪の発生と残虐性に影響を及ぼす人的要因に影響を与え、相互作用するように見える状況的要因が存在する。このような状況には、(a)犯罪はしばしば小グループで行われ、(b)犠牲者は最も多く見知らぬ人であって、(c)犯罪は道具的(物理的侵略)ではなく表現力がある前述したように、憎悪犯罪は、通常、孤独な犯行者、組織的な憎悪犯罪団体のメンバーではなく、若い男の子のグループによって執行される。これは、ほとんど [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)2 毎年発生する大犯罪
  • 2000年7月から2003年12月までNCVSから派生した犠牲者に関する司法統計局の特別報告書によると、年間21万件の嫌悪犯罪被害が発生した。この期間中、米国では、1人またはそれ以上の犠牲者が関わった191000件の嫌悪犯罪事件が毎年発生した。被害者がNCVSに明らかにしたすべての暴力犯罪の約3%およびすべての財産犯罪の0.2%が憎悪犯罪であると認められた。犠牲者はまた、これらの憎悪犯罪被害者の92000人(約44%)が警察に報告され [続きを読む]
  • 憎悪犯罪(ヘイトクライム)2 対象には州ごとに異なる
  • 2つの連邦データ収集法令がある。最初の1990年の憎悪犯罪統計法は、被害者の人種、民族性、宗教、性的指向、または障害によって動機付けられたすべての犯罪に関するデータを米国司法長官が収集することを要求している。1992年以来、司法省と連邦捜査局(FBI)は共同で憎悪犯罪統計を毎年発行した。1997年のキャンパス憎悪犯罪権利告知法は、被害者の人種、性別、宗教、性的指向、民族性、障害に基づいて犯罪に関するデータを収集し [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ6 結論、頻度、性質、原因の科学的調査
  • 前述のように、男性と女性の親密なパートナー殺人事件のさまざまな傾向を説明しようとする試みは、家庭内暴力、家庭の衰退、女性の経済的地位の向上、経済的窮乏などさまざまな要因を検討してきた。決定的な説明は出現していないが、ジェンダーと犠牲者と犯罪者の関係によって殺人の傾向を分離することは、1990年代の犯罪減少の性質をよりよく理解する。男女間の親密なパートナー殺人事件の様々な傾向を説明しようとする試みは、性 [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ5 配偶者殺人の男女差
  • 暴露削減の仮説は、暴力の機会をなくすために、容疑者と恋人や配偶者などの親密なパートナーの間の接触を減らす要因が、親密なパートナーの殺人の可能性を低下させるはずであることを提案した。親密なパートナーの殺人に対する曝露の減少効果を決定するために、多くの要因が検討されてきた。これらの要素には、家庭内暴力へ、家庭の衰退、女性の経済的地位の向上が含まれる。家庭内暴力、具体的には法的措置(すなわち、家庭内暴力 [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ4 白人の被害者数と恋人、配偶者殺人
  • この前は黒人の事件被害者について述べたが、今度は白人について述べる。時間の経過とともに白人の殺人率の変化は、黒人の殺人率と総殺人率と比較した場合の変動よりもむしろ安定性を示唆している。つまって、1980年代に白人の殺人率がピークに達し、100,000人の白人住民に対して5.89の割合に達したのに対し、1990年代初めには殺人率がピークに達した。1980年代から1985年にかけて、白人の殺人率は6.8%(5.89から5.49へ)低下し、 [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ3 経済的要因と犯罪との関係性
  • 経済的要因と犯罪との関連性は控えめなものではないために、1990年代の経済改革が犯罪減少の説得力として注目されていることは驚くにはあたらない。実際、労働統計によれば、失業率は1980年代初めと1990年代初頭の景気後退期に上昇し、両期間後に回復した。一方、1990年代を通じて失業率は着実に低下し、男性と女性の雇用益はこの期間の犯罪減少に対応した。失業率は1991年の6.8から2001年には4.8に低下した(10年間で30%の低下) [続きを読む]
  • ごちうさSS【嵐の中のラビットハウス】ココチノものです
  • それはラビットハウスの一夜を襲っている。稲妻の閃光と雷の轟音、そして明るい青い髪のかわいい女の子、チノが恐怖の表情で震える。彼女は決してそれを認めないだろうが、彼女は雷雨を恐れている。 「チノ、苦しい苦しい、強く絞るな!」彼女の両腕のアンゴラウサギ、ティッピーは言う。チノは彼女の握りを緩めますが、雷が再び鳴って、彼女は叫んで、突然ティッピーを再び圧迫する。 「おじいちゃん、ごめんなさい、私は今この恐 [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ2 年月とともに増減する殺人犯罪数
  • 研究者は、全殺犯率の時系列データを用いて犯罪の減少を記録する。序文に記載されているように、殺人は最も正確に測定され、報告された犯罪であって、時間の経過とともに犯罪犯罪の変化を説明しようとするときに最も良い基準になる。もっと、殺人は最も深刻な犯罪であって、学者の中で最も広く研究されている。これらの理由やその他の理由から、殺人事件は有用で正確な犯罪傾向を説明している。時系列データは、1980年の人口10万人 [続きを読む]
  • 殺人事件のまとめ 米国等の殺人を研究する様々な機関
  • 殺人は、犯罪と非宗教両方の過失致死罪または過失による過失殺人の両方として統一犯罪報告書(UCR)プログラムに分類される。殺人事件の調査は、一般的に殺人と非宗教殺人を調べるものである。正当な殺人、過失、自殺、または殺人未遂、この定義には含まれない。正当な殺人とは、刑務所の職員による重罪者の殺害または民間人による重罪者の殺害に限定される。過失による殺人は、重大な過失による人間の殺害である。殺人を研究する [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖8 犯罪者の研究の結論
  • 強盗事件を理解するのに有用な理論を考えることができる最後の部分は、被害者と遭遇する遭遇そのものである。これはおそらく、怪我、抵抗、出来事の完了がすべて強盗事件取引の文脈で関心のある結果になる可能性のある強制力の争いとして最もよく理解されている。例えば、社会的相互作用論は、強盗犯が犯行の道具に銃を選ぶ理由を理解するのに有益だ。この理論の文脈では、銃は圧倒的な強制力を表し、犠牲者からの遵守を得るために [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖7 映画な小説の登場人物になった犯罪者
  • 強盗事件は犯罪の大胆な性質のために、小説家や映画化され民衆に楽しまれることがある。これは他の殺人事件も同じである。大胆で大衆的な関心を集めた強盗事件の例と関連する商品の価値が高い例が数多くある。1963年、英国のロンドンに向かう途中、中古列車を運ぶ列車がハイジャックされたために、大型列車盗難事件は260万ポンドを計上した。映画「犬の日の午後」は、1972年の夏にニューヨークのブルックリンでひどく間違った銀行 [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖6 高貴な強盗と崇められたビリーザキッド
  • セックスと犯罪者の年齢に関して、2つのデータソースは緊密に一致する傾向がある。男性は、2006年のNCVS犠牲者調査のデータには85%の加害者、2006年にはUCRに記録された強盗事件で逮捕された犯罪者の約89%を占めてた(FBI、2006)。2006年にNCVSにインタビューした被害者は、3人の犯罪者のうち約2人が30歳未満であると報告した。UCRは、このパターンを2006年に30人未満の4人の逮捕者のうち3人が2006年に示した逮捕データで確認し [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖5 路上の強盗と黒人が報道されやすい理由
  • 個人的な強盗事件には、路上強盗事件、家庭内侵入、カージャック、薬物販売業者の強盗事件などがある。これらのタイプのイベントは、個人的な被害の輪郭の点でいくつかの違いがある。街頭強盗事件に関係する対立は、強盗する機会を与えられた犯罪者が金銭や不動産を奪い取るにに最適な目標を見つけたときに、餌食になる。例えば、ライトとデッカー(1997a)は、セントルイスの活発な強盗犯とのインタビューで、街頭強盗事件の多く [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖4 強盗の種類 コンビニ等の店、銀行など
  • 学問的な研究は、強盗事件は単一の事象ではなく、多種多様なサブタイプを包含するという感覚を生み出した。強盗事件には、見知らぬや知り合いの強盗事件、車中犯罪、家庭侵攻、商業強盗事件、銀行強盗事件、路上強盗事件などがある。これらのタイプの強盗事件のそれぞれは、被害者のためにの異なる一連の困難と、加害者のさまざまな障害とを提示する。おそらく、強盗事件のバリエーションを検討する際に最も有用な区別は、商用強盗 [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖3 武器を持つ強盗と非武装の強盗
  • 強盗事件で失われた品物の量または価値は、考慮されている強盗事件の種類に大きく依存している。2007年に作成されたFBIの統計によると、典型的な強盗事件が4000ドルの損害をもたらしたことから、銀行盗難事件は明らかに犯罪者にとって最も有利であった。コンビニエンスストアでは、報酬損失の平均額が1件あたり約800ドルとなった。個人が道路や高速道路の盗難事件の対象であることを考慮すると、その犯罪からの損失に関連する合計 [続きを読む]
  • 強盗事件の恐怖2 強盗殺人の発生と被害者のトラウマ
  • 全体として、UCRもNCVSも、米国における強盗蔓延の完全な描写を提供していないことに注意する必要がある。 UCRとNCVSが同じ根底にある現象を測定する2つのコンバージェンスのコンセプトは、多くの犯罪が報告されず、UCRデータ収集の取り組みから生じる適用範囲とレポートの問題のために正確に発生する可能性は低い。しかし、2つのデータシリーズの強盗犯罪の補完的な扱いは、強盗の性質、傾向、程度をよく理解した。 強盗の結果: [続きを読む]