himajin さん プロフィール

  •  
himajinさん: 暇つぶしオーディオ
ハンドル名himajin さん
ブログタイトル暇つぶしオーディオ
ブログURLhttp://himaaudio.blogspot.jp/
サイト紹介文ヘッドホン・イヤホン中心にレビューしています お暇な方は是非
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 119日(平均2.8回/週) - 参加 2017/01/08 00:00

himajin さんのブログ記事

  • CARBO MEZZO ZH-DX200-CMの購入と第一印象
  • 【CARBO MEZZO購入】というわけで購入してみました。店頭でも軽さ・コンパクトさは際立っています。これで音が良いなら全く文句のつけようがありません。【第一印象】これも例に漏れず若干最初にバーンインが必要なようです。適当に音楽を流して放置しておきました。きしめんの様なケーブルは扱いやすく個人的には気に入りました。ただレビューにもありましたが耳に装着したときにぺこっと音がしますね。音の印象は・刺さる音はな [続きを読む]
  • ZH-DX220-CMのレビューからの音質予測
  • 【新イヤホン購入】ハイレゾと圧縮音源の聞き分けが出来ずに気落ち気味。気を取り直して新しいイヤホンでも買ってみようと思います。今回は試聴無しで適当に評価の高くて安いイヤホンを選定。気になっていたZERO AUDIOさんのCARBO MEZZO ZH-DX220-CMを購入してみようかと思います。【レビュー拾い読み】折角なのでレビューなどであらかじめ音質を予想しておいて、どの程度当たるかを試してみます。適当に拾った情報では・低音は強 [続きを読む]
  • ハイレゾを聴き比べての結論
  • 【ハイレゾの価値】圧縮音と有意な差がある以上、ハイレゾには間違いなく価値があると思います。ネット配信で圧縮音源では満足出来ない層はこれを買うしかありません。CDを買うのと殆ど変わらないコストでCD以上の音質。私もMORAとE-ONKYOに登録してしまいました。こうなると問題はハイレゾ楽曲の少なさですね。とりあえず極力Moraあたりで購入するようにしましょう。【まとめ】高品質な配信の目を積まない為にもハイレゾを全力応 [続きを読む]
  • MDR-CD3000でハイレゾの試聴をしてみました
  • 【MDR-CD3000】手持ちのヘッドホンの中で最も高音がでていそうなヘッドホンを使用してみました。イヤーパッドが劣化していて常用には耐えないMDR-CD3000です。これで駄目なら高音のしっかりしたヘッドホンを探さなければなりません。その他に前回使用していないMDR-7520でも試聴してみました。【ハイレゾの聞き分け】MDR-CD3000ならば多分誰でも聞き分け出来ると思います。圧縮音源は明らかに高音がシャリシャリというかカラカラし [続きを読む]
  • ハイレゾとiTunesの聴き分けを試してみました
  • 【時代はハイレゾ】この記事に感銘を受け、自分でもハイレゾの聞き分けが出来るのか試してみました。音源を持っていないのでiTunesとe-onkyoさんで購入。圧縮音源とハイレゾ、更にマスタリング時点で違うようなので大差があると思います。・使用曲は青空のラプソディ WAVの96kHz/32bit(ボーカル ギター キーボード サンプラー)・使用機器はMacからUDA-1に光接続とUSB接続を両方使用・MDR-Z1000・MDR-Z7・P7を使用【比較試聴】こ [続きを読む]
  • MDR-Z7の音質改善に挑戦
  • 【MDR-Z7の音質】結構な方が購入してから何かが少し違うと感じるZ7の音質。デッドチューニングで響きが薄い、というのが個人的には不満の原因だと思います。リケーブルで音質改善したくなりますが正直あまり効果が薄い。そもそも純正ケーブルもいい音です。【イヤーパッドの外し方】MDR-Z7のイヤーパッドは外れやすい為か下部がネジ止めされています。コレを外してひねるとイヤーパットが外れる構造。MDR-Z1Rですとこのネジはつい [続きを読む]
  • MDR-Z7のケーブル MUC-B12SM1のレビューです
  • 【MDR-Z7のリケーブル】MDR-Z7にはKINBER CABLE社と協力して作成されたケーブルがいくつかあります。アンバランスではMUC-B12SM1がそれにあたり、元のケーブルと違い特徴的な編み構造をしています。【特徴】普通のストレートケーブルと違い、少し癖のつきやすい構造。付属のケーブルが2mなのに対してこれは1.2mで少し短くなっています。長さが短いのは一長一短ですね。嵩張らないのは良いです。【音質】付属のケーブルとは音質 [続きを読む]
  • Image X10のレビューです
  • 【ImageのX10】一時期BA型のイヤホンにはまっていたときに購入したイヤホン。現在では殆ど使っていません。折角持っているので一応感想を。【特徴】シングルBA型のイヤホンとして最小レベルの細身のイヤホンです。軽くて装着感は良。イヤーピースも楕円型でフィット感も良いです。【音質】シングルBAらしい音域の狭い音。低音はBA型としては量感が多いように感じます。ただ中高音・高音が特に弱い。【まとめ】シングルBAの限界を感 [続きを読む]
  • MDR-Z1000とP7の簡単な比較をしてみました
  • 【P7とZ1000】価格の近い2機種なので、購入のときに比較対象になることもあるでしょう。折角両機種揃っていますので比較をしてみました。【装着感】Z1000はオーソドックス。P7はイヤーパッドが特殊で若干側圧が強い傾向です。重量もZ1000が軽く、長時間の使用ではZ1000に軍配です。【保守性】両方リケーブル可能でイヤーパットも交換可能。ケーブルとイヤーパッドの値段もほぼ同じ位です。P7が海外製品であることを考えるとやはり [続きを読む]
  • B&Wヘッドホン P7のレビューです
  • 【B&Wのヘッドホン】ノーチラスで有名なB&Wのヘッドホン。ヘッドアーム部のネジリが非常に素敵な逸品です。B&Wは2016年に韓国のメーカーに買収されてしまったようです。前体制での最後のモデルといえるかもしれませんね。【特徴】折りたためるので携帯性は高め。音漏れも少なく小型なので外でも使えるヘッドホンかもしれません。装着感も悪くなく、ケーブルも交換可能なので保守性も良いと思います。ただ海外製品なのでパーツは割 [続きを読む]
  • 高音質と話題のAIR MAC EXPRESSを購入&ファーストインプレッション
  • 【ヘッドホンアンプとして】AIRMACが相当音が良いらしいと幾つかのブログで拝見しました。丁度MACも持っていますのでこれは買わざるえません。【ファーストインプレッション】間違いなくMAC+iTunesの専用機ですね。他の使い方では2秒ほどの遅延があり、まともに使うことが出来ません。Windows機も所有していますがMACと接続した場合とあまりに音質が違いオススメできません。MAC+iTunes+有線での使用が最も高音質でした。手持ちのP [続きを読む]
  • 高音質USBケーブル DH-AB20を購入&レビュー
  • 【エレコムの高音質USBケーブル】一本長目のUSBケーブルが必要になったので、良さそうな物を物色。エレコムさんからまさかの高音質USBケーブルが発売されていたので購入してみました。商品ページはこちらデジタルケーブルで音質が変わる理屈がどうしても理解できないのですが、ケーブルとしての質は良さそうです。【音質チェック】機材はiMac+UDA-1です。付属のケーブルと比較してみました。・・・クリアな音になってる様な、なっ [続きを読む]
  • ポータブルアンプLHP-AHR192のレビューです
  • AHR192 シルバーモデル【アンプの評価】ヘッドホンを替えるのと違い最近のアンプは余程ひどい作りでないと差を感じるのが難しいです。低音域は殆ど差がなく、ノイズ対策のローパスフィルタの強度の差で高音が違う位に感じます。ヘッドホンとの相性もありますし音質の評価は話半分で。【質感など】この製品は写真では光沢を余り感じられずプラスチックの様ですが実はオールアルミのリッチな構造です。手に持った質感も硬質でひんや [続きを読む]
  • ポータブルアンプ&イヤホン LHP-CHR192SVを購入しました
  • 購入のきっかけもう単純に値段です。ヨドバシさんやアマゾンさんのような大手で凄い価格で販売されています。衝動買いするには丁度良いプライス。CHR192はイヤホンが付属しているモデルなのですが、これがエレコムのCH2000の互換品のようです。確かに見た目も構造もソックリ。アンプと合わせてのコストパフォーマンスはあり得ないですね。エレコムさんからはAndroid用の同じアンプがでていますが、こちらは評判がよろしくない様子 [続きを読む]
  • P7の使用一週間のレビュー
  • P7【使用1週間の雑感】P7を購入して一週間が経ちました。音質的にはもう変化が無いであろうということで一旦感想を。【装着感】装着感は今のところ微妙。まだ側圧が強いのでもう少し使い込めば違うと思います。重量290gは重いと感じるかのギリギリですね。軽いということは無いですが重いということもありません。正直に言うともう少し軽いほうが良いかも。【音質】最初に感じていた刺さりはほぼなくなり落ち着いた音に。バーンイ [続きを読む]
  • P7の購入とファーストインプレッション
  • P7 外箱【P7を購入】迷いましたが結局P7のノーマルを購入。見た目の良さには勝てませんでした。ただMM400だけは最後まで気になっていたので、そのうち購入してしまうかもしれません。【ファーストインプレンション】価格コムさんのレビューで知っていましたが、確かに最初の音はイマイチ。サ行がキツイといえるレベルで低音も妙な響きです。この音が変化しないならば売却を決意するレベルですしバーンインに期待しましょう。見た目 [続きを読む]
  • 2017年お気に入りヘッドホンを探す その3
  • 【2機種に絞り込み】・P7・AH-MM400今回はこの2機種に決めました。MDR-1000Xはワイヤレス・ノイズキャンセルが必要なら間違いなく最高の機種ですが、とりあえず必要ないので今回は選外。P7とAH-MM400はどちらも良いヘッドホンです。P7の方が見た目が好みなのですが、MM400のコスパの良さも魅力。とりあえずもう少し掘り下げてこの2機種を見てみましょう。【P7の考察】調べていてわかったのですが、この機種はもしかしてもうディ [続きを読む]
  • オーディオに最適な冷暖房を考える
  • 【オーディオ的な冷暖房】オーディオはあくまで部屋で楽しむものなので空調はかかせません。ですが冷暖房機器には大抵雑音が付き物。これではピュアな音質は楽しめないというものです。実際昔にFFTアナライザで波形をとっていたことがあるのですが、どの機器を測っても同じ妙なピークがでていました。色々原因を探ったのですが結局エアコンのファンの音が乗っていた苦い思い出があります。【冬場の暖房】エアコンはオーソドックス [続きを読む]
  • 2017年のお気にいりヘッドホンを探す その2
  • 【ヘッドホン試聴編】オーディオテクニカA2000Zは私には高音がきつい&低音が弱いで選外。逆に下位モデルのA1000Zが驚くほどバランスが良く好みでした。重量も軽いですしA1000Zは正直ちょっと欲しいですね。B&W正直P7一択な気がします。見た目もお気に入り。ワイヤレスよりノーマルの方が音が良いらしい?JVC重量も少し重いですし音質的にも好みでありませんでした。ただウッドモデルは好きなので次回作に期待します。HA-MX100-Zは [続きを読む]
  • MDR-Z1000の音質の考察
  • 【MDR-Z1000の測定データ】以下が公開されている周波数特性のグラフです。SONOVEさんの測定結果mimimanoさんの測定結果他にも公開されているところはたくさんありますが概ねこのような特性です。特に気になるのは4kHz〜5kHz辺りが落ち込んでいることですね。【ヘッドホン難聴の危険性】騒音性難聴は一般に4kHz〜5kHzから起こりやすいとされています。特に5kHz帯を85dB以上で聞き続けるとリスクが高い様です。難しい話はネットで [続きを読む]
  • 2017年のお気に入りヘッドホンを探す その1
  • 【ヘッドホンの選定編】一応オーディオブログなので機器の追加をせねばなりません。新しい機材を買い直すと手持ちの音源を聞き直せて楽しいのは間違いないです。とりあえず条件としては・密閉型・軽量・高音質・フィット感良し・On Earは無し・できれば値段の方もそこそこのような感じでしょうか。「おすすめ ヘッドホン 密閉」でGOOGLEさんにお伺いをたてたり、日本の誇る買い物サイトさんで検索して選定した結果が以下。【気に [続きを読む]
  • 密閉型?開放型?特徴と違いについて
  • 【ヘッドホンの構造】ヘッドホンはハウジングの構造で密閉型(クローズド)と開放型(オープン)という種類があります。密閉型 ・音漏れが少ない・環境音に強い・音が抜けない為に音の反射が複雑・低音は強い開放型・音漏れが多い・環境音に弱い・音が抜けるため反射をほぼ無視出来る・低音は弱め【非常に大雑把な説明】簡単に言えば締め切った部屋と屋外のような違いです。締め切った部屋ではコンサートホールのように部屋自体の [続きを読む]
  • MDR-1AのイヤーパッドをLimitedと交換してみました
  • 【MDR-1Aのリパッド】リパッドという言葉が正しいかはわかりませんがイヤーパッド交換は長いので短縮してみました。黒のLimitedのイヤーパッドは一応ノーマル1A(若干の問題有り。左右が逆?)に付けられるようです。ソニーさんの部品取り寄せで注文することが可能でした。【装着感と音質】左Limited 右ノーマル若干内側の穴のサイズが縦長になり横幅が若干小さくなっています。見て分かる通りイヤーパッドに通気穴が開いている [続きを読む]
  • 太陽誘電マスターCDRを購入してみました
  • 【高音質CDR】前回せっかく調べてみたので太陽誘電マスターCDR-74MYを注文してみました。安定感に定評がある一品のようです。なんと裏側がシールドされています。これを剥がしてから焼き込むというあり得ない品質です。正直高かったですが割と満足感がこの時点でありました。【早速作成&比較】4倍速ですがディスクのコピーを作成して聴き比べてみました。流石にそんな差はないだろうと思っていましたが、少しだけ高音が綺麗なよう [続きを読む]
  • 今でも購入できる?高音質CDRメディア
  • 【高音質CDRの種類】昔CDRメディアが全盛期の時には色々な高音質ディスクが販売されていました。最近は太陽誘電が撤退するなど完全に斜陽の産業かもしれません。そこで今でも購入出来る高音質CDRメディアを調べてみました。・太陽誘電 CDR-A80GP5・TDK CD-RHC80PWCX10A・太陽誘電 CDR-74MY10P ・mobile fidelity MFSL24K・三菱化学 MUR74GT1こんな所でしょうか。一枚400〜1200円ぐらいのようです。【購入予定】最近は手持ちのC [続きを読む]