Sumin さん プロフィール

  •  
Suminさん: かたすみで。
ハンドル名Sumin さん
ブログタイトルかたすみで。
ブログURLhttp://sumins.blog.fc2.com/
サイト紹介文発達障害(2015年診断)、統合失調感情障害(2005年診断)、PTSD、摂食障害、愛着障害etc.
自由文考えすぎた時、落ち込んだ時、沈んだ時、憂鬱な時に書くと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 249日(平均3.1回/週) - 参加 2017/01/08 20:41

Sumin さんのブログ記事

  • だらだら日記。
  • 短い間にだーっと記事を書いた。書き始めると止まらなくなる。だーっと書いて休憩に入る。いつもそんな感じだ。吐き出しては安心する。今日は診察に行ってきた。もう会えないかもしれないと思っていた病棟の男友達Tとも会った。まさかの再会。嬉しかった。夜、病棟に電話してプライマリ看護師さんと話した。「声が聞きたかったのー」なんて言って。色々と報告した。安心した。でも色々まだ書きたい。最近ちゃんと早い時間に就薬を [続きを読む]
  • 焦る再婚。
  • 娘が将来結婚するに当たって、早く再婚した方がいいのではないかと焦る。統合失調感情障害と発達障害でひとり親の娘に対して、どんな親が結婚に賛成してくれるだろうか。私も支えてくれる人がいたらいいなと思うし、娘も高校生になってからは再婚に賛成してくれるようになった。ただ、娘の条件は「お金持ち」・・・現実的だ。私の場合は障害を理解してくれる人。両方あるに越した事はないけれど。娘が小学生の時にお見合いをしたイ [続きを読む]
  • 死にたい気持ちが分からない子も。
  • ハートネットTVの『#8月31日の夜に』を観ていてふと思った。娘って死にたい子の気持ちが分からないんだなって。それを悲しむのもおかしいとは思う。今まで『死にたい』と思わないでいてくれたという事だから。娘と先日喧嘩して取っ組み合いになり、腕に大きなあざができた。そしてその後にLINEが来た。「死ぬ」って。家を見に行ったら娘がベランダをうろうろしていた。それで私は死ぬ訳がないと静観して話をすると、「ママの真似を [続きを読む]
  • 人の悪口を言わない約束。
  • 私は学生の頃から友達に「Sumi絶対ひとの悪口言わないよね。」と言われていた。人の悪口を言わなくなった理由が私の中でそれなりにあったのだけど、今は理由を忘れてマイルールとして定着してしまっている。私が尊敬する人達もそうしている方が多いように思うから、ルール違反はやめようと思ったりもする。でもある日疑った。人の悪口を言わないからストレスが溜まるのでは?と。なんだろう。昔の私に聞きたい。なぜそうするように [続きを読む]
  • 別れてからが大切。
  • 今日は作業所で1名のスタッフと1名の利用者さんが職場を離れた。とても感受性が豊かで優しいOちゃんはひとり号泣。職場を離れたS君とは病院が一緒なので、帰り際に「外来でね!」と言ってハイタッチをした。心理士Nさんとの別れで感じたのは、『大切なのは別れてからだ』という事。別れは勿論痛く辛い。でも、そこには得るものが沢山ある。勿論、後悔もある。『あの時にこう伝えていれば良かった』というのが私の場合は多い。で [続きを読む]
  • 心理士Nさんへの返事のない手紙。1
  • Nさんと再会したB病院を退院して、元の病院に戻った。あれから1年以上が過ぎた今もNさんの事を忘れていない。その後も何度か元の病院に入院している。Nさんと再会する前の入院の事だった。ある日病棟のパパが言った。「LINEに『N●●●』っていう名前があったからLINE送ってみようか。」と。「え?知ってるの?知ってるの?」と私。なんだかまだ繋がっているようで興奮してしまった。『そういえばNさん言ってたな・・・。』とふと [続きを読む]
  • 心理士Nさんとの再会。4
  • 退院の日が刻々と近づいて来る。後半、私は今までの悪い出来事を全てと言って良い程に書き綴ってNさんに渡した。後日NさんはS.Nちゃんといるホールのテーブルにやって来た。「Sumiさん・・・。」心配したような表情でNさんは私に呼び掛けた。私はあまりにも酷い内容の出来事を書き綴った後の事だったので、Nさんと目を合わせるのも気まずくて、わざとS.Nちゃんに話しかけた。Nさんは「もう。」と言って、何かを話したかった [続きを読む]
  • 心理士Nさんとの再会。3
  • 入院中、同年代の患者さん達と仲良くなった。私達の先生は女医さんだったので、S.Nちゃんは「除菌が出来−るジョイ」と言って私を笑わせた。私はそれが気に入って「除菌が出来る人が来たー。」と言って、S.Nちゃんに「ジョイっ」と何度も言わせた。作業療法士のAさんは私の元の病院に居たことがあると言っていた。AさんやNさんと私の元の病院の事を話すと、S.Nちゃんは怖がっていた。なにせ閉鎖病棟の患者さん達の症状 [続きを読む]
  • 心理士Nさんとの再会。2
  • B病院に入院した3週間弱の間、私はNさんに昔のように手紙を書いた。Nさんは確か最初、手紙を受け取らなかったと思う。怒って手紙を投げて「ちゃんと渡して下さい。」と叱るように言われた事があった。私はまた不貞腐れていたのを覚えている。私が怒って顔も向けない事もあった。「手紙を書いてもいいです。」と真剣な表情で言われ、私はまだNさんに伝えていなかった事を書き綴り渡した。「Nさんはわたしのお姉ちゃんなの」と [続きを読む]
  • 心理士Nさんとの再会。1
  • まだどこにも記していない曖昧な記憶を今の内に一気に記しておこう。去年、私は心理士Nさんと再会した。片道約3時間。私は、彼女の元へ行った。それはNさんと離れ離れになってから丁度1年後の月だった。病棟主治医は、心理士Nさんの居る病院へ行きたいと私が何度も訴え、飲んで紹介状を書いてくれた。そして、Nさんの居るB病院の初診予約も取り、ついに初診日がやって来た。B病院に向かい私は精神科のM先生の診察を受けた [続きを読む]
  • 心理士Nさんへの依存と別れ、そして隔離。
  • 小さい頃のトラウマを初めて、そして唯一、打ち明けていた心理士Nさんに私は完全に依存し退行していた。彼女が居なくなる数週間前、私は歩けない程の目まいとふら付きにより救急車で病院に運ばれた。私はもう心理士Nさんは病院に居ないものだと思い込んでいた。目まいとふら付きで吐き気がして、感染症の疑いもあるという事で個室になり、そこで嘔吐した。(結果、感染症ではなかった。)点滴を受けながら顏馴染みの副看護師長さ [続きを読む]
  • かさぶたを剥がしかけた。
  • ブログ村の「PTSD・トラウマ 」カテゴリーに参加してみた。自分のブログにも「PTSD・トラウマ 」のカテゴリも作った。たったこれだけで、具合が悪くなるとは思ってもみなかった。頓服に頼ろうと思ったけれど、どうにか思考を転換する事で乗り越えた。やはりあまり思い出さない方良いのだろうか。小学1年生の時に真っ暗な倉庫の中で何かをされている時、私は殺されていると思っていた。「殺す」と言われて連れて行かれたからだろう [続きを読む]
  • 性被害を初めて打ち明けた人。
  • 「性被害について。」の記事を書いた後、私はまずこれを書き足す事にした。悲しい、苦しいを少し通り越した。この出来事を初めて他人に告白したのは3年前の事。病院の臨床心理士さんにだった。彼女は言ってくれた。「私の妹だったらぼっこぼこにしていたわ!」って。彼女は心理士らしからぬ程に感情を込めてくれる人だった。彼女は私の秘密を知っているたった一人の人間で、私は彼女以外にこの事を話すつもりはなかった。1年後、 [続きを読む]
  • 性被害について。
  • 人に知られたくない事がある。誰にも言えない事がある。だから匿名で記事を書こう。これを打ちながら動機がしてくる。一言だけ書こうか。私が小学1年生の時に見知らぬ男性から倉庫に連れて行かれた事を。これについて精神療法を受けた事についてはまた書けるだろうか。退行する事についてもいつか書けるだろうか。 [続きを読む]
  • 「自分の世話は自分でする」のと「自分で自分をよしよしする」
  • 最近、ネガティブになることが少なくて、こちらに書くことがあまりなくなってしまった。落ち込んでも、まあそれでも、2日くらい寝込んでしまうけれど、持ち直すのが以前よりぐんと早くなった。入院中に病棟主治医からこんな事を言われた。「ひとのお世話はよく出来るのに、自分の世話ができませんね。」って。それ以来、どうやったら出来るのだろうかと考えあぐねていたけれど、解答は出ない。ただ、ネガティブになった時に、「自 [続きを読む]
  • 退院してきました。今回学んだ事など。
  • 入院で度々一緒になる友達がいます。病棟で話すだけで、退院したら外では会うことはない友達。病棟でそういう友達と共に生活する濃密な時間は、何事にも代え難いもの。精神科で出逢って、一緒に過ごす間に心の動きをお互い一緒に観察するのです。苛々する感情、死にたくなる感情、嫉妬する感情・・・・・。お互いにどうそのネガティブな感情を攻略するか。対戦ゲームのようにお互いに問答し合います。もちろん対戦ゲームなので、自 [続きを読む]
  • 入院生活。
  • 4月中旬から体調を壊して、只今、入院中です。毎年のように同じ時期に入院する友人に、歌詞を耳コピしては、手紙として渡しています。その中でも、この曲は閉鎖病棟でiPodを着けた私の耳に特別響く歌。時々、患者さんが理不尽に扱われているような出来事を見る度に、この歌の歌詞は、私の心に更に強く響き渡ります。「××××扱いされた日々」。はっきりとは聞こえませんが、私の憶測として、耳に止まるフレーズ。そう、×××× [続きを読む]
  • 何も書けない状態に。
  • ここの所、体も頭もパンパンになってブログを書けなかった。何かがあると、一点にしか集中出来ない。複数の事を同時に進める事が出来ない。就業が決まったと同時に、もう仕事の事で頭がいっぱいになっているし、別件で体力も頭も使わなければならない事があって、もう、ギブアップしそうになってしまう。ただ、責任というものがあるからどうにかこなしている状態だ。こうやって久しぶりにブログを書くのも、少しだけ余裕が出来たか [続きを読む]
  • 面接、訪問看護、診察、ダイエット、点滴。
  • まずは、面接、合格。就職決定。最初は、週3日勤務から。よかったぁ。ひとまず安心。訪問看護。眠前の薬が3日分残っていて、調整。いつなぜ、飲み忘れたのか不明。ぼーっとしてるなぁ。診察。面接の報告などをした。そして、診察の帰り。運転が出来ないくらいに目まいがしたので、点滴を打ってもらって帰った。原因は、急激な減量だったかもしれない、という事だった。いつも私の過食やダイエットでの減量は極端。3,4週間で4 [続きを読む]
  • NHKハートネットのツイート(ツイート4つ追加3/10)
  • ★放送予定WEB連動企画“チエノバ” 「親が“こころの病気”です―精神疾患の親を持つ子ども―(仮)」生放送 4月6日(木)夜8時/再放送 4月13日(木)昼1時5分【 募集中 】4月の“チエノバ”では、精神疾患のある親に育てられた当事者の声を募集し、番組で取り上げます。「大人になってから、こんなことで苦しんだ(苦しんでいる)」など、体験談・メッセージをお寄せください https://t.co/nvAuv33cmN #NHK #チエノ [続きを読む]
  • 今日は面接。
  • 一昨日、ハローワークへ行き、作業所の紹介状を頂いた。その後、相談事業所の相談員さんに連絡を取って、面接の日時が決定。いつも、翌日の朝に気になる事があると眠れない。昨夜から今朝まで徹夜してしまった。履歴書も誤字脱字で、6枚目にしてやっと書き終えた。それでも、自分の字に納得がいかない。何度繰り返しても仕方がないので、もう諦めて、自分の文字(とめはらい)が気に入らなくても持っていこう。今後、どうなってい [続きを読む]
  • 週末のこと。(恥ずかしい、知られたくない。)
  • 前の記事への追加分。【 募集中 】4月の“チエノバ”では、精神疾患のある親に育てられた当事者の声を募集し、取り上げます。「恥ずかしい、知られたくない、誰にも相談できないと思い苦しかった」など、体験談・メッセージをお寄せください https://t.co/nvAuv33cmN #NHK #チエノバ— NHKハートネット (@nhk_heart) 2017年3月4日週末は娘と過ごした。一緒に食事をしながら娘の友達の事などを話していたら、娘が「Jちゃんの [続きを読む]
  • 「本が欲しい」
  • 最近、直面するのは、娘の大学進学に関する悩みだ。娘は私立の中高一貫校に通っていて、県内の私立では偏差値が一番高い高校という関係上にあってか、娘は良く勉強もするし、進学先のレベル(偏差値で大学をレベル別けしたくないけれど。)も高い。その分、プレッシャーがかなり掛っているようだ。私は進学に関して、どうこう言わない事にしている。ただ、情報を仕入れてあげる事くらいだ。これは教育方針と言っていいのか、娘を教 [続きを読む]
  • 心を鬼に。
  • 今日は、姉が旅行へ行く日で、結局、空港まで送らなかった。約束を破った事は恥じるべきかもしれない。でも、姉の我儘にもいい加減我慢がならなかった。家族の愚痴ばかりを書いている私は、愚痴しか言えない心の狭い人間なのかもしれない。ただ、心を広くするというのは、とても難しい。私は、魔の2歳児やギャングエイジならぬ、これは何だろう・・・。こんな歳になって。自分で言うのもどうかと思うけれど、私は今まで、家族に対 [続きを読む]