ハレ さん プロフィール

  •  
ハレさん: ちいさな箱
ハンドル名ハレ さん
ブログタイトルちいさな箱
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/imasanjihan/
サイト紹介文大切な家のこと、かわいい娘の子育てのこと、毎日のことを記録していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 227日(平均2.7回/週) - 参加 2017/01/07 20:43

ハレ さんのブログ記事

  • 子供の発熱と常備菜と思わぬ休日
  • 前日まで元気だった娘が、昨日の朝起きてくると発熱していました。しかも38.7℃と高熱で、久々にぐったりしています。夏の疲れが出たのでしょうか、毎日学童ではかわいそうだと、休みに色々連れ出していたし、学期中と比べてやはり不規則だったかもしれません。更には今週もプールと神社の祭に行く予定をしていました…熱は高いまま、文字通り1日眠っていました。思えば小学生になってから初めてのダウンです。来週からは新学期。 [続きを読む]
  • 怒りが静まるのを待てないので、とりあえず目を閉じます
  • どちらかと言えば、短気です。関西弁で言う、イラチですね。新卒からサービス業に従事していますが、言い方がキツイや怖いなど、後輩から言われていました。思ったことを口に出してしまうので、その場の空気を悪くすることもありました。手相にはKY線もあります 笑今でも性格そのものは変わっていませんし、毎日職場でも家でもイライラすることたくさんです。思わず口に出してしまいたい言葉や感情が溢れた時には、とりあえず一瞬 [続きを読む]
  • 我が家の子供の成長を見るお盆の過ごし方
  • 我が家のお盆の楽しみと言えば、下鴨神社の古本まつりです。うっかり写真を撮り忘れたので、うちわの絵ですみません。京都内外の古書店が参道に店を出し、お手軽な文庫から貴重な古書や美術品まで様々なものがあり、見ているとあっという間に時間が過ぎます。子供の本もたくさんあるので、2歳くらいから我が家は娘も一緒に連れて行っています。自分で好きな絵本を選ばせて、疲れたら古書店のテントのすぐ裏を流れる川で遊んで、か [続きを読む]
  • ワガママな足元
  • 多少サイズが合わない服を着ていても、なんとか我慢できるけれど、靴はそうはいきません。小さくても大きくてもダメ。履いてピッタリでも歩けば違和感のこともあります。中敷きで調整もできるけれど、それでも私はピッタリのものを求めてしまいます。収納やなんかで、シンデレラフィットの文字を見かけますが、やっぱり足と靴のためにある言葉じゃないかと思います。私の靴は全部で9足あります。冠婚葬祭や雨用も含めての数です。 [続きを読む]
  • 実母と義父のおかずの持たせ方
  • サービス業なので、お盆もちょこちょこ働いています。お盆期間は学童は休みなので、実家と義実家に1度ずつ娘を預かってもらいました。どちらも車で15分くらいの所にあるので助かります。そしてどちらも今日の夕飯に、とおかずを持たせてくれたので、疲れた体には本当にありがたかったです。実母はこちらのお皿にサラダとエビフライ、タッパーにおひたしを入れてくれました。料理上手な義父は、からあげを持たせてくれました。渡さ [続きを読む]
  • 旅行の準備のはずが断捨離大会になってしまった
  • 翌日からの旅行のために準備を始めました。一泊二日でホテル泊なので荷物の量はたいしたことありません。何を着ていくかを選ぼうとしていたはずなのですが、気づけば断捨離大会になっていました。2時間ほど没頭しました。右脳タイプの典型です。定期的に洋服や雑貨の見直しはしているはずなのですが、かなりの量が出ました。我ながらものすごい集中力と判断力に満ちた断捨離大会だったと思います。まだまだこれだけあったぞ、の戒 [続きを読む]
  • 無印良品のお玉・継ぎ目がないって素晴らしい
  • お玉を買い替えるなら、絶対に継ぎ目のないものと思っていて、ちょこちょこ探していました。なかなかしっくりくる物が見つからずにいましたが、ふらりと寄った無印良品でいい感じのものが見つかりました。ステンレスのお玉、私は小サイズを選びました。継ぎ目がないので、なんせ洗いやすいし拭き取りやすい。毎日使うものなので、妥協せず探して良かったです。相棒になる片手鍋と組み合わせるとこんな感じ。ガシガシ使って使用感を [続きを読む]
  • シンプルな人
  • 誰かに誰かの説明をするとき、どんな風に説明するかは難しいですね。例えばアフロヘアとかならほぼ説明不要かもしれません。そういうビジュアル面で誰ともかぶらない特徴って、ちょっと憧れます。私は小柄でショートカットという、そこそこありふれたビジュアルしか持ち合わせていません。自分が、誰かと誰かの話題に上った時に、どんな風に説明されているか考えたことはありませんでした。先日、休み明けで職場(レストランです)に [続きを読む]
  • 掛けるだけ、ポイポイ収納での子育てが急に不安になったので
  • 時短家事を目指してたくさんのことを実践してきました。その中でも掛けるだけポイポイ入れるだけ収納は、時間的にはほんの数分のことなのだと思いますが、精神的余裕が生まれて効果大でした。ハンガーを買い足したり、収納スペースを見直したり、1年くらい経ったでしょうか。                      洗面脱衣所の収納スペースは掛けるだけ、そして引き出しにもポイポイ入れるだけ。家事的には、とても時短で [続きを読む]
  • 早く買えば良かった!エコホルダー
  • 夏が近づいて、キッチンのシンク周りに娘と私の水筒、アイスコーヒーのペットボトル、牛乳パックがそれぞれ乾燥待ち。あれ、買おうかな・・・いや、でもな・・・前から悩んで買わなくてやってこれたけど、どうする?便利そうだけど、邪魔かな?なくてもいいんじゃない?さんざん悩んだあげく、買いました。言わずと知れた、YAMAZAKI のエコホルダーです。100均で類似品を見たときも心が動いたのですが、軽さになんとなく不安を覚え [続きを読む]
  • 小沢健二と小1初めての読書感想文
  • この週末は、学童のキャンプで山奥へ。ふとした瞬間、あーフジロック行きたかったなぁと同じ山奥の苗場に思いを馳せました。今年は小沢健二が出演していました。全盛期に、流行りだからではなく、深くはまっていた人は、きっと行きたい思いを募らせていたんじゃないかと思います。心をすぐにかっさられるメロディに、並んで歩いていて時々肩が触れあうような緊張感と、恋人繋ぎのような大人の濃密さを感じさせられる歌詞と、かわい [続きを読む]
  • 停滞していた断捨離が進み始めた
  • すいぶん物を減らしてきて、探し物はほとんどしなくなったし、生活しやすくなってきました。毎日忙しいけれど、家族との関係も片付けを始める前よりずっと良好です。それなのに、ここ最近何だかモヤモヤしていました。食器棚やクローゼットを開ける度に目に入る物が、今の私にとっていらない物だとわかりながら処分せずにいること。それが原因。なぜ処分できないのかと言えば、なんとなく家族が絡んでいる物だから。夫と共通の友人 [続きを読む]
  • 花も人も同じ
  • 小学1年生の夏休みの宿題の定番と言えば朝顔の観察!夏休みに入る前からバンバン咲いてる同級生の朝顔の横で、うちの娘のは全く咲かなかったり、花が開いてもひとつだったりの様子でした。どうしても人と比べてしまうし、少し悩んでいたりしましたが、夏休みに入った途端に毎日たくさん花が開くようになりました。うちの娘はスロースターターです。何にしても。人がそうなら、その人が育てる花もそうなのかな。なんてことを感じま [続きを読む]
  • 私の夏休みをレンジフード掃除に捧げる
  • 今日から小学生の娘は夏休み。私も仕事が休みの平日。夏休み初日なので、夏休み限定の登校班や夏休み学童がどんな感じか見ておいてほしいので、朝から学童へ行かせました。夏休み期間中は、私が休みの日は休ませようと思っているので、私の夏休みは今日だけ!何したかって?そりゃあ掃除ですよね。大掃除の大物、レンジフードの掃除です。夏は油汚れもゆるむそうで、オキシクリーンも買ったし8:30amから開始!シンクに湯を張って、 [続きを読む]
  • 風呂場の掃除が嫌いすぎるので
  • 外しました、風呂場の棚。鏡横にネジ止めされている所に3段の棚がありました。鏡が汚ない?私の片付けは衝動的なものが多く、ビフォーは撮ってません。防カビ燻煙剤をするために、すみっこまで念入りに掃除している最中、この備え付けの棚は敵だなと感じました。敵には武器で対抗だと、ドライバーを持ってきて外してやりました。夫は微妙な顔してましたが、どれだけ棚の形状に悩まされていたかを熱弁したので、理解してくれたと [続きを読む]
  • 何もない部屋なら良かったのにと思った事件
  • 玄関横にある小さな花壇に毎日水をやります。ほんの1分ほどなので、玄関ドアを開けっ放しにしていることがほとんどです。先日、いつものように水をやっていると、ハチなのかハエなのか定かではないけれどそこそこ大きめの虫が玄関から家の中に入ろうとしている!ドアを閉めるのが間に合わず、虫を招き入れてしまいました・・・仕方ないので腹をくくって退治することにしました。そこでまず立ちはだかった問題として、虫がどこにい [続きを読む]
  • 真面目な子育て
  • 週末恒例の景色。鍵盤ハーモニカの吹き口を洗って干してます。懇談会で週一回は洗ってくださいと言われたのでやってますが、自分が子供の頃は洗っていたのか記憶がありません。先輩ママさんも洗った記憶は数回しかないと言っていて、そのうち私もそうなるのかな…いやいや、子供の清潔は親の努めだとちゃんと続けられるのか。***自分のことに関しては今も昔もどうしようもない面倒くさがりです。ただ子供に関することには、前向 [続きを読む]
  • 土曜日の学童と市販ドリルの復習効果
  • 我が家の小1の娘は、小学校入学前の4月1日土曜日から学童に通い始めました。前日まで保育園でぬくぬく生活していて、翌日からいきなり違う環境、そして土曜日なのでいつもの友達も少ない、不安だらけのスタートでした。学童に通うにあたり、筆記を要する学習の用意が毎日必要とのこと。ネットの無料プリントも考えましたが、持ち歩きや期間も考えて市販ドリルを買うことに決めて本屋へ。保育園時代からひらがなカタカナの読み書 [続きを読む]
  • 100円ショップで水回りを整える
  • 「あったら便利」を私は否定しません。あったら便利は心のどこかで必要と思っているのだと思います。あったらいいな、の心の声に従って最近購入した2点。まずは水切りマット。水切りカゴを捨てて、ザルやふきんで代用してきました。もう困って困ってどうしようもないって訳ではありませんでした。でも、やっぱりちょっと食器類や水筒を干せる場所が欲しい、その欲望を満たしたのです。これが本当に重宝しています。何も乗っていな [続きを読む]
  • 工作好きの子供に捨てることを決意させる魔法の言葉
  • 7月に誕生日を迎える娘に、今年も絵本のこぐま社からバースデーカードが届きました。何歳まで届けてくださるのでしょう?最近子供スペースが荒れてるなぁと感じていたので、部屋をきれいにしてから誕生日プレゼントを見に行こう!と二人でせっせと片付け始めました。今回の捨て作業は一切口を出さないしイライラしないと心に決めて、娘の仕分けを見守りました。一番はまっていたプリキュアのおもちゃもいらないと判断し、判断基準 [続きを読む]
  • さすがだな、無印良品の人気商品
  • 今日、職場に行ったら急にこれがありました。これです。泣く子もだまる無印良品のファイルボックス。これまで100円ショップのファイルボックスを使っていたのですが、あまりの惨状をみかねて上の方が買ってきてくれたそうです。私の職場は飲食店なのですが、引き継ぎや発注関係のノートやファイル、その他諸々の書類が100円ショップのファイルボックスに詰め込まれて、バックヤードのカウンターに置かれていました。隙間がないほど [続きを読む]
  • お箸を持たすのを忘れて、子供の忘れ物について考える
  • 平日休みの今日、最近の疲れがたまりすぎていて午前中はゴロゴロしていました。正午近くなって、今日やっておかないと後がきついなーと思って常備菜作りにキッチンに立ちました。そして、ふと目をやった先には娘の学校用のお箸が置きっぱなし!しまった〜!今頃困った顔してるかな…と思いながらも、自分で忘れ物を確認するきっかけにもなるかなぁと考えていました。ママ友の中には置き箸や置きマスクをさせているという話も聞いて [続きを読む]
  • ほったらかしでいい植物を育てるのが一番難しい
  • 花や植物を上手に育てる人を尊敬します。特に家の中の観葉植物。買うときにすでに「枯らさないぞ!」と意気込んでる時点で、育て下手の証拠です。なぜ枯らしてしまうのか、理由はひとつ。「私がムダに真面目だから」自分で言うのもなんですが、スボラで面倒くさがりの割に真面目です。それゆえ、「ほったらかしでいい」ものを扱うのが苦手なのです。ほったらかしにしといて表面が乾いたら水をあげる、これが一番難しい!なんだかも [続きを読む]
  • 新聞屋が配達してくれるカレンダーがお気に入り
  • 我が家愛用のカレンダーは、2ヶ月に1度配達されてきます。そう、新聞屋さんが広告と一緒に折り込んでくれるものです。貼っているのは冷蔵庫側面。やっぱりここが便利ですね。これまで、色んなタイプや大きさのカレンダーを使ってきましたが、どれよりも使いやすい!このカレンダーにしてから、夫が勤務予定だけではなく、お弁当のいらない日や夕食のいらない日まで記入してくれるようになりました。私も料理スケジュールが立てや [続きを読む]
  • あの世に思い出をひとつ持っていくとしたら?
  • ワンダフルライフと言う映画をご存知ですか?死者があの世に行く前に、あの世に持っていきたい思い出をひとつ選びます。そしてそれを映像にして、その映像を見て思い出が鮮明に浮かんできたら成仏する、という内容です。フィクションとノンフィクションが入り雑じった不思議で温かい映画です。この映画を見てから、あの世に思い出を持っていくとしたら、どの思い出かなーとよく考えます。                     [続きを読む]