Tawa さん プロフィール

  •  
Tawaさん: リーマン株式運用ブログ ~外国株投資をはじめよう~
ハンドル名Tawa さん
ブログタイトルリーマン株式運用ブログ ~外国株投資をはじめよう~
ブログURLhttp://tawafinance.seesaa.net/
サイト紹介文30代リーマンの株式運用記録。国内株だけでなく、外国株にも手を出しています。
自由文長期投資家向きのおすすめ銘柄の紹介もしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 106日(平均4.9回/週) - 参加 2017/01/08 22:03

Tawa さんのブログ記事

  • マレーシア人材の魅力のひとつは英語力
  • 世界各国で語学学校を運営する「EF Education First」が発表している世界英語ランキングのよると、マレーシアはアジア圏で2位という結果になっています。(世界全体では12位)【外部記事】EF Education First 世界最大の英語能力ランキング英語が堪能な人材が多いのは世界中のグローバル企業の受け入れやすさにつながるので、マレーシアにとっては大きなメリットです。もちろんその国の今後の成長性も重要ですが、事業基盤の構築し [続きを読む]
  • 【新興国株】果実の収穫時期はいつか
  • 新興国は、人口増加していて今後中間層・富裕層が拡大していくから需要が増えて有望だと何度もこのブログで申し上げていますが、残念ながらいきなり明日から急上昇していくわけではありません。例えばベトナムを例にあげると9000万人を超える人口を有しており、日々急成長しているように思われがちなのですが、実際に急速に発展して需要が拡大しているのは都市部が中心。主要都市ホーチミンとハノイは勢いに乗っているようですが、 [続きを読む]
  • ホーチミン証券取引所とハノイ証券取引所の差は?
  • ベトナム株に手を出している方々が耳にする言葉としてホーチミン市場とハノイ市場という言葉がありますが、その差をご存知でしょうか?ホーチミンもハノイもご存知のとおりベトナムの主要都市なのですが、そこに証券取引所が開設されており、それぞれ上場するための基準が異なっています。(これらとは別にUPCOMと呼ばれる市場もあるのですが、一般人があまり意識する必要のない内容なので今回はいったん除外します。)誤解を恐れ [続きを読む]
  • <br />東南アジア株はほぼ無風状態だが日本株は・・・
  • しかしまあ日本株は日々暴落状態。どこぞの新興株かのような値動きです。個人投資家はとりあえず様子見することしかできない状態なのではないでしょうか。一方で私が保有する東南アジア株はほぼ無風状態。円高が進んでいるので結局円換算評価額でいうと日々下落しまっているわけですが、現地通貨ベースだと本当にほぼ変化なし状態です。「地政学リスクって何?」というかんじです。なぜ日本株ばかりが暴落していくのでしょうか。世 [続きを読む]
  • 意外な軍需関連銘柄
  • シリアや北朝鮮の問題により円高株安が進んでいます。しかしそんなときでも、投資家たちは己の利益のために、軍需関連銘柄・防衛関連銘柄を物色します。まったくもって不謹慎な話ですが、投資の世界というのはそういうものです。さて、軍需という言葉を聞いて物色対象となりそうな分かりやすいアメリカ株でいうと、まずは世界最大の航空機メーカー ボーイング(BA) でしょうか。輸送機や戦闘攻撃機を製造しています。日本では評判 [続きを読む]
  • タイ政府が固定資産税導入を承認
  • タイでは固定資産税の導入に向けて着実に準備が進んでいます。もともとタイでは、事業用の土地に限り課税対象となっていたようですが、今後は個人所有の住居に対しても課税対象となるように法改正をするようです。しかし、当然ですがこれには既得権益層、富裕層の反発が強いため難航していました。ですが、ここにきてついに政府承認までこぎつけ、施行にむけて着実に話が進んでいるようです。税収の増加が見込めるという点と、多少 [続きを読む]
  • 4355 ロングライフHDが3日連続ストップ高
  • 高級有料老人ホームを運営する 4355 ロングライフHD の株価がかなり上がっています。最近まで300円ちょっとだった株価が、本日時点で602円まで上昇中。100株だけですが持っていたので、まずまずの含み益になってきました。中国の合弁会社・山東新華錦長生養老運営有限公司が青島市政府による訪問介護事業を受託したとのことですが、いきなり株価が倍近くになるってすごいですよね。駄目な思考パターンですが、株価が上がって良かっ [続きを読む]
  • 確定拠出年金は手数料の安い商品を選べ!
  • 以前、確定拠出年金(企業型)について触れたことがあります。【参考記事】勤務先の確定拠出年金(企業型)運用商品ラインナップ新社会人からなのかは分かりませんが、最近その記事へのアクセスがそこそこあるようなので、そういった方向けへのメッセージとして私の持論を改めて展開したいと思います。この春新社会人となった方の中には、「投資なんか考えたことないわ」という方が大半かと思いますが、そうはいっても勤務先企業で [続きを読む]
  • S&Pによるインドネシア格上げのときは近い?
  • インドネシアの長期債格付けについて、大手格付け会社3社スタンダード・アンド・プアーズ(以下S&P)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス、フィッチ・レーティングスの中では、S&Pが唯一投資非適格としてジャンク扱いにしています。インドやマレーシア、タイなどがすでに投資適格以上の格付けを取得しているのと比較すれば大変不名誉なことではありますが、インドネシアもそう遠くない未来に投資適格以上に格上げされるで [続きを読む]
  • 2017年3月末資産状況
  • ブログを開始してから約3か月経ちましたので、そろそろ保有資産額を整理してみます。今後も3か月に一度を目安に保有額を公開できればと考えていますが、月末は仕事が忙しいので若干タイミングのずれが発生する可能性があります。SBI証券だと図のような外国株資産の一覧表を見れるのですが、日本株も含めた一覧表を見れる画面があるのかどうかよく分かりません。まとめて表示してくれないと若干不便ですが、文句を言ってても仕方な [続きを読む]
  • 2017年3月配当落ち
  • 本日は、配当落ちもしくは優待の権利落ちということで、対象銘柄はガツンと下げました。私の持ち株で今回配当落ちもしくは権利落ちとなったのは以下の銘柄です。もし3月以外のものがまざっていたらすみません。6089 ウィルグループ 前日比 +1073822 Minori 前日比 -306294 オカダアイヨン 前日比 -459375 近鉄エクス 前日比 -104671 ファルコHD 前日比 -151976 明星工業 前日比 -102114 フジ日本 前日比 -325956 [続きを読む]
  • 信頼性の高いベトナム不動産投資会社ランキング
  • ベトナム評価レポート社は、2017年版「信頼性の高い不動産投資会社トップ10」を発表しています。財務指標、案件数、取引成功率などに基づいてランク付けがなされており、結果は以下のとおりとなったようです。1位 ビングループ(VIC) 2位 ノバランド不動産投資グループ(NVL) 3位 サイゴン トゥオンティン不動産(SCR)4位 CEOグループ(CEO)5位 ホアビン不動産(HBC) 6位 ヒムラム7位 サングループ8位 ダットサン不動産建設(DXG) 9位 フ [続きを読む]
  • ジャカルタ指数も史上最高値更新
  • アメリカだけではありません。まったくニュースになりませんが、インドネシアのジャカルタ総合指数も最近史上最高値を更新しています。アメリカの利上げペースは想定の範囲内で、過度の資金流出リスクはなし。しかも、インドネシアの政策金利は安定していて企業業績も好調。大統領支持率が比較的高くて、今後の政権運営にも期待が持てる状況です。いいニュースがそろっています。短期的には調整があるかもしれませんが中長期的には [続きを読む]
  • 約4ヶ月ぶりの円高水準
  • 3月21日のNYダウ急落とともに、いいかんじに円高が進んできました。外国株購入を検討されている方は外貨入手するのにはいいタイミングではないでしょうか。ただし、さらにどこまで下げるか分からないのでいきなり全力買いみたいなことは止めましょう。私の運用資産額ですと、1%円高が進むと評価額が20万円程度減ってしまいます。ですので今のような状況は決してテンションが高いわけではないのですが、そろそろ今年分の買い増しを [続きを読む]
  • ついにマレーシア株上昇のときがきた?
  • クレディ・スイスがマレーシア株買いを推奨しだしたようです。【外部サイト記事】Credit Suisse: It's time to invest in Malaysia(残念ながら英語記事ですが、最近はGoogle翻訳の精度がとても高いので、英語が苦手な方でも問題なく解読できるかと思います!)上記記事内ではマレーシア企業の収益力が改善しているだとか、GDP成長率はコンセンサス予想を上回る見込みであるとか、リンギット安のおかげで購入するのには魅力的な水 [続きを読む]
  • 1年前に投資していたら…
  • 私は色んな国の株を物色していますが、結局どこの国のパフォーマンスが良かったのか、過去1年の株価指数チャートを比較してみます。比較対象は私が投資している外国株、アメリカ・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイ。為替を入れるとややこしいので、現地通貨ベースでの比較となります。では、1年間のチャートと大雑把な数値で見てみましょう。5位 マレーシア 1700 → 1750(+3%)原油安・通貨安で苦しみましたが株価指数 [続きを読む]
  • 家族でも投資スタイルはさまざま
  • 本日久しぶりに実家に行ったので、親や兄と少しだけ株の話もしました。その中で、最近優待が大幅拡充された 3197 すかいらーく の話をしたのですが…。【参考記事】勢いあまってすかいらーく株を購入父は優待拡充発表後に買おうか悩んだ末に見送り中。私は優待拡充発表後に何日か様子を見た後に購入。兄は以前持っていたけど優待拡充されたことに気付かず売却済。父はアベノミクスのときに株をはじめた優待族です。定年退職してわ [続きを読む]
  • <br /><br />TPPだけではない!ベトナムはEVFTAに期待を寄せている!
  • TPP頓挫でベトナムの輸出産業は意気消沈気味でしたが、希望がなくなったわけではありません。2018年には、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の施行が予定されています。名前のとおりベトナムとEU間で貿易の自由化を促す枠組みであり、施行されれば10年程度をかけて一部品目をのぞき関税が段階的に撤廃されます。ベトナム製品の主な輸出国はEU内ではドイツ、フランスであり、車部品、ミルク、家畜飼料、繊維原料などを輸出していま [続きを読む]
  • 外国株の配当再投資には資金力が必要
  • 外国個別株を購入するにあたって、手数料負けしないためにも、ある程度まとまった数量の株式を購入する必要があるのはこれまで述べてきたとおりです。最低でも20万円〜30万円程度を一度で買わなければなりません。(ただし、アメリカ株や中国株だと手数料が安いため、比較的少額資金でも手数料負けしないようにできます。)しかし、そうなってくると配当金を再投資するときに非常にやりづらさがあります。配当金を再投資して雪だる [続きを読む]
  • ベトナム人のカジノ入場解禁
  • これまでベトナムのカジノは外国人しか出入りできなかったようですが、いよいよベトナム政府は自国民のカジノ入場を条件付きで試験的に認めるようです。政令によると、カジノ入場が認められるのはある程度収入がある層で犯罪歴のない人に限られるようです。外国人しか受け入れられなかったカジノが経営難に陥っている問題の解消、および少しずつリッチな層が増えてきている事により、今回のような政令が公布されているのでしょうが [続きを読む]
  • 北朝鮮と対立するマレーシア、株価の行方は
  • マレーシアで北朝鮮の金正男氏の殺害事件が発生して以来、マレーシアと北朝鮮の関係が冷え切っています。気になる株価への影響ですが、マレーシアの株価指数(クアラルンプール総合指数)は特に影響を受けず、1,700リンギット前後をウロウロしています。もともとマレーシアと北朝鮮は貿易やビジネスでも関係が深いです。外国人労働者を多く受け入れているマレーシアは、北朝鮮労働者を受け入れた最初の国でもありますし、北朝鮮か [続きを読む]