たわわらび さん プロフィール

  •  
たわわらびさん: リーマン株式運用ブログ ~外国株投資をはじめよう~
ハンドル名たわわらび さん
ブログタイトルリーマン株式運用ブログ ~外国株投資をはじめよう~
ブログURLhttp://tawafinance.seesaa.net/
サイト紹介文定年退職までに2億円達成&配当金生活を目指して国内外問わず買います。原則長期運用です。
自由文長期投資家向きのおすすめ銘柄の紹介もしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 169日(平均4.5回/週) - 参加 2017/01/08 22:03

たわわらび さんのブログ記事

  • デイトレーダー時代の歴史<br />
  • 私は2014年の夏ごろに個別株デビューしました。以前このブログでも少し書きましたが、当時はすぐに結果を求めるタイプで短期売買を繰り返してました。主な投資方法は、イナゴ投資法 + ストップ高投資法 です。ストップ高で張り付かない限り、基本的には次の日に持ち越さず、即日利確 or 損切り。急騰銘柄に飛びつき、大きく勝ったり、大きく負けたり、まさに一進一退の攻防。神経をすり減らしながらも日々戦い続けました。ひとつ [続きを読む]
  • アーリーリタイアしたいかどうか
  • アーリーリタイアしたいですかと聞かれたら、答えは Yes でも No でもないです。そりゃお金がありすぎて使い切れない状態だったらリタイアしてしまうかもしれませんが、ケチケチ生活をしなければならないような中途半端な資金しかないのであればアーリーリタイアするつもりはありません。家族に不自由させたくないし、少しくらい贅沢もしたいです。できれば年2回くらい海外旅行に連れていきたいです。それに、典型的な日系企業で働 [続きを読む]
  • 【株主優待】QUOカードはすごい!食料だってオムツだって買える!
  • 私は株主優待としてQUOカードがもらえる銘柄が好きです。QUOカードを配るくらいなら増配してくれというもっともな意見もあちこちから聞こえてきますが、まぁ「せっかくある制度なんだから利用したら良いんじゃない?」と思ってます。さて、私がそのQUOカードを何に使っているかなのですが、以前はコンビニでお菓子を買ったりファミレス(ガストやデニーズ等)で食事をするのに利用しておりました。しかし、最近もっと良い使い方を [続きを読む]
  • 新興国株には流動性が低い株が多い
  • 新興国株・フロンティア株だから全部がそうというわけではないのですが、やはり新興国株・フロンティア株は先進国株に比べて流動性の低い銘柄が多いです。例えば下記の画像は、私が保有しているベトナム株 ビエンホア パッケージング(SVI)の本日終値と板状況です。本日は売買が一切行われなかったため、現在値はハイフンが表示されています。(つまり出来高ゼロ)気配値を見ても、売気配42,800ドンに100株、買気配39,500ドンに20 [続きを読む]
  • 2017年6月アメリカ株のポートフォリオ
  • 今回はアメリカ株のポートフォリオです。もともと私は会社の確定拠出年金でアメリカ株メインの投資信託を積み立てています。ですからアメリカの個別銘柄に手を出すつもりはあまりなかったのですが、投資信託の毎月の積立額が少なすぎて高校生の小遣い並だったので、もう少し先進国株の割合を増やすために個別株を物色しています。さて、以下が現時点での持ち株状況です。以前公開した際からの変化点は エマソン エレクトリック(EMR [続きを読む]
  • 2017年6月インドネシア株のポートフォリオ
  • インドネシア株のポートフォリオ整理も完了しました。以下が現在の保有状況です。【注意】為替の影響があるため、購入時より株価が安くなっていても円換算だとプラスになることがあります。各銘柄の保有割合は以下のとおりです。カルベ ファルマ(KLBF) ・・・ 18.7%ユナイテッド トラクターズ(UNTR) ・・・ 15.9%インドフード サクセス マクムール(INDF) ・・・ 15.6%バンク ラヤット インドネシア(BBRI) ・・・ 1 [続きを読む]
  • ヒンデンブルグ・オーメン
  • 最近、アメリカ株式市場でヒンデンブルグ・オーメンが点灯したとかいうニュースが流れていました。ヒンデンブルグ・オーメンとは何ぞや?と思ってWikipediaで確認したところ以下のような記載がありました。ヒンデンブルグ・オーメン(英語: Hindenburg Omen)は、株価予測のためのテクニカル分析指標の一つ。発生すると1か月間は有効とされ、80%弱の確率で5%以上の下落が起きるといわれる。(中略)1937年5月6日のヒンデンブルク [続きを読む]
  • 2017年6月ベトナム株のポートフォリオ
  • ようやくベトナム株のポートフォリオ整理が完了しました。現在のベトナム株保有状況です。【注意】為替の影響があるため、購入時より株価が安くなっていても円換算だとプラスになることがあります。各銘柄の保有割合は以下のとおりです。ビナミルク(VNM) ・・・ 23.9%ベトコムバンク(VCB) ・・・ 16.7%ファーライ火力発電 (PPC)  ・・・ 16.6%OPC製薬(OPC) ・・・ 15.3%サイゴン証券(SSI) ・・・ 8.6%KIDOグルー [続きを読む]
  • それぞれの仕事スタイルにあわせた投資方法
  • 以前中国に出張していた際に滞在先ホテルのフリーWiFiを使って株式売買をしていました。当時は今のような長期投資スタンスではなく、比較的短期の売買に徹していた頃でしたので、出張先でも株価を気にしなければならない状況でした。海外でインターネットを使おうとすると通信料が高額になってしまうため、ついついホテルのフリーWiFiを使ってしまっていたのですが…。しかし、聞くところによると、海外ホテルのフリーWiFiって危険 [続きを読む]
  • 日経平均2万円回復!現在の優待株保有状況
  • ようやく日経平均が2万円まで回復しました。正直この為替水準でここまで上がってこれるとは思ってもいなかったのですが、日本株もやるときはやる子のようです。ここまで来れば、ここ数年で株をはじめた人で長期放置している人はだいたい含み益があるはずです。(アベノミクス天井で購入した方はのぞく)利益確定するも良し。そのままストロングホールドするも良し。来週は調整して儲けが吹っ飛ぶかもしれませんが、せめてこの週末 [続きを読む]
  • インドネシアの生命保険市場から見えてくること
  • 人口増加が著しいインドネシアでの保険市場が拡大しています。韓国の大手保険会社ハンファ生命傘下のハンファ・ライフ・インドネシアが大変好調なようで保険料収入が拡大しているというニュースが最近流れていました。今後さらに販売拠点を増やしていくつもりのようです。ニッセイ基礎研究所が公表しているレポート「インドネシアの生命保険市場−期待の生保新興市場インドネシアの状況−」によると、インドネシアの生命保険会社の [続きを読む]
  • インドネシア株投資対象銘柄案(2017年6月)
  • 現在実行中のポートフォリオ整理大作戦。6月上旬を目途にインドネシア株は以下の7銘柄に集約する予定です。会社名(ティッカー)事業内容バンク ラヤット インドネシア(BBRI)老舗の大手銀行インドフード サクセス マクムール(INDF)食品会社インドフードCBPスクセス マクムール(ICBP)INDF傘下の食品会社テレコムニカシ インドネシア(TLKM)通信サービス会社最大手ユニリーバ インドネシア(UNVR)ユニリーバのインドネシア法 [続きを読む]
  • 月100円から投資できる時代に
  • 投資というと、ある程度まとまったお金がないとできないイメージが強いですが、時代はいよいよ100円から投資できる時代になったようです。今月からSBI証券や楽天証券で100円から投資信託を購入できるようになりました。缶コーヒー1本を我慢すればその分を投資にまわせることになりますから、若年層の投資へのハードルを下げることになりそうです。(あいかわらず証券口座を開設するハードルの高さは変わっていませんが。。)私は基 [続きを読む]
  • ベトナム株投資対象銘柄案(2017年6月)
  • 現在、ポートフォリオの大整理中です。6月上旬までを目途にベトナム株はひとまず以下の8銘柄に集中させていく予定。会社名(ティッカー)時価総額事業内容ビナミルク(VNM)1兆867億円乳業最大手の超優良企業ベトコムバンク(VCB)6504億円大手国営商業銀行でみずほ銀行からの資本参加ありサイゴン証券(SSI)627億円証券最大手で大和証券と連携KIDOグループ(KDC)442億円食品大手ファーライ火力発電 (PPC) 310億円火力発電大手OP [続きを読む]
  • 【日本株銘柄紹介】2915 ケンコーマヨネーズ
  • 本日紹介するのは 2915 ケンコーマヨネーズです。マヨネーズといえば、誰もが真っ先に思い浮かべるのが 2809 キューピー だと思いますので、優待投資家でもない限り「そんな会社聞いたことないよ」というかんじだと思います。私も株式投資をするまではこの会社のことを知りませんでした。株価    : 3055円(2017年5月26日現在)配当利回り : 37円(1.21%) 株主優待  : 1000円相当の自社製品(100株保有の場合)この [続きを読む]
  • 頂上付近で買った後、インドネシア市場は調整中
  • ジャカルタ市内でテロがあったみたいですね。まったく物騒な話です。その影響があるのかないのか分かりませんがジャカルタ指数は調整中です。S&P格上げによる祭りで爆上げしたときからというもの、日々少しずつ下がってきています。私はというと、今回のS&P格上げ爆上げ祭りの頂点付近で買い増ししてしまいました。年初来高値付近を華麗にジャンピングキャッチです。しかし長期投資家たるものここでうろたえてはなりません。目先の [続きを読む]
  • 投資対象銘柄を分散させすぎて思うこと
  • これまで何度か記載しているとおり、現在ポートフォリオ大整理を行っている最中です。外国株の保有銘柄数が多すぎて何がなんだか分からないので選択と集中を進めています。集中と選択といっても1銘柄全力買いとかではなくて、常識的な範囲での選択と集中です。イマイチな株を売却して、主力株(優良企業・今後成長が見込めそうな企業)を中心に30銘柄程度まで外国株保有数を落としていくことを第1段階の目標とします。(5月頭時点 [続きを読む]
  • マレーシア国内初ネット専業の証券会社誕生
  • 楽天証券とマレーシアのケナガ・インベストメント・バンクが折半出資する合弁会社であるRakuten Trade Sdn Bhdがいよいよ営業を開始しました。これはマレーシア国内初となるネット専業の証券会社ということで、今後3年間で市場シェア30%の獲得を目指していくとのことです。マレーシアでもネットでの取引がもっとメジャーなものになって個人投資家が増えていけば市場活性化に繋がるのでありがたいニュースです。だいぶお安い取引手 [続きを読む]