ronaldread さん プロフィール

  •  
ronaldreadさん: 高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名ronaldread さん
ブログタイトル高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttps://ronaldread.blogspot.jp/
サイト紹介文年収200万円台の高卒非正規。 2030年までにアーリーリタイアして配当金生活するのが目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 200日(平均4.9回/週) - 参加 2017/01/08 21:07

ronaldread さんのブログ記事

  • HRL(ホーメル・フーズ)の購入
  • HRL(ホーメル・フーズ)を$31.45で36株購入しました。これでHRLの保有評価額は約$4,800、ポートフォリオの個別銘柄ウェイト第5位になりました。ドルベースの含み損は-10.6%で、主力銘柄のなかでは一番損失が大きいです。HRLは51年連続増配の食品加工メーカーです。配当利回りは2.1%(過去5年平均は1.6%)、PERは19.4(過去5年平均は22.8)です。株価は2016年3月の最高値$44付近から約3割近く下落しています。利益の部門別内訳 [続きを読む]
  • ポートフォリオの国別構成比率(2017年9月)
  • 現在のポートフォリオの国別構成比率は以下のようになっています。アメリカとイギリスで91.2%を占めています。個別で投資しているのはアメリカ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、カナダ、スイス、マレーシア、南アフリカの8カ国です。残りはVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)に含まれている国です。VTに比べると、私のポートフォリオはイギリス株の比率が高いです。イギリス株とオーストラリア株は配当 [続きを読む]
  • 米国株評価額10万ドル突破
  • 昨日の米国株市場はS&P500が初の2,500台乗せで終了しましたが、私の米国株ポートフォリオ評価額も節目の10万ドルを突破しました。ちなみに1,000万円突破は今年3月でした。1,000万円と10万ドルだったら何となく10万ドルのほうが達成感がありますね。(過去記事:米国株評価額1,000万円突破)記念にスクリーンショット撮りました。下グラフは、週次の記録を取り始めた2016年1月以来の推移です。米ドル建ては評価額しか記録していない [続きを読む]
  • 米ドル購入頻度は毎日と毎月末、どっちがお得?
  • 私は米国株を買うための米ドルを毎日5,000円〜6,000円分購入しています。住信SBIネット銀行では1米ドル当たりの4銭の為替コストで米ドルを購入でき、そのままSBI証券に外貨入金することができます。FXの現引きのほうがより低コストですが、現引きは少額では使えません。 以前は毎月給料日に一気に米ドルに替えて米国株を買っていましたが、購入単価が平準化されたほうがいいかなと思って毎日積立に変更しました。今回は米ドルの購 [続きを読む]
  • XLRE(不動産セレクト・セクター SPDR ファンド)
  • 以前にREIT ETFの記事を書きましたが、今回はその続きです。(過去記事:REIT(不動産投資信託)ETF、金利上昇局面の米国REIT)前回は低コストのVNQ(バンガードREIT ETF)がSBI証券で購入できないので当分REITへの投資は見送ろうと思っていたのですが、XLRE(不動産セレクト・セクター SPDR ファンド)の存在を忘れていたので記事にしました。XLREはステート・ストリートのセクターETFのうちの一つです。不動産セクターは最近、金 [続きを読む]
  • 1391(UBSスイス株)の分配金②
  • 1391(UBSスイス株)の分配金がありました。1391は3月と9月の年2回分配金があります。 今回の分配金は1株当たり31円でした。前回(3月)は1株当たり4円だったので、2017年の分配金は1株当たり35円になります。現在の分配金利回りは1.85%です。 (9/7終値の株価1,896円)(過去記事:1391(UBSスイス株)の分配金)1391の組入上位10銘柄は以下のとおりです。セクターウェイトネスレ生活必需品22.26%ロシュ・ホールディングヘルスケ [続きを読む]
  • SBI証券で買えるインド株ADR
  • 以前に書いた「労働人口が増加していく新興国への投資」という記事の続きです。新興国株ETFのなかでもインド株ETFは経費率がやや高めなので、今回はインド株ADRについて調べました。SBI証券で買えるインドADRは下の8銘柄です。 (SBI証券:米国株式取扱銘柄一覧)タタモーターズとインフォシスが辛うじて聞いたことがある程度でほとんど知らない銘柄ばかりです。とりあえず各指標を表にまとめてみました。PER配当利回り営業利益率 [続きを読む]
  • 核攻撃とコンディショナーと保湿剤
  • 北朝鮮が6回目の核攻撃をしたようですね。いい加減止めてほしいです。軍需株はLMT(ロッキード・マーティン)を去年に$1,000程度買って以来、押し目がきたら買おうと思っていたら全く下がらないので買えていません。RTN(レイセオン)やGD(ゼネラル・ダイナミクス)、NOC(ノースロップ・グラマン)等も気になっているのですが…ところで、核攻撃を受けたあとにコンディショナーを使うのは危険だそうです。(GIGAZINE:核攻撃のあと [続きを読む]
  • 固定費の削減
  • 資産形成をする上で、まずは固定費を削減するのが大切だと思います。固定費は家賃や住宅ローン、光熱水費、通信費、保険料など、常に一定額発生する支出です。交際費や遊興費など変動費を削るよりも、固定費を見直したほうが効果的に節約することができます。私は実家暮らしで固定費を減らしているので偉そうなことは言えませんが…たとえば、スマホの月額料金は格安SIMだと平均2,957円ですが、大手キャリアだと平均7,876円だそう [続きを読む]
  • 賃金集約度の低い銘柄
  • バロンズによると、アメリカの人口は今後10年間に8%増が予想されるのに対し、労働力人口(16〜64歳)は2%増にとどまり、約820万人の労働者が不足する可能性があるそうです。労働力が不足すると賃金は上昇し、企業の利益率は低下する可能性があります。賃金上昇に対して強いのは、従業員1人当たりの時価総額・売上高の大きい「賃金感応度の低い」銘柄で、FWONA(リバティ・メディア)、FB(フェイスブック)、ディスプレイ材料メ [続きを読む]
  • 2017年8月の配当
  • 8月の配当が確定したので結果をまとめました。税引き後配当ADR手数料CLコルゲート・パルモリーブ$4.62GEゼネラル・エレクトリック$11.03GISゼネラル・ミルズ$10.25HRLホーメル・フーズ$14.34PGプロクター・アンド・ギャンブル$7.46POTポタシュ・コーポレーション・オブ・サスカチワン$2.20VODボーダフォン$58.52-$1.00合計$108.42-$1.00税引き後配当$108.42からADR手数料$1.00を差し引いて、8月の配当は$107.42でした。GISは2.1%増配 [続きを読む]
  • 資産推移(2017年8月末)
  • 2017年8月末(※8/26時点)の資産は前月(12,690,670)比184,833円減の12,505,837円でした。株安・円高のほか、今月は支出が多かったこともあり、久しぶりに前月比で資産がマイナスになりました。投資を始めたばかりの頃は、前月比マイナスになると株で給料を溶かしたような気分になって精神的ダメージを負っていましたが、だんだん資産の増減は気にならなくなってきました。といっても本格的な下落相場をまだ経験していないので、 [続きを読む]
  • iDeCo運用状況(2017年8月末)
  • 2017年8月末(※8/26時点)のiDeCo運用状況です。EXE−i 新興国株式ファンドが+6.2%でパフォーマンス首位です。 累計拠出金額が72,000円(6ヵ月分)に対して、資産残高は69,611円でした。加入時の手数料が2,880円と高かったため、損益率は-3.3%です。掛金は以下のように配分しています。iFreeシリーズにS&P500インデックス投信「iFree S&P500インデックス(信託報酬0.243%)」が追加されるようですね。SBI証券のiDeCoでも [続きを読む]
  • 労働人口が増加していく新興国への投資
  • 私のポートフォリオの主力は米国高配当株で、新興国株はほとんど保有していません。VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)は保有していますが、VTの新興国比率は9%なので、私のポートフォリオ全体に占める新興国株の割合は0.9%程度です。少し低すぎるようにも感じるので、今後はもう少し新興国株の割合を高めようかなと考えています。(参考:Vanguard - Total World Stock ETF (VT))ジェレミー・シーゲル著「株式 [続きを読む]
  • IFF(インターナショナル・フレーバー&フレグランス)を購入
  • IFF(インターナショナル・フレーバー&フレグランス)を134.45で8株購入しました。IFFは世界3位の香料メーカーで、14年連続で増配しています。下表は2016年の世界の香料メーカー上位11社です。ジボダン、フィルメニッヒ、IFFの3社で市場全体の46.1%を占めています。シェアジボダン(スイス)19.4%フィルメニッヒ(スイス)14.0%IFF(アメリカ)12.7%シムライズ(ドイツ)9.5%高砂香料工業(日本)5.2%マネ(フランス)4.8%フルー [続きを読む]
  • キャピタルゲイン課税と売買手数料
  • 先日記事にしたBUDとNVSを売却しました。売却理由はBUDとNVSの配当課税が高いためです。(過去記事:配当課税が高いBUDとNVSの売却検討)譲渡益税11,251円、売却手数料$24.86(2,728円)、あわせて13,979円のコストが掛かりました。現在の私の外国株式ポートフォリオは約1,053万円なので、譲渡益税+売却手数料は運用資産の0.13%になります。低コストETFの経費率よりも大きいです。売却したのは8/7(月)なのですが、その後、北朝 [続きを読む]
  • VOD(ボーダフォン)からの配当金
  • VOD(ボーダフォン)からの配当金がありました。VODは英国株のADRなので、現地源泉税率は0%です。NISAで購入したので国内源泉税(20.315%)も非課税です。受取配当額はADR手数料($1.00)を差し引いて$57.52でした。ADR手数料は1株当たり$0.02、配当に占める割合は1.7%です。今まで受け取った配当では、HSBCやRDS.B(ロイヤル・ダッチ・シェル(B株)、NVS(ノバルティス)、POT(ポタシュ・コーポレーション・オブ・サスカチワン [続きを読む]
  • 住信SBIネット銀行、外貨取引の為替コスト引き下げ
  • 住信SBIネット銀行の外貨取引の為替コストが8/10から更に引き下げられるようです。・外貨普通預金1米ドルあたり15銭以下→4銭以下・外貨積立1米ドルあたり5銭以下→4銭以下外貨積立の為替コストは6/6に引き下げ(1米ドルあたり15銭→5銭)があったばかりです。手数料がどんどん下がっていくのは嬉しい限りです。ほかの通貨の為替コストも引き下げられるようですが、住信SBIネット銀行で購入した米ドルはSBI証券に無料で外貨入金する [続きを読む]
  • 配当課税が高いBUDとNVSの売却検討
  • 6月に保有株のほとんどをマネックス証券からSBI証券に移管しました。BUD(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)とNVS(ノバルティス)はSBI証券での取り扱いがなかったので、この2銘柄だけはマネックス証券に残しているのですが、配当課税が高いので売却しようかと検討中です。ベルギー株のBUDは現地源泉税率が30%で、ADR手数料は1株当たり$0.125と高いです。前回の配当は税引前では$65.78でしたが、現地源泉税と国内源泉税($29.0 [続きを読む]
  • 長期金利と銅価格/金価格比率
  • 一般的に長期金利が下落すると株価は上昇し、長期金利が上昇すると株価は下落します。現在のS&P500のPERは24.66で過去平均よりもかなり割高ですが、これは低金利環境だからこそ正当化されている部分が大きいと言われています。 multpl.com multpl.com 長期金利はトランプ相場で2.6%まで上昇した後、現在は2.2%まで下落していますが、9月にもFEDはバランスシート縮小に着手するのではないかと言われていますし、今後は株価に悪 [続きを読む]
  • 資産推移(2017年7月末)
  • 2017年7月末の資産は前月(12,436,671円)比253,999円増の12,690,670円でした。資産内訳は円預金が0.8%、外国株式が85.2%、新興国債券が13.5%、iDeCoが0.6%です。2017年7月末の外国株式ポートフォリオは以下の通りです。Symbol銘柄名評価額ULユニリーバ$10,508.00VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF$9,356.85BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ$5,973.56XOMエクソン・モービル$5,810.80PFEファイザー$5,304.00 [続きを読む]