瑞月 さん プロフィール

  •  
瑞月さん: 「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ*plus
ハンドル名瑞月 さん
ブログタイトル「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ*plus
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mizuki100410
サイト紹介文『「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ』の乳姉妹ブログです。雑記や二次創作など。あれこれプラス。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 80日(平均5.3回/週) - 参加 2017/01/07 14:06

瑞月 さんのブログ記事

  • 社員旅行は突然に。パート1
  • 社会人編の社員旅行ネタです。*********「はぁ?今週末、社員旅行だって?何だってそんな急に。うちの会社、社員旅行とかやってないだろ」「今年は特別なんですって。異動も多かったし、社員同士、親睦を深めようってことらしいわ」「しかも瑠璃さんが実行委員?」「そう。各部署から一人選出されるみたいで、どう言うわけだかマーケティング部はあたしになってたのよ」「・・・・」昼休みに入り、2人揃ってオフィスビルの社員食 [続きを読む]
  • 「高彬解体新書」〜巻の一
  • 「では、お休みなさいませ、高彬さま」「ばばやは?ばばやは一緒に寝ないの?」「もう高彬さまは5歳になられましたでしょう。一人で寝ることに慣れなければなりません」「でも・・、ぼく、怖いよ。ばばや、一緒に寝ようよ」そう言うと、ばばやはメッと怖い顔をした。「高彬さまは男の子でしょう?」「・・・」ばばやがいなくなって一人になったぼくは、えいっとばかりに衾にもぐり込んでぎゅっと目を瞑った。早く寝ちゃえばいいん [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。<最終話>
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「あたし、もしかしたら、高彬の身体が目当てかもしれないのよ」「は?」突然の瑠璃さんの言葉にポカンとしてしまった。「身体が目当て・・・?」「そう」「・・・」「あたしねぇ、この間のバレンタイン、何だか色々ショックだったのよ」「バレンタイン?」「うん、そう。ほら、チョコクリーム塗って舐めるなんて言 [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート20
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********高彬があんまり、じぃっと見てくるもんだから、あたしは思わず目を逸らしてしまった。そ、そんなに見ることないじゃない・・・「瑠璃さん」「な、何よ」次の瞬間、あたしは抱き締められていた。「ちょ、ちょっと。苦しい・・・」ぎゅうぎゅうと抱き締めて来るので苦しくなってそう言うと「あ、ごめん」とすぐに手を [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート19
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********いや、このシャンパンがノンアルだったなんて・・・確かに言われて見ればぼくはまったく酔いが回っておらず、だけど、ぼくが口にしたのは一口二口だったから、自分が酔ってないことを少しも不思議に感じていなかったのだ。瑠璃さんは風呂場でグラス一杯とは言えシャンパンを一気飲みしてるし、真っ赤な顔はしてるし [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート18
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********恋人が動いている───ぼくの胸に両手を付いた瑠璃さんは、目を瞑り眉根を寄せ切なげな顔をしていた。「瑠璃さん・・」いい加減、限界だったぼくは瑠璃さんの中に入っただけで蕩けそうだったし、こんな風に動かれたら尚更だ。「たか、あきら・・」いよいよ瑠璃さんは泣きそうな声を上げ、さらに切なげに熱い息を繰り返 [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート17
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********瑠璃さんのキスはどんどん下がっていく。腰を両手で掴まれながら、臍の辺りにキスをされ、ぼくは思わず奥歯を噛みしめていた。くすぐったさと気持ち良さの中間で、瑠璃さんに焦らしてる気はないのかも知れないけど、いや、もういっそのこと一思いにヤってくれ、と思う。ぼくの気持ちを知ってか知らずか、瑠璃さんの舌は [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート16
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********いつの間にほどけていたのか、覆いかぶさってくる瑠璃さんの髪が頬に当たり、それがくすぐったくも心地よくて、一瞬、キスよりもそっちに意識が集中してしまった。こんな風に自分が下になってキスの嵐を受けると言うのは初めての体験で、瑠璃さんの気持ちが解るような解らないような・・・。いや、ほんと、何と言う [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート15
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「・・う・・」不意打ちのような瑠璃さんの舌に侵入に、計らずも声が出てしまった。両手でぼくの頬を挟んだまま、瑠璃さんは身を乗り出すようにキスをしながら舌を絡めてくる。絡めると言っても瑠璃さんの小さな舌がぼくの舌を完全に絡められるはずもなく、チロチロと舌先を舐められるだけなのがじれったく感じてし [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート14
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「たか、あきら・・」浴槽の縁に座らせて脚を開こうと手を掛けると、上から瑠璃さんの声が落ちてきた。普段よりちょっと舌足らずな感じの声で、顔を上げてみると、思った通りトロンとした目をしている。口元は緩んでるし、頬も赤いし、更には吐く息も深く熱そうで「・・大丈夫?」聞いてみると、瑠璃さんは緩慢な仕 [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート13
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********片手で乳房を揉みしだきながら先端を口に含むと、一瞬、瑠璃さんが息を飲む気配がして、だけど、すぐに肩に手が置かれ「ねぇ、高彬、シャワー・・」戸惑ったような声が聞こえた。「あ、・・うん、そうだね」確かにここで始めてしまったらきっと止まらなくなるだろうし、せっかく瑠璃さんがシャンパンを用意してくれたん [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート12
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「え?風呂に入りながら飲む?・・いや、瑠璃さんがそうしたいんなら、ぼくは構わないけど・・」そう言うと瑠璃さんは嬉しそうな顔をした。シャンパンの持ち方が、まるで筒に入った卒業証書を掲げ持つ恰好のように見えて、微笑みを誘われる・・と言う風情ではある。「じゃあ、グラスを用意しないと」瑠璃さんはテーブル [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート11
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「いや、正直さ、どっちなんだろう、とチラとは思ったんだよ。だけど、まさか瑠璃さんがラブホテルに行きたいなんて言うとは思わなくて・・」ハンドルに突っ伏して、何かの衝撃に耐えるかのようにしばらく黙っていた高彬は、顔をあげるとあたしの顔を見ながら深いため息をついて見せた。「だってデートの定番でしょ [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート10
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********思えば、手を繋いで外を歩いたのは初めてで───クルマをコインパーキングに入れ、横浜の街をそぞろ歩きながら、あたしは密かに感動してしまった。たったこれだけのことなのに、すごく楽しいし、嬉しい。回りからみたら、あたしたちなんてどこにでもいるカップルなんだろうけど、でも、道行く人に「見て見てー!こ [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート9
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********【今から出るよ】土曜日の朝、高彬からのメールを確認したあたしは、もう一度、姿見の前で全身をチェックした。砕け過ぎず、気張り過ぎず、いい感じなんじゃないかと思う。今日は高彬と横浜でデート。雛祭りの夜、ホワイトデーに欲しい物や行きたい所を聞かれ、考えたあたしの答えは───とどのつまりは「高彬」だ [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート8
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「瑠璃さん、あのさ・・」「ご、ごめん。あたしったら、また汚しちゃったみたいで・・」何か言い掛けた高彬の言葉を遮って、シミ落としに戻ると「拭くのはいいから、瑠璃さん聞いて」あたしの手に高彬が手を重ねてきた。「あのさ、瑠璃さん。瑠璃さん、こういう事、汚いと思ってない?」「そりゃ思うわよ。だって・ [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート7
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********ソファの上で組み敷かれながら、あたしは高彬にどんどん追い詰められていった。高彬が動くたび、逃げ出したいほどの快感がやってきて、押し流されそうになる。だけど、しっかり四肢を絡め取られたこの状態で逃げ出せるはずもなくって───(あぁ、まただわ・・)頭の片隅のどこかで、あたしはぼんやりと思った。また、 [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート6
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********薄暗い部屋の中でも瑠璃さんの白い身体は案外と見えて、それどころか、まなじっか煌々とした明かりの下で見るよりも輪郭が際立つ分、はっきりと見えるくらいだった。薄いピンク色の下着の上に瑠璃さんのヘソが見える。少しも無駄な肉がないウエストとお腹は、それでも綺麗な丸みを感じさせ(骨格の問題なのかな・・)な [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート5
  • 社会人編のホワイトデーネタです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********トワイライトタイム───確かこの曲は、そんなタイトルだった気がする・・・真っ暗で何も見えなくなった部屋の中、オーディオのオレンジ色のランプが蛍みたい光って見える。少しずつ目が慣れてくると、思ってたより部屋は暗くなくて───と思ったら、部屋の隅の間接照明が点っていて(そっか、だから高彬、電気消して [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート4
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********高彬はいつだってキスに時間をかける。ただ単に高彬がキスが好きなのかも知れないし、あたしの身体に火を付けようと思ってそうしているのか、それは分からないけど。手は出さずにずっとキスだけ続けられて、あたしは段々と酸欠の金魚みたいな気分になってしまう。酸素を求めるみたいに、高彬に触れて欲しくて仕方な [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート3
  • 社会人編のホワイトデーネタです。多少セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「付けてあげるよ」そう言われ、高彬が後ろに立った時から、何となく予感はしていたのよ。留め金を掛ける高彬の指先が首に当たり、その冷やりとした感触に(あ)と声が出そうになってしまった。「・・出来たよ」「うん、ありがと」髪を押さえてた手を外した瞬間、高彬に抱きしめられていた。「・・・・」多分、こう [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート2
  • 「高彬、ちょっと冷蔵庫、開けてもいい?」部屋に入った瑠璃さんは、ソファにバッグを置くと早々にキッチンに行ったかと思うと、冷蔵庫の前でそう言ってきた。「いいよ」喉でも乾いたのかな、と思っていると、瑠璃さんは冷蔵庫のドアを開け、何やら物色しているようである。「何してるの、瑠璃さん」「生クリームでも隠してるんじゃないかと思って。・・一応、確認しとこうかと思ってね」冷蔵庫を覗いたまま真面目な顔で言うので、 [続きを読む]
  • ホワイトデーのその前に。パート1
  • 瑞月です。「バレンタインの夜に。」の連載で、私のらぶポカ妄想にお付き合いいただいたばかりではありますが、凝りもせず本日から「ホワイト・デーのその前に。」と言うタイトルの連載を開始いたします。ホワイトデーまでにはまだ間がありますし、今回は毎日ではなく不定期更新になる予定です。更新情報は今まで通り、本館でご案内いたします。ホワイドデーまでのカウントダウン、2人はどんな風に過ごすのか───<あの>バレン [続きを読む]
  • バレンタインの夜に。<最終話>
  • 社会人編のバレンタインネタの続きです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********腰を強く揺さぶると、瑠璃さんの声は段々と掠れるほどに甘さを帯びてきた。目を閉じ、必死に何かを耐えているような顔でぼくの方に手を伸ばし、そうしてぼくの胸に手を置いた。崩れ落ちるのを支えているようでもあり、ぼくに助けを求めているようでもある。「瑠璃さん」更に強く揺さぶると「あぁっ」悲鳴にも似た [続きを読む]
  • バレンタインの夜に。パート16
  • 社会人編のバレンタインネタの続きです。セクシャルな表現がありますので、苦手な方は閲覧ご注意ください。*********「・・どうしていいか分からない・・」瑠璃さんの戸惑ったような声が聞こえ「え・・」「だめ!目、開けないで!」聞き返そうと顔を上げた瞬間、瑠璃さんのするどい声が飛んできた。慌てて頭を下げ「どうって。その・・・、瑠璃さんの好きに動いていいんだよ」「その<好きに>って言うのが分からないのよ」「・・ [続きを読む]