カセン さん プロフィール

  •  
カセンさん: ウインナーコーヒーとアニメと私
ハンドル名カセン さん
ブログタイトルウインナーコーヒーとアニメと私
ブログURLhttp://ameblo.jp/en-kasen/
サイト紹介文見たアニメの感想など書いています。時々コーヒーやニコ動など書いてたり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 79日(平均3.9回/週) - 参加 2017/01/08 10:12

カセン さんのブログ記事

  • 第274話『よんでますよ、アザゼルさん。 』
  • 実に酷いアニメだった(誉め言葉)。原作は漫画。善人とは言い難い人間と、性悪悪魔が繰り広げる騒動を描いたギャグ漫画である。15分アニメで一期、二期ともに全13話+OVA探偵事務所をやっている人が悪魔使いでキャラの濃い悪魔が出てくるお話です(ざっくり)。ブラックジョーク、下ネタ、悪ノリ、下品な類が苦手な人には絶対にオススメできませんね。色々と完全にアウトな作品ですがテンポのよさとキャラ同士の掛け合いがよく [続きを読む]
  • 第273話『モブサイコ100』
  • 松茸EDはさすがに誰も予想していなかっただろうよ。原作は漫画。「ワンパンマン」の作者ですね。ちなみにアニメの「ワンパンマン」は個人的に気に入らなかったのでブログには書きません(原作は好きです)。超能力を持つが素朴に生きる少年が主人公の物語。完成度が高く、抜かりなく面白かったです。超能力のバトルうんぬんよりすごくいい話だった。尻上がりに面白くなっていく作品なので一話で切った人はもったいないです。最終 [続きを読む]
  • 第271話『Z.O.E 2167 IDOLO』
  • アニメのタイトルには見えない件。ゲーム『Z.O.E』と同時に発売された一時間くらいのOVA。いつものサンライズでお得意のロボットアニメです。パイロットであるラダム・レヴァンスを主人公に、史上初のオービタルフレーム(以下OF)・イドロの開発とそれに関わるダイモス事件について扱った作品。このダイモス事件は、「Z.O.E. Dolores,i」(次のブログで書きます)のストーリー展開に対する伏線となっている(wikiより抜粋)。も [続きを読む]
  • 第270話『文豪ストレイドッグス』
  • 33-4原作は漫画。未読。全24話。太宰治、芥川龍之介、中島敦といった文豪の名前がキャラクター化された使いつくされたありきたりの異能力バトル、若干の探偵もの。文豪の名前を借りるならば作画が合っていない違和感がすごくて。正直、一話でドン引きして見続けるか悩みました。まぁ制作サイドがそーゆーコンセプトらしいので仕方ない。名前とか技名を気にしなければしっかりしたシナリオです(つまり気にしたら負け)。バトル [続きを読む]
  • 第269話『銀色の髪のアギト』
  • OPだけ見返したくなるアニメ。GONZO制作の1時間半のアニメ映画。ストーリーは・・・ざっくり例えていうとSFの入ったもののけ姫みたいな感じ。最高でした、OPが。一時間半でやるにはもったいないアニメ。展開早すぎィ!!テーマも描き切れてない。せめて1クールで見たかった。もっとじっくり見たかった。本当はかなり深い話だと思います。評価は滅茶苦茶悪いですが1クールだったらきっと神アニメ。もったいない。本当にもったい [続きを読む]
  • 第268話『エアマスター』
  • 原作は漫画。全27話。女子高校生が主人公の格闘漫画です。ストリートファイトです。喧嘩です。全然違うけど例えるなら「女性版グラップラー刃牙」といったところ(全然違うけど)。アニメで初見の人はまず作画に驚くだろうな。ちょいちょいはいるシュールなギャグがこれまた実に面白い。BLあり百合あり普通の恋愛ありで戦いたいからひたすら戦う、そんな作品。格闘アニメなのに格闘シーン [続きを読む]
  • 第267話『ドルアーガの塔 』
  • 懐かしいアニメばんばんいくよ!原作は鬼畜ゲーといわれるほど有名なゲーム。GONZO作品でラストエグザイルと同じ監督さんです。ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜(一期)全12話ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜(二期)全12話ドルアーガを倒しにパーティーを集めて塔にのぼるというファンタジー&ギャグ。一 話 が 全 て。このやりたい放題の一話で全てが決まる気がする。私は好きです。もう一話だけ見返したい [続きを読む]
  • 第266話『銀河英雄伝説』
  • 今年放送の「新アニメプロジェクト」とやらが始まる前に書けて良かった。IGが不穏な動きを見せているがさてどうなることやら。原作は田中芳樹先生のSF小説。ストーリーとかいいよね、みんな知ってるよね。本伝110話、外伝52話、劇場版3作。長い。全部見るのに1年半以上かかりましたよ、と(ちなみにメジャーは一週間)。長いのもあるけど仕事が終わって帰ってから見ると寝落ちしちゃうんだよねこのアニメ。面白いのはわか [続きを読む]
  • 第265話『ラストエグザイル-銀翼のファム-』
  • あまり思い入れのないアニメなので殴り書きです。私が深夜アニメにハマったきっかけとなった神アニメの中の神アニメ「LASTEXILE」の続編。全24話。前作の「LASTEXILE」はもう何周見たかもわからないくらい好きすぎてやばいアニメです。見てない人は絶対に見てほしい。オススメ中のオススメです。このアニメは前作の主要キャラがまるっとかわり前作のキャラもちょいちょい出てくる2年後の世界のお話。ダメになったGONZOの作品で [続きを読む]
  • 第264話『もっけ』
  • 原作アフタヌーンで外れはないと思っている。  原作は漫画。全26話で一話完結。『もっけ』とは勿怪のこと。勿怪が見える姉・静流(しずる)と勿怪に憑かれやすい妹・瑞生(みずき)の姉妹が、妖怪絡みの事件を拝み屋を副業にしている祖父の助力と助言で乗り越えながら、少しずつ成長していくお話。あ、ハイ、超マイナーなアニメですよね。知ってた。本当は古いアニメと2016年のアニメを刻んでブログにのせていきたいのはやま [続きを読む]
  • 第263話『チア男子』
  • 作画、崩壊するってよ。原作は小説。部活物。1クールだと短い感じがするけど2クールだと長いような。大分ご都合主義ですべってる感が見てて若干恥ずかしいけどこーゆー部活物の熱いやつは基本的に好きです。中盤あれこれあったので大会シーンに気合い入ってんのかなっ!と結構最終回に期待していたんだけどそんなに動かないうえに容赦なく回想シーンがはいってきよる。おいおい俺のワクワクを返してくれよ。16人がそれぞれの課 [続きを読む]
  • 第262話『RAINBOW 二舎六房の七人』
  • 「番組中の過激なシーンは時代性を考慮した上で重要であると考えております」いきなりこの文章から始まるこのアニメ。原作は漫画。全26話。昭和30年(1955年)、罪を犯し「湘南特別少年院」・二舎六房に堕ちた6人の男たちがいた。彼らは同房にいた年上の「アンチャン」の教えを胸に、出所後、望まないのに向かってくる少年院、世間に満ちた苦しみ、不条理などと向き合い、力強くそれぞれの人生を生きていく様を描く。番組冒頭に [続きを読む]
  • 第261話『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』
  • 原作はゲーム。全25話。そもそも原作のゲームFateには3つの√があって(ヒロインが3人いると思ってください)前ブログに書いたstay night(無印)はセイバー√このUBWは遠坂凛√です。この作品は第五次聖杯戦争をセイバー√とは違った視点で展開していきます。まぁ、ぶっちゃけ(無印)と初めはほぼ一緒です。正確には作り直しではないんだけどもう作り直しでいいよ。(無印)とは比べ物にならないクオリティです。素直に感動 [続きを読む]
  • 第260話『ニンジャスレイヤー』
  • アイエエエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?というセリフがもっとも有名。私もニコニコ動画で「アイエエエエ!ニンジャ!」のコメントを見て知った身。このアニメ、元ネタ()を知らない人は一話で切るんじゃないかと不安だったけどそんなことはなかった。ざっくりいうとアメリカ人原作日本人翻訳のツイッター小説。アニメ化!を知って歓喜したのは私だけではないはず。15分アニメで全26話。近未来の日本を舞台にしたサイ [続きを読む]
  • 第259話『GTO』
  • 久々に長いブログです。原作は漫画。全43話。東京都武蔵野市・吉祥寺を舞台に、学校法人・東京吉祥学苑の教師に着任した元湘南の走り屋である鬼塚英吉が、学園全体に巣食う数々の問題を型破りな方法で解決し、活躍する姿を描いた学園漫画。現代の社会問題や教育問題を多く取り扱っているのが特徴。「GTO」はGreat Teacher Onizuka(グレート ティーチャー オニヅカ)の頭文字を取ったもの。当時原作が未完だったためアニメは沖 [続きを読む]
  • 第256話『しおんの王』
  • 将棋こわい。原作は漫画。全22話。将棋です。部活じゃありません。初めにいっておくと「将棋」というくくりなら、「3月のライオン」より「しおんの王」のほうが100倍面白いと思います。個人的にはかなりオススメです。ただし作画を気にしたら負けです。ヒカルの碁のようにルールーが分からない人でも楽しめるようになっており実際にある「女流棋士」という差別の問題もチラホラ出てきている。サスペンス将棋アニメです。幼 [続きを読む]
  • 第255話『セイクリッドセブン』
  • とっても眠いです。オリジナルアニメ。サンライズです。変身ヒーロー(&いつものロボット要素少し有)です。まず真っ先に思ったのは聖 闘 士 星 矢それはさておきバリバリの王道です。1クールじゃ短い。2クールの内容だったと思う。劇場版もあるけど。終始駆け足で物足りない。戦闘シーンが雑っ!!!てか色々雑!!!もうサンライズの王道は書くのはやめようと思っていたんだけどなんで書いたかってーとまずキャラデザが [続きを読む]
  • 第254話『だがしかし』
  • キャベツ太郎が好きです。原作は漫画。ほのぼの日常、駄菓子アニメ。主人公に駄菓子屋をつがせるという名目でひたすら駄菓子の紹介とうんちくがあり、ひたすら駄菓子が食べたくなる作品。例えるならストーリー性のあまりない「もやしもん」駄菓子バージョンみたいな。キャラデザよし。若干のエロ要素あり。何が面白いと聞かれたらなんだろうと思うけど個人的には好きですね。ぼけーっと見られる良いアニメです。一歩間違えれば「 [続きを読む]
  • 第253話『魔法少女育成計画』
  • ここまでの話は原作1巻なので続きは原作を読んでね!or円盤売れたら二期よろしく!END原作はラノベ。16人の魔法少女による生き残り合戦。こーゆー残酷なサバイバル系の作品は好きです。心がすさんでますね。以下私の辛口評価↓見たくない人は 「行ってよし」主人公の性格が無理。受け付けない。キャラデザはまぁまぁ。戦闘シーンもうちょいがんばれ。強引すぎる展開。不自然な点がありすぎる。各キャラの心理描写が中途半端なの [続きを読む]
  • 第252話『ベン・トー』
  • 思ったほど飯テロアニメじゃなかった。原作はラノベ。半額弁当の購入を巡って、閉店間際のスーパーマーケットで毎晩のように超人的なバトルや駆け引きが行われているという半額弁当争奪戦のお話。かなり斬新な設定ですね。こーゆーしょーもなくてバカバカしい茶番作品は好きです。バトルシーンの無駄にかっこいいBGMと描写はめっちゃ良かったと思います。無駄にかっこいいBGM↓このBGM結構気に入ってます。バトルっつーか半額にな [続きを読む]
  • 第251話『ユーリ!!!on ICE』
  • 2016年秋アニメの感想はほぼほぼ辛口です。オリジナルアニメ。フィギュアスケートの話。ある意味想像通りの展開で期待通りの期待外れ。王道展開、腐要素があざとい。やりたいことはわかるし普通に面白いと思う。スケートシーンに気合いがはいっているのはよくわかる。そこは本当によかった。アニメとしてのクオリティは高いのでそこだけでも見る価値はある作品だと思う。作画もいい。ただ、圧倒的な尺不足。テンポが悪い。もっと [続きを読む]