いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 81日(平均7.7回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • ウクライナを売ったティモシェンコ、悪どい商売で儲けた
  • 一般的なアルメニア人にとっては、 政治は、別の世界のものだが、もし興味がある時は、大統領選挙が近づいている場合である。「国会襲撃事件」と「テレビブローカーオーナーの暗殺」、ソビエト時代のように、事件のすべてが暗闇の中に埋もれている。CISの政治は激しい背中の社会であって、一般の人々は入ることのできない不可触世界である。「大統領が変わるならば、生きていく人が増えるだろうか?」国の過半数を占める貧しい人々 [続きを読む]
  • 世界の国歌 キルギス共和国
  • 高い山、谷、畑は私たちの故郷の神聖な土地。私たちの祖先はアラタウの真ん中に住んでいて、常に母国を守っていた。コーラス:さて、キルギスタンの人々は、自由になりなさい!立ち、繁栄せよ!あなたの幸せを作りなさい!私たちは何年も自由に開放されていた。友情と団結は私たちの心の中にある。私たちの故郷の国であるキルギスタンの国は、合意の中で輝いているコーラス人々の夢は本当になり自由の旗は私たちの上にある。人々の [続きを読む]
  • 世界の国歌 ソビエト社会主義共和国連邦1977年
  • 自由な共和国の滅ばない連邦、偉大なロシアは永遠に結合された人々の意思で作成された、一つ、強大なソ連!コーラス私たちの自由、栄光のために歌いなさい、人民の友好信頼性の高い砦!レーニンと人民党の力、私たち共産主義の勝利に向かって!嵐を通じて、私たちの輝く自由の日を得たそして、偉大なレーニンは、私たちの道を照らし正義のは彼は人々を励まし、労働と蛮勇に国民を立ち上がらせた!コーラス共産主義の不滅のアイデア [続きを読む]
  • 宮崎勤 漫画アニメオタクの超異常なロリコン殺人鬼
  • 宮崎勤、1962年8月21日生まれ、「オタク殺人犯」、「少女殺人者」、「ドラキュラ」は日本の連中殺人犯。宮崎勤、1962年8月21日に東京の糸上町で、早く生まれた。彼はわずか2.2kgの重さで、両手の関節が融合し、手首を上に曲げることができなくなった。彼が5歳の時、同級生は彼に "面白い手"にと言われた。それ以降の家族写真では、宮崎は決して手を出さず、目を閉じてしまうことが多い。彼は他の男の子と同じように夢を見た。 祖父 [続きを読む]
  • メディアが暴力を生む4 規制が事件を減らす訳ではない
  • 幼児期に積極的に行動することは、最初の暴力観がコントロールされている場合、侵略や暴力的なメディアの使用との間に相関関係があり、暴力的作品が攻撃的な子どもを生み出す主な要因である。 結果のパターンを以下に説明する。メディアの暴力を見る刺激が最も強く寄与していることを示唆した。一例が例示的である。 彼らが中年児童期に移行するにつれて、毎年3年間インタビューを受けた子供の研究。 男児と女児の両方がテレ [続きを読む]
  • メディアが暴力を生む3 様々な暴力作品を見せる実験
  • 多くの研究で観察された影響を平均化したメタ分析は、メディア暴力の影響を総合的に見積もる最良の方法である。 特に注目すべき2つのメタアナリシスは、パイクとコムストック とアンダーソンとブッシュマンのメタアナリシスである。 パイクとコムストックのメタアナリシスは暴力的なテレビと映画に焦点を当ててたが、アンダーソンとブッシュマンのメタアナリシスは暴力的なテレビゲームに集中する。 パイク及びコムストックが見直 [続きを読む]
  • メディアが暴力を生む2 ゲームなど暴力作品の影響力
  • ネットの暴力情報の危険を理解し、子供が危険を理解し回避するのを助け、危険性を誇張しないようにし、できる限り子供を守ろうとするべきである。 ほとんどの研究者は、メディア暴力と攻撃的な行動が何を意味するのかについて明確な概念を持っている。 ほとんどの研究者は、メディア暴力を、見た人を暴力的な性格にする物理的な侵略行為の視覚的描写として定義した。 この定義は、メディア暴力の影響に関する理論が進化し、視聴者 [続きを読む]
  • メディアが暴力を生む 過激なテレビ番組、ゲーム等
  • 殺人などの恐ろしさに耐えることは、現代国家の居住者として当たり前のこと 1993年英国リバプールで、2人の10歳の男の子が2歳の男の子に強烈な暴行をして、その遺体を線路に残したバルガー事件では、チャイルドプレイという映画と犯罪との関係が討論された。 事件担当の裁判官は、それは説明の一部となることを指摘したが、メディア規制について言及しなかった。 米国では、通信品質法(CDA)が1996年に制定され、猥褻な画像やビデ [続きを読む]
  • ゲイリー・マイケル・ハイドニク 殺した人を人に食べさせた
  • ゲイリー・マイケル・ハイドニク(ヘイドニク、ハイドニックとも)(1943年11月22日 - 1999年7月6日)はアメリカの犯罪者で、女性を誘拐した。FBI基準が連邦殺人犯として分類する「3つ以上の殺人」で、彼はしばしば連鎖殺人犯と呼ばれているが、2人の殺人を犯しただけなので、FBI定義には合致しなかった。オハイオ州イーストレイクのマイケルとエレン・ハイドニクに生まれ、クリーブランド郊外で育って、9年生の公立高校を脱退し、 [続きを読む]
  • アーサー・ショークロス ジェネシー川の連続殺人鬼
  • アーサー・ショークロス(もしくはショウクロス)(1945年6月6日生まれ)は、ジェネシー川の殺人鬼としても知られているアメリカの連鎖殺人犯。同氏は、子供を殺害したことで有罪判決が下された後、早急に検挙された後、被害者のほとんどに訴えられ、司法制度の批判につながった。彼はメイン州で生まれたが、彼は若い頃ニューヨーク州のウォータータウンに引っ越した。ショウクロスは9年生で学校を中止し、19歳の時に軍隊に入隊し [続きを読む]
  • ヘンリー・リー・ルーカス 刑務所で病死した殺人鬼
  • ヘンリー・リー・ルーカス(1936年8月23日 - 2001年3月13日)はアメリカ人の犯罪者で、殺人罪で有罪判決を受けた。彼はかつて、研究者ブラッド・シェルディへの手紙の中で「私は連鎖的な殺人者ではない」と断言した。ルーカスは、約3,000人の殺人事件に関与したと告白した。1975年中頃の刑務所から1983年中頃までの彼の逮捕までの間に、1日平均約1件の殺人があった。ルーカスの自白の一部は、法廷執行官や裁判所職員を含む数々の批 [続きを読む]
  • 宝くじの経済の最前線2 宝くじとIT株を買うのは同じ
  • これまでの内容はタイトルからはほど遠いと感じる人もいるだろう。宝くじ経済とは何かと思う人もいるだろう。ここで言及されている宝くじの経済とは・・・、期待が先行するタイプの経済であることと、収入が労働で得られるものから逸脱していることだ。期待が悪いということではない。経済的な問題から期待を取り除くのは無意味だ。何か希望を持つことで、前向きに生きていけるのである。日本はあまりにも長い間暗くなっていた。現 [続きを読む]
  • インフレの何が問題か2 昭和と今は一万円の価値が違う
  • 今後、の一万円札は現在より価値が下がるので補償として利息の1円とか2円があるはずなのである。将来価値を今の価値に割った場合の差分が利子となる。利子をもらって生きている預金者が自分たちの生活に関心を持って、元本をそのまま残す人がいる。その人は、名目の元本の金額は必ず保証されるが、実際には、元本額は徐々に減少する状況にある。昭和初期の1万円はかなりの価値があった。タクシーに1万回乗車することができたので [続きを読む]
  • インフレの何が問題か お金の価値が下がる物事の考察
  • 為替レートが100円台に回復した時代の話。円が1ドル= 80円になると、ドル預金をする投資専門家は喜んでた。実際、その男は1年前に1ドル= 106円の時に1ドルを買い、円が為替相場を高くなって、ドルの価値が下がったという事実のためにに、ものすごく落ち込んでしまった。そしてテレビのニュースが円安報道した。私は意図的に私の妻にアピールした。結局、円は下がった。既に102円である。ナンピンはしないから別にいい(円高が進む [続きを読む]
  • 現代宝くじによる経済の最前線 アメリカのロトには勝者だけが仕組みがある
  • 西洋のロトと日本の宝くじに見られる文化的差異がある。ロトくじには、ウィナーテイクスオールという勝者だけが儲かる仕組みがある。その一方で、宝くじのアイディアは、均等に分散された仕組みであり、勝利の確率は、第1等以外もあり、100円レベルに細かく設定されている。ヨーロッパと日本の間の所得分配のアイデアが元になっている。伝統的な日本では、頂点の者は多大な収入を得られるが、収入に上限を設け、自分より所得に低い [続きを読む]
  • ネクロフィリア 人の死体に性的興奮する変態フェチ 死体は口答えをしない
  • 「ネクロフィリア」は、君の毎日の語彙の一部であるこれらの言葉の一つではない。誰もそれが下劣なニュース項目に起動したときを除いて、それについて語っていない。それは、堕落と呼ばれる、非常に珍しい性癖とされる。法的または医学的に、ネクロフィリアについて書かれている。法律は、特にインドでは、明示的に定義したって、犯罪としてそれを分類から離れた。ネクロフィリアのほとんどの症例は言うインド刑法の第297の下に提 [続きを読む]
  • 配偶者殺人の研究2 男女の動機の違い 女性は夫の虐待、男性は妻の浮気
  • 狂気を理由に女性が無罪、減刑を受けたのは27.3に対し、男性は9.1%に過ぎなかった。 裁判所の判決と強制執行は男性被告19人と女性被告2人に対して被告の精神状態に関する意見は、男子被告の事件の78.2%、女性の81.9%の最終判決と一致する。 1件の判決は入手できなかった裁判所の処分男性と女性の間でも異なっている。 女性被告人の36%は、狂気のためにに有罪でないとして釈放されたが、男性被告はこれらの理由で釈放されなかっ [続きを読む]
  • 配偶者殺人の研究 何故自分の妻や夫を殺すのか 恐ろしい家庭内暴力
  • 最近まで人間科学は家庭内暴力のテーマにあまり関心を持っていなかった。しかし過去数年間に限って、家族の暴力が「優先的な社会問題」、すなわち「緊急事態」となった。そのことに研究エネルギーを費やす必要がある。家庭内暴力への関心が高まっているにもかかわらず、研究がまったく希薄なまま残っているトピックである、1人の配偶者の殺人事件について扱っている。そのような犯罪で告発された23人の男性と11人の女性から得られ [続きを読む]
  • 現代宝くじによる経済の最前線2 好きなのは貧乏人だけ 海外くじとの違い
  • 明日、食べる物がない人は、賭博で自分自身の人生を破壊してしまう。西洋の映画では、カジノで遊んでいる派手な億万長者がいるし、ヨーロッパでは、貴族が娯楽として競馬で遊ぶと言うのを聞いたことがあるだろうが、それはお金を稼ぐよりも本当にただの娯楽である。彼らは、どのくらいのお金を投げ捨てることができるかに応じて、勝利は彼らにとってどうでもいいのだ。このため、 賭博に全財産をに賭けることは決してない。ただの [続きを読む]
  • 現代宝くじによる経済の最前線 なぜ宝くじ経済が楽しくなったのか
  • 昔、宝くじの賞金が上昇し、3億円になった。過去には、会社員などの労働者の給料の年収は3億円で、3億円を受け取ることができるかわからないな状況下で、また、税抜きで3億円を貰うことができるといわれているので、不況から脱したいサラリーマンに人気になるのもうなずける。私たちが3億円を手にしたら何をすべきかといった、妄想を話す人の数が増えた。人々の大半は、3億円を得たら、私は会社を辞職し平和に暮らし、またはあなた [続きを読む]
  • 2000円札は何の為に作られた?2 日本人は半分に割れる偶数が嫌い?
  • 貸金庫は大きく流行っていると言われている。たくさんのお金を銀行から下ろし、貸金庫の中に入れるのだ。面白い話のようだが、それは現実となった。日本国外だったら?インフレは現金の価値は簡単に下がるから、、金利を少しでも貰うことができるように銀行に預け、支払いを遅延させるためにににもクレジットカードを使うと思う。だけど、日本がデフレの時はそれはいらない。アルゼンチンは現金優先国でもあると思われている。だけ [続きを読む]
  • 2000円札は何の為に作られた?2000年記念に作られた紙幣
  • 2,000円札は何であった?まだ日本にあるはずだが、街で見る機会はあまりない。使用できない自販機もある。非常に少数の人々は2000年に出て以来、2000円の銀行券がどこに消えたのか疑問に思うかもしれない。過去6年間で2000円の紙幣を見たことはほとんどない人も多いだろう。お釣りに使われたら本物かわからない。突然2,000円紙幣が現れた。日本に2,000円作られるのを喜ぶ風潮もなく、なぜ2000円の紙幣が登場したのか、理由を理解で [続きを読む]