ibu さん プロフィール

  •  
ibuさん: Challenge Stress Free !
ハンドル名ibu さん
ブログタイトルChallenge Stress Free !
ブログURLhttp://ibu.hatenablog.com/
サイト紹介文人生折り返し地点、もう頑張らずに穏やかに過ごしたい主婦の記録。ストレスフリー セミリタイア ミニマム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 47日(平均3.9回/週) - 参加 2017/01/07 12:02

ibu さんのブログ記事

  • 認知症老人 通報できないものか?
  • もう、街にあふれる暴走老人にはウンザリだ。今日は税務署。見た目は立派な老人紳士。ガタイいいし、言っていることもしっかりとしている・・・ように見える。しかし、「マイナンバー」が理解できなかったらしい。そのことで、受付案内のずっと怒鳴り続けている。この申告シーズンで混み合う税務署でだ。「こんな変更について聞いてない」→変更はマイナンバーの記載箇所が増えているだけです。申告手続きの際に身分証明書とマ [続きを読む]
  • 姑からの電話が嫌なら番号変えたらいいだけ。
  • 気が重くなる事だったうちのひとつを実行した時のこと。携帯番号を変え、iメッセージは不使用設定。以来、気分がとても楽。特に正月なんか爽快。なぜなら、なぜか、夫ではなく私あてに全ての連絡が届いていたから。夫へのメッセージでさえ、私に伝えてと届いていた。集まりだのプレゼントだの、ご祝儀はいくらだの。道具の使い方が分からないとか、うまくいかないとか。兄弟同士で話つけてくれないかな・・・それさ、実 [続きを読む]
  • 季節になってから着たい服を買う
  • 冬物の最終セール中。余り物だけに、とても安くて金額を知ると血が騒ぐ。そこをグッと堪えている。来年にはまた改善されたものが販売されるはず。きっと、今年の残り物を買って来年に粗末に着るより、新しい何かを取り入れた新作をワクワクしながら選んだほうが大事に着るはず。インナーも然り。ユニクロのヒートテックが毎年新機能搭載していて、やはりそのシーズンに販売したもののが欲しくなる。安いからまとめ買い、、 [続きを読む]
  • エクオールが作れない身体
  • 話題のソイチェックの結果、私は体内でエクオールが作れてないことがわかった。予感はしていた。いくら大豆製品をとっても実感が無かったので。もしかして、頑張って取ってるけど太るだけかもと。これからは効率よく錠剤で取ることにしよう。そして変化をみて効果が感じられなかったら、やめたらいいし。腸内フローラは大丈夫な感じがしているから心配はない。骨にはずっとカルシウムサプリを取っている。とくに今、更年期の [続きを読む]
  • 自分のことが終わったら手伝ってあげなさい・・・?
  • はっきり覚えている。通知表に書かれた言葉だ。納得がいかなくて親に理由を聞いた。自分のやることをやり終えている事を褒めるべきではないのか?できない人を手伝わないとたしなめられることに納得がいかなかったのだ。期日までに仕上げる。余った時間をどう使おうが、それは私の裁量しだいだ。友人を手伝うこともあろう、しかしそれは義務ではない。やるべき事をしない人の尻拭いは私の仕事ではない。幼い頃と今でも変わ [続きを読む]
  • このBlogについて
  • Blogを始めようと思ったのは、わざわざ人を呼び止めてまで口にするのははばかられるけど、どこかに、こんなことを考えていると書くことで自分の考えに向き合いたいから。なので、外では言わないことを中心に書いていくと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 高齢者のほうが多い町に危機感を持つ
  • 買い物に行く時、銀行に行く時、なんて老人が多いんだ。歩くことも不自由で手元も危うい。会話もチグハグで明らかに認知の問題がある老人だ。そんな老人がひとり町を歩いている。会計時、もういいのに小銭を出し続ける。一方では「もうお金渡した」と言い張る。後ろに人が並んでいても言い訳しながら横から入る。聞いていないのに一方的に話続ける。エスカレーターの出口で立ち止まる。何度説明されても理解できなくて受付を [続きを読む]
  • いつも好きな格好を
  • ミニマリズムに多少の共感を覚える。が、宗教的に心酔する程ではなく。人の認知能力を考えてみれば、至極当然。小さな選択を減らしていくことは年老いて行くにあたって推奨されるべきだろう。ということで、手持ちの服を選び抜いたこの一年。確かに沢山の服を捨ててみるも、新たに買い直し。アラッヽ(・ω・)/。結果、同じような服。。。すっかり好きな色、デザインが決まっている。素材の良いものであれば、どこにでも来てい [続きを読む]
  • 仕事を減らした、何をするか?
  • すっかり「稼ぎたい」気持ちより、自分の為だけに時間を使いたい気持ちで一杯。今月の確定申告が終わったら仕事は少しだけ続けるものもあるけれども、ほぼ専業主婦だ。結婚して初めて。いや、人生で仕事が生活の主な要素でないなんてことは初めて。産後も6週目には完全復帰していたし、病気で手術した時も、開腹手術から24時間以内に仕事のメールを打っていたし。常に締め切りと育児が私を脅かしてきた。もう限界。私も普 [続きを読む]
  • キラーストレス
  • 「ストレスに感じることを徹底的に避けたい。」真剣にそう思い始めたのは、まだ最近のこと。なんでそんなに辛抱できなくなった(したくなくなった)のか。そんなきっかけから、持ち物、家事、仕事のみならず、生活全般を見直している。習慣、常識、思い込み全部だ。「我慢するストレス」状態が長い期間にわたって続くとコルチゾールがとめどなく分泌され続けるようになるという。そうなるとありふれたストレスが脳をむしばん [続きを読む]
  • 団らんのない家庭
  • やはり週末は鬼門。 忙しくてもトントン計画通りに用を片付けていくことは苦ではないのだが、 ・「誰か」を待って次の行動の予定があるというところに苛立つ。 ・途中で作業が中断することに苛立つ。 私の中では夕飯が出来たら、さっさと片付けて寝てもいい体制に入りたいわけです。自分が食べたくもない夕飯を作り、食べ終わるのを待つ、この流れが虚しい。 自分の都合で食べにきて、 食べたらさっさと自分の部屋に切り上げる、 [続きを読む]
  • 駆け込みする見苦しさ
  • 今日の糸井重里さんのエッセイを読んで共感。私も同じように感じて、気をつけていたからだ。中高年者よ、どうしてそんなに急いでいるのか?駅の階段を駆け上がりフラフラになって転ぶ中高年者、レジでの釣り銭受取りが待ちきれなくて、手をぶらぶら催促する中高年者、列に駆け込む中高年・・・見苦しい。そんなに忙しいのか?それで倒れたり、落としたり、迷惑千万。「お先にどうぞ」と言える人になろう。この見苦しさを [続きを読む]
  • 子供の結婚相手を自宅に泊めることはないだろうな
  • できれば夫は離れた場所の出身ではないほうがよかったな。離れているんだったら、思いっきり外国くらいなら諦めもついたろうに。ほんとに。。。せめて同じ地方、1時間くらいの距離がよかったな。一回の帰省で10万近く使うこともないし、帰省の度に子供に過酷な思いをさせることもないし、しきたりが違う違和感もないし、味の違いにケチつけられることもないし、生活の仕方の違いにとやかく言われることもないし、それにそれ [続きを読む]
  • くださる?
  • 人に物を頼む時には、「〜ください。」というべきだよ。「〜くださる?」って、お前はマリー・アントワネットか。結構、うちの近所では70才以上の老人から発せられる言葉。スーパーで、ネギを半分に切ってくれとかブロッコリ?の葉を全部切り落としてくれとか。持ち込んできたカートに自分の荷物を入れることすら出来ない老女がね。東京出身でもないのに、コレを連発している義母の恥ずかしさたるや。。。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 婚姻関係終了届
  • 少し前のテレビ番組で、夫の死後に離婚するということについて取り上げていた。夫の親族との付き合いを絶ちたい、姑の面倒を看たくない、夫が嫌い、同じお墓にはいりたくない等の理由で「婚姻関係終了届」というのを出すそうだ。全部当てはまるな、と顔に出てしまっていただろうか。子供と一緒に番組を見ていたから気まずいこと(笑)「一緒のお墓に入らないなんてことがあるの?」と質問されたので、「私は宇宙に打ち上げて [続きを読む]
  • レジに支払い機が登場した件
  • いつもの買い物がちょっと緊張感が出てきた。行きつけのスーパーが、支払いだけ機械で自分でやることになったからだ。私が緊張するくらいだから、お年寄りは避けたいかもしれない。でもやってみたところでは、たまりまくっている小銭の処理が気軽にできてよさそうだ。むしろ細かいお金を沢山持っていって投入口にジャラララッと入れたらいい。勝手に数えてくれるから。一枚づつ指でつまめなくなった方も気軽にジャラジャラい [続きを読む]
  • お墓問題 実家編 
  • 私自身のことに関しては、ずっと宇宙葬にして欲しいと願っている。お骨の一部を宇宙に打ち上げてくれるそうだ。百万円くらいだと聞いたことがあるが、どうなんだろう。墓の管理はあっちも、こっちも深刻だ。まずは実家のほう。子供が生まれてからか?子供が生まれると墓が集まってくる。子供のいない親戚をあわよくばみてくれないかという期待をされて、急に親しげにされたり。恐ろしい。何代も続く名家でもあるまいし、保有 [続きを読む]
  • 真剣に「寝る」
  • 夜は早く寝るに限る。起きていて良いことはない。へんなことを思いつく前に、さっさと寝てしまうのが一番。電気代もかからないし、食べたり飲んだりしないし、何よりも、やる気のある朝の時間が増えるしね。(やる気があるのは朝だけとも言える私。)すっかり夜遊びに出かけることもなくなり、人に会うのも昼間を指定するようになったというこの変わりよう。確実に年を取っているんだなぁ。自分の生活リズムを守ることで安心 [続きを読む]
  • 仕事を減らす
  • 「あれ、もしかして、終わりが見えてきた?」これまでは、どんどん働かなきゃ!と思っていた私。産後も一ヶ月半で仕事復帰して、たいした夫の協力もなく工夫しながら働いてきた。沢山のチャンスを得られたり逃したり、働くことはエキサイティングだ。子供が大きくなったら、思う存分働けるんだと思っていた。けど。これから生じるであろう費用や収入が予測できるようになり、子供が大きくなった今はむしろ、いったい何の [続きを読む]
  • 心のエネルギーを管理する
  • ちょっとした事でイライラしがちな私、人のフリみて我がふり直せ。イライラしない高齢者を目指す!イライラしたら、自分が「何に」反応してネガティブな考えが浮かぶのかを都度チェックする。原因はなにか、を探す。すると、正義感・動作を妨げるもの・予想外の動きをするもの、だったりする。正義感は厄介だ。時に醜い。イラついている自分の顔をみれば一瞬で我に返るだろう。「他人にたいして寛容になろう」と忘れないでいた [続きを読む]
  • 決め打ちメニューを持つこと
  • いつも夕方のギリギリまで、作る献立を決められないのが悪い癖。朝からずっと気になっているくせに、ずーっと逃避している。なんという精神的苦痛!これこそストレス!クックパッドとか見て探していても時間ばかりが過ぎていく。じゃ、改善。◆まずは、作り方を見なくてもできる献立をリストアップ。◆昼ごはん編、夜ごはん編など作る時間帯で分別(タグ付け)。◆鳥、豚、牛、ひき肉、魚など材料で分別(タグ付け)。◆同様 [続きを読む]
  • 「嫌だ」というと角が立つけど
  • 日々、気が進まないことが沢山ある。「大人にならないと。」とは思っても心が死にそうになったこと、これまで何度あったか。これまでの経験から得た回避術(笑)覚悟を決めたら、できるだけ早い時期に「あ!あの件、私はこうしたいです〜♪」にっこりと言えた時のほうが状況がよくなる気がする。「私は嫌です。」というと角が立つが、「嫌だ」よりも言いやすい。あえて嫌だと思っていることは伝えなくていい。嫌なんじゃな [続きを読む]
  • 子供の元服を機に、奴隷嫁を卒業
  • 義実家への帰省をされた皆様、お勤め大変でしたね。私も子供が15才になるまで、年に数回、片道5~6時間もかけて新幹線や飛行機で帰省してました。赤子を連れての道中は本当に大変。感染症などの心配も尽きない。何よりも、義両親とは片手に数えられる程しか会ったことがないというのに、その家に何泊もしないといけないことが辛かったです。しかも、同時期に義兄弟家族も泊まっており、総勢十数人が折り重なるように寝るとい [続きを読む]
  • 新年からは、というつもりだったけれど
  • 初めに書くことを考えていたのだが、、、残念なことに、新年早々に友人の訃報が入り、今の私は大変に心がつらい状況にいる。子供がお腹にいる時からの大事な友人だった。病気が見つかって半年。入院したと聞いてすぐに会いに行ったのが夏。とてもお気楽なことが書ける状況ではなく、いきなり、Blogの趣旨に反することになってしまった。しばらくは、しっかりと亡くなった友人との対話をしようと思います。こういうことも、 [続きを読む]