Sumin さん プロフィール

  •  
Suminさん: かたすみで。
ハンドル名Sumin さん
ブログタイトルかたすみで。
ブログURLhttp://sumins.blog.fc2.com/
サイト紹介文発達障害(2015年診断)、失調感情障害(2005年診断)、躁鬱、その他いろいろ。
自由文考えすぎた時、落ち込んだ時、沈んだ時、憂鬱な時に書くと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 46日(平均13.1回/週) - 参加 2017/01/08 20:41

Sumin さんのブログ記事

  • 為す術を失う。
  • いつの日からか、大人になってからか、発達障害と分かってからか、言い返せなくなった。発達障害が分かってから、というのは大きいと思う。発達障害が発覚する前までは、反論することもあったと思う。しかし、私の思考能力の欠如、私の理解能力の不足、それを一旦自分で認めてしまうと、何もかもが、その私の思考、理解の能力欠如、不足だと思ってしまうようになった。発達障害も告知されなければまだ自信を持って反論出来たかもし [続きを読む]
  • 駄目かな・・・。
  • 一昨日は、お腹を痛めて早退し、今日は我が家で朝からてんやわんやで、仕事を休んだ。出勤する前に、祖母がベッドから落っこちたのだ。ベッドの上に乗っけて、という祖母をどうにか祖父とベッドに乗っけるやいなや、今からお風呂に入りにいく、と言う始末・・・。ベッドから落ちたのは、1回や2回の話ではない。とうとう仕事を休まずを得なくなった。すると、私の頭の中の方がパニックだ。もう、こんな事では仕事に行けない、と。 [続きを読む]
  • 事実に意味などない。
  • 先月、元夫の振り込みが遅く、家計のピンチに遭って、ついに元夫にメールをした。すると、「今日、振り込みました。」と元夫からメールが来て、「ありがとう、良かった。〇〇(娘)の病院代が払える。」と私が送った。そしたら、「どういう意味?」とまたメールが・・・。「どういう意味?」???この内容の意味が分からない。事実を伝えたし、主語に「私が」払える、と書かなければいけなかっただろうか。でも、これは伝わってい [続きを読む]
  • 今日の診察。
  • 今日は1週間ぶりの診察。とても混み合っていた。後ろに待っている人が沢山いたから、こりゃゆっくり話せないな、と思って、また来週に、と言って、4,5分で切り上げてきた。診察では、拒食をしていること、絵を描くアイデアがもう既に尽きたこと、何だっけ・・・そんな短い話だけをしてきた。先生の話も上の空。拒食については、そんなに痩せなくていいから(?)と言われたような言われていないような。絵については、最初はそ [続きを読む]
  • 今週の仕事始め。
  • 昨日は、今週の仕事始めだった。今週からは実習が、月・水・金の週3回になる。先週は間違えて、今週から追加になる金曜日の日も作業所に行ってしまった。作業所の方が親切で、金曜日も追加になるのは来週からよ、と止めた車まで教えに来てくれた。それで昨日、作業所に行くと、先週はわざわざ来てもらったのにごめんね、とスタッフさんに言われ、加えて、ここで働きたいという意欲は見えたわよ、と言ってもらえた。昨日は、朝から [続きを読む]
  • とある親と子。
  • 昨夜、Lに手紙を書いて、ポストに入れて来た。Lは、入院中に出会った特別に大切な友人だ。彼女が幼い頃、Lの母親は家を出た。Lの父親は幾度と女性を変える人で、お酒を飲んではLに当たった。Lは父親に包丁を突き付けた事もあった。詳しくは書けないけれど、Lは今、Lの父親の後妻だった人に当たる継母と二人で暮らしている。Lはいつも怯えていた。いつまた継母に捨てられるか分からないと。自傷は繰り返していたし、病棟では意図せ [続きを読む]
  • 妊娠。
  • 私は大学を中退した頃、妊娠をしていた。お腹にいたのは、今の娘。元夫とは、ライブハウスで出会った。バンドのドラマーだった。妊娠し、出産するまでの約10カ月間が、私の人生の中で一番長く感じる。妊娠した私に、元夫は中絶を迫った。彼は、前の彼女、何人なのかそれは知らないけれど、中絶をさせた事は噂で聞いていた。それが、1度ではない事も。お腹に娘がいる頃、私は既にもう、彼よりもお腹の子どもの方が大事になってい [続きを読む]
  • 自分の中の他人。
  • なんだか今日は特に心が疲れている。今日は、自分と自分の心を切り離してみた。自分の心を他人のようにしてみた。よく分からない表現かもしれないけれど。他人にだったら、疲れた人に、疲れてるのね、ゆっくり休んでね、頑張り過ぎたんだよ、なんて言葉を掛けられる。自分の心にはそういう訳にはいかない。何やってんの!しっかりしなさいよ!何ぐずぐずして!なんて言葉しか掛けられない。だから、自分と自分の心は別だと思って、 [続きを読む]
  • 共にいます。
  • あと前述のMちゃん以外にもわずか数人、高校時代の心の友がいる。その子、Tちゃんとも10年以上ぶりにフェイスブックで再度繋がった。その時にも、精神障害を罹ったことをTちゃんに伝えた。Tちゃんは「すみは、想像豊かなだけだよ。」とメッセージに書いてくれた。Tちゃんのタイムラインでの最後のやり取りで、Tちゃんは私にこんな事を書いた。「すみ、共にありますように。」って。キリスト教の学校で青春時代を送った私達。「共 [続きを読む]
  • Mちゃんとのフェイスブックでのやり取り。
  • Mちゃんと、フェイスブックで繋がった時に、こんなメッセージのやり取りをした。今までどうしてたの?私、狂ったよ。統合失調感情障害になっちゃった。それに、ADHDと自閉タイプの発達障害って診断された。Mちゃんの方がずっと私より狂ってたのに。それなのに、ちゃんと働いてて羨ましいな。って事を私は投げかけた。すると、生きてたよー。君みたいな素敵なコは知らないけどな。狂ってるのは自覚してるー。なんて、Mちゃんは返し [続きを読む]
  • 15年ぶりに親友と。
  • 先日、私が高校生から大学生だった頃にかけて、大の仲良しだった、Mちゃんからフェイスブックに友達申請が来ていた。離れ離れになってからも、ずっとずっと頭からは離れなかった友人だった。Mちゃんとはライブハウスで出会って、Mちゃんと演奏を楽しんだり、Mちゃんが参加するようになった友達のバンドのマネージャーをしたりもした。よく一緒に寝泊まりもしたな。私があまりにも夜遅くまで遊んでいるものだから、腹を立てた母は、 [続きを読む]
  • チャレンジド。
  • 障害を認めるというのは、何かが出来ない、というのを認めるという事ではないか、とふと感じた。私は長らく、何かが出来ないというのを認める事が出来なかった。出来ない事を認めるのは、とりわけ、仕事の選択肢を狭めるしかない、という諦めを認めるという意味が大きかった。頑固で挑戦する事が好きな私には、それがとても難しい。何でも出来る、という事ではなくて、何かが出来る、というのは、多分、大抵の人がもっているある種 [続きを読む]
  • 頓服二重服用。
  • 今日は、父とひと悶着あって、かりかりとしてしまった。父とは何度縁を切りたいと思ってきたことか。父が癌であと余命3カ月だと言われて、少し泣いて暗くなった時期もあったけれど、それもつかの間。抗がん剤も効いてきたきたようで、最近は余命告知前と変わらない状況になってきた。それで、もう、精神状態が崩れかけて、電話再診。もう、駄目、無理。と、先生に言って、その後、父に何と言い返せばいいですか?と聞くと、そんな [続きを読む]
  • KY場面は丸暗記。
  • 入院する中で、集団生活では学ぶ事がとても多かった。ここで今書きたいのは、KY場面。看護師さんから、思いっきり面と向かって、「そういう所がKYなんだよ!」と言われた事があった。今、考えると、それは精神科の看護師の発言としてはいかがなものかとは思うけれど、私は、へぇ、そうなんだ、と意味、気持ちは分かっていなかった。それからも、プライマリさん(担当看護師さん)から、こういう時には、話しかけては駄目よ、とか、 [続きを読む]
  • 訪問看護。
  • 今日は、仕事が終わって、訪問看護もあった。やはり話題の中心は、作業所のことだった。私が通う病院のデイケアは、就労を目標として、その前段階を踏まえたプログラムが中心になっている。以前は、退院後の生活を整える為のプログラムであったりしたけれど、主任の方が変わると、方針まで変わってしまった。デイケアに通わなくなったのも、以前は、まあ楽しく通った時期もあったデイケアの方針ががらりと変わってしまったから、と [続きを読む]
  • グッドミン。
  • 今さっき、グッドミンを飲んだ。語呂合わせなのだろうか・・・。昔はグッドミンなんかでは、全然眠れなかったのに、最近はとてもよく効くようになった。そういえばグッドミンってどのくらいの強さの睡眠薬だろう、とさっき調べていたら、詳細は抜きにして、私もよくこれだけの種類の睡眠薬を試してきたものだと思った。睡眠薬の強さの比較。医師が教える睡眠薬の選び方アモバン、フルニトラゼパム、ニトラゼパム、ユーロジン、ドラ [続きを読む]
  • ダイエットから学ぶ事。
  • これまで、小さい頃から過食、拒食を繰り返してきた。一昨年、栄養指導で、骨が見えてしまいそうな程痩せた栄養士の人から、「貴方は肥満です。」というのを何度も繰り返し言われ、落ち込むよりも大きく憤慨した。ここは精神科だ。人の心を無視した栄養指導の在り方に、このやり方では、他の患者さんにも悪影響だと思い、本部にクレームを出した。すると、先生と看護師長さんから面談室に呼ばれ、お二人から「申し訳ございませんで [続きを読む]
  • 10kg増えた・・・。
  • 今年の冬は、かなり油断してしまったー。体重計にも乗らず、せっかく退院してきたから美味しいものをと、好物を食べに食べた。そして退院から3カ月を過ぎて、作業所で体重測定があるということもあり体重計に乗ってみると、プラス10キロ。大台を超えていた。念のために、ユニクロのSサイズのズボンを履いて生活していたのに気付かなかった。ズボンが履けなくなったら、アウト、というルールにしてみたのだが、ストレッチという [続きを読む]
  • 薬に抵抗感。
  • 先日、火曜日の診察にて。「薬を変えてみよっかー。」と、先生に提案された。ちょっと最近、変調してきたようだからだ。でも、仕事が決まったりした事も相まって、今が人生で一番しあわせ、と思えるくらいの時期で、このしあわせを感じている今の脳の状態は変更したくない。それで私は「入院しない。薬も変えない。」と二言。先生は「変えないの?!」と困り顔で苦笑。デイケアや作業療法の心理教室で、精神薬(ドーパミン、ノルア [続きを読む]
  • 2歳児クラスでの遊び。
  • 6月4日今日は、けんかが絶えず、そのせいかいつもの笑顔があまり見られなかったようです。6月24日いつになく元気が今一つなかったように思われます。(部屋の中で一人で遊んでおられました)。7月8日ブロックで、「ポッポ作った」と自慢げに見せてくれました。7月24日元気が今一つのように感じます。ブロックで何か一生けん命作っておられました。7月28日朝からどろんこ遊びが始まっていました。8月7日砂あそびを熱 [続きを読む]
  • ほぼ日メモ帳
  • ほぼ日、今日のダーリンより。≪(略)例えばの話ですけれど、ある映画を制作したとする。それを上映してくれるのは劇場ですよね。だから、劇場が、いわば捕手のミットであるわけです。それに向けて球を投げているのではいけない、と考える。 劇場に集まってくれる観客がよろこんでくれて、はじめて力のあるボールが投げられたということです。もっと欲を言えば、観客のよろこびが深かったら、ほんとうにいい球が決まったというわ [続きを読む]
  • 作業所で笑い声が聞けた。
  • 作業所へ行ってきた。今週の実習は今日で終わりだ。これまでの実習で気がかりだった事があった。それは、とある一人の女の子の笑った顔を一度も見た事がなかった事だ。いつも、無表情というか、心配が浮かんだような表情。一度、作業部屋を出て戻ってきたその子に、スタッフさんが「大丈夫?」と声を掛けたので、その子の方を見たら、涙を拭う仕草で、頷いて、少しけなげに微笑んだ感じがした。でも、それを見たっきりだった。しか [続きを読む]
  • 初期投資。
  • ↑購入したもの。ネットショップや画材店で買った画具画材、その他ファイル等、買った商品の概算を計算してみた。結果は、約25,000円也。ポイントや割引を使わず、定価で買ったら約40,000円也。それが、25,000円で済んだ。月給を超えていないし、15,000円も得したと考えよう。起業する場合とかを考えると、かなり安く済んだようにも感じる。かなりどころではないだろう。面接用のスーツもいらなかったんだ [続きを読む]
  • 作業所が閉まってた。
  • 今日は、仕事だと張り切って家を出て、作業所に着いたら、車が1台も止まっていない・・・。もしや・・・と思ったら、作業所のドアに貼ってあるカレンダーに休日の印が付いていた。聞いたのか聞いていなかったのか・・・。もう仕方ないと思って、作業所に行った勢いでそのまま画材屋さんへ直行。しかし、ふと不安になる。その画材屋さんは、日曜・祝日が休みだ。もしかして、今日は祝日なのか?とハラハラしながら運転して、銀行を [続きを読む]
  • 服のエピソード。
  • 2歳児クラス7月27日お姉ちゃんのワンピースがずいぶんお気に入りだったようで、「長いので汚れるから着替えようね。」と言いましたが、なかなか聞かれず、やっとなんとか自分のと替えられました。8月12日昨日と変わらず、上機嫌でした。散歩に行き、汗をかきましたので、「シャツをかえようか」といいましたが、絶対替えようとされませんでした。お気に入りなんでしょうね。9月14日スリッパで参加されてましたので、「く [続きを読む]