ronaldread さん プロフィール

  •  
ronaldreadさん: 高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名ronaldread さん
ブログタイトル高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttps://ronaldread.blogspot.jp/
サイト紹介文高卒非正規、年収240万円。2030年までにアーリーリタイアして配当金生活するのが目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 24日(平均12.5回/週) - 参加 2017/01/08 21:07

ronaldread さんのブログ記事

  • 投資時のPERの重要性
  • ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」によると、ダウ平均が下落後、高値を回復するまでの期間が一番長かったのは、世界恐慌(1929年9月〜1954年11月)の25年でした。最近ではリーマンショックのが高値回復まで3年9カ月だったので、世界恐慌の頃の25年というのはものすごく長く感じますが、この下落相場で配当再投資を続けた投資家は大きなリターンを得ることができたそうです。(過去記事:世界大恐慌) 長期的には米国株の実 [続きを読む]
  • SBI証券のiDeCo、口座管理手数料無料キャンペーン延長
  • SBI証券のiDeCoの口座管理手数料無料キャンペーンが延長(今月末→6月末)になりました。SBI証券の場合、iDeCo口座残高50万円以下では月額324円の口座管理手数料が掛かってしまいます。対して楽天証券では加入後1年間が無料キャンペーン期間で、それ以降は残高または掛け金累計が10万円以下で226円が掛かるという条件なので、手数料面では楽天のほうが圧倒的に有利です。私はSBIか楽天でかなり悩みましたが、NYダウや海外中小型株 [続きを読む]
  • ADR手数料
  • AZN(アストラゼネカ)からの配当がありました。AZNは英国株ですが、ADR(米国預託証券)の形で米国に上場しているので、米ドル建てで取引をしたり、配当を受け取ることができます。英国株は現地の源泉徴収税が非課税です。配当は2月と8月の年2回ですが、2月のほうが多いです。(直近では2月が$0.95、8月が$0.45)SBI証券でADRの配当を受け取ったのはAZNが初めてなのですが、「外国手数料」の$1.38というのがADR手数料みたいです。 [続きを読む]
  • RDS.B(ロイヤル・ダッチ・シェル(B株))の追加購入
  • VLO(バレロ・エナジー)、POT(ポタッシュ・コープ・オブ・サスカチュワン)、MOS(モザイク)の中から選ぶつもりだったのですが、予定を変更して、RDS.B(ロイヤル・ダッチ・シェル(B株))を追加購入しました。$55.36×15株で$830.40です。(過去記事:今月の購入予定銘柄)私はSBI証券とマネックス証券で米国株を購入しているのですが、マネックスは年間取引報告書のミスがあってから、保有銘柄数を減らしています。今月は手 [続きを読む]
  • 1391(UBSスイス株)からの分配金
  • 1391(UBSスイス株)からの分配金がありました。私が保有している銘柄のなかで東証に上場しているのは1391だけです。このETFはスイス証券取引所に上場していますが、東証上場のETFは不人気なのか流動性がかなり低く、3/17の出来高は440株(81万4,000円)しかありません。板がスカスカなので成行注文ができないです。経費率は0.20%と低コストです。分配金は1株(3/17の終値では1,846円)当たり4円でした。少なすぎて見間違いかと思 [続きを読む]
  • Netflixしか視聴しない子供の82%はCMが何か分からない
  • ストリーミング関連ニュースを扱うExstreamistの調査によると、TVがなくNetflixしか視聴しない家庭で育った子供の82%は「CMが何か分からない」そうです。私も最近は海外ドラマや映画をAmazonプライムビデオで観るだけでTVはほとんど観ませんが、今の子供はそもそもCMの概念を知らないというのに驚きました。この調査は10歳未満の子供がいる家庭のうち、Netflixしか視聴しない家庭50軒と、普通のTVがある家庭50軒の計100軒が対象だっ [続きを読む]
  • 高PERの生活必需品
  • 私のポートフォリオは以下のように生活必需品、ヘルスケアセクターの比率が高いです。セクター別の実質リターンを比較すると、この2セクターは特に優れています。 (「株式投資の未来」 ジェレミー・シーゲル著、日経BP社、57ページより)実質リターンではヘルスケアが1位ですが、私は生活防衛資金をほとんど持たずにフルインベストメントしているので、より暴落に強いはずの生活必需品をポートフォリオの主力にしています。 [続きを読む]
  • 米国株と日本株の株価推移
  • 米国株はずっと右肩上がりです。下のグラフは1950年以降のS&P500のチャートです。データはYahoo Financeのものを使いました。ちなみに今回のグラフに使用しているのはすべて月次データです。 超長期のチャートは最初のほうが小さく、最後のほうが大きく動いているように見えてしまいますが、対数表示にすると以下のようになります。2008年のリーマンショックや2000年のITバブル崩壊、1987年のブラックマンデーなど、何度か暴 [続きを読む]
  • 運用シミュレーション
  • 私の目標は年間配当収入100万円を達成してアーリーリタイアすることです。当ブログの一番最初の記事(過去記事:アーリーリタイア目標)では、税引き後配当利回りを2.7%、期待リターンを6.5%と5%でシミュレーションを作りました。米国株の実質リターンは長期的には7%弱になるので、それよりやや低めの6.5%と5%のリターンで考えたのですが、今回はもう少し条件を厳しめにして作ってみました。ジェレミー・シーゲル著「株式投 [続きを読む]
  • S&P500の配当利回り
  • 現在のS&P500の配当利回りは1.92%だそうです。もう少し高いイメージでしたが、このところの株価上昇で2%を切っているようです。ちなみに私が保有している銘柄ではHRL(ホーメル・フーズ)1.92%のやMKC(マコーミック)の1.87%など、S&P500と同じ1%台のものもありますが、基本的には高配当利回りの銘柄が多いので、ポートフォリオ全体の配当利回りは3.47%です。下のグラフはS&P500の配当利回りの推移です。(S&P500の配当利回 [続きを読む]
  • ポートフォリオの国別構成比率
  • 私のポートフォリオの国別構成比率は現在、以下のようになっています。 アメリカが58.2%、イギリスが31.9%、ベルギーが3.7%、スイスが1.8%、カナダが0.9%で、上位5カ国だけで96.5%を占めています。VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の国別構成比率は、アメリカが53.5%、日本が8.2%、イギリスが6.0%、カナダが3.3%、フランスが2.9%です。VTは全世界の投資可能な市場時価総額の98%%以上をカバーし [続きを読む]
  • 石油精製株(下流部門)の比較
  • 前回の記事(エネルギー株(上流部門と下流部門) )では、下流部門の株としてVLO(バレロ・エナジー)とPSX(フィリップス66)の2銘柄に触れましたが、今回はMPC(マラソン・ペトロリアム)、TSO(テソロ)を追加して、計4銘柄を比較してみます。まずはPERと配当利回り、ROEの比較です。PER配当利回りPSX27.03.2%VLO13.53.8%MPC22.62.8%TSO13.62.6%過去8年平均のROEはMPC18.2%、PSX13.5%、TSO13.0%、VLO9.7%でした。(データ [続きを読む]
  • エネルギー株(上流部門と下流部門)
  • 私が現在保有しているエネルギー株はXOM(エクソン・モービル)やCVX(シェブロン)、RDS.B(ロイヤル・ダッチ・シェル(B株))、BP(BP)の4銘柄です。すべて上流部門(探査、採掘、生産)から下流部門(輸送、精製、販売)まで、石油産業のすべての工程をカバーする石油メジャーです。昨年12月のOPEC減産合意で原油は堅調に推移していましたが、シェール企業の増産により原油在庫が増加し、現在、WTI原油価格は節目の1バレル50 [続きを読む]
  • 米国株評価額1,000万円突破
  • 米国株評価額が初めて1,000万円を突破しました。1,000万円という数字に特に意味はありませんが、節目なので気分的には達成感があります。昨夜発表された2月雇用統計では、平均時給が市場予想を下回りましたが、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、WedWatchの3月利上げ確率は前日の88.6%から93.0%に上昇しています。ドル円が上昇すると円換算の資産額は増えますが、円安になると毎月の追加投資で買えるドルが少なくなってしま [続きを読む]
  • 今月の購入予定銘柄
  • 私ははジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」を参考に生活必需品、ヘルスケア、エネルギーの3セクターに比重を置いていて、エネルギーセクターは現在ポートフォリオの13.5%を占めています。ちなみにS&P500ではエネルギーセクターは6.6%です。今後はもう少し生活必需品の比率を減らして、ヘルスケアとエネルギーを増やすつもりです。エネルギーセクターは今まではXOM(エクソン・モービル)やCVX(シェブロン)、RDS.B(ロイ [続きを読む]
  • ウィズダムツリーETF
  • マネックス証券でウィズダムツリーETF28銘柄の売買手数料(税抜き)を全額キャッシュバックというキャンペーンが2/27から始まっています。キャッシュバック対象のウィズダムツリーETF28銘柄ウィズダムツリーではジェレミー・シーゲル教授がアドバイザーとして指数を開発しているそうで、時価総額ではなく配当額で加重平均した指数に連動するなど、ユニークなETFが多数あります。存在自体は前から知っていたのですが、バンガードやi [続きを読む]
  • iDeCo 初の掛け金の引き落とし&配分割合変更
  • iDeCoの初めての掛け金が予定通り2/27に引き落とされていました。選んだ投信がちゃんと買えているかチェックしようとログインすると、まだ反映されていませんでした。口座残高は0円です。引き落としはきちんとできているはずなのに何故だろうと思いましたが、どうやら2/27に引き落とされた掛け金が反映されるのは3/15になるようです。1月分の掛け金が3月中旬に反映されるというのは結構なタイムラグがありますね。また、配分割合指 [続きを読む]
  • ブログの引っ越しとSSL化
  • livedoorブログからBloggerに引っ越ししました。個人ブログなので意味があるのかよく分からないのですが、BloggerではSSL化できるということを知ったので、記事数が少ないうちに試してみることにしました。初めて間もないブログですが、もしブックマーク等に登録されている場合には、新しいURL(https://ronaldread.blogspot.jp/)への登録変更をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 資産推移(2017年2月末)
  • 2月は少しドル安円高になりましたが、米国株は相変わらず強いですね。NYダウの上昇は12連騰で止まりましたが、毎日上昇していると不安を感じるので少し下げてくれたほうが嬉しいです。2017年2月末の資産は前月(1,102万6,882円)比37万8,196円増の1,140万5,077円でした。資産の内訳は円預金0.9%、株式84.9%、ブラジル国債等新興国債券14.2%です。私はだいたい毎月の給料から12〜14万円を追加投資に回すようにしています。資産の [続きを読む]
  • 2017年2月の配当
  • 2月の配当は税引き後で$45.68でした。HRLは配当利回りが1.96%と低めですが、四半期配当は17.2%($0.145→$0.17)の増配です。七面鳥事業の苦戦で利益見通しを下方修正して株価は下落していますが、増配率が高く、配当性向も35%程度で増配余地も大きいと思うので、買い増し候補のひとつです。<!--td {border: 1px solid #ccc;}br {mso-data-placement:same-cell;}-->税引き後配当GE(ゼネラル・エレクトリック)$1 [続きを読む]
  • ベータとアルファ
  • 私は生活必需品やヘルスケアなど、ディフェンシブなセクターに多く投資しています。これらのセクターはベータ値(市場平均に対する個別銘柄の感応度のこと)が低いです。保有する個別銘柄を加重平均すると、ポートフォリオ全体のベータ値は0.90になります。(過去記事:ベータ値について)このベータ値というのはGoogle financeから拾ってきているので、どうやって計算するものなのかよく分かっていなかったのですが、今回はGoogle [続きを読む]
  • IBLN(ビリオネア指数ETF)
  • IBLN(ビリオネア指数ETF)というETFがあるのを知りました。ビリオネア指数というのは、フォーム13Fを基に10人のビリオネアの保有銘柄から選ばれた米国中型・大型株30銘柄(均等加重)で構成されるそうです。アメリカには色々なETFがあって面白いですね。フォーム13Fを私はよく知りませんでしたが、これは1億ドル以上の運用資産がある機関投資家に義務付けられているもので、四半期毎の末日から45日以内にポートフォリオを所定の様 [続きを読む]